グルタミン酸ナトリウム (MSG) とは何ですか? この物議を醸す成分の背後にある真実

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

MSGとは? 化学物質です、 うまみ フレーバー強化、そしてそれはすべてにあります!

グルタミン酸ナトリウム (MSG) は、天然に存在するアミノ酸であるグルタミン酸の塩です。 多くの食品に使用されている調味料です。 うま味としても知られています。

チーズ、トマト、乳製品などの食品に自然に含まれていますが、MSG は食品添加物としても製造されています。 チップス、缶詰スープ、冷凍ディナー、アジア料理などの多くの加工食品に使用されています.

MSG とは何か、それがどのように使用されているか、そしてなぜ物議をかもしているのかを見てみましょう。

メッセージとは

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

グルタミン酸ナトリウム (MSG) の謎を解く

MSG またはグルタミン酸ナトリウムは、アジア料理で一般的に使用される風味増強剤です。 チーズ、トマト、乳製品などのタンパク質が豊富な食品に含まれるアミノ酸であるグルタミン酸を発酵させることによって作られる結晶性粉末です. MSG は、甘味、酸味、塩味、苦味に続く第 XNUMX の基本味であるうま味で知られています。

MSGはどのように作られていますか?

MSGは、大豆、小麦、糖蜜などのタンパク質が豊富な食品から抽出されるグルタミン酸を発酵させることによって作られます. 発酵プロセスには、グルタミン酸をグルタミン酸に変換する細菌の使用が含まれ、グルタミン酸はナトリウムと結合してグルタミン酸ナトリウムを形成します。

MSG を使用する利点は何ですか?

MSG は、食品の自然な風味を引き出し、味を良くするため、人気のあるフレーバー エンハンサーです。 また、食塩に含まれるナトリウムの XNUMX 分の XNUMX しか含まれていないため、食塩に代わる低ナトリウムの代替品でもあります。 さらに、MSG は、人体に必須のアミノ酸である遊離グルタミン酸の供給源です。

MSG は安全に摂取できますか?

MSG は長年にわたって論争の対象となっており、一部の研究では、MSG が頭痛、吐き気、アレルギー反応などの健康への悪影響と関連付けられています。 しかし、FDA は MSG を摂取しても安全であると分類しており、多くの科学的研究は MSG が有害であるという主張を裏付ける証拠を発見していません。

MSG を含む一般的な食品にはどのようなものがありますか?

MSG はアジア料理で一般的に使用されていますが、ポテトチップス、缶詰のスープ、冷凍ディナーなどの多くの加工食品にも含まれています。 MSG の天然源には、トマト、チーズ、マッシュルームなどがあります。 MSG は、タンパク質が豊富な食品に含まれる他の XNUMX つのアミノ酸であるイノシンとグアノシンと組み合わせると、食品のうま味をさらに高めることができます。

MSG: 神話と誤解を暴く

MSG を取り巻く多くの誤った情報があり、多くの人がそれが不健康で危険な添加物であると信じています. しかし、現在の研究では、MSG は一般的にほとんどの人が摂取しても安全であることが示唆されています。 考慮すべきいくつかの重要なポイントを次に示します。

  • MSG は、FDA や欧州食品安全機関など、世界中の多くの規制機関によって安全であると認められています。
  • 一部の人々はMSGに敏感で、頭痛や胃のむかつきなどの悪影響を経験するかもしれませんが、これは比較的まれであり、人口のごく一部に影響を与えるだけです.
  • MSG の否定的な評判は主に、食品には通常存在しない非常に高用量の添加物を使用して設計または実施された以前の研究に基づいています。
  • MSG は、野菜、肉、乳製品など、多くの食品に含まれる天然化合物です。 また、加工食品やレストランの料理の風味増強剤としても一般的に使用されています。
  • MSG は食品添加物に分類され、特定の製品のナトリウム含有量を下げるために塩の代用としてよく使用されます。
  • 食品中のMSGの存在は、必ずしもそれらが不健康または高度に加工されていることを意味するわけではありません. 実際、トマト、マッシュルーム、パルメザン チーズなどの人気のある健康的な食品の多くには、MSG にうま味を与える化合物であるグルタミン酸が高レベルで自然に含まれています。
  • MSG は、特定の料理、特に脂肪や塩分の少ない料理の風味を改善するのに役立つ成分です。 通常の量で摂取した場合、体に悪影響を与えることはありません。

MSG の体への影響は何ですか?

一般に信じられていることとは反対に、MSG は通常の量で摂取した場合、体に悪影響を及ぼしません。 考慮すべきいくつかの重要なポイントを次に示します。

  • MSG は、タンパク質のビルディング ブロックである他のアミノ酸と同じように体内で分解されます。
  • MSG のナトリウム含有量は比較的低く、重量の約 12% がナトリウムに由来します。 これは、MSG が食事中の重要なナトリウム源ではないことを意味します。
  • MSGを含む食品を摂取した後、頭痛、発汗、または胃のむかつきなどの悪影響を経験する人もいます. ただし、これは通常、添加物に非常に敏感な人にのみ見られ、一般的な出来事ではありません.
  • 食品中のMSGの存在は、特定の健康状態や病気を発症するリスクを高めることはありません.

MSG はどのように食品に含まれていますか?

MSG は、加工食品やレストランの料理の風味増強剤として一般的に使用されています。 考慮すべきいくつかの重要なポイントを次に示します。

  • MSG は、風味を改善し、うま味を増すために、調理プロセス中に食品に添加されることがよくあります。
  • MSG は、スープ、スープ、肉汁、チップスやクラッカーなどのスナック食品など、特定の種類の食品によく含まれています。
  • MSG は、醤油、ウスターソース、サラダ ドレッシングなどの特定の製品にも含まれています。
  • 食品中の MSG の存在を懸念する人もいるかもしれませんが、MSG は特定の料理の風味を向上させるために少量使用される、広く認められた安全な食品添加物であることを覚えておくことが重要です。

MSG: 料理のカメレオン

多くの人は何の悪影響もなく MSG を摂取できますが、MSG に敏感な人もいます。 研究は、MSG が胸痛、顔面紅潮、頭痛などの敏感な個人の症状を引き起こす可能性があることを一貫して示しています. しかし、科学者はこれらの発見を一貫して再現することができておらず、多くの人がMSGの摂取による悪影響を報告していません.

天然MSG

MSG は、トマト、マッシュルーム、パルメザン チーズなど、多くの食品に自然に含まれる成分であることに注意することが重要です。 MSGの量が比較的少ないため、これらの食品は通常、敏感な人に有害反応を引き起こすことはありません. 一部の人々に問題を引き起こす可能性があるのは、MSGがフレーバーエンハンサーとして追加された場合のみです.

結論として、MSG は多くの一般的な食品に風味を加える料理のカメレオンです。 一部の個人はそれに敏感かもしれませんが、研究は一貫して悪影響を再現することができませんでした. MSG を含む食品に注意し、副作用を経験した場合は自分の体に耳を傾けることが重要です。

まとめ

グルタミン酸ナトリウムは、アジア料理で一般的に見られる風味増強剤です. それは、多くの食品に含まれるアミノ酸であるグルタミン酸から作られる化合物にすぎないので、恐れずに味を楽しんでください! 無理をしないようにしてください。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。