日本の和包丁のすべて:安いですか?

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

買収 和包丁 西洋では高価になる可能性があるため、ほとんどの人、特にシェフは日本で安く購入しようとしています. 問題は、日本には最も厳しいナイフの法律がいくつかあり、米国やヨーロッパに持ち帰るのが面倒な場合があることです.

和包丁は日本で買うと少しだけ安いですが、有名な包丁の製造工場がたくさんあります。 東京の有名な合羽橋通りは、カトラリーの行き先です。 しかし、ナイフを海外に持ち帰るには、適切に封をする必要があります。

このガイドでは、日本で日本の包丁を購入する場所、買い物の際に期待できること、および日本の厳しい包丁法をナビゲートする方法について説明します. 

日本の包丁は日本で安いですか

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

日本の包丁は日本で安いですか?

あなたが日本の包丁をたくさん探しているシェフや包丁愛好家なら、日本でもっと安く手に入れることができるかどうか疑問に思うかもしれません. 

答えはイエスですが、あなたが思っているほどではありません。 

工場から直送すると安くなりますが、日本の刃物職人は製品の価値を知っているため、大幅な値引きはしません。 

あなたが知る必要があるものは次のとおりです:

  • 日本の包丁メーカーは、西洋での包丁の価値を知っているため、日本に実店舗があるにもかかわらず、価格は国際価格に似ています。 
  • これらのお店は、日本の東京のメインストリートにあり、観光客や洋食のシェフがお得な情報を求めてやってくることを知っています。 
  • これらのナイフは、海外で調達できるものよりも約 20% 安いだけです。 
  • 帰国すると、ナイフの輸入関税を支払う必要があります。これにより、20% の節約が減り、購入価格が国際価格に近づきます。 
  • 国際市場を持たない小規模な日本のナイフ メーカーを見つけた場合は、大幅に安い価格でナイフを入手できます。 

日本の包丁はなぜ高いのですか?

日本のシェフのナイフは、その品質と職人技で有名ですが、高額な値札が付いています. では、なぜ彼らはとても高価なのですか?

その答えは、これらのナイフを作成する独自のプロセスにあります。 伝統的な鍛冶技術と現代の技術が融合して作られる和包丁。 

ブレードは、高炭素鋼と他の金属を組み合わせて作られ、数日かかるプロセスで焼き戻しと硬化が行われます。 

これにより、信じられないほど鋭く、軽量で、耐久性のあるブレードが実現します。

研ぎ師と呼ばれる熟練の職人が刃物を手で研ぎ、研ぎます。 この工程には時間と熟練が必要であり、研ぎ師は刃の最適な角度と形状を見極めることができなければなりません。 

そのため、和包丁は非常に高価です。それらを作成するプロセスは非常に手間がかかります。

和包丁の素材も最高級です。 

スチールは日本製で、ハンドルの素材は多くの場合、エキゾチックな木材やその他の素材で作られています. 材料は世界中から調達する必要があるため、これはナイフのコストに追加されます.

そのため、日本でナイフを購入する場合、オンラインで注文する場合と比べて大幅な値引きはあまり見られないというのが実情です。 ただし、日本で店頭で買い物をすると、多種多様なナイフから選択できます。 

日本でナイフを買う

お得な和包丁を探しているなら、大通りにはありません。 それはすべての国際的なナイフハウスがある場所です. 

良い取引をするには、いくつかの小さな脇道に隠れて、いくつかの小さな商人を訪ねる必要があります. 

これらの脇道は、本物の和包丁のセットをお得に見つけられる可能性が最も高い場所です。 有名なブランドではないかもしれませんが、より有名なブランドと同じ品質を備えた本格的な日本の包丁であることに変わりはありません。 

特定のブランドのナイフを探している場合は、次の便利な日本語フレーズを参考にしてください。 

– Hocho = ナイフ 

・【商品名】の包丁=【商品名】ナイフ 

日本の包丁は種類が豊富です。 合羽橋の包丁屋さんに行けば、経験豊富な職人からプロのアドバイスを受けることができます。 

麺を切る、和菓子を彫る、300tマグロなどの特定の魚をスライスまたはフィレットするなど、さまざまな目的で使用できるナイフの種類は3種類以上あります.

