日本のスープ| スープ文化とさまざまな種類のスープ

JoostNusselder著 | 更新しました:  12月2021日, XNUMX

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

スープは主に液体食品で、一般的には温かい状態で (冷めても冷たくても) 提供され、肉や野菜などの材料をストック、ジュース、水、または別の液体と組み合わせて作られます。

ホット スープは、さらに、鍋の中で固形の材料を液体で煮て、フレーバーが抽出されるまで煮込み、スープを形成することを特徴としています。

伝統的に、スープは XNUMX つの主要なグループに分類されます。澄んだスープと濃厚なスープです。 白いセラミックボウルに麺料理

Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

スープは日本料理の中でも特別な場所です。

家庭料理からレストランで提供される定食セットまで、日本人は一汁一菜(「一汁一菜」)や一汁一菜(「一汁一菜」)として知られる昔ながらの伝統に従っています。スープ、三面」)、バランスの取れた食事の原則に基づいています。

食品加工では、これは日本の標準的な食事の構造に変換され、ご飯に風味を加えるためのスープ、そして最高を達成するためにテーブルに配置された1つまたは3つの小さなおかずが必要です栄養バランス。

これは、味噌汁、ご飯、そしてXNUMXつの側面を備えた伝統的な日本の朝食です。

ほとんどの日本のスープはいくつかの材料で作られ、贅沢ではありません。 しかし、日本のすべてのスープレシピにはだしのストックがあります。

スープや料理に旨味(うま味)を加え、季節の味を反映したレシピをシェフが作ります。

日本のスープ、シチュー、鍋は約34種類あり、これらを学ぶことで、それぞれを試食するだけで、自分で作ってみたくなるでしょう。 

アジアのスープは世界で最も多様性があります

アジアで食べ物を探検しに行くと、ほとんどすべての人がおいしいと思いますし、だしが入っている人は死ぬでしょう。

アジアのスープの種類は国によって異なりますが、実際には豊富で、XNUMX日で試食できる量を超えています。 準備がとても簡単で、味がとても独特なので、休暇の半分を食べ物やスープの買い物に費やします。

トムヤムクン(エビ入りタイの辛くて酸っぱいスープ)、中国のナパキャベツスープ、そして日本独自の味噌汁などが最高です。

「吸い物」とも呼ばれます。 そのベースも使用できますが、ほとんどの人はこの単純なスープのバリエーションだけを好みます。

ほうれん草の葉とエビを添えると、だしのだしと海鮮と野菜の全体的な風味がスープの味をさらに引き立てます。

日本のスープは、味覚受容体を刺激し、胃を満足させないように設計されていますが、それと一緒にご飯をXNUMX〜XNUMX杯食べることは、XNUMX日中続く十分な食事です。

なべ 焼きうどん みそ汁とは真逆で具沢山で美味しいです。

150種類以上のアジアンスープがあり、ほとんどがとても美味しいです!

日本の4つの主要なスープストック

日本料理の4つの基本的なスープストック

日本食の伝統である一汁一菜と一汁一菜に戻ると、すべての日本人シェフと料理人がすべての料理で使用する4つの制度化された一次スープストックがあります。

彼らにとっては、味噌汁、とんじる、肉・じゃが汁、米野菜汁の4種類のだしがないと、きちんとした食事ができません。

だしを使っているので美味しいだけでなく、栄養価も抜群!

以下に、日本のシェフが何千年もの間使用してきた4つの主要なスープストックを示します。

みそ汁

日本の味噌汁

味噌汁の最も基本的な種類は、豆腐の四角、海苔、だしと呼ばれるだしですが、日本にはさまざまな種類のスープがあります。

これは他の料理のスープストックとして使われることもあります。

だしは、昆布、魚、きのこを水と混ぜたり煮たりすることで抽出できます。

味噌汁と一緒にご飯が出されるのはよくあることです。 味噌汁はアジアでとても有名なので、コンビニエンスストアでペースト状に販売されています。

味噌を沸騰したお湯に落とすと、数分で味噌汁または単なる味噌汁になりますが、必要に応じて他の具材を加えることもできます。

豚汁味噌汁(とんじる)

