文化vs三徳包丁| 彼らがどのように比較するか[&どれを買うか]

JoostNusselder著 | 更新しました:  25年2022月XNUMX日

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

文化と三徳のナイフはどちらも似すぎているように見えるので、それらを手に入れることについて混乱していますか?

両方のナイフは多くの類似した機能を共有していますが、オプションを検討する前に知りたい多くの違いがあります。

文化vs三徳包丁| 彼らがどのように比較するか[&どれを買うか]

一般的に、文華と三徳は全体の形で区別されます。 ブンカナイフはやや湾曲した刃で短刀の先が尖っていますが、三徳包丁は真っ直ぐな刃で先端が洗練されていません。 そのため、三徳はチョッピング、ミンチ、ダイシングに使用され、ブンカは高精度の作業に使用されます。

この記事では、両方のナイフを、体の形から特定の用途、そしてその間のあらゆる角度から、あらゆる角度から比較します。

これは、どのナイフをいつ使用するかについて情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

ブンカナイフとは?

文花は、文花房丁としても知られる和包包丁です。 日本語で「文化」は「文化」を意味し、「ぼちょ」は包丁を意味します。 したがって、私たちは「文化的な包丁」として直訳を取得します。

包丁は「番野文庫ぼちょう」とも呼ばれ、「番野」という言葉は便利さと汎用性を表しています。

ブンカナイフは、対称的で主に真っ直ぐな刃先が特徴で、特徴的な逆短刀の先端で終わり、ダブルベベルナイフとしては非常に鋭利です。

ブンカナイフはハードコアな日本文化からデザインを受け継いでいるため、刃にエキサイティングなデザインやパターンが刻まれていることがよくあります。

これにより、全体的な美しさが増し、使用時に本物の包丁の雰囲気が得られます。

さらに、それはその三徳の対応物よりも比較的大きい(最大5-7インチ)。 ただし、従来の西洋のシェフナイフよりもやや小さいです。

したがって、それはあなたの切断セッションを楽にするのに最適な重量とサイズを持っています。

また、多くの場合、 牛刀 便利なように、ギュウトナイフが小さな作業を処理し、ブンカナイフが頑丈な作業を行います。

それとは別に、ブンカナイフは非常に用途が広く、お気に入りの野菜を切り刻んだり、お気に入りの肉や魚を切り刻んだりするなど、ほぼすべての用途に使用できます。

鋭い二重斜角刃とバンカナイフの先のとがった先端は、肉や魚を複雑な精度で切り抜くように特別に設計されています。

日本刀の大部分と同じように、文器ナイフは 高品質のダマスカス鋼、高炭素鋼、 VG10、AUS10、 青い鋼と白い鋼.

ご存知のように、炭素鋼ナイフはその耐久性と高い耐摩耗性で特に知られています。

適切な手入れと保管、ブンカナイフを交換する必要があるまでには、少なくとも数年以上かかるでしょう。

最高の文賀包丁は何ですか?

機能性と美しさを兼ね備えたバンカナイフをお勧めします。 Enso HD 7″VG10ハンマーダマスカスステンレス鋼 手元にある最良のオプションです。

プレミアムVG10槌で打たれた鋼のナイフ、非常に鋭いエッジ、非常に快適なハンドルバー、そして日本の包丁ユーザーが死ぬであろう美学。 Enso-HDはあなたの料理の喜びを別のレベルに高めます。

三徳包丁とは?

「三徳包丁」は、日本語で「XNUMXつの美徳」を意味します。 この名前は、実際には三徳包丁のXNUMXつの用途、つまり切断、スライス、ミンチを表しています。

三徳包丁は、文華包丁と比較して、用途の広いデザインであり、西洋の標準的な牛刀によく似ているため、料理人の間で人気があります。

先端が鋭くないので、切断時の利便性から、定番の西洋牛刀の代わりによく使われます。

岩を切る動きの代わりに、シェフは単純な下向きのカットで野菜をスライスし、プロセスをよりクリーンで、より速く、より効率的にします。

デザイン的には、三徳包丁はシェフの都合に合わせて絶えず形を変えているので、バラエティに富んでいます。

たとえば、三徳包丁の西洋のバリエーションを見てみましょう。 彼らはわずかに尖った先端を持つ二重ベベルブレードを持っています。

デリケートな肉をきれいに切ることができると同時に、メンテナンスや研ぎが簡単になります。

一方、三徳包丁は、伝統的な日本のスタイルに近いもので、主に真っ直ぐな刃の前刃または斜角がXNUMXつあり、先端があまり洗練されていません。

単一の斜角により、シェフは複雑な肉を切り、野菜や果物をさいの目に切るときに、方向を制御する必要があります。

通常、標準的な三徳包丁の長さは4〜6インチで、刃が薄く、背が広いため、下向きのスライス、チョッピング、ダイシングをすばやく行うことができます。

最高の三徳包丁は何ですか?

