(日本)魚料理を作るのに最適な出刃包丁のレビュー

JoostNusselder著 | 更新しました:  7年2022月XNUMX日

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

あなたが日本の魚料理を準備するのが好きなら 寿司と刺身、あなたはあなたの台所にデバナイフが必要です。

日本の出刃包丁は魚の切り身に最適で、寿司や刺身の準備にも最適です。

先端に向かって内側に曲がる奇妙な形の幅広の刃があり、先端が鈍いため、魚の骨を切るのに最適です。

Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

繊細でタフな魚の切り身の両方に対応できる多用途の包丁をお探しの場合は、出刃包丁が最適です。

(日本)魚料理を作るのに最適な出刃包丁のレビュー

世界 AZUMASYUSAKU」出刃包丁 ダブルベベルブレードを備えているため、左利きと右利きの両方に使いやすくなっています。 魚の頭を切り裂き、大きな魚をスライスし、完璧な切り身を作ることができます。 このナイフは、日本の職人が魚料理のあらゆるニーズに対応するために作ったものです。

この表で最高のデバナイフのトップピックをチェックしてから、以下のレビュー全体を参照してください。

最高のデバナイフ 画像
全体的に最高のデバナイフ: AZUMASYUSAKU」青神鋼 総合ベストデバナイフ-AZUMASYUSAKU青神鋼

(他の画像を見る)

最高の予算のデバナイフ: マーサー カリナリー アジアン コレクション 4″ 最高の予算のデバナイフ:Mercer Culinary Asian Collection 4 "

(他の画像を見る)

最高の手作りデバナイフ: モトカネ」白神 最高の手作りデバナイフ-MOTOKANEShirogami

(他の画像を見る)

最高のダマスカス鋼デバ: DALSTRONG6インチシングルベベルブレードローニンシリーズ 最高のダマスカス鋼デバ:DALSTRONG 6 "

(他の画像を見る)

最高の価値のデバナイフ: imarku7インチフィッシュフィレナイフ ベストバリューデバナイフ-imarku7インチフィッシュフィレナイフ

(他の画像を見る)

最高の大型デバナイフ&野菜に最適: HONMAMON Mioroshi 8.3″SKスチール 最高の大型デバナイフ&野菜に最適-HONMAMON Mioroshi Deba Knife(他の画像を見る)

購入ガイド

あなたがデバナイフを購入しようとしているなら、あなたが考慮しなければならないことがいくつかあります。 まず、準備する魚の種類を決める必要があります。

デバスにはさまざまな形やサイズがあるため、調理する魚の種類に適したものを見つける必要があります。 ナイフのサイズも考慮する必要があります。

一部のdebasは他のdebasよりも小さいため、ニーズに合ったサイズのものを確実に入手する必要があります。 最後に、価格について考える必要があります。

デバナイフの価格は、数ドルから数百ドルの範囲です。 あなたはあなたの予算の範囲内にあるものを見つける必要があります。

デバナイフは 寿司と刺身を作る。 購入を検討している場合は、考慮する必要のあることがいくつかあります。

まず、準備する魚の種類を決める必要があります。

探すべき機能は次のとおりです。

サイズ

はい、デバナイフはさまざまな種類の魚に対応するためにさまざまなサイズがあります。 最も一般的なサイズは、150mm、165mm、180mm、および210mmです。

この場合のサイズは、通常、ブレードの長さを指します。

必要なサイズは、カットする魚の種類によって異なります。

たとえば、165mmのナイフはマグロのステーキを切るには小さすぎますが、ヒラメのような小魚をフィレットするのにはちょうどいいサイズです。

デバナイフの厚さ

ブレードの厚さも重要な考慮事項です。 ブレードが厚いほど、扱うことができる魚はタフになります。

厚い刃はまた、丈夫な魚の骨を切るときに曲がる可能性が低くなります。 ただし、厚い刃は薄い刃よりも研ぎにくい場合があります。

最も一般的な厚さは、2.5mm、3.0mm、および3.5mmです。

ベベル

斜角は、ブレードのエッジの角度です。 デバナイフの最も一般的な斜角は50/50と70/30です。

50/50の斜角は、ブレードが両側で等しく鋭いことを意味します。 このタイプのナイフは、非常に薄く均一なスライスを生成するため、魚の切り身に最適です。

70/30の斜角は、ブレードの片側が反対側よりも鋭利になっていることを意味します。 このタイプのナイフは、スライスが厚くなるため、寿司や刺身の準備に適しています。

