かき氷vsピンス:かき氷デザートの違いはこちら!

JoostNusselder著 | 更新しました:  18年2022月XNUMX日

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

暑い夏の日には、アイスクリームに勝るものはありません…それともありますか?

アジアンスタイルのアイスデザートがお好きなら、かき氷とピンスがお勧めです。 これらの2つのデザートはアイスクリームの最良の代替品であり、どちらも非常にさわやかです!

それで、それらは何ですか、そして違いは何ですか?

かき氷vsピンス| どちらも美味しいかき氷デザートです。違いは次のとおりです

かき氷とピンスは似たようなかき氷のデザートです。 日本のかき氷は、細かい氷の破片で作られ、シロップとヨーグルトがトッピングされています。 韓国のピンスは、より細かい粉状の氷の破片で作られ、豊富なシロップと分厚い材料がトッピングされているため、より退廃的です。

kの間に本当に違いはありますかあきごりとピンス?

かき氷とピンスはどちらも似たようなかき氷のデザートで、甘くてシロップのようなトッピングがたくさんあります。

かき氷(かき氷) 日本のかき氷フレークデザートです。

同時に、 ピンス(빙수) は似たような韓国のかき氷デザートで、通常は日本のものよりも豊富なトッピングが添えられており、氷のテクスチャーはさらに細かく、ほとんど粉のようです。

砕いた氷でできているかき氷とは異なり、これらのアジアのデザートは非常に細かいかき氷フレークで作られ、雪のような質感を持っています。

それらの主な違いは、提供されるトッピングの種類です。日本人はシロップのような風味を好みますが、韓国人は餅、小豆、分厚いトッピングが好きです。

このビデオをチェックしてくださいYouTuber피기보이PiggyBoyは韓国でピンスを手に入れて作られました:

 

日本のかき氷

かき氷を試さない理由はありません。 かき氷の甘いスイーツです。 氷は細かく削られているので、綿菓子のような食感になっています。

なめらかでふわふわで肌寒いので、まるで雪のようですが、もちろん甘いトッピングがたくさん!

これはかき氷ではなく薄片状の氷を持っているので、かき氷と間違えないでください。

純粋なかき氷から作られました

このアイスデザートを際立たせているのは、フレーバーアイスではなく、純粋なアイスから作られていることです。 また、最高のかき氷は冷凍ミネラルウォーターで作られています。

その後、フレーバーとトッピングが追加されます。

しかし、かき氷と他の氷のデザートの顕著な違いは、これが砕いた氷から作られているのではなく、代わりに、より大きなブロックから削り取られた氷であるということです。

かき氷は、韓国のピンス(濃厚で退廃的な分厚いトッピングがいっぱい)とは異なり、通常、シロップ、アイスクリーム、コンデンスミルク、ヨーグルトで味付けされています。

かき氷の日

かき氷は 人気の屋台の食べ物 デザートですが、ご家族でお召し上がりいただけます。

実際、このおやつはとても人気があるので、独自の建国記念日もあります! 25月XNUMX日はとして知られています 「かき氷の日」 日本語で日付を逆に読むと「夏の氷」のように聞こえるからです。

かき氷メーカー:ユニークなマシン(初雪)

かき氷を作るための特別な機械があります。 かき氷がすべてできるので、簡単にデザートが作れます!

この機械は初雪と呼ばれ、ハンドルを引くと氷を削ります。 細かい氷の破片が漏斗からカップまたはボウルに落ちます。

かき氷メーカー-ユニークなマシン(初雪)

(他の画像を見る)

同志社は 電気かき氷メーカー ヴィンテージ風の和風デザイン。 このおいしいデザートを作るには、氷を細かく削り、ふわふわした食感を与えるため、この機械を使用する必要があります。

それが機能する方法は、氷の大きな塊(正方形または円形のいずれか)があり、マシンにブレードが付いていることです。 この正確なブレードは、氷を非常に薄いストリップや断片に削り取ります。

かき氷の起源

信じられないかもしれませんが、かき氷は10世紀か11世紀に始まりました。

日本の貴族のために作られたデザートでした。 1800年代後半になって初めて庶民に人気のデザートになりました。

冷凍庫がないと氷の運搬が大変だったので、普通の人はかき氷を手に入れることができませんでした。 したがって、工業化が本格化して初めて、人々は時間通りに氷を輸送することができました。

