日本のたわしブラシ:7種類のブラシとその用途

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

魅力的な通り、文化、料理を通して日本を探索することは、それ自体が魔法のような体験です。

そして、あなたが肉体でそこにいなかったとしても、あなたは何人かの日本人に会ったり、世界の片隅にある日本食レストランに行ったり、人生のいつか人気のある日本映画(字幕付き!)を見たりしたかもしれません。

私たちは確かに持っています、そしてあなたが言うことができるように、私たちBitemybunは私たちの最初の数回の出会い以来、日本のすべてのものに夢中になっています!

日本のたわしスクラブブラシ

本物の味と食感を実現するレシピを提供するのが大好きですが、今日はあなたが食べた部分にスキップし、あなたのおいしい混乱をきれいにする時が来ました。

私たちはあなたとここにいます、そして私たちはあなたに新しい生き方を示すために「友達」を連れてきました。

つまり、通常のスポンジ、キッチンタオル、スチールウールを使用して汚れをこすり落としている場合(爪床の半分以上は言うまでもありません)。

この同じ「友達」は、果物や野菜の肌に含まれる栄養素を捨てるのをやめる方法や、自然由来の家庭用品を使って肌をやさしく角質除去する方法も紹介します。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

日本のたわしブラシ:歴史と用途

日本のたわしブラシは、有機植物繊維を使用して手作業で作られる伝統的な家庭用スクラブブラシです。

以前のバージョンのブラシは、稲わらを使用して(1603年から1868年の間)作成されましたが、現在の設計(1907年から)では、風車のヤシとココナッツの木の繊維が使用されています。

防水ファイバーは耐久性を高めるために曲げられ、一方の長い端の中央でループする金属ワイヤーによって所定の位置に保持され、便利な保管のための内蔵フックを作成します。

たわしブラシの中には、取っ手が付いているものもあり、万能に使えます。 手の届きにくい場所には、ほうき、ボディスクラバー、掃除道具を考えてみてください。

たわしブラシは何百世代にもわたって日本の家庭で一般的なアイテムであるため、「たわし」という用語は、次のようなさまざまな形のスクラブツールを指すために大まかに使用されます。

  • 人工ポリウレタンスポンジ(「スポンジたわし」)
  • 合成ナイロンスポンジ(「ナイロンたわし」)
  • 人工繊維で作られたアクリルウールスポンジ(「あくりるたわし」)–編み物またはかぎ針編み
  • 金属製の金、真ちゅう、ステンレス製のブラシ(「金族たわし」)
  • かぎ針編みの綿を使った綿スポンジ「エコたわし」は、石鹸や洗剤を使わずに汚れを落とすことができるため、汚染が少ないと言われています。
  • やさしいボディスクラブと角質除去のためのヘチマスポンジ/ヘチマブラシ(「へちまたわし」)
  • 一般的なスクラブツール、たわしかめのこ

亀の子たわし

日本で最も有名なスクラブツールは、ちょうど113年前に西尾正左衛門によって発明されたたわしかめの子です。

あなたがそれについて考えるならば、特にあなたが台所で助けがないならば、家庭料理の最も恐ろしい仕事は家庭掃除です。

そして、たとえそうしても、それは目の痛みであり、あなたとあなたの次のお好み焼きのバッチの間の抑止力です!

これを知った西尾正左衛門は、汚れた鍋、フライパン、グリルプレート、鋳鉄調理器具、頑固な床などを洗うなどの面倒な作業をより簡単に実行する方法を見つけようとして、古代のたわしに革命をもたらしました!

いくつかの情報筋によると、彼のインスピレーションは、母親が家族の家の世話をすることに人生を捧げているのを見て、それが彼女にとってどれほど疲れていたかを思い出したことから来ました。

他の情報筋によると、彼の発明は天才であると同時に意図されていなかったとのことです。当時、彼は市場で売るためにウェルカムマットを織ろうとしていた青年実業家だったからです。

これらのマットを作成する試行錯誤の段階(汚れの除去に失敗しました)の間に、彼の妻は原材料の束を拾い上げ、家の周りをこする必要があるものは何でもこすり洗いするためにそれを使用しました。

これが20世紀の日本のたわしブラシ、たわし亀乃子の誕生を促しました。

それは驚くほどうまく機能し、西尾は、剛毛が硬く見えたとしても、実際には優しく、同時に、オブジェクトを損傷することなく、焦げたグリース、乾燥した飛び散り、さらにはカビがはびこったグラウトを取り除くのに十分な強さであることに気付きました。掃除されている表面。