とんじるスープ

とんじる(とんじる)は、豚汁または豚汁(ぶたじる)とも呼ばれ、豚汁、野菜、味噌のスープです。

このスープの野菜の材料には、ねぎ、にんじん、スライスした玉ねぎ、ジャガイモの四角があります。 豚肉の好みのスライスは薄いので、風味や味噌汁を吸収することができます。

5〜10分後、豚汁を肉の材料としてとんじるに加えてレシピに入れることができます。

これはとんじるの味をさらに良くするための素晴らしい方法です。また、日本のほとんどのコンビニエンスストアでも、とんじるまたは豚汁をアルミパックで購入することができます。

肉-ポテトスープ

日本のミートポテトスープ

ミートポテトスープ(いもに)は、日本料理で日常的に使用されるもうXNUMXつの主要なスープストックです。 このレシピの「肉」の部分には、豚肉、牛肉、鶏肉、魚、海産肉など、あらゆる種類の肉が含まれる場合があります。

屋外で出される人気の食べ物で、醤油と砂糖の基本的な材料がいくつか含まれています。

材料には、味噌、にんじん、キャベツ、きのこ、豆腐、牛肉、薄切り豚肉などがあります。 ただし、地域によって異なりますが、味噌と肉が入っているので、ミートポテトスープかどうかはいつでもわかります。

このスープは秋の時期によく見られ(日本人は季節に応じて料理をします)、実際、観光客は山形県で有名なミートポテトスープを試すために山形県にやって来ます。 。

ご飯と野菜のスープ

日本の米野菜スープ

最後に、米と野菜のスープ(すうすい)は、このリストのXNUMX番目のスープストックであり、日本の食事構造に不可欠です。

最も一般的な米と野菜のスープは、鶏肉を材料にしたものですが、日本にはさまざまな種類のスープがあります。

炊飯器でご飯を炊く必要があります(私たちがレビューしたこれらのトップ炊飯器のXNUMXつのように)だし、きのこ、大根、海苔、ねぎに加える前に。

風邪やアレルギーの治療法に関する主張は、日本の医薬品医療機器総合機構(独立行政法人医療機器総合機構)によって承認されていませんが、風邪やインフルエンザを治すことができると多くの人が言っています。

また、お腹や全身を温めるので、寒い日や肌寒い日にもよく食べられます。

アジア人、特に日本人がスープを愛する理由

スープと お粥 クロマニョン人が地球に現れて以来、おそらく40,000万年前の後期旧石器時代以前の人々も何らかの形のスープを食べていたのでしょう。

どういうわけか、この種の食品を消費する理由は、寒い環境から体を暖かく保つために、大陸や文化を超えて同じように見えます。

スープには多くの栄養上の利点がありますが、それを作成した人々はこれまで考えたことはありませんでした。

アジアの人々は世界のどの人々よりもスープを食べるのが好きなようです、そしてそれを証明するために10ダース以上のスープがあります!

アジア人がスープをとても愛する本当の理由を私たちは決して知らないかもしれませんが、おそらくその理由は単にそれが美味しくて栄養価が高いということです。

すべての既知の日本のスープとシチュー

スープは主に液体の食品で、一般的に温かいまたは温かい(ただし冷たくても冷たくてもよい)もので、肉や野菜の材料をストックや水と組み合わせて作られます。

また、固形の具材を鍋で茹でて風味を抽出し、スープにした温かいスープです。 スープの味はここから来て、やみつきになるほど美味しいのです。

日本では、うま味と呼ばれる風味を出すためにまずだしを作り、次にだしをスープに加えることで、さらに風味を高めます。

スープとシチューは実質的に似ているため、区別が難しい場合があります。 ただし、スープはシチューに比べて液体(スープ)が多く含まれています。

以下に、スープ(しにししるもの)、ヌードルスープ(めんつゆめんつゆ)、シチュー(煮物煮物またはしちゅう)、鍋(鍋物)の4つのカテゴリーに分類された日本のスープとシチューのすべての種類を示します。なべ物鍋物):

カテゴリーI:スープ(汁物)

豚汁 –(豚汁)とんじるとも呼ばれ、豚肉、野菜、味噌を使ったスープです。

シンプルな日本の味噌汁からの改良である豚汁、またはとんじるは、ほんのり甘いごぼう、里芋、にんじん、大根など、さまざまな成分、特に野菜を取り入れています。

豚汁の中心にあるのはだしで、とっても美味しかったです!

