最高の本焼包丁レビュー【究極の高級包丁】

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

あなたが最後にミシュランの星を獲得した日本食レストランで寿司を食べたとき、最高品質の寿司を使ってカットされたに違いありません。 本焼 ナイフ。

なぜ私はそんなに確信しているのですか? 「本焼」という言葉は、高級厨房を扱うプロの料理人の間でステータスシンボルと見なされているためです。

理由は簡単です。 本焼包丁は他に類を見ないものです。

明らかな欠陥にもかかわらず、それを日本の食器のトム・クルーズと呼ぶことができ、愛され、要求されました;)

それは途方もなく高価で、作業するのが最も難しいですが、結局のところ、努力はすべてのペニーの価値があります!

最高の本焼包丁レビュー【究極の高級包丁】

市場で入手可能な最高の本焼ナイフは 柳有次 白鋼本焼. 価格に見合った機能性を備えた、その優れた仕上げと完璧な品質が高く評価されています。

利用可能な最良のオプションのいくつかを見てみましょう。

最高の本焼万能包丁

ありつぐ包丁 柳白鋼

鮨や刺身、肉や野菜のさばきなどに使われる柳刃包丁ですので、包丁としても活躍します。

製品イメージ

最高の本焼牛刀

義弘Inox 本焼 防汚鋼 和牛刀 牛刀 四反柄

両刃なので、左利き、右利きの方にも使いやすい包丁です。 それはまだ鋭い切れ味で、食べ物を簡単にスライスします.

製品イメージ

最高の本焼切刀

義弘水焼白子白鋼

市場に出回っている本焼包丁の中でも使いやすい多目的切付包丁です。 なめらかな切れ味の刃と握りやすい黒檀の柄が特徴です。

製品イメージ

最高のたこ引き本焼包丁

義弘水焼本焼 鏡面仕上げ 満月の富士山 たこびき崎丸

新鮮なお刺身の魚をさばくための関東地方の名物刺身庖丁で、美しい鏡面仕上げです。

製品イメージ

しかし、問題は、本焼包丁が高級キッチンの標準になっているのはなぜですか?

さらに、上記のオプションをチェックすると、なぜそんなに高価なのですか??

結局のところ、それだけが鋭いわけではありません 和包丁 惑星上で。

多くのまともな日本の包丁は、本焼包丁に支払う金額の XNUMX 分の XNUMX の費用で、切れ味と機能性に優れている可能性があります。

この記事では、伝説の本焼包丁について詳しく説明します。

また、基本を説明したら、いくつかの最良のオプションについても説明します。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

本焼包丁とは?

本焼き (「真の鍛造」を意味する) は、鋼とより柔らかい金属の複数の層で作られた他の包丁とは異なり、高品質の炭素鋼の単一片から作られた包丁の一種を表すために使用される伝統的な日本語の用語です。

これにより、プロのシェフや熱心な愛好家に好まれる、はるかに硬く、鋭く、長持ちするブレードが生まれます。

基本的に、本焼包丁とは、プロの料理人が使用する、非常に高価で高級な手鍛造の和包丁を指します。

白鋼(白紙)または青鋼(青紙) 本焼きの製造に広く使用されています。

また、本焼の製法には大きく分けてXNUMX種類あります。

  • 水本焼
  • 油本焼

油本焼の場合、焼入れ時や焼き戻し時に油を入れます。

本焼包丁は非常に人気があり、おそらく入手できる最高品質の日本製包丁です。

しかし、本焼きは特定の包丁を指しているわけではありません。 代わりに、任意の種類のナイフ (つまり 牛刀, 三徳, 筋引) 本焼きは、この伝統的な一枚鋼の構造を使用して作られています。