また、お読みください。 これらは購入するのに最適な日本のナイフです、私たちの完全なレビュー

日本でナイフを買うのに最適な場所

シェフやナイフ愛好家は、国内で最高の日本製ナイフを手に入れるためにどこに行く必要があるかを正確に知っています. この XNUMX つの場所を紹介しますので、日本にいる場合はぜひ訪れてください。

合羽橋通り – 東京

本物の日本刀を探しているなら、東京の合羽橋通りに行くべきです。 

日本全国、さらには国外からもシェフが、最高級の包丁を買いだめするために、この店に長い旅をします。

日本で最もお得な包丁をお探しなら、合羽橋包丁地区がおすすめです! 言問通りと浅草通りの間に位置するこのエリアは、東京のレストランやカフェのサプライヤーがすべてのキッチン用品を調達する場所です。 

調理器具、陶器、お弁当、ほうろう、プラスチック製の調理器具、巨大なチーズおろし器など、何でも揃う合羽橋。 

しかし、大通りでナイフを買おうとしないでください。 代わりに、合羽橋本通に向かいます。そこには、小さいながらもぎっしり詰まった包丁、ユニオン コマースの包丁店があります。 ここでは、大通りで見たのと同じナイフが 50 ドルから 120 ドルも安く買えます。 

関市

日本の中心都市である岐阜県関市は、高品質の包丁の製造で世界的に有名です。 

13 世紀に名刀工の元重が九州地方から関に移り住み、刃物産業が盛んになりました。 

関の豊富な自然資源と物質資源を見て、彼はそこに移ることを決めました。 関は高品質の砂鉄、炭、水などを提供した。 それからわずか 1338 世紀後の室町時代 (1573 ~ 300 年) の始まりに、関には XNUMX 人以上の刀鍛冶が住んでいました。 

有名な人はたくさんいますが、有名なのは金本孫六と志津三郎です。

関の名前と優れた品質の刀剣と包丁は、すぐに全国に知られるようになり、刀剣の主要産地としての関の地位は確固たるものになりました。 

関市は今でも日本の刃物生産の中心地であり、最高のナイフの種類と最高のブランドを見つけることができます. 

包丁の買い物に欠かせない日本語フレーズ

日本で包丁を買うとき、「包丁」という言葉をよく耳にします。 「ぼうちょ」と同じですが、発音しやすいように「h」を「b」に変えたものです。 日本でビッグマックを注文するとき、「マック」ではなく「マック」と言うようなものです。 

特定のブランドの包丁を念頭に置いている場合は、「[ブランド名] の包丁」というフレーズを使用して求めることができます。 たとえば、「旬のほうちょ」や「味園のほうちょ」などです。 

このフレーズは、買い物をするときにとても便利です。 見たい項目を指差して「見せてください」と疑問の声で言うだけ。 店員さんが持ってきてくれますので、じっくり見てみましょう。 

いろいろ調べて包丁を決めたら、「これをください」という言い方で「これをください」と言うことができます。 購入する前に使用しないことを確認してください。混乱せずにナイフを見せてもらいたい場合は、「見せてください」を使用してください. 

キレナガとは、刃が刃を保持する時間の長さを指す用語です。 この言葉を使うと、満面の笑顔でダマスカス鋼のナイフの方向に向けられます。 

日本の包丁の法律: 日本から包丁を持ち帰ることはできますか?

包丁を訪れる多くの人、特に料理人は、高品質の包丁を手頃な価格で購入したいと思っています。 

しかし、ナイフの買い物は、ペイ アンド ゴーほど簡単ではありません。 代わりに、観光客であっても、ルールを守り、問題を避けるために日本のナイフの法律に注意を払う必要があります.