他の材料には、ネギ、豆腐、 生姜、そしてゼラチン状のこんにゃく; ただし、豚汁の好みに合わせて、いつでも具材のバリエーションを選ぶことができます。

すべての材料は、迅速で便利な準備を確実にするために薄くカットされ、スライスされます。

豚汁の核となるのは単なる味噌汁ですが、風味豊かな豚肉と香ばしい野菜を混ぜると、まったく別のスープになります。

豚汁は複雑で層状の風味が特徴で、伝統的に温かく(寒い冬の季節と戦うために)提供され、しばしば白米が添えられます。

Dashi –(だし)は、ほとんどすべての日本料理で一般的に使用されているスープまたはスープのストックです。

また、お読みください。 だしに使われる干物の鰹節です

私たちの舌はうま味にかなり偏っています。そのため、特に一緒に組み合わせると、強くて強い風味の食品がさらに強い風味を与えることができます。

だしは、味覚受容体が非常に敏感なXNUMXつの基本的な味(甘い、酸っぱい、苦い、香ばしい/うま味、塩辛い)のXNUMXつであり、それが私たち人間にとって非常に魅力的な理由です。

だしは、次の4つの要素のいずれかから抽出されます。

  1. 昆布(海苔や昆布の一種)
  2. しいたけ
  3. かつお(さばまぐろのいとこ)
  4. イリコ(イワシまたはアンチョビ)

だしは800年以上前から発見され、使用されており、西洋料理店でもプロの料理人がゲストの味覚を刺激し、一部の料理に使用する可能性を認識しています。

スイートコーンのお粥スープ –コーンポタージュ(コーンポタージュ)とも呼ばれ、フランスの影響を受けた日本のコーンスープで、濃厚でクリーミーで非常に滑らかです。

スイートコーン、タマネギ、バター、ポテト、ミルク、塩、パセリ、洋食由来のサンドイッチパン、または洋食、特にフレンチコーンスープで作られています。

明治時代(1868〜1912)に日本料理に取り入れられて以来、とうもろこしと呼ばれています。

かすじる –(郷土料理物がたり)このスープは、魚(鮭またはブリ)または豚肉に大根、こんにゃく、 油揚げ (薄揚げ豆腐)、ながねぎ(長青玉ねぎ)、だし、味噌、酒粕または酒粕(酒粕)、にんじんの根野菜。

