包丁仕上げ| 黒内からかすみ、みがきまで説明

JoostNusselder著 | 更新しました:  25年2022月XNUMX日

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

あなたが日本の包丁のファンなら、あなたはおそらく利用可能なさまざまな包丁の仕上げについて聞いたことがあるでしょう。 ナイフの刃は非常に光沢があるか、槌で打たれた、または素朴な仕上げにすることができます。

しかし、黒内、かすみ、みがきの違いを知っていますか? ダマスカスフィニッシュはどうですか?

包丁仕上げ| 黒内から土目まで説明

日本の包丁の仕上げは、日本の包丁を選ぶ上で重要な部分であり、すべてが機能しているわけではありませんが、それらは間違いなく美的目的を果たします。 それぞれの仕上げはあなたのナイフの美学に独特のタッチを加えます、そして、tsuchimeのようないくつかは食物が刃の側面にくっつくのを防ぐことができます。

それぞれの仕上げをするために、職人は異なる技術と材料を使わなければなりません。

この記事では、あなたが精通している必要がある7つの日本の包丁の仕上げについて説明しています。

さまざまな種類の包丁仕上げ

日本の主な包丁の仕上げは7つあります。

  1. 黒内/鍛冶屋
  2. 梨地/梨の皮柄
  3. ミガキ/ポリッシュ仕上げ
  4. かすみ/ポリッシュ仕上げ
  5. ダマスカス/ダマスカス
  6. 土目/手槌で打たれた
  7. 祇園/ミラー

これらの仕上げにはそれぞれ独自の特徴と利点があります。

私はそれぞれのナイフの仕上げについて別々に議論し、それらを比較しています。

黒毛仕上げ

Kurouchiナイフは、伝統的な鍛冶技術を使用して鍛造されているため、刃にざらざらした質感のある仕上がりになっています。

黒毛は「黒仕上げまたは最初の黒」を意味し、鍛造に使用される鉄と鋼の層のために刃は黒色です。

黒内仕上げは、傷や摩耗の兆候も隠し、包丁に人気があります。

ただし、この仕上げは磨きや光沢がないため、他の日本の包丁仕上げよりも汚れやすくなります。

Kurouchiの日本の包丁は、黒鉄のクラッディングで覆われた炭素鋼の層を持っており、素朴な、または「未完成」の粗い外観を与えます。

あまり洗練されていないナイフの仕上げを探しているなら、この暗くて素朴な見た目は良いものです。 鍛造中に自然に形成される残留物を研磨しないと、暗い色になります。

この仕上げはハンマー加工によって自然に達成されるため、ナイフに優れた強度と耐久性を与えることがよくあります。 包丁は、日本の伝統的な職人技を重んじる料理人によく使われています。

キッチンでの頻繁な使用に耐えることができる耐久性があり、錆びにくいブレードを探しているなら、黒内はあなたにとって正しい選択かもしれません。

ただし、研磨剤入りの洗浄剤は、時間の経過とともに黒内仕上げが薄くなる可能性があることに注意してください。

その他にもたくさんのグーグルの 菜切包丁 or 薄刃包丁 黒内仕上げです。

ナシジフィニッシュ

梨地包丁は、鍛造工程で鋼を叩くことで刃に梨のような風合いがあります。

このように、梨地包丁は ナシ、ナシ梨として知られています。 この刃の仕上げは、熟した梨の繊細で微妙に斑点のある皮に似ています。

ナシジ仕上げは、カーボンとステンレスの両方のブレードに適用されます。 魅力的で機能的であるため、日本の包丁に人気があります。

なしじ仕上げは、食べ物が刃にくっつくのを防ぐのに役立ち、果物や野菜をスライスしたり、さいの目に切ったりするのに適しています。

ナシジ仕上げの刃は、一般的に黒内刃よりも磨き上げられていますが、同様に強度と耐久性に優れています。

その他にもたくさんのグーグルの ブンカナイフ このタイプの仕上げがあります。

ミガキフィニッシュ

ミガキナイフの名前は、仕上げ工程自体に由来しています。ミガキは「磨かれた」という意味です。

みがき包丁はやわらかいステンレスを使用し、鏡面に近い仕上がりになるまで磨き上げています。

これらのブレードは、明るく絹のような輝きが出るまで磨かれていますが、鏡のようなものではありません。

ある刃物職人と別の刃物職人によって適用される研磨の程度は異なります。 ミガキナイフはメーカーによって製造されているため、反射率も異なります。

一部のメーカーからは鏡のような輝きを得ることができますが、他のメーカーは曇った仕上がりになります。 磨かれた包丁は上品な見た目ですが、所有することにはいくつかの欠点があります。