日本の刃物に関する法律は、観光客であっても非常に厳しいため、日本で刃物を購入する場合は注意が必要です。 

ほとんどの日本の包丁は法定限界を簡単に超えてしまうので、引っかかってしまうと大変なことになります。 

ただし、当局は観光客に対していくつかの譲歩を行っています。 法定限度額を超える包丁を購入すると、包丁を包んで箱に封をし、パッケージ全体を封印された袋に入れる必要があります。 

シールは、購入レシートとともに、ナイフが観光客によって購入され、国外に持ち出されることを当局に証明します。 

したがって、日本のナイフを購入しようとしている場合は、法律に従って、国を出るまで封をして保管してください. 

刃渡り15cm以上の包丁は料理人しか所有できないって知っていましたか? 

許可なしで購入できるナイフの長さはどれくらいですか?

日本で包丁を購入する場合は、国の厳しい法律に注意する必要があります。 

シェフや仕事でナイフを使用する人でない限り、15cm (5.91 インチ) を超える固定刃を所有するには許可が必要です。 

つまり、適切な書類がない限り、ほとんどの日本のシェフのナイフは立ち入り禁止です. しかし、東京のかっぱ橋キッチンタウンへの観光客や訪問者はどうですか?

キッチンのナイフに関しては、日本にはかなり厳しい法律があります。 

あなたが仕事中にナイフを定期的に使用するシェフやその他の商人でない場合、15cm (5.91インチ) を超える固定刃を所有するには許可が必要です。

不必要な手間を避けるために、最初に許可を取得しない限り、刃に沿って 15 cm を超える日本のシェフのナイフを所持することは、日本では違法であることを知っておくとよいでしょう. 

日本国民や観光客は、ナイフを外に持ち出すことは法律に違反しており、警察があなたを拘束するための武器の所持と見なされるため、外に持ち出すことはできません。 

観光客は日本滞在中に長刃の和包丁を購入することができますが、旅行中や帰国中も含めて、封をして保管しておく必要があります。 

注意すべきもう XNUMX つの重要な点は次のとおりです。

旅行者は、新しい包丁をすぐに開けて披露したくなるような誘惑に駆られるべきではありません。 封印を解いた観光客は、武器の所持を禁止するいくつかの日本の法律に違反する危険があります。 日本政府は、犯罪者に悪意や常軌を逸した行為があったかどうかにかかわらず、これらの規制を厳格に施行します。

ほとんどの人は新しい買い物を封印しておくのに十分賢いので、旅行者がナイフを携帯することに対する罰がどのようなものになるかを言うのは難しい. しかし、もし捕まれば、罰金を払い、ナイフなしで釈放されなければならないかもしれません。

和包丁を持って旅行:和包丁は飛行機に持ち込めますか?

あなたの手荷物の中にはありません、それは確かです! 飛行機に日本刀を持ち込むのは厳禁です。 発覚した場合、最高500,000万円の罰金が科せられます。 

したがって、ポケットを深く掘り下げたくない場合は、そのナイフを家に置いておくのが最善です. 

ナイフは預け入れ荷物に入れることができますのでご安心ください。 ハードケースにしっかりと包まれ、密封されていることを確認してください。 そうすれば、法律に違反することなく、料理の冒険を楽しむことができます。

和包丁を持って旅行するのは難しいビジネスです。 行く前に、ナイフが元のパッケージに密封されていることを確認し、領収書を手元に置いてください. 

購入したお店のパッケージにシールやシールが貼られている場合が多いので、海外で購入したものではないことが証明できます。 また、ナイフは預け入れ荷物にのみ入れてください。機内持ち込み手荷物には絶対に入れないでください。

和包丁はネットで安く買える?

日本の中小企業は現在、より広い市場にナイフを販売するためにオンライン市場に目を向けています. これは、オンライン市場でよりリーズナブルな価格の本物の日本包丁を見つけることができることを意味します. 

