ほねすき骨抜き包丁ベスト5 | あなたの絶対的なお気に入りを見つけてください

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

あなたがあなたの好きなレシピを調理するために新鮮な鶏肉とシーフードを買うのが好きなら、あなたは良い骨抜きナイフがどれほど重要であるかを知っています。

最高の本スキ包丁はこちら 敏郎 鶏肉やその他の小動物に最適な用途の広い骨抜きナイフだからです。 かみそりの鋭い刃、先のとがった先端、そして日本の伝統的なほねすきの形をしています。

しかし、他にもオプションがあり、いつどれを使用するかについて詳しく説明します。

最高のホネスキ日本の骨抜きナイフ| あなたの絶対的なお気に入りを見つけてください

必須アイテム5つを紹介 ほねすき 試してみるナイフ、そして私の完全なレビューを見るために読み続けてください:

ベスト総合本職包丁

敏郎6インチ

万能な骨抜きナイフが必要な場合は、理髪店レベルの鋭さ、硬さ、剛性を備えた Tojiro が最適です。

製品イメージ

最高の予算の骨スキナイフ.

ゼライト無限大

私がこの小さめの骨抜きナイフを本当に気に入っている理由は、重さがわずか 4.4 オンス (125 g) で、作業中に手が疲れないからです。

製品イメージ

プロの料理人に最適な本すき包丁

酒井貴之ステンレス

堺隆幸包丁は、まさに一流の正雪刃のひとつです。 高品質のイノックスモリブデン防汚鋼を日本製としているため、シェフに好まれています。

製品イメージ

最高の丸型(洋式)骨スキ包丁

堺菊森日本公社

刃と柄が同じ幅の洋式骨抜き包丁です。

製品イメージ

鶏肉の骨切りに最適な骨すき包丁

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

ほねすき包丁購入ガイド

ほねすき包丁には、独特の造りとデザインがあります。 「ほねすき」と書かれた包丁は、鶏肉や小動物、魚の骨を抜くのに必要な特徴があります。

しかし、あなたのキッチンに最適なナイフを選ぶときに考慮すべきいくつかの機能がまだあります。

カクvsマル骨抜きナイフ

カクは東日本式の包丁です。 底が広く、上が細く尖った三角形の刃があります。

丸は、柄と刃の幅が同じである西洋型の骨抜き包丁です。

サイズ

私が共有したホネスキナイフのサイズは4.5インチから6インチの範囲です。 ザ・ サイズはブレードの長さを指します。

これらのサイズはすべて、肉のスライス、カット、骨抜きに最適です。

あなたが七面鳥のような大きな鳥に行くつもりなら、あなたは最大のナイフを選ぶことを望むかもしれません。 それを使用すると、いくつかの子羊の脚や大きなマスを屠殺することもできます。

