出刃包丁:日本の魚の骨切り包丁

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

時々、丸ごとの魚、鶏肉、柔らかい肉をバラバラにする必要があり、日本人はまさにそのためのものを持っています.

出刃包丁(出刃包丁、「先のとがった彫刻刀」)は、魚の骨を切るために使用される日本のフィレナイフの一種です。通常、先端に向かって内側に湾曲した幅広の刃を持ち、先が鈍くなっています。従来のシェフズ ナイフよりも厚く、タフなカットに適しています。

この記事では、それをいつ使用するか、および他のタイプのナイフとの違いについて説明します.

出刃包丁 和包丁の種類

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

デバナイフとは何ですか?

デバは、さまざまな種類の魚の骨を割ったり切ったりするために使用される日本のフィレナイフの一種です。

先端に向かって内側に曲がる奇妙な形の幅広の刃があり、先端が鈍いため、魚の骨を切るのに最適です。

刃もかなり厚く、タフな魚の切り身にも耐えられる頑丈さを備えています。

出刃包丁は魚の切り身に最適で、寿司や刺身の準備にも最適です。

汎用性を求めるなら 和包丁 デリケートな魚のカットとタフなカットの両方を処理できる出刃包丁が最適です。

出刃包丁は、大きな骨のない鶏肉や肉を切るのにも使用できます。 を使用することはできません 大きな骨を切るためのデバナイフ - 包丁が必要です そのようなタスクのために。

  • 最高の出刃包丁は、炭素鋼やステンレス鋼などの高品質の素材で作られています。
  • 彼らは魚の骨をスライスするのに最適な鋭い刃を持っています。
  • 寿司や刺身を作るのにぴったりのサイズです。
  • 彼らはあなたの特定のニーズに合うようにさまざまな形とサイズで来ます。

デバナイフの使用

デバナイフの使い方がわからない場合は、答えは非常に簡単です。 デバナイフは通常、シーフード、特に魚介類をスライスまたは切り刻むために使用されます。

ナイフはまたよく使用されます 日本料理 寿司と特定の種類の刺身を準備します。 さらに、出刃包丁は魚の切り身や骨抜きに最適です。

デバは、肉のひき肉、野菜のさいの目に切る、ハーブの切り刻みなど、さまざまな作業に役立ちます。

したがって、さまざまなタスクに使用できる用途の広いナイフを探している場合は、debaナイフが最適なオプションです。

デバナイフを使うには、まずまな板の上に腹を上にして魚を置きます。 鰓のすぐ後ろの魚に刃を挿入し、尾まで魚を縦に切ります。

次に、頭のすぐ後ろで魚の背骨を横に切ります。 最後に、魚の両側の肋骨を切ります。

両側の骨に沿ってナイフを動かすことで、フィレットを取り除くことができます。

デバナイフのお手入れ方法

デバナイフは、特別な注意が必要な高品質の素材で作られています。

  • ナイフを温水と刺激の少ない石鹸で手洗いします。
  • ブレードを損傷する可能性があるため、食器洗い機の使用は避けてください。
  • 研ぎ棒や砥石で定期的にナイフを研ぎます。
  • ナイフは、ナイフブロックやシースなどの安全な場所に保管してください。

出刃包丁vsフィレナイフ

出刃包丁とフィレナイフは似ているように見えるかもしれませんが、両者の間にはいくつかの重大な違いがあります。

まず第一に、デバナイフは通常、フィレナイフよりも重く、刃が厚いです。

さらに、出刃包丁はしばしば二重斜角の刃を持っていますが、ほとんどのフィレナイフは単一斜角の刃を持っています。

最後に、出刃包丁は骨を切るように設計されていますが、フィレナイフはそうではありません。

したがって、魚の切り身や肉の骨抜きなどのより困難な作業を処理できるナイフを探している場合は、出刃ナイフが最適です。

デバvsシェフナイフ

出刃包丁と牛刀はどちらもスライスとチョッピングに使用できますが、両者にはいくつかの重要な違いがあります。

まず第一に、出刃包丁は通常、牛刀よりも厚い刃を持っています。 さらに、出刃包丁はしばしば二重斜角の刃を持ち、その形状は牛刀のそれとは異なります。

最後に、出刃包丁は骨を切るように設計されていますが、牛刀はそうではありません。

シェフのナイフは、デバのような専用の魚刀ではありません。 用途の広い万能包丁です。

主な違いは、シェフのナイフはデバほど魚の骨をスライスするのが得意ではないということですが、注意すればそれでも十分な仕事をすることができます。

出刃包丁vs三徳

三徳包丁 スライス、ダイシング、およびミンチ用に設計されています。 デバナイフと同じタスクのいくつかに使用できますが、XNUMXつの間にいくつかの重要な違いがあります。

まず、三徳包丁は出刃包丁より刃が薄いです。 さらに、三徳包丁は通常、単一の斜角の刃を持っていますが、出刃包丁はしばしば二重の斜角の刃を持っています。

最後に、三徳包丁は出刃包丁のように骨を切るようには設計されていません。

デバナイフを研ぐ方法

デバナイフを良好な状態に保ちたい場合は、定期的に研ぐことが重要です。

デバナイフを研ぐ最良の方法は、砥石を使うことです。 日本の砥石または水石.

砥石にはさまざまなサイズや形がありますので、ナイフに合ったものを選ぶ必要があります。

砥石を選んだら、付属の説明書に従ってください。

私が持っています 日本の砥石を使ってナイフを研ぐ方法の完全ガイドはこちら.

少し練習すれば、デバナイフをかみそりのように鋭く保ち、必要なタスクに備えることができます。

よくあるご質問

デバナイフはどんな種類の魚に適していますか?

出刃包丁は、さまざまな種類の魚の骨を割ったり切ったりするために使用される日本のフィレナイフの一種です。

マグロ、サバ、サーモンなどの脂肪の多い魚との使用に特に適しています。

デバナイフと他のナイフの違いは何ですか?

出刃包丁の刃は、伝統的な牛刀の刃よりもはるかに厚いです。 これにより、骨を切断するのに理想的です。

また、ナイフは短く、先端が尖っている傾向があるため、操作性が向上します。

デバナイフは魚専用ですか?

いいえ、出刃包丁は野菜や肉のスライスなど、さまざまな作業に使用できます。

しかし、その厚い刃と先のとがった先端のおかげで、それは魚での使用に特に適しています。

デバナイフを保管するにはどうすればよいですか?

使用しないときは、ナイフを安全な場所に保管する必要があります。 ナイフブロックのように or 鞘(日本のさや).

これは、ブレードを保護し、時期尚早に鈍くなるのを防ぐのに役立ちます。

デバナイフはどのくらいの頻度で研ぐ必要がありますか?

使用頻度にもよりますが、定期的にナイフを研ぐことをお勧めします。

毎日ナイフを使う場合は、おそらく週に一度研ぐ必要があります。

たまにしか使用しない場合は、研ぎの頻度を減らすことができます。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。