日本のナイフハンドル| 「和」の扱いが西洋のものと異なる理由

JoostNusselder著 | 更新しました:  August 22, 2022

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

伝統的な 和包丁 ハンドルは「Wa 洋包丁の柄を「よう」と呼びます。

あなたが得るつもりなら 日本の包丁、ハンドルの違いと使用可能な一般的なハンドルの種類を知る必要があります。

日本のナイフハンドル| 「和」の扱いが西洋のものと異なる理由

和柄は一枚の木でできているのが特徴です。 材木は通常、チェリー、クルミ、またはマグノリアです。 マグノリアの木は、軽量で木目が美しいため、最も人気があります。 ハンドルはユーザーの手に合うように注意深く刻まれています。

Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

日本の包丁の柄はさまざまな形をとることができますが、人間工学に基づいてユーザーに快適なグリップを提供するため、D字型、円形、八角形の柄が最も一般的です。

このガイドでは、伝統的な日本の包丁の柄について知っておくべきことすべてについて話し合い、ナイフオタクだけが知っている情報を共有します!

わハンドルとは?

Wa-HandleとWesternハンドルは、ナイフハンドルのXNUMXつのスタイルです。

日本の伝統的な柄は和柄と呼ばれています。 このハンドルは全体的に軽い感触と前方にバランスの取れたブレードを備えています。

これらのハンドルは、さまざまな種類の木材とカラーで利用できます。 また、これらのナイフは、多くの場合、所定の位置にセメントで固定され、ハンドルの長さの約3/4の長さのタングを備えています。

それらを良好な状態に保つために、それらが乾いたら、これらのハンドルに蜜蝋または鉱油を単に適用します。

あなたは通常一度に何時間もナイフを持っているので、あなたの手にある天然オイルはハンドルを抑えるのに十分かもしれません。 修理が簡単なので、Wa-Handleが破損しても心配ありません。

日本の包丁を作るために、刃物職人はタングを加熱しなければならず、その後それは選ばれたナイフの柄に挿入されます。

次に、木槌の種類を使用して、各ハンドルをタングに叩き込みます。 もうXNUMXつのオプションは、ハンドルに穴を開けてから、加熱したタングをそこに挿入することです。

ワvsウエスタンハンドル

西洋の世界では、西洋のハンドルが最も頻繁なハンドルタイプです。 彼らは完全なタングとリベットを持っているので、彼らは通常、ワハンドルより少し重いです。

ナイフのタングがフルかハーフかは関係ありません。日本のハンドルは、西洋風のハンドルを持っている場合とは違った感じになります。

これらのハンドルには、ミカルタ、エコウッド、パッカウッドが一般的に使用されています。 それらはまた、マホガニー、バーチ、または他の高品質の木材から作ることができます。

西洋のハンドルは通常、中央でバランスが取れており、ボルスターが溶接されているため、ナイフの重量を少し増やしたい料理人にとって快適です。

西洋のナイフの欠点のXNUMXつは、ハンドルがWa-Handlesほど見た目が良くないことです。

また、手からの天然オイルは時間の経過とともにハンドルの素材を磨耗させる可能性があるため、さらにメンテナンスが必要です。

包丁でWAとはどういう意味ですか?

WAは和声の日本語の単語ですが、この場合、それは古典的な日本の包丁の柄を指します。 西洋のナイフハンドルは「ヨー」ハンドルとして知られています。

ワの柄は、数ヶ月、あるいは数年もの間、水と木炭の灰に浸された木材でできています。

これにより、ナイフはより耐久性があり、審美的に心地よい仕上がりになります。

ブレードに応じて、使用できる木材にはさまざまな種類があります。

はハンドルの長さはどれくらいですか?

ワハンドルの長さはナイフの種類によって異なりますが、通常は約12〜15cmまたは4.72〜5.9インチです。

最も重要なことは、持ちやすく、使いやすいということです。

ナイフの全長を考慮することが重要です。 ほとんどの人は、debaのようなナイフコレクションにいくつかの種類の日本刀を持っています、 なきり、和牛刀など

そして、刃はとても異なって見えますが、ほとんどの日本の包丁は同じようなハンドルの長さを持っています。

waハンドルの種類は何ですか?