しかし、鶏肉にこだわるなら、4.5または5.3インチのナイフがぴったりのサイズです。 また、手が小さい場合は、ナイフが小さいほど操作が簡単です。

Handle

非常に長持ちするので、樹脂製のハンドルが最適です。 樹脂は丈夫で高品質なハンドル素材で、持ちやすく、頻繁に使用する際の摩耗にも強い素材です。

複合材のハンドルも優れており、持ちやすくなっています。 複合材のハンドルに錆や汚れの跡は見られません。

安価なプラスチック製のハンドルは外れたり壊れたりする可能性があり、安全上の問題が発生する可能性があるため、何も選択しないでください。

材料

ブレードの素材に妥協しないでください。 ホネスキナイフに最適な素材は、炭素鋼またはモリブデンの汚れに強い鋼です。

これは、ナイフが非常によくできていて、耐久性があり、水にさらされても錆びないことを意味します。

鋼はまた、ナイフが鋭いままであることを保証します。 結局のところ、骨抜きを簡単にするためには、薄くて鋭いナイフポイントが不可欠です。

価格

ほとんどのホネスキナイフは70ドル以上で、場合によっては500ドルにもなることがあります。 しかし、私がお勧めするのは70ドルから170ドルの間です。

これらは高品質のナイフであり、多くは熟練した職人によって日本で作られています。 彼らは安いスーパーマーケットの骨抜きナイフと間違えられるべきではありません。

刃のエッジがどれほど鋭くて完璧であるかを見るだけで、高品質の器具がもたらす違いに気付くでしょう。

またチェックアウト 日本のバーベキューの種類に関する私の完全なガイド

レビューされたベスト5の骨スキナイフ

今すぐレビューを聞きたいので、Amazonで最高のホネスキナイフを比較しています。 それらはすべて同じような価格帯ですが、それはプロ仕様のホネスキブレードが高価だからです。

これらはあなたがXNUMXドル未満で手に入れることができる種類の安いナイフではありません。 ナイフゲームのアップグレードを真剣に考えている場合は、読み続けてください。

ベスト総合本職包丁

敏郎 6インチ

製品イメージ
9.1
Bun score
鋭さ
4.7
終了
4.5
耐久性
4.5
ベスト
  • 超鋭利な VG-10 鋼
  • 頑丈な合成木材ハンドル
足りない
  • 非常に小さなブレード
  • 材料: VG-10
  • サイズ:6インチ

何でもできるタイプの骨抜きナイフが必要な場合は、理髪店グレードの鋭くて硬くて硬いため、Tojiroは優れたオプションです。

価格的には、最高の価値のある製品の XNUMX つです。 シングルベベルデザイン 精度を高めるために完全に角度を付けたエッジで、最高の炭素鋼材料で作られています。

骨から肉や脂肪を切り落とす手間がかからず、持ちやすいので安心して使えます。

鋭い先端で、あなたは本当にその軟骨と柔らかい骨を突いて、肉がより速く落ちるようにすることができます。

それが助けになるなら、メスの鋭さと比較することさえできるので、鶏肉、七面鳥、魚、そしてもちろんより大きな肉の切り身をどれだけうまく骨抜きできるか想像してみてください。

脂肪組織のほぼすべてのビットを実際に取り除くことができるので、脂肪をトリミングするときに特にうまく機能します。

総合ベストホネスキナイフ-キッチンのホネスキトジロウ

この 和包丁 万能ブレードを探している平均的な料理人に最適なサイズです。 ナイフは3層クラッド構造で非常によく作られています。 コアはVG-10スーパースチール製で、サビに強いスチールの層で覆われています。

ロックウェル硬さスケールで60を持っているので、ブレードが硬くて頑丈であることを確認できます。 9〜12度の刃角度と薄い上刃で、一度にカットできます。

ほとんどが単一のベベルナイフですが、非常に正確で鋭利であり、ほとんどすべての切断作業に使用できます。 複合材のハンドルにより、持ちやすくなっています。

また、錆びにくく、洗いやすく、何年も反ったりくすんだりしません。

最高の予算の骨スキナイフ.

ゼライト 無限大

製品イメージ
7.8
Bun score
鋭さ
4.1
終了
3.8
耐久性
3.8
ベスト
  • シャープなハイカーボンスチール
  • お金に大きな価値
足りない
  • 炭素鋼は多くのメンテナンスが必要です
  • 材質:高炭素ステンレス鋼
  • サイズ:4.5インチ

さて、私が予算と言うとき、私はそれほど安いという意味ではありませんが、このゼライトナイフは他のすべての日本の骨抜きナイフよりもまだ安いです。

サイズにもよりますが、4.5インチは肉やシーフードの精密な骨抜きに最適で、トマトやその他の野菜の芯抜きにも使用できます。

それはそれを最も使いやすいもののXNUMXつにするリベットで留められた丸いハンドルを持っています。

最高の予算のホネスキナイフ-キッチンのゼライトインフィニティ

骨抜きナイフを保持するのは難しい場合があります。特に、奇妙な角度でハードカットを行う場合はなおさらです。 しかし、これはあなたの手から滑りません。

骨すき包丁の材質は67層ハイカーボンステンレス鋼(ダマスカス鋼)です。 そのため錆びにくく、切れ味も鋭いのが特徴です。

私がこの小さな骨抜きナイフが本当に好きな理由は、それが4.4オンス(125g)しかないので、それを使って作業するときにあなたの手が疲れないからです。 それは本当に快適で、それはあなたにもっとコントロールを与える先細のボルスターを持っています。