陶器、ダッチオーブン、白いスニーカーも例外ではありません。

清潔さ–空間衛生、身体の衛生、精神的な純粋さを指す–は、日本で最も高い美徳のXNUMXつです。

この国の文化的な至福に迷うと、この美徳が人々に支持されているという一般的な感覚があることに気付くかもしれません。

公共施設に行くと、それが最初に目立つもののXNUMXつです。

日本の浴場や学校は、亀の子たわしブラシがなければ、通常のように表面をきれいに保つことは容易ではないことを明らかにしています。

この有機スクラブブラシが主に風車のヤシ繊維から作られているという事実は、もう一つの日本の美徳を簡単に支持することを可能にします-もったいない。

「もったいない」は 神道 標準であり、廃棄物を指すスタンドアロンの感嘆符です。 日本では、特に食料、時間、資源に関して、浪費は恥ずべきことです。

何かが無駄になると、日本人は「もったいない」という言葉を発して、大まかに「なんて無駄だ!」と訳された深い後悔を表現します。 または「無駄にしないでください!」

風車の手のひらの繊維は、防水性の剛毛が年齢とともに良くなるので(合成スポンジとは異なり)無駄を少なくし、何年も続くので、重要な家庭用掃除用品を頻繁に交換したり、空気、水、土地の汚染に寄与したりすることはありません。

地球のための確実な勝利!

有機繊維の寿命が長いため、西尾とその妻は、残りの人間の生活に使用したたわしかめのこのブラシは(合計で)一握りに満たないと考えて間違いありません。

これは、消費者の観点から見ると興味深いものです。このような非常に効果的で長持ちする製品は、数千ドルとまではいかなくても数百ドルになる可能性がありますが、10ドルで購入がカバーされ、購入が必要な唯一の理由になります。複数は専用です。

たとえば、XNUMXつは一般料理用、XNUMXつは野菜用、XNUMXつはグリルプレート用、XNUMXつは床用、XNUMXつはバスルーム用、XNUMXつは顔用、もうXNUMXつは体用です。

皮膚洗浄用たわしブラシ

はい、後で家庭用スクラブツールが肌に不思議を持っていることに気づきました。 それは新鮮な農産物の皮であり、人間の皮でもあります。

日本食は、アジア以外の世界ならではの料理を作る際に、野菜の真の味を引き出し、さまざまな方法で味わうことで有名です。

日本のたわしブラシは、日本のコミュニティが庭の根菜や特定の果物の皮むきをスキップすることを可能にしました。

ブラシは、食べるのに十分なほどきれいに皮膚/皮をこすります。これには、通常、ビンまたは庭の堆肥の山に投げ込まれる追加の栄養素(繊維、ビタミン、ミネラル、および抗酸化物質)を受け取るという利点があります!

私たちの体の皮膚は私たちが変えることができない唯一の服装であり、このため、私たちが人生のどの段階にいても、それを世話するためにあらゆる努力を払う必要があります。

高田たわしのような企業の日本の職人は、XNUMX年以上にわたってたわしのボディブラシを手作りしており、健康と美容のハックを兼ねる穏やかで効果的な衛生ツールを身体に提供しています。

たわしボディブラシ(ハンドヘルドまたはハンドル付き)は、シャワーやバスタブで顔や体をクレンジングして角質除去するために使用できます。日常の石鹸/クレンジングメディアと一緒に使用してください。

シャワーで洗う前の乾いたブラシとしても使用できます。

ドライブラッシングは、皮膚の角質除去、リンパ系の刺激(体の毒素を取り除く)、循環の増加、目に見えるセルライトの減少の両方の方法です。

それを試した多くのAリストの有名人は、それが日常生活に追加されて以来、セルフケアゲームにどのように優位性を与えたかに夢中になっています。

日本のたわしブラシを購入する場所

たわしの魔法の一部をあなたの家、ビジネス、またはボディケアのルーチンに取り入れるために、東京の亀の子たわし店にピットストップする必要はありません。

アマゾンでの2つのトップバイは次のとおりです。

家庭や野菜の皮に最適:たわし亀乃子

亀の子たわしの「たわしベジタブルスクラブブラシ」

家庭や野菜の皮に最適:たわし亀乃子

(他の画像を見る)

  • 用途:新鮮な農産物を洗い、台所用品をこすり、家を洗う。
  • 数量:1。
  • 評価:4.6つ星のうち5(512のカスタマーレビュー).
  • アマゾンがお勧めしますか? はい–高評価で手頃な価格です。

ブランドや製品の何が際立っていますか?