ダブルベベルナイフはかなり標準的です。つまり、ブレードの両側が異なる角度で研がれています。 これらのナイフはより用途が広いですが、高価でもあります。

シングルベベルブレードは片側だけが鋭利になっています。 それらは使用するのがより困難ですが、非常に薄く、正確なスライスを生成します。

材料

出刃包丁に最適な素材は、高炭素鋼とステンレス鋼です。

高炭素鋼は、 和包丁。 研ぎやすく、刃先をしっかりホールドしますが、サビや腐食の影響を受けやすくなっています。

ステンレス鋼は錆びにくい最新のオプションですが、研ぐのがより難しい場合があります。

一部の出刃包丁は、刃が異なる材料の複数の層でできている積層構造で作られています。 この構造は、高炭素鋼とステンレス鋼の両方の最高の属性を組み合わせるように設計されています。

積層刃は高炭素鋼より錆びにくいですが、それでも研ぎやすいです。

ハンドル

ほとんどのデバナイフは、木、プラスチック、または複合材料で作られた洋風のハンドルを持っています。

一部のモデルには、D字型ハンドルと呼ばれる和風ハンドルが付いています。 このタイプのハンドルは、手のひらにナイフを保持することを好む人にとってより快適です。

最も一般的なハンドルの素材は天然木ですが、掃除が難しいです。

XNUMXつ目は、木材とプラスチックの複合材であるパッカウッドです。 Pakkawoodは耐久性があり、お手入れが簡単なので、忙しいキッチンに最適です。

エッジ角度

デバナイフの刃先角度は、刃と刃先の間の角度です。

最も一般的なエッジ角度は50度と60度です。 ほとんどが45度の角度に研がれています。

重量とバランス

デバナイフの重量とバランスも重要な考慮事項です。 重いナイフの方が快適ですが、長時間保持するのに疲れることがあります。

軽いナイフは扱いやすいですが、丈夫な魚の骨を切るときに薄っぺらな感じがすることがあります。

ナイフのバランスは、ブレードがハンドルと出会う場所によって決まります。 バランスの取れたナイフは手に心地よく、操作も簡単です。

刃の形

出刃包丁は、他の包丁とは一線を画す独特の刃形をしています。 刃は幅が広く、先端に向かって内側に曲がっており、端が鈍い。

このデザインはナイフに余分な強度を与え、魚の骨を切るのに理想的です。

フルタング構造

フルタングナイフには、ハンドルの端まで伸びる刃があります。 このタイプの構造は、部分的なタングよりも耐久性があり、バランスが優れています。

デバナイフを選ぶときは、フルタング構造のものを探してください。

レビューされた最高のデバナイフ

デバナイフで何を探すべきかがわかったので、私たちのトップピックをチェックしてください。

総合ベストデバナイフ:AZUMASYUSAKU」青神鋼

総合ベストデバナイフ-AZUMASYUSAKU青神鋼

(他の画像を見る)

  • サイズ:7.1インチ
  • 材質:青神鋼
  • 斜角:ダブル
  • ハンドル:木
  • 重量:12.7オンス

本当に良いデバナイフは決して安くはありません、そして高品質のものに投資することは簡単な切断作業と魚を切断するのに苦労することの間のすべての違いを生むでしょう。

あずましゅさくは、土佐職人が日本で作った伝統的な包丁です。 ナイフは高炭素鋼でできており、二重斜角の刃が付いています。

刃は7.1インチとかなり長いですが、マグロ、サーモン、さらには大きな鯉まで瞬時にスライスできます。

このナイフは、その二重のエッジのため、初心者でも非常に使いやすく、寿司や刺身の準備に最適です。

実際、このナイフはバターのような大きな魚の頭の骨を切ることができ、刃が欠けることはありません。

柄は木でできており、D字型なので本物の包丁です。

重くて丈夫なナイフですが、手に重くならず、バランスが取れています。

また、右利きと左利きの両方のユーザーがこのナイフを使用できます。 他の多くのデバナイフは片刃であるため、正義の人にのみ適しています。 ですから、左利きのシェフは間違いなくこのナイフをキッチンで使うことができます。