ラウンド

丸い和柄は最も伝統的な柄です。 彼らは握りやすく、ナイフをうまくコントロールできます。

オーバル

楕円形のWaハンドルは、従来の丸いスタイルよりも少しモダンで、握りやすいです。 楕円形は、垂直面になるようにナイフを向けます。

八角形

八角形のWaハンドルも握りやすく、優れたコントロールを提供しますが、丸いハンドルよりも少し使いにくいと感じる人もいます。

フラット型の刃は完全に平行な状態ではありませんが、コニカル型の刃よりも明らかに平らになっており、幅もコニカル刃に比べて広いことが多いです。

フラットワハンドルは他のXNUMX種類ほど一般的ではありませんが、グリップが良く、お手入れも簡単なため、人気が高まっています。

D型

D字型の柄(しのぎ)は八角形の柄に似ていますが、握りやすく、操作性も抜群です。 これらのハンドルは最も正確ですが、両手利きではありません。

栗型

栗の形をしたナイフの柄は最近の革新であり、人気が出始めています。 彼らは握りやすく、ナイフをうまくコントロールできます。

盾(ひのうら)

この種のハンドルは、ナイフを垂直面に強く向け、適切に制御します。 両手利きのユーザーが信頼できる優れたコントロールを提供します。

丸い柄は西洋式のナイフでより一般的ですが、八角形の柄は日本式のナイフでより一般的に見られます。

waハンドルを使用する利点は何ですか?

Waハンドルには、他のハンドル素材に比べて多くの利点があります。

まず、それらは非常に耐久性があり、水による損傷に耐性があります。 第二に、それらは非常に持ちやすく、良好なグリップを提供します。

第三に、それらは非常に審美的に心地よく、ナイフの全体的な美しさを増すことができます。

日本の柄材

日本の伝統的な包丁の柄が非常に特殊な種類の木材で作られていることを知って驚かれるかもしれません。

刃の材質によっては、刃物職人は、使用する前に数か月、さらには数年も水と木炭の灰に浸した種類の木材を使用することがよくあります。

彼らは、完成品がより耐久性があり、審美的に心地よいと信じています。

ナイフの柄に使用される最も人気のある木材のXNUMXつは、マグノリアと呼ばれます。 軽量でありながら丈夫と言われ、どんな刃物にも似合う自然なツヤがあります。

これは柔らかい木なので、軽いのでナイフを非常にうまくコントロールしたい場合に理想的です。 したがって、新しいナイフを求めているときは、マグノリアの木が最も一般的なハンドルのXNUMXつであることに気付くでしょう。

他のお気に入りには、黒檀とローズウッドがあります。どちらも非常に硬くて密度の高い木材であり、多くの摩耗に耐えることができます。

木材を水と灰に浸すと、湿気や害虫から木材を保護し、素晴らしい仕上がりになります。

ハンドルは通常、非常に滑らかな表面に研磨されているため、握りやすく、滑る可能性が低くなります。

ナイフの柄を作る伝統的な方法は今日でも使用されていますが、多くのメーカーがさまざまな材料で実験を始めています。

より人気のある選択肢には、プラスチック、ホーン、骨などがあります。 これらの材料は、多くの場合、安価で扱いやすいですが、従来の木製のハンドルと同じ外観や感触はありません。

高価なハンドルは他のハンドルとどのくらい異なりますか?

高価なまたはより高価な包丁を使用する場合、ハンドルはそれらの品質と一致する必要があります。

この製品は、イチイの木や裏木に似た高品質の素材から作ることができます。

イチイの木は、抗菌性と美しい模様で知られる貴重な木材であり、中品質から高品質のナイフに適しています。

ブラックウッドまたはエボニーは白よりも価値があり、文字通り黒であるため、高級ナイフでの使用に適しています。

XNUMXつのハンドルを比較するとわかるように、高価なハンドルではハンドルキャップの材質が異なります。 一般的にはプラスチック製のキャップが使用されますが、ナイフの柄には水牛の角が使用されます。

包丁の柄は快適ですか?