磨かれたナイフの傷はより明白であり、これはナイフの全体的な美的魅力を損ないます。

その質感のために、ダマスク、ナシジ、クロウチのような質感のある仕上げは、長期間にわたって一貫した外観を維持する可能性が高くなります。

ミガキナイフは、その優れた刃先保持力と切れ味で高く評価されています。

生の魚や肉のスライスにも使用できますが、厨房のカウンターに飾ると、重厚で上品な見た目でミガキナイフが好きな人も少なくありません。

Misenやimarkuのようなブランドは、このタイプの仕上げで知られています。

かすみ仕上げ

かすみ包丁はみがき包丁に似ていますが、柔らかくやさしい仕上がりが特徴です。

かすみナイフは文字通り「かすんでいる霧」であり、その仕上げを指します。層やエッチングはありません。 かすみ包丁は、明るく光沢のある刃を持っています。

かすみ包丁は黒内よりも刃先が良いと信じている人もいます。

かすみという言葉は英語でミストを意味し、鍛造が完了した後に残る微妙な刃の仕上げを指します。

かすみ包丁は他の種類の包丁よりも柔らかい鋼で作られていますが、それでも信じられないほど鋭い刃があります。

かすみ包丁は、みがき刃と同様に磨き上げられており、切れ味と刃先の保持力で有名です。

ダマスカス仕上げ

ダマスカスまたはダマスカスの刃は、流れる水に似たパターンでさまざまな種類の鋼を重ねることによって仕上げられ、刃に美しい渦巻くパターンをもたらします。

ダマスカス仕上げは、実際には、ダマスカス鋼の多くの層が互いに積み重ねられた結果です。

「ダマスカス」という名前は、鋼のシリアの起源を示していますが、 仕上げは実際に日本で非常に人気があります.

すると、パターンは小川の石の上に水が波打つように見えます。 ダマスカスの仕上げは信じられないほど美しいだけでなく、食べ物が刃に付着するのを防ぐのにも役立ちます。

ダマスカスナイフは非常に鋭く耐久性があり、プロのシェフに人気があります。

ダマスカスナイフは他の種類の日本のナイフよりも高価ですが、その独特のパターンと高品質の素材は、プロのキッチンやホームシェフにとって大きな投資になります。

その他にもたくさんのグーグルの 牛刀 及び 三徳包丁 ダマスカス仕上げです。

土目仕上げ

土見ナイフは、これらの刃に特徴的な波と隆起を与える独特の手槌で打たれた仕上げを特徴としています。

土見ナイフは炭素鋼またはステンレス鋼で作られ、刃は手でハンマーで叩かれ、質感のある仕上がりになっています。

土目という言葉は、日本語で「槌で打たれた」という意味で、これらのナイフの独特の仕上げを指します。

土目仕上げは、これらのナイフの美しく素朴な外観を作成するのにも役立ちます。

槌で打たれたナイフは手に重く感じることがよくありますが、強度と耐久性にも優れています。

土見ナイフは、魚をきれいに切るナイフの能力を高く評価する寿司職人によってよく使用されます。

その他にもたくさんのグーグルの 柳葉 または和牛刀は土目槌で仕上げます。

京面フィニッシュ

京門はあまり耳にしないので、あまり人気のないナイフ仕上げです。 でも、鏡のようになめらかでツヤがあるので、おそらく最も美しいもののひとつでしょう。

祇園ナイフは高品質の炭素鋼で作られ、刃は鏡面仕上げに研磨されています。

祇園という言葉は、日本語で「鏡面」を意味し、これらのナイフの信じられないほど反射する仕上げを指します。

京門刃は市場で最も美しい包丁だと考える人もいます。

ナイフにこの光沢のある鏡のような外観を与えるには、多くの作業、特に研磨が必要です。

一般的に、祇園メンの仕上げは、仕上げに非常に多くの作業が必要なため、高級デラックスナイフに見られます。

最高の包丁仕上げは何ですか?