この料理はあなたを裏返しに暖めます! 酒粕が入っているからですので、技術的にはお酒と合わせて食べる必要はありません。

けんちん汁 –(郷土料理ものがたり)時々綴られるけんちん汁は、神奈川県鎌倉市で有名な根菜と豆腐を主成分とする野菜スープです。

けんちん汁と呼ばれることも多く、豆腐や根菜を使った作り方ですが、好みに応じて具材や作り方を自由に変えることができます。もたらすスープ。

地元の人々は、このスープは建長寺(中国の禅寺)に由来し、日中のフュージョン料理またはハイブリッド料理である卓袱料理に根ざしていると信じていました。

みそ汁 –(味噌汁味噌汁)は、味噌を柔らかくした「だし」と呼ばれるストックからなる日本の伝統的なスープです。 混合されています。

みそ汁

味噌汁はいろいろな方法で作ることができ、それぞれのバリエーションは個人の好みや地域や季節のレシピによって異なります。

味噌汁は吸い物に分類されますが、XNUMXつは独立して識別できます。 それでも、それらは今日交換可能です。

味噌汁には、味噌というもう一つの重要な味噌成分があります。

味噌汁のだしが足りないようですね。

味噌は、大豆を塩で発酵させたもので、麹麹菌と呼ばれる菌類、大麦、米などの要素も加えられており、技術的には赤(赤味噌)、白(しろみそ)、または混合(あわせ)。

あなたはたくさん見つけることができます 全国の味噌汁のバリエーション、最も顕著なのは、仙台味噌汁や信濃味噌汁などの地域のバリエーションです。

のっぺい汁 –(のっぺいのっぺい汁、また餅餅または能平)は、日本人が食べることを楽しむ伝統的な野菜のシチューです。

ほとんどの日本料理と同様に、これも日本のすべての都道府県で多くの名前で呼ばれています。 しかし、このシチューの最も有名なバリエーションは、新潟で作られたもので、同じ意味でのっぺい汁、のっぺい汁、または単にのっぺい汁と呼ばれています。

のっぺい汁の作り方は、ごま油で煮たり炒めたりした野菜の残り物がシチューの具材になっているので驚きます。

シチューの材料や増粘剤は町や地域によって異なりますが、通常は揚げ豆腐、こんにゃく、しいたけ、にんじん、山芋を使用しています。

すべての材料を鍋で数分間煮てから、醤油、塩、でんぷんを増粘剤として加えます。

のっぺい汁は、より明確な風味を得るために、その成分に魚や肉を含めることもできます。

のっぺい汁は、特に新年のお祝い、お祭り、仏教の儀式の際に、主に新潟地域で食べられます。

オホー –(オハウ)rurとも呼ばれ、日本の北アイヌの人々によって作成された、吸い物(透明スープ)カテゴリに属する​​魚や動物の骨で味付けされたおいしいスープです。