使用するナイフハンドルの種類によって異なります。 ナイフの操作に慣れると、持ちやすくなります。

一般的に、特に忙しいレストランで長いシフトで作業する必要がある場合は、D字型のハンドルが最も持ちやすくなります。

八角形、楕円形、楕円形、栗形などの他のハンドルの形状も問題ありませんが、人間工学的ではありません。

D字型のハンドルは、快適で人間工学に基づいているため、日本の包丁では一般的です。 一部のシェフは、これらのハンドルを使用してぴったりとフィットすることを楽しんでいます。

なぜ日本の包丁はとても特別なのですか?

手始めに、それらを作るために使用される木材は非常に高品質です。 それが、プロのシェフが日本の柄を好む理由のひとつです。

しかし、ハンドルが木でできていなくても、さまざまな形でうまく作られています。

日本のハンドルプロファイルは共通の要素を備えていますが、肝心なのは、これらのナイフハンドルはヨーロッパスタイルの包丁とは異なるということです。

刃の材質に応じて、さまざまな種類の木材が使用されます。 しかし、確かなことがXNUMXつあります。それは、木材が使用される前に、何ヶ月も、あるいは何年もの間、常に水と木炭の灰に浸されているということです。

この浸漬プロセスにより、木材の耐久性が高まり、独特の外観も得られます。

ですから、柄の美しい包丁を見ると、かなりの時間と労力を費やしていることは間違いありません。

包丁の柄は上質な木でできているだけでなく、持ちやすいように設計されています。

ハンドルの形状は人間工学に基づいているため、手にぴったりとフィットし、重量もバランスが取れているため、使い勝手が良いです。

これらすべての要素–木材の品質、快適なデザイン、完璧なバランス– 日本の包丁を世界で最高のものにする.

浸漬プロセスがナイフの性能にどのように影響するか

浸漬プロセスは、いくつかの点でナイフの性能に影響を与えます。 まず、それは木材をより耐久性のあるものにします。

第二に、それは木に独特の外観を与えます。 そして第三に、それはハンドルをより持ちやすくします。

木を水と灰に浸すことは、湿気や害虫から木を保護するのに役立ち、またそれに素敵な緑青を与えます。

また、木材は割れたり破れたりする可能性が低く、全体的に長持ちします。

木を浸すと、持ちやすくなります。 湿気は手を滑らせないようにし、灰は汗を吸収するのに役立ちます。

しかし最後に、木を浸すことはそれに独特の外観を与えます。

よくある質問

ナイフの柄に最適なオイルは何ですか?

ナイフの柄に最適なオイルは、木材の種類や気候条件によって異なるため、この質問に対する万能の答えはありません。

ただし、一般的なルールとしては、残留物を残さずに木材に浸透する、軽い非油性のオイルを使用することをお勧めします。

  • 一番の選択肢のXNUMXつは デンマークオイル 軽くて毒性がなく、使いやすいのでナイフハンドル用。
  • 食品グレードの鉱油 軽くて毒性がないので、もうXNUMXつの良いオプションです。 鉱油はまた、水が木材に入るのを防ぎ、ひび割れや乾燥を防ぎます。
  • 生の亜麻仁油 は天然オイルで、軽くて毒性もありませんが、他のXNUMXつのオプションよりも乾燥に時間がかかります。 このオイルは、キッチンのほとんどの木材を処理するのに最適で、特に日本の包丁の柄に最適です。
  • 最後に、 蜜ろう 木材のひび割れや破片を防ぐのに役立つため、湿度の高い気候で使用されるナイフハンドルに適したオプションです。

包丁の柄に油をさして手入れする方法のヒントについては、このビデオをご覧ください。

専門家はどのナイフハンドルを好みますか?