そうです、日本からオンラインで手頃な価格の和包丁を購入できます。 和包丁には、価格も品質もさまざまな種類があります。

一般的に言えば、最も人気があり手頃な価格のオプションには、Shun カトラリー、Global ナイフ、Masahiro ブレード、Kuma ナイフ、および Tojiro ブレードが含まれます。

オンラインで購入する場合、購入前にナイフを検査できないというリスクが常にあることを覚えておいてください. そのため、必ず調査を行い、評判の良い販売者から購入してください。

何を買うか決める方法

日本でナイフを購入するのは大変な作業になる可能性があるため、役立つヒントをいくつか紹介します。 

– 調査を行います: 行く前に探しているナイフの種類を知っておいてください。 

– 大通りに惑わされないでください。合羽橋本通りに向かうと、お得な情報が得られます。 

– 時間をかけてください: 時間をかけて店舗間の価格を比較することを恐れないでください。 

– 輸入規則を知る: 購入する前に、自国の輸入規則を確認してください。 反対側で没収されているのを見つけたくないでしょう!

-ナイフが作られている鋼の種類を見てください。 最高の和包丁は、ステンレス鋼または高炭素で作られています。 白紙鋼と青紙鋼を見れば、高品質の包丁であると確信できます。 

安い和包丁 vs 高い和包丁

日本で安く日本の包丁を買えますか?

安価な日本のナイフはより柔らかい鋼で作られているため、高価なナイフほど刃が長持ちしません. また、錆や腐食が発生しやすくなります。

でも、日本では安い和包丁を買うことができます。 多くのディスカウント ストアや中古品販売店では、さまざまな種類の和包丁を割引価格で提供しています。

和包丁を激安で販売している専門店も無数にあります。 見渡せば、日本製の安い和包丁の優良な取引を見つけることができるはずです。

一方、高価な和包丁はより硬い鋼で作られているため、はるかに鋭く長持ちします.

切れ味が長持ちする包丁をお探しなら、高価な和包丁がおすすめです。 より硬い鋼で作られているため、切れ味が長持ちし、錆びたり腐食したりしません。 

さらに、キッチンで見栄えがします。 一方、予算が限られており、時々包丁を研ぐことを気にしない場合は、安価な日本製の包丁で十分です。 シャープさはそれほど長くは続きませんが、それでも仕事は完了します。

日本の和包丁 vs アメリカの和包丁

日本の和包丁とアメリカの和包丁は別物です。 日本では、包丁は細部にまで細心の注意を払い、伝統を尊重して作られています。 

刃は高級鋼でできており、カミソリのように研ぎ澄まされています。 ハンドルは硬材で作られていることが多く、全体的な構造は一生使えるように設計されています。

アメリカでは、日本の包丁は手頃な価格を重視して大量生産されています。 ブレードは低品質の鋼でできており、ハンドルは多くの場合プラスチックです。 

日常使いには十分な切れ味かもしれませんが、日本のものほど長持ちしません。 さらに、彼らは同じレベルの職人技を持っていません。

要するに、一生続くナイフを探しているなら、日本製を手に入れた方が良い. しかし、仕事を終わらせるために何かを探しているだけなら、アメリカ製の日本製のナイフで十分です.

要約

日本の包丁を持って旅行する場合は、安全にプレイするのが最善です。 ナイフは元のパッケージに封をして保管し、レシートを持参してください。 

そうすれば、海外ではなく国内で使用するために購入したことを証明できます。 さらに、派手なナイフを見せびらかして、マスターシェフのふりをすることもできます!

和包丁の中には、海外より日本の方が安いものもありますが、通常、価格差は 20% 程度しかなく、特売の場合はそれ以上になることもあります。 

しかし、一般的に、日本でナイフを購入する利点は、多種多様なナイフを見つけることができることです。 

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。