かき氷は電気機械がなかったので、最初に作ったときは手作りでした。

それは貴族と王族のために予約されていたので、この御馳走は非常に求められていました。 人々はナイフで氷を剃るでしょう。

その後、氷は花の蜜と甘い植物の樹液で自然に甘くなりました。

またチェックアウト このおいしい日本の今川焼き(おばにゃき)デザートレシピ

韓国のピンス

「ピンス」という言葉は凍った水を意味しますが、このデザートはそれだけではありません。風味豊かで、たくさんのトッピングが付いています。

かき氷と同じように、ピンスは非常に細かい氷が入ったかき氷のデザートです。 かき氷とは一線を画すのは、期待とは大きく異なるトッピングがたくさん付いていることです。

また、丸いボールに成形してからボウルに入れ、おいしいトッピングを添えます。

最も人気のあるトッピングには、さまざまなみじん切りの果物、甘いシロップ、コンデンスミルク、そして最も有名な小豆のかき氷であるパットビンスが含まれます。 「パトビンス」は文字通り意味します 「小豆のアイスフレーク」。

トッピングがすべてです

ピンスを食べる一般的な方法は、氷を加えてから、果物、ゼリー、甘い小豆を加えることです。

しかし、他の人気のあるトッピングには、チョコレート、抹茶、緑茶、イチゴ、ブルーベリー、 チーズケーキ、およびマンゴー。 また、トックを上に乗せて、さらに盛り上げることもできます。

あなたは人々がビンス、パトビンス、またはビンス(アメリカでは)と言うことを期待することができます。 しかし、それらはすべて韓国のかき氷を指しています!

ピンスメーカー:かき氷メーカーと同じ

かき氷と同じような電気かき氷で作られているので、特定のピンスメーカーはありません。 A 日本式同志社機 あなたのために仕事をします。

ドウシシャかき氷メーカーピンスメーカー-かき氷メーカーと同じ

(他の画像を見る)

最も基本的なレベルでは、氷はかき氷とピンスの両方で実質的に同じです。

ピンスの起源

ピンスには興味深い歴史があります。 それは冷凍フルーツを食べることからの進化として中国で始まりました。 しかし、それは最終的に日本から来ました。

朝鮮時代(1392-1897)、韓国は日本の統治下にあったため、多くの日本のレシピが人気を博しました。

王室のアイスボックスを担当する使用人と職員は、ナイフで氷を削り取り、次にフルーツシロップとフルーツを加えて、貴族のためのさわやかな氷の御馳走を作りました。

その後、かき氷の味に韓国風のひねりを加えました:小豆。 そのため、小豆のかき氷はすぐに最も人気のある味になりました!

朝鮮戦争中、外国の味や食材の影響があり、ナッツ、シロップ、さらにはシリアルなど、あらゆる種類の刺激的なトッピングでデザートはさらに複雑になりました。

詳細については、こちらをご覧 ここでの日本料理と韓国料理の違い

かき氷vsピンス:類似点と相違点

それぞれのおやつについて説明したので、次はこれら2つのアイスデザートがどのように似ていて異なっているかを調べます。

どちらがビンスなのか、どちらがかき氷なのか混乱するのには理由があります。 どちらのデザートもかなり似ているので、私はそれらを責めることはできません!

それらは同じ方法で提供されます

手始めに、かき氷とピンスはどちらもかき氷でできており、シロップやその他の甘いトッピングで覆われ、ボウルに入れられ、スプーンで食べられます。

時には、これらのデザートは、すべての退廃的なトッピングのためのスペースを作るために、より大きなボウルで提供されます。 しかし、シンプルなバージョンは小さなカップに入れられ、トッピングと混ぜられたスプーン一杯のアイスフレークを取ります。

トッピングは通常すべての氷を覆っているので、一見すると、それはすべてXNUMXつの大きなアイスクリームのボウルであるとさえ思うかもしれません。 氷は薄いフレークに削られ、新雪に似ています。