パッケージに亀のロゴが入ったオリジナルの亀の子たわしブラシです。 レビューアは、ツールが完全に手に寄り添い、快適さと圧力制御を可能にすると言います。

彼らはそれが根菜をきれいにするのに最適であると言いますそして 台所用品 それは通常掃除が難しいです(おろし金やのように)

あるレビュアーは、それは「あなたの美容ルーチンのために絶対に試してみるべきです! 少し圧力をかけるだけで、肌全体が傷つきます!」

ツールの耐久性を報告する顧客の間にも全会一致があります。

たわしを買い替えたのは5年以上ぶりとのことで、使用の合間に毛がきれいに保たれていることにいつも驚かされます。

たわしは、環境に配慮した消費者にも大きな印象を与えています。

ある顧客は、マジックブラシは、最も「環境に優しい」洗剤に含まれる有害な化学物質によって引き起こされる汚染を回避するのに役立ち、この製品は無駄を減らしたいという彼らの願望に役立つと述べました。

合成ブラシは明らかにマイクロプラスチックを流し、配管を通って生態系に入ります。 したがって、オーガニックツールを使用すると、これを引き起こす製品の購入をスキップできます。

こちらで最新の価格と在庫状況を確認してください

ボディスクラブに最適:チコニボディたわし

「滑り止めの長い木製ハンドル付きドライバスボディブラシバックスクラバー、100%天然毛ボディマッサージャー、角質除去、デトックスとセルライト、血液循環、健康と美容に最適」。

ボディスクラブに最適:チコニボディたわし

(他の画像を見る)

  • 用途:ボディスクラバー、エクスフォリエーター、マッサージャー。
  • 数量:1。
  • 評価:4.3つ星のうち5(1195のカスタマーレビュー).
  • アマゾンがお勧めしますか? はい–高評価で手頃な価格です。

ブランドや製品の何が際立っていますか?

ブラシは15.7インチの長さの木製ハンドルに取り付けられており、背中に手を伸ばすことなく体のあらゆる部分をこすり洗いすることができます。

ハンドルは有機麻ロープで包まれており、水に出入りする際にしっかりとグリップします。また、保管用にロープループが取り付けられています。ロープは多孔質で湿気やカビを引き付けるため、これを取り外すお客様もいます。

このブラシを購入した多くのお客様は、肌の有機毛が大好きで、硬すぎず柔らかすぎず、贅沢なスパのような体験を提供する完璧なテクスチャーだと言っています。

この製品は100%分解可能であると言われていますが、一部のレビューアは剛毛の下にプラスチックプレートがあることに気づきました。

一部のお客様からは、ブラシの寿命が2〜5か月で、使用頻度が異なるとの報告があり、製品自体が使い勝手が良かったので、ブラシが長持ちすることを望んでいます。

数人のレビューアは、この特定のメーカーは石鹸で泡立てるのが難しく、クレンジングよりも角質除去に効果的であると感じています。

全体的に、それはそれが提供する価格と多様性のために良い買い物です。

こちらのAmazonでチェックしてください

代替ブランド:

  高田たわし 製品範囲は、考慮すべきもうXNUMXつの日本のたわしブランドです。 キッチンとバスルームの両方にクリーニングツールを提供し、豪華なボディブラシコレクションもあります。

高田たわしの商品はAmazonではご注文いただけません。 ビジネスの方は、高田たわしオンラインストアから直接卸売価格で商品を注文できます。

まとめ

日本の街並みで見られる優雅なおもてなしを体験したり、桜の季節に中目黒の魅力を目の当たりにしたり、謙虚で高級なイザカヤスの文化的な賑わいに浸ったりする機会があるわけではありません。

したがって、私たちの日本の発見についてお話しし、私たちのお気に入りの味や食感を実現する方法だけでなく、日本から直接のライフハックを紹介することは私たちに大きな喜びをもたらします!

日本のたわしブラシには明らかに魔法の毛があります。この記事を読んだ後、あなたが同意することを願っています!

ここ日本の魔法は、世界のどこにいても確実に達成できます。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。