私の批判のXNUMXつは、青神鋼は他の種類の鋼よりも錆びやすいので、このナイフには細心の注意を払い、使用後すぐに乾かす必要があるということです。

このナイフは、以下にあるHONMAMON Mioroshi Deba Knifeとよく比較されますが、これは右利きのユーザーにのみ適しています。

ナイフは、デザインと価格の両方でかなり似ていますが、あなたが探しているのと同じかみそりの鋭い刃を持っています。

適切なメンテナンスを行えば、それは今後何年も続く可能性があります。

この出刃包丁は、包丁の切れ味と魚料理に使いやすいヨーロピアンスタイルの両刃のXNUMXつの長所を兼ね備えているとのこと。

ここで最新の価格を確認してください

最高の予算のデバナイフ:Mercer Culinary Asian Collection 4″

最高の予算のデバナイフ:Mercer Culinary Asian Collection 4 "

(他の画像を見る)

  • サイズ:4インチ
  • 材質:高炭素ドイツ鋼
  • 斜角:ダブル
  • ハンドル:木
  • 重量:5.9オンス

あなたが良い初心者にやさしく、予算にやさしいデバナイフを探している家庭料理人なら、マーサーは最高の選択です。

このナイフは、高炭素のドイツ鋼で作られた4インチの刃を持っています。 ブレードは、右利きと左利きの両方のユーザーが使用できるように、二重に傾斜しています。

マーサーはまた、余分な強度と耐久性のための完全なタングです。 ハンドルは木でできており、D字型になっているので、快適でしっかりとしたグリップが得られます。

これは、マス、ヒラメ、ティラピアなどの小さな魚に最適なナイフです。 野菜のカットにも最適です。

刃は箱から出してすぐにかみそりのように鋭く、魚の骨を簡単に切ることができます。 マーサーも研ぎやすく、丁寧に研ぎます。

このナイフは他のナイフよりもわずか4インチとはるかに小さく、5.9オンスと軽量ですが、長期間の使用と保持が非常に快適です。

マーサー料理のアジアンコレクションデバは、おそらく家庭用の最も人気のある安価な魚のナイフです。

シュンや他の高価なレストラングレードのデバスほど高品質ではありませんが、それでも非常に鋭い刃を持っており、 骨抜きナイフ、刺身ナイフ、そしてそれは魚の頭を切ることさえできます。

後ろのくぼみを見ると安いナイフであることがわかりますが、それでも十分に発音されていませんが、ナイフはまだかなりバランスが取れており、仕上がりはかなり良いです。

マイナーな仕上げの詳細を除けば、このナイフはより高価なもののように見え、機能します。

ドイツの炭素鋼は非常に丈夫ですが、錆びないように特別な注意が必要です。

使用後すぐにこのナイフを洗って乾かしてください。

ここで最新の価格を確認してください

さびたナイフほど悪いことはありません! 大切な包丁のさびを取り除く方法は次のとおりです。

あずましゅさく出刃包丁vs予算マーサー出刃

写真でわかるように、マーサーは4インチとはるかに小さく、アズマシュサクは7.1インチです。

マーサーもドイツ鋼で作られていますが、アズマシュサクは 日本の青神炭素鋼.

両方のナイフは快適な木製のハンドルを備えており、右利きと左利きの両方のユーザーに適しています。 あずましゅさくは少し高価ですが、箱から出してすぐにシャープになります。

刃も薄く、魚の骨を切りやすくなっています。

アオガミ鋼は非常に研ぎやすいことでも知られていますが、ドイツの鋼はその刃先を長く保持していません。

どちらの包丁も二重斜角ですが、あずましゅさくの方が凸状になっています。

マーサーは、日本魚料理の調理に挑戦したい家庭料理人にとって、予算にやさしい素晴らしいオプションです。

レストラン品質のナイフをお探しの場合は、あずましゅさくが最適です。

ただし、最も重要な違いは価格にあります。

マーサーは手頃な価格のデバナイフですが、アズマシュサクは適切な注意を払うことで何年も続く高品質のナイフです。

最高の手作りデバナイフ:MOTOKANE” Shirogami

最高の手作りデバナイフ-MOTOKANEShirogami

(他の画像を見る)