世界 DALSTRONG7インチシャドウブラックシリーズサントクナイフ 手に入れることができる最高の日本の三徳包丁です。

高品質の包丁ならではの切れ味と、誰でも使える両手利きの柄が特徴です。

さらに、プレミアム品質の素材とエキサイティングなパターンは、このカテゴリーの他のどのナイフよりも長くキッチンの在庫を美しくします。

を探す このナイフの完全なレビューと他の良いオプションはここにあります

文化vs三徳:比較

文化と三徳のナイフの基本を理解したところで、比較を少し深く掘り下げて、両方のナイフのさまざまな側面を評価しましょう。

形状とデザイン

ブンカは比較的幅の広い刃で、前縁にわずかなカーブがあり、短刀の先端があります。

背骨は三徳とは異なり、上向きの先端に達するように傾斜しており、上部がわずかに角度を付けています。 これは、伝統的な日本の包丁のように、ナイフに非常に鋭い先端を与えます。

さらに、ブンカナイフはシングルベベルまたはダブルベベルの両方が可能です。 ダブルベベルブレードは、右利きと左利きの両方のユーザーに適した便利なように作られています。

文化はまた、タップチョッピング、プッシュカット、プルカット、さらにはロックカットモーションなどのさまざまな技術で野菜を切るのに適した多目的包丁です。

一方、三徳包丁のデザインは大まかに基づいています 菜切包丁として知られる日本の包丁。 それは主にかかとから先端までまっすぐである適度に鋭い刃の端を持っています。

しかし、背骨は先端付近で下向きに湾曲しており、三徳包丁で有名な悪名高い羊の足になっています。

一般的に多目的ナイフと見なされていますが、三徳包丁の特徴的な薄い刃と平らなプロファイルは、繊細な肉や野菜のために明確に設計されています。

エッジとシャープネス

前述のように、バンカナイフは、特徴的な鋭い前縁と先端を備えた二重斜角刃を備えています。

それについての最もよいことは? 非常に用途の広いダブルベベルブレードは、左利きの人にも右利きの人にも同じように便利です。

それどころか、日本のメーカーの伝統的な日本の三徳包丁は、二重斜角のブンカナイフよりもはるかに薄い単一の斜角が付属しています。

三徳包丁の西洋版は、文華包丁のように二重斜角が特徴です。 しかし、非常に鋭いエッジを持つ特徴的なストレートブレードのデザインを損なうことなく。

その精度の高さから、二重斜角の三徳包丁は、プロの空間で西洋のシェフのナイフの代わりとしても広く使用されています。

ハンドル

三徳包丁と文華包丁はどちらも同じ柄を使っています。 和柄と洋風柄。

ただし、D字型、八角形、または楕円形のwaハンドルは、両方のナイフで使いやすいため、非常に適しています。

プロのシェフは、人間工学に基づいたデザインのため、D字型のハンドルを最も好みます。 ハンドルの先のとがった端がナックルが曲がるところにあるので、それは非常に簡単に手にフィットします。

それにもかかわらず、それが特定のシェフのグループに便利さを提供するかもしれないところで、それはまたナイフを非常に両手利きではないものにします。

サイズ

典型的な日本の包丁のように、bunkaは標準的な西洋のシェフのナイフよりも全体的なプロファイルが短く、刃の長さは5〜7インチの範囲です。

これにより、ブンカナイフは通常のシェフナイフよりもはるかに軽量になり、長期間簡単に使用できるようになります。

しかし、ブンカと三徳の比較を描くと、三徳ナイフの長さとプロファイルはさらに短くなり、理想的な長さは4インチになります。

これにより、三徳包丁はさらに扱いやすくなり、家庭用および業務用厨房に最適な日本の包丁のXNUMXつになります。

文化vsサントコ:いつどちらを使うか

仕様固有の比較を行ったので、三徳包丁と文華包丁の優れた機能のいくつかを見て、どのアクティビティが各ナイフにより適しているかを確認しましょう。

スライス

スライスでは、三徳包丁は手に負えないチャンピオンです。

薄型のプロファイルと特徴的なストレートでシャープなエッジにより、野菜や肉をそよ風のようにカットし、スライスを可能な限り薄くします。

残念ながら、前縁にカーブがあるため、ブンカナイフではこの精度を見つけることができません。

ミンチ

逆短刀のデザインとわずかに湾曲した前刃のため、ブンカナイフはミンチに最適です。 それらは、三徳に比べてプロセスをはるかに速くそしてより便利にします。

ダイシング

刃が鋭くて扱いやすいので、三徳はダイシングに最適です。

完全に形作られた均一な果物を手に入れることができます。これは、幅が広く、湾曲した、二重斜角の刃を持つ傾向があるため、ブンカを使用するのは非常に難しい場合があります。

また、斜角のある三徳包丁のように上から押すことはできません。

精密作業

ブンカナイフは上に向かって先細になるので、鋭くとがった先端があります。 これにより、精密作業に最適なオプションとなり、 特別なナイフ技術.

伝統的な三徳包丁には洗練された先端がありません。 したがって、複雑な切断には使用できません。

よくある質問

最も人気のあるブンカナイフのブランドは何ですか?

ブンカナイフは一般的に地元の日本の鍛冶屋によって最もよく作られていますが、一部のブランドはブンカナイフのバージョンの製造を開始しています。 それらのブランドは次のとおりです。

  • マサモト
  • グローバル
  • 酒井貴之
  • 安立
  • 義弘
  • 敏郎

最も人気のある三徳包丁のブランドは何ですか?

主に日本のブランド専用のブンカナイフとは異なり、ブンカナイフも西洋のブランドによって製造されています。 人気のある三徳包丁のブランドは次のとおりです。

  • グローバル
  • ビクトリノックス
  • ツヴィリングJAヘンクルズ。
  • 義弘
  • 敏郎
  • 月心浦楽
  • マサモト
  • マーサー料理
  • みやび

結論

日本のナイフは、私たちが家やレストランについて話しているかどうかにかかわらず、現代のキッチン在庫の定番です。 そしてその中で最もよく使われる包丁は文華か三徳です。

三徳は、次の料理のために野菜や肉を準備するかどうかにかかわらず、一般的なスライスやダイシングに間違いなく適しています。

より正確にしたい場合、または食べ物を準備するときの岩を切る動きが好きな場合は、ブンカナイフがより良いオプションかもしれません。

しかしもちろん、なぜ選ぶのですか? 良い包丁コレクション あなたが常に目の前の仕事のために正しいナイフを持っているように、いくつかのナイフを持っています。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。