プロのシェフの大多数は、より人気があり、より安価なナイフハンドルを選択します。

日本の包丁の柄はリベットで留められていないので、もっと頻繁に交換する必要があります。

専門家がナイフを頻繁に使用する場合は、交換がより簡単で安価なハンドルを選択する方が費用効果が高くなります。

あなたが常にレストランで働いているなら、あなたはまともな価格で別のハンドルを交換することができます。

一般的に言えば、家庭料理に包丁を使用したい場合は、ハンドルを頻繁に交換する必要はありません。したがって、エボニー、ユー、またはブラックウッドで作られたプレミアムハンドルを購入できます。

心配しないでください。家庭料理人は包丁を買うことができ、ハンドルを交換し続ける必要はありません。

最後に、あなたにとって理想的なナイフハンドルは、あなたの手に心地よく感じ、あなたの美的感覚に訴えるものになるでしょう。

より大きく、より重く、より分厚いものが必要な場合は、洋風のナイフハンドルが魅力的です。

一方、日本式のナイフハンドルは、比較的軽量でエレガントなハンドルが必要な場合は、適度に軽量でエレガントなオプションです。

人々は日本の包丁や刃を修理しなければならないことを心配していますが、この問題はあなたが思っているほど一般的ではありません!

日本のナイフハンドルの交換

日本の包丁の交換部品は入手可能ですが、かなり高価になる可能性があります。 ハンドルは通常、ローズウッド、エボニー、ボックスエルダーなどの広葉樹で作られています。

彼らはまた、より重い包丁のために、ヒッコリーのようなより耐久性のある木材を使用するかもしれません。 ハンドルはリベットでブレードに取り付けられており、通常、ブレードとハンドルの間にボルスターがあります。

カスタムの和包丁の柄はもらえますか?

一部の企業は、追加料金でカスタムの和包丁ハンドルを製造します。 ただし、このサービスは通常、ハイエンドのナイフでのみ利用できます。

会社はあなたの手のサイズ、あなたが望む木の種類、そしてあなたが望むかもしれない他の特別な特徴を考慮に入れます。

また、さまざまな小売店からオンラインでカスタム包丁ハンドルを見つけることができます。

注文する前に、手とナイフの刃を測定して、ぴったりとフィットすることを確認してください。

カスタムの包丁ハンドルは、包丁に個性を加えるのに最適な方法です。 大きな手がある場合や、より快適なグリップが必要な場合にも、これらは良いオプションになります。

ただし、高額になる可能性があるため、注文する前に余分なお金を費やしても構わないと思っていることを確認してください。

柄のない包丁とは?

さて、ナイフにはハンドルが必要ですが、これはブレードのみを指します。 一部の人々は、独自のカスタムハンドルを作成したいので、高品質のスチールブレードが必要です。

一部の日本のメーカーはブレードのみを販売しているため、ハンドルはユーザーの手に合うようにカスタムメイドされている場合があります。 多くのナイフオタクは、ブレードを購入して残りをカスタマイズすることを好みます。

取り除く

日本の包丁はその高品質の刃で知られていますが、ハンドルも同様に重要です。

日本の包丁の柄を作るのに使われる材料は、どんな種類の刃が作られているか、そしてそれが頑丈であるかどうかによって異なります。

あなたが包丁を選ぶとき、それは考慮に入れることがたくさんあるように思われるかもしれません、しかしあなたのナイフがどこから来て、そしてそれらがどのように作られるかを考慮することは価値があります。

日本の包丁は世界でも有​​数の包丁で、すべて柄から始まります。

西洋料理人はそのようなハンドルを使用しても問題はありませんが、それはあなたの好みのハンドルの形によって異なります。

和柄は伝統的なスタイルで、通常は八角形ですが、この別の柄に慣れたら持ちやすく、使い勝手が良いのでご安心ください。

日本の包丁コレクションをスタイリッシュに持ち運びましょう 伝統的な日本の包丁で

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。