ここに正しい答えも間違った答えもありません。 それはナイフの目的とデザイン、そしてあなたの個人的なニーズと好みに依存します。

もちろん、一部のシェフは、パフォーマンスが向上したり、食べ物が刃からはがれやすくなるため、特定の仕上げを主張します。

ただし、これは個人的な好みの問題です。 包丁の性能は、見た目よりも刃、斜角、鋭さの影響を強く受けます。

しかし、ナイフの美学は視聴者の感情に影響を与える可能性があります。

カトラリーはキッチン体験の重要な部分であり、それを楽しむと、仕事を楽しむ可能性が高くなります。

高品質のカトラリーや設備を使用しているため、多くの人が料理に夢中になっています。 食事を準備するあなたの能力はこれによって影響を受ける可能性があります。

あなたにぴったりの包丁の選び方

ナイフを選ぶときは、ニーズに最適な鋼、刃、仕上げの種類を考慮することが重要です。

それはあなたが必要とするナイフの種類に依存し、仕上げはそれほど重要ではありません。

たとえば、 丈夫な寿司ナイフが必要な場合、土手和牛刀の美しい仕上がりに誘惑されるかもしれませんが、おそらく柳を手に入れるでしょう。

結局、機能性は仕上げの種類よりも重要です。

黒内、かすみ、みがき仕上げはすべて人気のある選択肢です 和包丁。 それぞれに独自の長所と短所があります。

  • くるちナイフは、耐久性と防錆性で知られています。
  • かすみ包丁は黒内よりも柔らかく、刃先をしっかりホールドします。
  • ミガキナイフは高度に研磨されており、優れた切れ味を提供します。
  • ダマスカスナイフは美しく耐久性がありますが、高価でもあります。
  • 土目包丁は、手槌で打たれた独特の仕上がりで素朴な印象を与えます。
  • 祇園ナイフは鏡面仕上げで、切れ味に優れています。

選択する仕上げのタイプは、ニーズと好みに基づいている必要があります。 決定を下すときは、ブレード、スチール、およびエッジの保持を考慮してください。

どんな仕上がりを選んでも、包丁はキッチンで何年にもわたる信頼できるサービスを提供することでしょう。

包丁を研ぐ時が来ましたか? 仕事のために伝統的な日本の砥石を手に入れよう

黒内vsかすみvsみがき

包丁、かすみ、みがきはすべて包丁の人気のある選択肢です。 それぞれに独自の外観があります。

  • 黒鋼仕上げは、炭素鋼を刃に鍛接することで作られた素朴なマットブラック仕上げです。
  • かすみ仕上げは、鋼中の不純物を打ち抜くことで、より柔らかく繊細な仕上がりになります。
  • みがき仕上げは、シャープネスに優れた磨き上げ仕上げです。

このXNUMXつは非常に人気のある仕上げであり、槌で打たれた(つちめ)も非常に人気があり、TUOやYoshihiroなどの多くのブランドがこの仕上げを使用しています。

取り除く

日本の包丁の仕上げは、黒内、梨地、ミガキ、かすみ、ダマスカス、土目、祇園の7つの主要なタイプに分類できます。

クロウチのようにざらざらした仕上がりもあれば、ミガキのように滑らかな仕上がりもあります。

仕上げの種類ごとに、日本の包丁を購入する前に考慮すべき独自の長所と短所があります。

この記事では、これらXNUMX種類の仕上げの違いについて概説し、どちらが自分に適しているかを十分な情報に基づいて判断できるようにします。

への最善の方法 日本のナイフコレクションを頑丈なナイフスタンドまたは磁気ストリップに保管します

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。