刃は片側12〜15度に研ぎ澄まされており、これは日本刀に共通しており、それが非常に用途が広い主な理由のXNUMXつです。 大きな魚や子羊の太ももを骨抜きにするのに使用できますが、ステーキを切るのにも使用できます。

トジロvsゼライト

  • これらのナイフはどちらも同じような価格帯ですが、東次郎は少し高価です。
  • サイズ:Zeliteは4.5インチで、大きな6インチのTojiroと比較されます。
  • Tojiroは、刃が薄い古典的な東洋式の家禽の骨抜きナイフですが、Zelitaは刃が広いです。 また、子羊のような大きな肉の切り身の骨抜きにも適しています。
  • ゼリータの三角形の刃の形は制御が少し難しいので、トジロはより正確です。
  • 敏郎は最も鋭利な刃物のひとつであり、刃が細いため、その鋭さを長期間維持します。

肝心なのは、これらのXNUMXつの骨抜きナイフは 価格帯は似ていますが、デザインが異なります.

伝統的な包丁が欲しければ、東次郎に行きましょう。 ただし、より用途が広く手頃な価格のものが必要な場合は、Zeliteを選択してください。

プロの料理人に最適な本すき包丁

酒井貴之 ステンレス

製品イメージ
9.0
Bun score
鋭さ
4.1
終了
4.5
耐久性
4.9
ベスト
  • 高品質のイノックス鋼
  • 丈夫な樹脂ハンドル
足りない
  • 重い面では
  • 材質:イノックス鋼
  • サイズ:5.9インチ

堺隆幸包丁は、まさに一流の正雪刃のひとつです。 高品質のイノックスモリブデン防汚鋼を日本製としているため、シェフに好まれています。

ハンドルは樹脂製で、全体的に長持ちし、ダメージに強い骨抜きナイフです。 樹脂は耐水性があり、刃もハンドルも傷つきませんのでご注意ください。

タカユキは、硬度60、重量6.08オンスのシングルベベルナイフです。 木製の柄が付いた他のナイフより少し重いですが、耐久性もあります。

最高の機能のXNUMXつは、非常に硬い筋肉や軟骨を簡単に切断できる先の尖った先端です。 ナイフをしっかりとしっかりと握るので、どんな肉でもカット&スライスできます。

堺ブランドは、600年以上のカトラリー職人技の長い歴史を持つ日本一です。

頻繁に研ぐ必要のない高級刃をお探しの方には、この骨抜きナイフをお勧めします。 肉の骨抜きが多い忙しいキッチンやレストランに最適です。

最高の丸型(洋式)骨スキ包丁

堺菊森 日本公社

製品イメージ
8.1
Bun score
鋭さ
4.2
終了
3.9
耐久性
4.1
ベスト
  • シャープなハイカーボンスチール
  • ぶら下がっている肉を切るのに最適
足りない
  • あまり伝統的ではない
  • 材質:高炭素鋼
  • サイズ:5.3インチ

さきほど紹介したもうひとつの堺包丁は角型、つまり東洋風という意味ですが、こちらは丸型の骨スキです。

刃と柄が同じ幅の洋式骨抜き包丁です。

したがって、刃は他の多くの日本の骨抜きナイフよりも薄いです。 この形が面白いのは、ナイフをオーバーハンドスタイルで保持できることです。

だから、この日本刀ナイフを使えば、ぶら下がっている鶏肉や他の肉から一片の肉を切ることができます。 したがって、燻製肉やジャンボンを切るのにも便利な道具になります。

アヒル、七面鳥、小鳥の骨抜きにも最適です。 そして、鶏肉を骨抜きにするための古典的な方法を使用したいだけなら、間違いなくそうすることができます。

デザインは非常にシンプルで、このナイフは非常に軽量で持ちやすいです。 欠点は、ハンドルが他の同様のナイフのいくつかほど人間工学的ではないため、自分で簡単に切ることができることです。