ピンスアイスはかき氷よりもさらに細かく、まるで粉のようです。

氷の食感とトッピングが違います

ピンスとかき氷の主な違いは氷の質感です。

かき氷はフレーク状の氷のような食感ですが、ピンスはさらに細かく削られており、口の中で粉雪のように感じます。 しかし、それらはまだ非常に似ています。

XNUMXつのデザートのXNUMXつ目の違いは、トッピングの選択です。

日本人と韓国人は似たような味がしますが、どちらもそれぞれの地域のバリエーションと味が好きです。

最も一般的なかき氷の味とトッピング

かき氷屋さんを訪ねると、トッピングのオプションがすべて表示されます。

最も基本的なフレーバーは、次のような色付きのフルーティーなシロップです。

  • 赤いイチゴ
  • レモン
  • ナス科類(トマト、ミニトマト、なす、ピーマンなど)
  • 柚子柑橘類
  • ハワイアンブルーラズベリー

シロップの一部を氷の上にまっすぐに絞るだけです。

次に、いくつかの古典的なフレーバーの組み合わせとユニークなものがあります。

  • 抹茶(緑茶)
  • レニュ(練乳)
  • 黒蜜(糖蜜タイプのシロップ)
  • きな粉(ナッツ味のある大豆粉の焙煎)
  • 小豆(小豆)
  • あんこ(あんこ)
  • フレーバーゼリー(ゼリー)
  • 白玉(小さな餅餃子)
  • じゃがいもととうもろこし(香ばしい)
  • にんじん、ごぼう、こんにゃく
  • ゆず
  • だいこん
  • シャンパン
  • 宇治金時(抹茶と小豆のコンボ)
  • 白熊(練乳、あんこ、果物、寒天製ゼリ)

最も一般的なピンスフレーバーとトッピング

日本のトッピングの多くは人気のピンスのトッピングでもあります。

あなたが見つける可能性が高いいくつかのフレーバーは次のとおりです。

  • 小豆
  • アイスクリーム
  • フルーツカクテル
  • パトビンス(コンデンスミルク、小豆餡、トック餅)
  • トック(韓国のお餅)
  • カラフルなフルーツシロップ(チェリー、レモン、ラズベリーなど)
  • 緑茶
  • コーヒー
  • ヨーグルト
  • 穀物
  • ワイン
  • チーズ
  • ナッツ
  • 抹茶
  • ガンギュル(みかんの一種)
  • ビール

かき氷vsピンス:栄養情報

かき氷はヘルシーなデザートです! カロリーと砂糖がたっぷり入った洋風アイスとは異なり、氷のような日本のお菓子の多くはかなり健康的です。

氷自体にはカロリーがなく、まるで水を飲むようなものです。 カロリーはトッピングから来ていますが、ほとんどのシロップとヨーグルトは砂糖、脂肪、炭水化物が少ないです。

かき氷はカロリーが低く、ダイエット中やヘルシーなお菓子をお探しの方に最適です。

かき氷の最も健康的なタイプは、大豆粉を焙煎して作られたきな粉です。 たんぱく質、食物繊維、ミネラル、ビタミンがたくさん含まれています。

一方、ピンスはかき氷ほど健康的ではなく、クリーミーなトッピングがたっぷり入っているからです。 トッピングは通常炭水化物と砂糖でいっぱいです。

ピンスは、残念ながら、炭水化物と脂肪を大量に含んでいます。 しかし、アイスクリームを食べるのと同じように、適度にピンスを食べるのが最善です。

ピンスの平均的なボウルは300から900カロリーですが、かき氷の平均的なボウルは30から300カロリーです。

ただし、トッピングにフルーツやゼリーを選ぶと、ピンスをより健康的でダイエットにやさしくすることができます。

かき氷とピンスで熱を打ち負かす

クリーミーなトッピングと細かい粉っぽい食感の退廃的なアイスデザートをお探しの場合は、まずピンスをお試しください。 しかし、フルーティーなシロップと乳白色の良さを備えた素早い氷のようなおやつが必要な場合は、かき氷を最初の選択肢にする必要があります。

どちらもとても美味しく、暑い夏の日にぴったりです!

ああ、冒険心があれば、かき氷を買って家で作ってみませんか? アイスクリームに取って代わることができ、作るのも簡単です!

購入したくない場合は、フードプロセッサーがいつでもピンチで行うことができます。

次に、どうですか 家でもう一つの古典的な日本のデザートを試してみてください:おいしい餅!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。