大豆油:プロのような料理の秘密の成分

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

大豆油は大豆の種子から抽出した植物油です。 大豆 (グリシン最大)。 クセのない味と高い煙点により、最も広く消費されている食用油の XNUMX つです。

多くの食品に使用されており、体に良いと考えられている多価不飽和脂肪を高レベルで含んでいます。

それが何であるか、どのように生産されるか、そして料理での用途を見てみましょう。

大豆油とは

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

大豆油の不思議を探る

大豆油は、大豆の種子から抽出される植物油の一種です。 淡黄色から緑色がかった油で、食用であり、多くの食品に使用されています。 大豆油は世界で最も広く消費されている油の XNUMX つであり、米国、ブラジル、アルゼンチンなどの国が最大の生産国です。

大豆油の栄養プロフィール

大豆油は、体に良いとされる多価不飽和脂肪酸を多く含む脂肪油です。 また、オメガ 3 脂肪酸とオメガ 6 脂肪酸も豊富に含まれており、体をダメージから守り、多くの健康上の利点をもたらします。 大豆油は、持続可能で優れた栄養プロファイルを備えた植物ベースの油を探している人に適しています。

大豆油を上手に活用する方法

大豆油の栄養成分を維持するには、純粋な形で使用し、高温での加熱を避けることが最善です。 これは、サラダのドレッシングとして使用したり、調理した野菜にかけたりすることを意味します。 すべての油と同様に、体への悪影響を避けるために、大豆油も適度に摂取することが重要です。

大豆から大豆油まで: 製造プロセス

大豆油の生産には、生の大豆から最終製品まで、いくつかの段階が含まれます。 大豆油を製造する伝統的な方法には、次の手順が含まれます。

  • 脱皮:大豆を洗浄し、外皮を取り除くために脱皮します。
  • 圧延: 抽出のための表面積を増やすために、皮を剥いだ大豆をフレーク状に圧延します。
  • 抽出: 次に、フレークを機械または溶媒で抽出して、粗大豆油を生成します。
  • 精製:粗大豆油は蒸留プロセスを通じて精製され、不純物が除去され、油の品質が向上します。

世界トップの大豆油生産者

大豆油は世界中の多くの国で生産されていますが、主な生産国は次のとおりです。

  • 中国
  • ブラジル
  • アルゼンチン

大豆油生産における大豆粕の役割

大豆粕は大豆油生産の副産物であり、高タンパク質の動物飼料として使用されます。 大豆粕の製造には次の手順が含まれます。

  • 脱皮:大豆を洗浄し、外皮を取り除くために脱皮します。
  • 粉砕:皮を剥いた大豆を粉砕して大豆粕を製造します。
  • 分離: 大豆粕を皮およびフレークから分離します。
  • 活性化: 大豆粕は加熱プロセスを通じて活性化され、水分が除去され、栄養価が高まります。
  • ブレンド: 大豆粕を他の動物油や植物油とブレンドして、バランスの取れた動物飼料を作成します。

万能大豆油: 料理での使い方ガイド

料理に関しては、次のような理由から大豆油が最適です。

  • 他の食材の邪魔をしないニュートラルな味わいです。
  • 発煙点が比較的高いため、高温でも燃焼せずに使用できます。
  • トランス脂肪やコレステロールを含まない天然の植物ベースのオイルです。
  • 広く入手可能であり、一般にオリーブやキャノーラなどの他の油と比較して予算に優しいオイルです。

大豆油は何に使えますか?

大豆油はサラダのドレッシングから炒め物まで幅広い料理に使える万能食材です。 料理での使用方法としては次のようなものがあります。

  • 炒める、揚げる、焼くなどの万能食用油として。
  • 肉や野菜のマリネやソースを作ります。
  • サラダドレッシングやビネグレットソースのベースとして。
  • 通常の食用油や脂肪を大豆油に置き換えて、食事中の飽和脂肪の量を減らすこと。

大豆油の準備と保存方法

料理に大豆油を使用するのが初めての場合は、始めるのに役立つヒントをいくつか紹介します。

  • 大豆油製品を選ぶときは、通常のものや低脂肪のものなど、さまざまな種類があることに注意してください。
  • 大豆油は他の油と同様に冷暗所で保存できますが、一般的には開封後XNUMX年以内に使い切ることが推奨されています。
  • 大豆油をより長持ちさせ、腐敗のリスクを減らすために、小さな容器に大豆油を保管することを検討してください。
  • 料理を作るときは、レシピに記載されている他の油脂の代わりに大豆油を使用してください。

大豆油と他の食用油の比較

大豆油は多くの調理用途に最適ですが、他の油や脂肪と比較してどうなるかを知っておくと役立ちます。 簡単な概要は次のとおりです。

  • オリーブオイルと比較して、大豆油は煙点が高く、味がよりニュートラルであるため、高温調理に適しています。
  • キャノーラ油と比較して、大豆油は発煙点がわずかに低くなりますが、入手可能な製品や成分の範囲はより広いです。
  • 植物油と比較して、大豆油は天然の植物由来の化合物であるため、一般的により健康的な選択肢であると考えられています。

事実とフィクションを区別する: 大豆油と健康に関する真実

一般に信じられていることに反して、大豆油は実際には多くの健康上の利点をもたらす健康的な成分です。 その理由は次のとおりです。

  • 大豆油には、コレステロール値を低下させ、心臓の健康を促進する多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
  • 健康な筋肉や骨を維持するために重要なタンパク質と必須アミノ酸が含まれています。
  • 大豆油は加工食品の一般的な成分であり、必須栄養素を提供することでこれらの食品の栄養価を高めるのに役立ちます。
  • また、健康な皮膚を促進し、特定の病気のリスクを軽減するのに役立つビタミン E の優れた供給源でもあります。

まとめ

これで、大豆油について知っておくべきことはすべてわかりました。 クセがなく、何にでも使える万能食用油です。 さらに、これは大豆作物の副産物であるため、製造プロセスで発生する「残り物」を利用するのに最適な方法です。 さらに、食事で追加のタンパク質を摂取するのに最適な方法です。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。