  • サイズ:8.2インチ
  • 材質:白紙白紙鋼
  • 斜角:シングル
  • ハンドル:マグノリアウッド
  • 重量:14.8オンス

日本の職人が作った完璧な伝統的なデバナイフを探しているなら、モトカネデバをコレクションに追加する必要があります。 本格的な魚料理​​用のナイフです。

MOTOKANEは、堺市で作られた手鍛造のデバナイフです。 刃は白紙鋼でできており、非常に鋭利です。

手作りの包丁は、それぞれを作るのに時間と労力がかかるため、非常に高価です。

MOTOKANEも例外ではなく500ドル以上ですが、本格的な家庭料理人やプロのシェフにとっては間違いなくその価値があります。

このタイプのナイフは、カット後に鋭いエッジカットを保持します。 いつも立ち止まって研ぐ必要がないので、忙しいキッチンでの使用に最適です。

刃も非常に薄いので、魚の骨を簡単に切ることができます。 ナイフはシングルベベルです。つまり、右利きのユーザー専用です。

そのハンドルはマグノリアの木でできており、完全なタングブレードにリベットで留められています。 ボルスターはプレミアムビルドを意味する水牛です。 プレミアムナイフを保護するための木製の鞘(さや)もあります。

高価なナイフを比較すると、このモトカネはヨシヒロシロコ高炭素鋼デバと比較されます。類似点はありますが、モトカネのシングルベベルブレードはより頑丈で重いため、人々はより好んでいます。

MOTOKANEは14.8オンスの他のナイフより少し重いですが、それは8.2インチの大きなナイフだからです。

これは、サーモン、マグロ、サバなどの大きな魚に最適なナイフです。 シングルベベルナイフなので刃先がとてつもなく鋭いので、使いやすいフィッシュフィレナイフが必要な場合はこちらです。

ここで最新の価格を確認してください

最高のダマスカス鋼デバ:DALSTRONG6インチシングルベベルブレードローニンシリーズ

最高のダマスカス鋼デバ:DALSTRONG 6 "

(他の画像を見る)

  • サイズ:6インチ
  • 材質:ダマスカス鋼
  • 斜角:シングル
  • ハンドル:赤いローズウッド
  • 重量:1ポンド

ダルストロングは、ダマスカス鋼を使用して刃を鍛造しているため、最も急成長している日本の包丁メーカーのXNUMXつになりました。

ご存じない方もいらっしゃると思いますが、ダマスカス鋼は、さまざまな種類の鋼を重ね合わせて鍛接することで作られています。

これにより、ブレード表面に美しい波状のパターンが作成されます。 また、ブレードが硬くなり、欠けに強くなります。

これは、ブレードが美しい木目模様を持ち、非常に耐久性があることを意味します。

DALSTRONGDebaナイフはで作られています 高炭素VG10日本鋼 それは60+のロックウェル硬度スケールスコアに熱処理されています。

刃の長さは6インチなので、魚のスライスや切り身に最適なサイズですが、鶏肉の骨抜きや鶏肉や七面鳥の肉の切り身にも使用できます。

多くの人がこのデバナイフを使ってブリのように魚全体を屠殺し、刃はプロセス全体を通してそのエッジを保持します。

このブレードは、20度の角度を持つ単一の斜角です。 これは右利きのユーザーにとって理想的ですが、左利きの人はナイフの重量とバランスに慣れる必要があります。

ハンドルは赤いローズウッド製で、持ちやすくグリップ力に優れています。 ボルスターは耐久性のためにステンレス鋼です。 このナイフのすべての部分は軍用グレードになるように設計されているので、非常に頑丈なナイフです。

ただし、一部のユーザーは、ブレードに小さなさびの斑点があることに気づきました。

このナイフの柄は伝統的な八角形で、D字型や洋風の柄に比べて持ちにくいかもしれません。

全体的に、美しいデザインの高品質のナイフを探しているなら、ダルストロングデバのようなダマスカス仕上げになるのは難しいです。

ここで最新の価格を確認してください

モトカネハンドメイドデバvsダルストロングデバ

モトカネは高炭素鋼でできているので、きちんと手入れをしないと錆びてしまいます。 ダルストロングは、錆びにくいダマスカス鋼でできています。

その美しい外観のため、ほとんどの人がダマスカス鋼の仕上げを探しているようです。

違いは仕上がりと価格です。

モトカネはダルストロングよりもはるかに高価ですが、同じダマスカス鋼の仕上げはありません。 ただし、ビルドと品質は優れています。

モトカネはより大きなサイズ(8.2インチ)でも利用できますが、ダルストロングはわずか6インチです。

どちらのナイフも木製の柄が付いていますが、元兼には高級素材の水牛のボルスターが付いています。

モトカネは、鮭、マグロ、サバなどの大型魚に最適なナイフです。 ダルストロングは魚の切り身にも最適ですが、家禽の骨抜きにも使用できます。

モトカネはもっと高価ですが、高級素材を使って手作りされています。 美しいダマスカス鋼の仕上げをお探しの場合は、ダルストロングが最適です。

ベストバリューデバナイフ:imarku7インチフィッシュフィレナイフ

ベストバリューデバナイフ-imarku7インチフィッシュフィレナイフ

(他の画像を見る)

