日本料理と韓国料理| これらの料理の違い

JoostNusselder著 | 更新しました:  June 11, 2022

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

アジア料理は、その独特で健康的な性質のために世界中で好まれています。

これらのおいしい料理は、アジア諸国で好まれるだけではありません。 他のほとんどすべての国は、何らかの方法でそれらを消費します。

この点で最も人気のある料理の2つは、どちらも健康的な料理と見なされているため、日本料理と韓国料理です。

日本料理と韓国料理の違い
Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

この記事では、これらの2つの主な違いについて説明したいと思います。日本料理と韓国料理の違いは何ですか?

要するに、日本人と日本人の主な違い 韓国料理 スパイスの使用です。 韓国料理はスパイスをたくさん使っていますが、 日本食 最小限のフレーバーを追加するだけで、物事をより自然に保ちます。 特に辛くて辛い料理は韓国料理に見られますが、日本料理には見られません。

最も重要なことは、人々はこれらの料理の違いを本当に知らないので、私は先に進んで、この記事である詳細なガイドを書きました!

*アジア料理がお好きなら、YouTubeでレシピと材料の説明を含む素晴らしい動画をいくつか作成しました。おそらくお楽しみいただけます。 YouTubeでチャンネル登録

日本料理を独創的なものにしているのは何ですか?

日本料理には、日本の伝統的で文化的な食べ物、長年の文化的で伝統的な変化を通して進化した食べ物が含まれます。

寿司、ラーメン、火鉢風の料理など、日本原産のさまざまな料理が含まれています。 牛丼などの一般的な産業群に広く適用されています。

ラーメンはとても人気があり、私はその味が大好きです、私は完全な記事を書きました ラーメンスープに加えることができるさまざまな材料のすべて 美味しくて本物にするために。

日本の伝統文化的な食べ物は、祖先から受け継がれたいくつかの料理で構成されています。 また、アメリカ人との接触によって紹介された最近の料理もかなりあります。

実際、韓国もまったく同じです。 彼らは多くのアメリカの影響を受けており、最近開発された料理の料理には缶詰が含まれていますが、ほとんどの場合、占領後は必然的です。

彼らは料理に同じ材料と材料を使用していますが、調理方法、スタイル、ツールはまったく異なります。

彼らが際立っているXNUMXつの主要なことは彼らのプロセスです .

日本人による発酵プロセス

発酵は微生物、酵母を使用するプロセスです。 食品の分解のための食用細菌。 それは食べ物を保存して美味しくすることができるいくつかのステップを含みます!

アジアの気候はそのようなプロセスにとって理想的であるため、日本は世界の発酵製品の主要な売り手のXNUMXつになりました。

日本の食事のほとんどすべてに発酵物が含まれています。 そのため、オリジナルで本格的な日本製品がたくさん生まれました。 味噌、納豆、酢、大豆、テンペなど。

特に、酢を使ったマイルドなフレーバーの使用は私にとってとても興味深いものです。 私は持っている 寿司酢に関するこの投稿 寿司飯の複雑な味についてもっと読むためにチェックする必要があります。

韓国料理の特徴は何ですか?

韓国料理は次の伝統的な料理方法です 韓国文化 と規範、韓国の料理の芸術を使用しています。 最も一般的な韓国料理には、韓国バーベキュー、キムチ、ライスなど、さまざまな料理が含まれます。

韓国料理とは、韓国の伝統的、文化的展望、そして世界での地位を通じて、韓国から生まれた料理を指します。

韓国はほとんど海に囲まれているため、シーフードで人気があります。 他の多くの料理(韓国のバーベキューなど)や特別な風味のスパイス、ソース、製品(キムチなど)も人気があります。

日本料理と韓国料理寿司のフラットレイ写真

東アジア諸国の料理は、世界中で最も健康的な料理と一貫して見なされてきました。 特に、日本料理と韓国料理について話すとき、彼らは彼らの料理の中で最も有益で健康的な食材と調味料を融合させることで知られています。

健康的な食事療法に加えて、日本人と韓国人はどちらも食べ物を自分たちの生活の重要な部分と考えており、それは彼らが料理を作る方法にも広がっています。

食べ物を中心に開発された習慣の一部は非常に離散的であり、家族内またはシェフからシェフへとのみ教えられますが、他の習慣はほとんどすべての居住者に知られています。

モダンな日本料理 外の世界からの相対的な分離から発展し、その後、世界のすべての地域とのコミュニケーションと影響力の延長された時間。 この保護された時間の間に、日本と韓国の間でダイナミックな交流がありました。 しかし、政治的および社会的貿易は現在最小限に抑えられているようです。

両国は、中国やアジアの他のさまざまな地域(米、カレー、スープ、麺など)に戻って、特定の料理の料理の継承を追跡することができます。

これらの料理はどちらも独自のテーマと文化的基準を持っていますが、料理のラップアンドロールスタイルや他の特定の調味料など、多くの類似点があります。

日本は寿司と刺身で有名ですが、韓国は韓国のバーベキューで知られています。 人気の料理で、最近では世界的な現象になりつつあります。

地元の人々と同じようにこれらの郷土料理を鑑賞し、日本料理と韓国料理のレストラン(ここまたは海外)で素晴らしい時間を過ごすには、彼らの食文化と基準についてもっと知る必要があります。

日本人は、複雑な儀式や伝統を料理に取り入れてきた長い歴史があります。 彼らは、単に味わうだけでなく、芸術と職人技の重要性、そして食べ物の源を非常に重視しています。

たとえば、日本人は食事をする前に、一緒に食事をしている人やシェフやスタッフと話をして、食事への感謝のしるしとして話すのが一般的です。

日本人も醤油の味と うまみ 多くの料理で、完璧なうま味に到達することは、日本人シェフが目指していることです。

日本人と韓国人の間で好まれるソースとおかずはどれですか?