大阪地方にいるなら、このほねすきスタイルは、その地域の用語である「半光」と呼ばれていると聞きます。

酒井隆行vs酒井日本子

酒井は日本の高級カトラリーメーカーのひとつであることは間違いありません。 XNUMXつのホネスキナイフを比較してみましょう。

  • 高雪は刃が広く、日本子は丸型で刃が狭い。
  • 日本工は伝統的な洋式の骨抜き包丁に似ているので、刃と柄は同じ幅です。 日本の肉の持ち方に慣れるのは少し難しいかもしれません。
  • タカユキナイフは、日本工ナイフの複合材ハンドルよりも優れた樹脂ブレードを備えています。
  • 日本子は高雪より安いので、お手頃な価格で購入できます。 タカユキはさらに良い素材で作られていますが。

肝心なのは、どちらのほねすきも同じ堺ブランドで作られ、高い評価を得ているということです。

それはすべてそれぞれの特定の形に帰着します、そしてあなたが本物の日本の骨抜き道具が欲しいなら、Takayukiは素晴らしい選択です。 でも、シンプルな洋風の日本製包丁が欲しければ、日本古刀は最高です。

鶏肉の骨切りに最適な骨すき包丁

御園 モリブデン

製品イメージ
8.3
Bun score
鋭さ
4.6
終了
3.9
耐久性
3.9
ベスト
  • 軽量モリブデン高炭素鋼
  • 薄刃用の70:30の非対称刃先
足りない
  • 他のタスクには適していません
  • 材質:モリブデン鋼
  • サイズ:5.6インチ

本当に薄い刃が必要なため、大きなナイフで鶏もも肉を骨抜きにするのは難しいですが、この美園鶏肉ナイフを使えば、そのような問題に苦労する必要はもうありません。

伝統的な西洋の骨抜きナイフは湾曲した刃を持っていますが、この日本のものはそうではなく、手に非常に安定して頑丈であり、切断時の精度が高いため、実際に利点があります。

西洋の骨抜きナイフの代替品を求めているなら、このミソノ5.6インチがいかにシャープで軽量であるかを理解するでしょう。

これは、シャープな状態を保ち、今後何年にもわたって研ぐことができる一種の薄型ナイフです。 これは、鶏肉、特に物やばち状核突起の骨抜きや翼の取り外しに最適なホネスキです。

ミソノは、軽量で汚れに強い特殊なモリブデン高炭素鋼の骨抜きナイフを製造しています。 この中型のナイフは、理想的な家禽の骨抜きナイフです。

それをユニークにしているのは、70:30の非対称斜角です。 これにより、日本の片刃ナイフに似た非常に鋭いナイフが作成されます。

これは、刃の後ろよりも少し急な角度で刃の前に鋭さが集中していることを意味します。 したがって、刃先は非常に薄いです。

取り除く

あなたのカトラリーコレクションに優れた家禽の骨抜きナイフがない場合は、リストにあるどのホネスキでも非常にうまく機能します。

初めて骨抜きナイフを使用するのは恐ろしいかもしれません、私はそれを認めます。 指を切る恐れがあるので、丈夫な滑り止めの柄と長い刃の付いたナイフが必要なので、肉に入るのに苦労する必要はありません。

  藤寅工業 6インチの刃を持つ初心者に優しいほねすきです。 堺包丁のように刃が薄くないので使いやすいです。

それは人生を楽にします、そしてあなたがあなたのコレクションに超鋭い品質のナイフを持っていれば、あなたはそれを後悔することはありません!

これで、精肉店でカット済みの肉に過剰な支払いをすることなく、新鮮な鶏肉の購入を開始し、自宅で骨抜きを行うことができます。

お気に入りのホネスキナイフを見つけましたか? 試してみてください このおいしいチキンイナサルレシピ(オリジナルと同じように指をなめるのと同じくらい!)

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。