  • サイズ:7インチ
  • 材質:高炭素鋼
  • 斜角:シングル
  • ハンドル:パッカウッド
  • 重量:9.8オンス

伝統的な日本の包丁は、西洋の店で見つけられる安価なステンレス鋼の刃に比べて刃の素材が優れているため、通常は非常に高価です。

しかし、手頃な価格で完璧な価値のデバナイフを見つけることができることをご存知ですか?

Imarku debaナイフは、かみそりのように鋭いエッジがあるため、最も人気のある魚のナイフのXNUMXつです。

12〜15°に鋭利にされた単一の斜角を持っているので、それは肉にどんな種類の裂け目もなしに魚を切り身にする滑らかな刃を持っています。

これらの超鋭利なシングルベベルナイフは、精密な切断が必要な場合、または超鋭利な刃を探している場合に理想的です。

このイマルクナイフは肉をスライスするのに最適ですが、魚の切り身ナイフや寿司ナイフとしても非常によく機能します。 骨折にはお勧めしませんが、小さな骨や軟骨を切り抜くことができます。

これはまだ非常に手頃な価格であるため、マーサーからのアップグレードを検討している人にとっては素晴らしいナイフですが、品質は著しく優れています。

高炭素鋼は錆びないように細心の注意が必要ですが、努力する価値はあります。

Imarkuも9.8ozと少し重いですが、非常に頑丈でしっかりと構築されています。 炭素鋼の刃はハンドルにしっかりと取り付けられており、日本の職人によって手作業で仕上げられています。

世界 ナイフハンドル 握りやすいパッカウッドでできており、クラシックなウッドハンドルよりも衛生的です。

一部のユーザーによると、理想的とは言えないことのXNUMXつは、ブレードに小さな欠陥が見られることです。

ただし、これは小さな問題であり、ナイフのパフォーマンスには影響しません。

Imarkuは間違いなくこの価格帯で見つけることができる最高のdebaナイフのXNUMXつです。 よくできていて、非常にシャープで、快適に使用できます。

ここで最新の価格を確認してください

最高の大型デバナイフ&野菜に最適:HONMAMON Mioroshi 8.3″ SK Steel

最高の大型デバナイフ&野菜に最適-HONMAMON Mioroshi Deba Knife

(他の画像を見る)

  • サイズ:8.3インチ
  • 材質:高炭素鋼
  • 斜角:シングル
  • ハンドル:マグノリアウッド
  • 重量:7.8オンス

出刃包丁は日本の野菜包丁に少し似ているので、出刃を使って魚を切ったり、スライスしたり、準備したり、野菜の側面や寿司の詰め物を作ったりすることができます。

出刃包丁は、魚の頭を切ったり、魚の皮や鱗をスライスしたり、小さな魚をフィレットしたりするのに最適です。

野菜のカットにも使えますが、あまり得意ではありません。 野菜包丁 or 三徳ナイフ.

ほなもんみおろしでばは、安価な包丁よりも刃が丈夫で刃先が鋭いので、多目的包丁としては最高です。

その結果、それはより硬い野菜を切り裂くことができます 大根みたい にんじん、魚の切り身のように。

しかし、すべてのタイプの切断作業に最適なのは、ブレードが長いことです。 魚全体を切り取って切り身にしたり、軟骨を裂いたりすることができます。

このデバブレードは先端が鋭いので骨抜きにも適しており、刺身や寿司がない場合は極薄のスライスにも適しています。 柳葉 手元に。

刃は日本製の青い炭素鋼でできており、丈夫で刃先がしっかりしていて、研ぎやすいです。

また、ドイツ製またはステンレス製のナイフよりも錆びにくいです。 ナイフは8.3インチなので、手で大きすぎたり重すぎたりすることはなく、たくさんの切断を快適に行うことができます。