醤油(または日本語で「醤油」)は、幅広い料理において非常に重要な役割を果たします。 醤油の使用は、食品の香り、そしてさらに重要なことに、その風味を構築することができます。

甘みと塩味の層を食品に加え、うま味を通して口の中での食品の味を改善します。

一方、韓国の料理スタイルには、日本人よりも複雑でない習慣が含まれています。 それでも同時に、それはそれ自身の例外的なスタイルを持っています。

キムチと呼ばれる韓国の国民食料理には、加工に役立つ化学物質を作るための発酵プロセスに加えて、幅広いプロバイオティクス、ベータカロチン、ビタミンCが含まれています。

これらは、新しくて新鮮な料理体験になります!

他の韓国料理でも発酵食品の使用が主流です。

それぞれに、テーブルと一緒に共有されるバンチャンと呼ばれるおかずがあります。 炊き込みご飯、スープ、キムチ、そしてフレーバーとハーブを融合させた野菜のサービングで構成されています。

もう一つの例は、生野菜の風味と鶏肉をブレンドした混合野菜の一種の韓国プレートであるセンチェです。 肉や麺など、韓国の人気メインディッシュのおかずとしてお召し上がりいただけます。

発酵料理に加えて、韓国人は彼らの特別に作られたペーストを組み込むことも大好きです。 たとえば、コチュジャンペーストはコチュジャンベースで、砂糖の痕跡がブレンドされたチリが少し含まれています。

または、より深い味わいが好きな人は、大豆と塩で作った味噌を使って、スープ、野菜、ご飯の味をアップグレードすることもできます。

また、お読みください。 これらはすべて味噌ペーストとテンジャンの違いです

彼らは本当に彼らの文化、習慣、伝統、そしてまた彼らが提供する健康的な栄養素とおもてなしで彼らのゲストの一般的な経験を調整することによって彼らの料理を準備するユニークな方法を持っています。

日本料理と韓国料理の違い

食文化は、特定の地域、宗教、または文化に特に関連する料理の伝統と規範の完全なセットであり、それぞれに独自のニュアンスがあります。

これらが日本料理と韓国料理の違いです。

体験

韓国料理は、醤油とオイスターソースの2つの主要なものを含む、スパイスとソースの豊富なブレンドがあります。 これらのスパイスとソースはほとんどすべての韓国料理の一部であり、すべての料理においしい風味を提供します。

一方、日本食は少量の香辛料で作られています。 日本の地元の人々は軽い味と香りを好み、料理は主な食材の自然な味に保たれています。

最も注目すべきは、日本人は食べ物にそれほど多くのピーマンを使用しないのに対し、韓国人はしばしばかなり辛い食べ物を食べることです。

儀式

韓国人は、規則や儀式についてあまり正式にならずに、食事を十分に楽しんでいます。 彼らは自分で選んだカトラリーやソースを使って食べ物を食べることさえありますが、日本では儀式に厳密に従う必要があります。

ここにいくつかの儀式があります:

  • 伝統で定められているように、特定の方法で料理を作る
  • 食事の前にスタッフとシェフに挨拶する
  • 特別な道具(箸など)を使って正しい方法で食べる
  • 終わったらカトラリーを特定の場所に戻す

彼らは芸術、歴史、そして食べ物そのものよりも伝統的な食べ方を楽しんでいます。

有名なネイティブフード

日本原産の有名な食べ物は寿司です、 ラーメン、そして刺身は、すべて日本だけでなく世界中で見られます。 しかし、彼らはもともと日本から来て、に従って食べられます 日本文化.

韓国原産の有名な料理は、バーベキュー、焼き肉、そしてもちろんキムチ(実際にはそれ自体が料理ではなく、おかず、または他の料理に風味を加える手段)です。

準備

2つの料理のもうXNUMXつの違いは、料理の作り方です。

韓国では、肉やその他の生の食品をスパイスやソースでマリネして、実際に調理する前に料理に風味を付けています。

日本にいる間、生の食品はほとんどの場合調理されます。 調味料は極力少なくし、完全に火が通ったら味わいが増します。

寿司

おそらく韓国の寿司とその日本のパートナーとの最も顕著な違いは、わさびの拒絶です。

代わりに、スパイシーな韓国の赤唐辛子ソースであるコチュジャンが代わりによく使われます。 わさびのチクチク感がなく、同等の熱を伝えます。

新鮮な魚と巧みに調理されたご飯の韓国の寿司の基本的な構成要素は、日本のスタイルと並んでいます 寿司作り.

正直なところ、多くの韓国の寿司職人は、完璧な準備とその高貴なアレンジメントの重要性を強調する日本人シェフによって訓練されています。 これらの基準は、韓国と日本の両方の寿司に適用されます。

彼らを際立たせているのは、韓国人シェフが自国の料理コレクションからの調味料、風味、調理技術を料理に取り入れることによって、日本の教えを拡張する方法です。

日本食も韓国料理も美味しい

この投稿の韓国料理と日本料理の違いを説明する情報が気に入ったら、どうぞ 日本料理と中華料理の違いについての私の投稿も読んでください 2の詳細なガイド付き!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。