昆布は、それを活性化するために、このストックの別のフレーバー触媒成分です。

北日本のアイヌの人々は、西暦以前に日本に住んでいた最初の古代人種と見なされており、東京や他の地域の日本人とは異なる伝統を持っています。\

ですから、醤油や味噌、だしをオホースープに使わないのは珍しいことではありません。

野生の食用植物、野菜、魚、肉などのほとんどの材料を直接スープに入れて調理し、うま味を作ります。

吸い物 –(吸い吸い)は、野菜、肉、または骨を入れた水を沸騰したお湯に煮込んだ、香ばしい液体(スープ)です。

透明または淡い色の伝統的なスープを表すために日本人が使用する総称でもあります。

そのまま食べてもいいです。 ただし、スープ、グレービー、ソースを作るためのストックとして一般的に使用されます。

うしおじる –(米オジル)はまぐり牛尾ジル(クリアクラムスープ)とも呼ばれ、透明なスープとアサリで作ったスープです。

ハマグリ(蛤)は「一般的なハマグリ」を意味し、ジルは前述のように「スープ」を意味します。

しおじるの主な材料は、アサリ、昆布、水、塩、パセリ、コリアンダー、ミツバ、レモンの皮などです。

とりじる –(トリジル)日本の典型的なチキンスープはトリジルと呼ばれています。

とりじるの準備は、だしを作るか、食料品店で買うことから始まります。

日本のスーパーでは鶏肉を丸ごと購入するのが難しいので、西洋人のように鶏肉を茹でることはありません。

だしの準備ができたら、骨なし鶏もも肉と一緒に鍋に注ぎます。

水を沸騰させてから、里芋、じゃがいも、きのこ、ねぎなどの野菜を入れます。 こんにゃく、ごぼう、にんじん、大根が追加されます。

チキンスープの準備が整う直前に、さまざまな種類の調味料が加えられ、調味料のスタイルは、日本のどの地域で鳥ジルが作られているかによって異なります。

味噌ベースのスープでも醤油ベースでもかまいません。

酢、塩、 みりん、酒は味噌や醤油にも使われます。

鳥汁に似た豚汁(豚汁)もチキンスープより人気があります。

ラーメンスープに使われる骨だし(スープ)は、チキンスープで作られることが多く、あまり一般的ではない種類のコッテリにほとんどの場合に使用されます。

ぜんざい –(ぜんざい)またはキリモチ(甘い餅)が入った小豆のスープ。

実は、日本人が自分たちの料理に取り入れたのは、小豆汁と呼ばれる中華料理です。

沖縄県では、ぜんざいはかき氷の上にモカを添えた小豆のスープを指します。

ゾニ –(雑煮)は、敬語の「o-」がo-zōniであることが多く、餅餅が入った日本のスープです。

日本人はこの料理を彼らの御節料理の伝統と彼らの新年の祝祭と強く結びつけています。

雑煮の作り方は地域や家庭によって異なり、元旦に食べると最も縁起の良い料理とされています。

カテゴリーII:ヌードルスープ

ちゃんぽん –(ちゃんぽん)は長崎の郷土料理である麺料理です。

ちゃんぽんはもともと中華料理でしたが、日本と韓国ではちゃんぽんのバージョンが違うため、後に採用されました。

ちゃんぽんを作る前に、まず豚と鶏の骨のコンボブロスを用意します。

次に、ポークストリップを油の代わりにラードで揚げ、フライパンでシーフードと野菜を一緒に揚げます。

主要な材料が調理されると、コンボブロスがそれに注がれ、それがちゃんぽんになります。

ちゃんぽん用に特別に作ったラーメンは、後で同じ鍋や鍋で入れて茹でます(他のラーメンスープのように別々に茹でる必要はありません)。

ご存知かもしれませんが、日本人は季節ごとに料理の仕方が異なります。 ちゃんぽんを食べる場所や時期によって、具材や味が異なります。

ほうとう –(ほうとう)山梨の人気の伝統的なヌードルスープ、ほうとうは、野菜とうどんの材料を味噌汁に混ぜて煮込んだものです。

ほうとうはうどんの変種として一般的に認識されていますが、生地は麺ではなく餃子のように作られているため、地元の人はうどん料理とは見なしていません。

その語源では、「ほうとう」という言葉はしばしば白沢(餺飥)に関連付けられており、ほとんどの専門家は、それが白沢のユーフォニーであるとさえ示唆しています。

餅や白玉などの伝統的な食材の代わりにほうとうを加えた小豆のスープを指す小豆ぼうとう小豆ぼうと呼ばれる変種もあります。

インスタントラーメン –(インスタントラーメン)日本人がオンデマンドですばやく調理するために考案したヌードルスープの一種であるため、その名前には「インスタント」という用語が付けられています。

通常、工場で製造され、大量生産され、調理済みで乾燥した麺ブロックに、XNUMXつまたは複数の香料粉末、調味料油が含まれ、場合によっては、醤油またはだしがパッケージに含まれています。