マグノリアの木製ハンドルは持ちやすく、ナイフはバランスが取れています。

ホナモンミオロシデバは、このリストにある他のナイフよりも少し高価ですが、すべてを実行できるナイフが必要な場合は、投資する価値があります。

ここで最新の価格を確認してください

バリューイマルクデバナイフvsホナモンデバナイフ

ImarkuとHonnamondebaナイフはどちらも優れたナイフですが、目的が異なるように設計されています。

ホナモンは、より鋭く、刃が長いため、より優れた万能ナイフです。 魚の切り身、野菜の切り身、さらには肉のスライスも可能です。

Imarkuは滑らかなカットができるため、魚のカットや寿司の作成に適しています。 Imarkuは、Kai Wasabiブラックデバとよく比較されますが、より優れた構造で長持ちします。

ホナモンのような伝統的な木製の柄がないため、バクテリアや汚れが柄に付着しないため、ナイフの掃除が簡単で衛生的です。

どちらのナイフも高炭素鋼でできているため、耐久性があり、研ぎやすいです。 ただし、Imarkuは、適切に処理しないと錆びる可能性が高くなります。

Imarkuも9.8ozと少し重いですが、非常に頑丈でしっかりと構築されています。

ホナモンは天然のマグノリアの木の柄が付いた高級包丁で、手作りなので作りの良さを実感できます。

Imarkuも優れたナイフですが、Honnamonの低価格バージョンのようなものです。 それは木よりも安くて快適ではないパッカウッドのハンドルを持っています。

デバナイフとは何ですか?

日本の出刃包丁(出刃包丁、「出刃包丁」)は、さまざまな種類の魚の骨を割ったり切ったりするために使用される日本のフィレナイフの一種です。

デバは、さまざまな種類の魚の骨を割ったり切ったりするために使用される日本のフィレナイフの一種です。

先端に向かって内側に曲がる奇妙な形の幅広の刃があり、先端が鈍いため、魚の骨を切るのに最適です。

刃もかなり厚く、タフな魚の切り身にも耐えられる頑丈さを備えています。

刃は通常、伝統的な牛刀よりも厚いため、よりタフなカットに適しています。

出刃包丁は魚の切り身に最適で、寿司や刺身の準備にも最適です。

繊細でタフな魚の切り身の両方に対応できる多用途の包丁をお探しの場合は、出刃包丁が最適です。

出刃包丁は、大きな骨のない鶏肉や肉を切るのにも使えます。 出刃包丁を使って大きな骨を切ることはできません。そのような作業には包丁が必要です。

  • 最高の出刃包丁は、炭素鋼やステンレス鋼などの高品質の素材で作られています。
  • 彼らは魚の骨をスライスするのに最適な鋭い刃を持っています。
  • 寿司や刺身を作るのにぴったりのサイズです。
  • 彼らはあなたの特定のニーズに合うようにさまざまな形とサイズで来ます。

デバナイフの使用

デバナイフの使い方がわからない場合は、答えは非常に簡単です。 デバナイフは通常、シーフード、特に魚介類をスライスまたは切り刻むために使用されます。

ナイフはまたよく使用されます 日本料理 寿司と特定の種類の刺身を準備します。 さらに、出刃包丁は魚の切り身や骨抜きに最適です。

デバは、肉のひき肉、野菜のさいの目に切る、ハーブの切り刻みなど、さまざまな作業に役立ちます。

したがって、さまざまなタスクに使用できる用途の広いナイフを探している場合は、debaナイフが最適なオプションです。

デバナイフを使うには、まずまな板の上に腹を上にして魚を置きます。 鰓のすぐ後ろの魚に刃を挿入し、尾まで魚を縦に切ります。

次に、頭のすぐ後ろで魚の背骨を横に切ります。 最後に、魚の両側の肋骨を切ります。

両側の骨に沿ってナイフを動かすことで、フィレットを取り除くことができます。

デバナイフのお手入れ方法

デバナイフは、特別な注意が必要な高品質の素材で作られています。

  • ナイフを温水と刺激の少ない石鹸で手洗いします。
  • ブレードを損傷する可能性があるため、食器洗い機の使用は避けてください。
  • 研ぎ棒や砥石で定期的にナイフを研ぎます。
  • ナイフは、ナイフブロックやシースなどの安全な場所に保管してください。

