日本人はどのくらいの果物を食べますか? それほど多くない–そしてこれが理由です

JoostNusselder著 | 更新しました:  October 19, 2020

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

によると、 2013調査 国連食糧農業機関によると、日本の一人当たりの食糧供給は、144.8日あたりわずかXNUMXグラムです。

そのため、日本は世界で最も果物の供給が少ない国のXNUMXつになっています。

実際、このアジアの国の一人当たりの果物の供給量は、米国の一人当たりの量の約半分です。

日本人はどれくらいの果物を食べますか?

それで、日本人はどれくらいの果物を食べますか?

あまりない。

特に生肉、魚介類、野菜が好きですが、日本の人は果物をあまり食べないので、その理由はここにあります。

なぜ日本人は果物を少なく食べるのですか?

他の国とは異なり、果物は日本文化において異なる役割を果たします。

果物は、人々を感動させたり、感謝の気持ちを表すために贈る贈り物と見なされることがよくあります。

さらに、伝統的な懐石料理の後には、ほんの数スライスの果物を提供するのが一般的です。

果物は日本文化において威厳のある地位を保持しているので、それらは完璧で傷のないものでなければなりません。

「プレミアム」フルーツはかなり高価で、3,000個あたりXNUMX円もすることがあります。

2014年に日本果物協会が実施した調査では、人々が毎日果物を購入したり食べたりしない理由のXNUMXつは、果物が高価であるためであることがわかりました。

日本で果物を育てるのは労働集約的であるため、これはまったく驚くべきことではありません。

国のほとんどの果樹園は家族経営であり、伝統的な果樹栽培の方法に従っています。

また、日本の陸地の80%は山で構成されています。 これは、果物作物のための余地があまりないことを意味します。

日本の果物も厳しく規制されています。

農民は、農協が定めた大きさ、色、味に合わせて生産しなければなりません。

要約すると、これらすべての要因は、国の果物の高コストと、それに対する日本人の熱意の欠如に貢献しています。

日本で安い果物を買えますか?

もちろん! たとえば、日本ではバナナは比較的安いです。

日本人は特に自分が買ったり食べたりする食べ物に厳しいです。 それは果物を含みます。

日本中の主要なスーパーマーケットや食料品店では、傷がなく「完璧」に近い果物であるため、高価な果物を見つけるかもしれません。

手頃な価格の果物が必要な場合は、地元の果物売り場や市場で果物を手頃な価格で販売することを検討してください。

また、高価になる傾向があるため、季節外れの果物の購入は避けてください。

フィリピンでは果物を食べるのが一般的です。これをチェックしてください フィリピンのフルーツサラダのレシピ

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。