香料は、乾燥粉末状物質、油性または他のタイプの液体調味料、または3の組み合わせの形で提供されます。

干し野菜も加え、干しエビのみじん切りは、麺に熱湯を入れたり、鍋で茹でたりすると柔らかくなります。

カップ麺 –(カップヌードル)は、すぐに食べられるインスタントラーメンの一種で、お湯を加えて、粉末の香料と油またはだしをふりかけるだけです。

市場に出た最初のブランドは日清で、1971年にカップヌードルを発明したのも同じ会社でした。

シールパック麺は、発泡スチロール食品容器、硬質プラスチックまたは紙コップに包装されています。

他の会社が独自のカップヌードル製品を発売した直後、これまでのところ、ほとんどの企業がインスタントラーメン業界の成功から恩恵を受けています。

日清のカップヌードル製品は、日本だけでなく他の国々でも他の企業と競争するように促しました。

一部のメーカーは、マルちゃんのインスタントランチのように、すぐに食べられる食事を変えようとさえしました。

沖縄そば –(沖縄そば)沖縄そばはヌードルスープの一種で、沖縄県の沖縄ヌードル製造協同組合の地域団体商標です。

日本の伝統ではそばを意味しますが、沖縄の人々はそれを県内のさまざまな方言で単にそばまたはスバと呼んでいます。

小麦で作った太めの麺はうどんに似ていますが、沖縄そばはラーメンに似ています。

見積もり –(拉麺、ラーメン)は、中国北西部で生まれた日本のヌードルスープで、製造過程で文字通り「プルヌードル」と訳されます。

今日のラーメンスープは、現代の日本人シェフがラーメンスープを作る実験を試みたいと思うことが多いため、非常に複雑な材料を使用していますが、コア材料は同じままです。

ラーメンは、だし、醤油、味噌汁と一緒に炊いた中華風の小麦麺から始まります。

基本的なトッピングには、通常、スライスした豚肉(チャーシュー)、乾燥した海苔(海苔)、ラクト発酵したタケノコから作られた調味料(メンマ)、ネギが含まれます。 ただし、レシピによって異なる場合があります。

九州のとんこつラーメンや北海道の​​味噌ラーメンなど、日本のほぼすべての地域で独自のラーメンのバリエーションがあります。

うどん –(饂飩、通常うどんと表記)は、小麦粉と小麦でできた、厚くて平らな外観の日本で最も一般的なヌードルスープのXNUMXつです。

最もシンプルな形では、みりん、醤油、だしでできたカケジルと呼ばれるマイルドな風味のスープと混ぜ合わせた、カケうどんと呼ばれる温かいプレーンヌードルスープとして提供されます。

より複雑なウドンスープのトッピングには、ネギ、かき揚げと呼ばれる混合天ぷらフリッター(主にエビでできている)、油揚げ(砂糖、みりん、醤油で味付けした豆腐の揚げポケット)が含まれます。

きつねうどん うどんのバリエーションのひとつに過ぎず、うどんの炒め物もあります!

これらの日本料理は美味しくて伝統的です、機会があればチェックしてください

カテゴリーIII:シチュー(煮物)

クリームシチュー –(クリームシチュー)は、肉(通常は豚肉または鶏肉)にキャベツ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギを混ぜた外国料理から借りた、有名な日本の洋食(西洋の影響を受けた)料理です。濃厚な白いルー。

ぎゅうじニコミまたはモツニコミ –(牛筋煮込み)牛すじ煮込みまたは(む煮煮)豚腸煮込みは、通常牛肉の部分を使って煮込む日本のおいしい煮込みの一種です。

牛肉のスジ肉は西洋文化では一般的な材料ではないかもしれませんが、その豪華な食感と日本料理や多くのアジア料理での健康上の利点で愛されています。

また、お読みください。 味噌にこみ、ボリュームたっぷりのスープです

肉じゃが –(肉じゃが)は、肉、じゃがいも、玉ねぎを甘口醤油で煮込んだり、場合によってはとこんにゃくと野菜を使って作った日本料理です。

肉じゃがの材料の半分以上はジャガイモで、肉は風味の源としてのみ使用されています(スープのように調理されています)。

雑炊 –(雑炊、文字通り「雑炊」)、またはおじや(おじや)は、マイルドな風味と薄い材料で日本で人気のある米卵野菜スープです。

炊飯器でご飯を炊き、味噌や醤油で味付けした後、鍋に野菜、きのこ、魚介類、肉などを混ぜ合わせます。

風邪やインフルエンザにかかっている人や気分が悪い人によく出され、冬にだけ出されることが多いです(季節限定のスープのひとつです)。

カテゴリーIV:鍋(鍋物)

ちゃんこ鍋 –(ちゃんこ鍋)は、鍋物の一種である人気のある日本のシチューです。通常、相撲取りは、体重をすばやく増やすために大量に食べるので、人気があります。

この料理には明確な材料リストがなく、レシピは地域やシェフが料理をどのように調理したいかによって異なる場合があります。

しかし、一般的なものは、高タンパク食用の肉、だし、野菜、ハーブ、スパイス、シーフード、およびその他の成分です。

ふぐちり –(てっちり)は、危険な魅力で知られる非常に人気のある日本料理で、テッチリとも呼ばれ、鍋風に調理されます。 ふぐちりの主な材料は、ふぐ、またはネギ、きのこ、キャベツで調理した非常に有毒なフグです。