出刃包丁vsフィレナイフ

出刃包丁とフィレナイフは似ているように見えるかもしれませんが、両者の間にはいくつかの重大な違いがあります。

まず第一に、デバナイフは通常、フィレナイフよりも重く、刃が厚いです。

さらに、出刃包丁はしばしば二重斜角の刃を持っていますが、ほとんどのフィレナイフは単一斜角の刃を持っています。

最後に、出刃包丁は骨を切るように設計されていますが、フィレナイフはそうではありません。

したがって、魚の切り身や肉の骨抜きなどのより困難な作業を処理できるナイフを探している場合は、出刃ナイフが最適です。

デバvsシェフナイフ

出刃包丁と牛刀はどちらもスライスとチョッピングに使用できますが、両者にはいくつかの重要な違いがあります。

まず第一に、出刃包丁は通常、牛刀よりも厚い刃を持っています。 さらに、出刃包丁はしばしば二重斜角の刃を持ち、その形状は牛刀のそれとは異なります。

最後に、出刃包丁は骨を切るように設計されていますが、牛刀はそうではありません。

シェフのナイフは、デバのような専用の魚刀ではありません。 用途の広い万能包丁です。

主な違いは、シェフのナイフはデバほど魚の骨をスライスするのが得意ではないということですが、注意すればそれでも十分な仕事をすることができます。

出刃包丁vs三徳

三徳包丁 スライス、ダイシング、およびミンチ用に設計されています。 デバナイフと同じタスクのいくつかに使用できますが、XNUMXつの間にいくつかの重要な違いがあります。

まず、三徳包丁は出刃包丁より刃が薄いです。 さらに、三徳包丁は通常、単一の斜角の刃を持っていますが、出刃包丁はしばしば二重の斜角の刃を持っています。

最後に、三徳包丁は出刃包丁のように骨を切るようには設計されていません。

デバナイフを研ぐ方法

デバナイフを良好な状態に保ちたい場合は、定期的に研ぐことが重要です。

デバナイフを研ぐ最良の方法は、砥石を使うことです。 日本の砥石または水石.

砥石にはさまざまなサイズや形がありますので、ナイフに合ったものを選ぶ必要があります。

砥石を選んだら、付属の説明書に従ってください。

私が持っています 日本の砥石を使ってナイフを研ぐ方法の完全ガイドはこちら.

少し練習すれば、デバナイフをかみそりのように鋭く保ち、必要なタスクに備えることができます。

よくある質問

デバナイフはどんな種類の魚に適していますか?

出刃包丁は、さまざまな種類の魚の骨を割ったり切ったりするために使用される日本のフィレナイフの一種です。

マグロ、サバ、サーモンなどの脂肪の多い魚との使用に特に適しています。

デバナイフと他のナイフの違いは何ですか?

出刃包丁の刃は、伝統的な牛刀の刃よりもはるかに厚いです。 これにより、骨を切断するのに理想的です。

また、ナイフは短く、先端が尖っている傾向があるため、操作性が向上します。

デバナイフは魚専用ですか?

いいえ、出刃包丁は野菜や肉のスライスなど、さまざまな作業に使用できます。

しかし、その厚い刃と先のとがった先端のおかげで、それは魚での使用に特に適しています。

デバナイフを保管するにはどうすればよいですか?

使用しないときは、ナイフを安全な場所に保管する必要があります。 ナイフブロックのように or 鞘(日本のさや).

これは、ブレードを保護し、時期尚早に鈍くなるのを防ぐのに役立ちます。

デバナイフはどのくらいの頻度で研ぐ必要がありますか?

使用頻度にもよりますが、定期的にナイフを研ぐことをお勧めします。

毎日ナイフを使う場合は、おそらく週に一度研ぐ必要があります。

たまにしか使用しない場合は、研ぎの頻度を減らすことができます。

結論

オプションを確認したので、ニーズに合ったデバナイフを選択できます。

キッチンにぴったりのサイズ、形、重さのものがきっと見つかります。

少し練習すれば、すぐにプロのように魚を切り身にすることができます。

バターのように魚を切り裂くデバが欲しいなら、 AZUMASYUSAKU」出刃包丁 家庭料理人からプロのシェフまで、誰もが使えるナイフです。

デバナイフは、魚の準備、切断、スライス、骨抜きのすべてのニーズに適しているため、シーフードを調理するのが好きな場合は、キッチンにXNUMXつ持っている必要があります。

これで、デバを手に、料理を始める準備ができました シェフによるこの美味しいシーフード鉄板焼きレシピ!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。