だしやだしで煮込んだ後、魚の部分(毒の一部または大部分を含む)を取り出し、醤油につけて消費します。

日本では毎年約45人がふぐ中毒で亡くなっており、実際、日本政府はこの料理の摂取を禁止しています。

その結果、ふぐちり禁止もカルトを生み出しました。

はりはり鍋 –(はりはり鍋)は、ミンククジラの肉と水菜を使った鍋料理の一種です。 マスタードグリーン、またはスパイダーマスタード)。

料理は 特に大阪大都市圏で人気 日本の関西地方で。

実は水菜を噛んだときの音にちなんで名付けられました。

イモニ –(芋煮)は、里芋の根と肉(通常は牛肉)を味噌汁で煮込んだ季節の料理(通常は秋の季節に食べられます)で、日本の東北地方で有名です。

きりたんぽ –(きりたんぽ)は、日本の秋田県から来たと考えられている人気の料理です。

きりたんぽは、炊きたてのご飯を砕いて串に刺し、囲炉裏で焼き上げたものです。

一度調理すると、あらゆる種類のスープの餃子として使用したり、甘い味噌汁と一緒に食べたりすることができます。

もつ鍋 –(もつ鍋)は、ダシスープストック、醤油、野菜、牛肉または豚の胃袋などの内臓を含む、日本人に愛されているさまざまな種類の鍋料理のXNUMXつです。

さまざまな種類の肉の腸部分が主成分で風味の源となる特別なシチューです。

通常の鍋か鍋で調理します。

おでん –(おでん)は、さつま揚げ、こんにゃく、大根、ゆで卵など、だし汁と醤油を少し加えて煮込んだ鍋の一種です。

最近では、おでんが食料品店や食料品店で売られているのを見つけることができますが、居酒屋(日本の非公式のパブの一種)もそれを提供しています!

おでんもあります 火鉢や鉄板焼きなどの人気レストランほど多くはありませんが、日本のレストラン レストラン。

しゃぶしゃぶ –(しゃぶしゃぶ)は、薄切りの肉やさまざまな野菜を水で煮て、さまざまなディップソースを添えるなど、非常に豊富な食材で日本でも有名な鍋物です。

しゃぶしゃぶは、材料を混ぜたりかき混ぜたりしたときに鍋の中で鳴る音に擬音語です。

この料理は、一度にXNUMXつの材料で調理され、通常、しゃぶしゃぶレストランでゲストの前で行われます。

日本のほとんどのしゃぶしゃぶレストランでは、この料理に薄切りの牛肉を使用しています。 ただし、鶏肉、豚肉、鴨肉、子羊肉、カニ、アカザエビを使用するバージョンもあります。

リブアイステーキが一般的に好まれる肉の種類ですが、しゃぶしゃぶ料理でもトップサーロインなどのやわらかいカットが一般的に使用されています!

和牛などのより高価な肉も使用できます。

和牛のようなプライムミートカットを使用しているので、鍋で調理した野菜も世界一流です。

えのき茸、椎茸、にんじん、玉ねぎ、海苔、菊の葉、白菜などがあります。

すき焼き –(鋤焼、またはより一般的にはすき焼き)は、鍋物(日本の鍋)スタイルで調理され、提供される日本料理です。

野菜、うどん、しらたき、きのこ、豆腐、みりん、醤油などの香ばしい具材が詰まった鍋料理です。 、砂糖、だし、その他のハーブとスパイス。

浅い鉄鍋でテーブルで煮る以外はしゃぶしゃぶ鍋物と同じように調理します。

すき焼きは具材を小鉢につけて食べる 生の溶き卵を調理したら(生卵はこの料理のディップソースのようなものです)。

また、お読みください。 寿司の作り方を学ぶ(初心者向けガイド)

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。