本焼包丁購入ガイド

本焼き包丁は非常に高価になるため、よく調べてから購入することをお勧めします。

日本の本焼包丁にお金を投資する前に、特定の機能を考慮する必要があります。

それは、探しているものと、必要なナイフの種類によって異なります。

ナイフの種類

和包丁にはさまざまな種類があり、それぞれ用途が異なります。

どんな和包丁も本焼きにできますが、特定の作業に最適な包丁もあります。

例えば、本焼き柳葉は生魚の薄切りに、本焼き薄葉は刃が長方形なので野菜のみじん切りに適しています。

ナイフを購入する前に、必要なナイフの種類を確認してください。

包丁に相当する包丁をお探しの場合は、本焼牛刀または三徳をお選びください。

ブレード鋼

本焼包丁は高品質の日本鋼で作られています。

最高品質の本焼包丁は、包丁用の最高品質の鋼と見なされる白紙または青紙タイプの鋼を使用します。

白紙とは白鋼のこと、長く刃を保持する強くて硬い鋼。

青紙は青鋼を指す、白紙よりわずかに柔らかいですが、それでも高品質の鋼です。

本物の本焼包丁は、通常、その強度と硬度から白紙の白鋼で作られています。

青紙は通常、三徳や波切りなどの柔らかい本焼包丁に使用されます。

終了

いくつかある 和包丁仕上げ そこに。

滑らかで光沢があり、磨かれたものもあれば、パターン化されテクスチャーのあるものもあります。

本焼包丁には通常、 鏡面仕上げ(ミガキ) そしてピカピカに磨かれます。

本焼包丁の中には、刃に模様が入っているものもあり、これを「墨流し」と呼ぶこともあります。

通常、鏡面仕上げの本焼包丁は、鏡面仕上げの本焼包丁よりも高価です。

全体として、本焼包丁を購入する際は、鋼の種類と仕上げを考慮することが不可欠です。これは、機能性だけでなく美観にも影響を与える可能性があるためです。

ハンドル材質

ほとんどの本焼包丁には伝統的な木製のハンドルが付いていますが、プラスチックや角のハンドルが付いているものもあります。

しかし、伝統的なナイフは通常マグノリア材またはエボニー材の柄を持っています。

ナイフが手にどれだけ快適に感じられ、グリップにフィットするかを考慮することが重要です。

従来のハンドルは、通常、プラスチック製や角型のハンドルよりも重くなりますが、耐久性が高く、長期間使用しても快適です。

最高の本焼ナイフレビュー

本焼包丁のすべてがわかったので、次は、最適な包丁を選ぶための一連のオプションについて説明しましょう。

最高の本焼万能包丁

ありつぐ 和包丁 やなぎ

製品イメージ
8.8
Bun score
鋭さ
4.8
快適さ
4.1
耐久性
4.3
ベスト
  • 美しいデザイン
  • さやが含まれています
  • 多才な
足りない
  • 刃が脆い
  • 長時間の使用は快適ではない

柳包丁と呼ばれていますが、この刃の長い包丁は、寿司や刺身の魚介類を準備するために使用できますが、シェフのナイフが使用されるいくつかの作業にも使用できます.

柳有次

(他の画像はこちら)

和包丁 ARITSUGU 柳 白鋼 本焼 240 mm 9.44″ は、日本の職人技の最高の品質を体現する卓越した包丁です。

エレガントなローズウッドのサヤケースから取り出した瞬間から、その作りに込められた品質と細部へのこだわりを感じることができます。

ブレードにはブランド名がエッチングされており、高級感があります。

このナイフの刃は、優れた切れ味と耐久性で知られる高品質の白鋼で作られています。

一枚の鋼で刃を作る本焼製法により、強度と安定性に優れた包丁です。

刃の長さは 240 mm で、魚や肉を正確かつ簡単にスライスするのに最適です。 シェフはサーモンや脂ののった魚を XNUMX 回のスムーズな動きでスライスできます。

ほとんどの場合、このナイフを使用できます。 日本の包丁技術.

ローズウッドのさやケースは、このナイフの美しい追加要素であり、使用していないときに刃をしっかりと保護します。

サヤは手作りで、刃にぴったりとフィットし、安全に保ち、偶発的な損傷を防ぎます。

高品質のサヤは高価になる可能性があります、そしてすべての真面目なシェフは旅行に本焼きナイフを持っていかなければなりません.

ナイフのハンドルもローズウッドで作られており、滑らかで心地よい手触りです。

ハンドルの形状とバランスが優れており、自然な握り心地とバランスの取れた安心感を提供します。

先に述べたように、このナイフは、柳葉の長いカミソリのように鋭い刃を組み合わせた、より多目的なシェフのナイフです。

長くて細い刃は、魚を XNUMX 回のきれいなストロークで切るように設計されているため、シェフは正確で均一なスライスを作成できます。

ただし、ナイフは、肉や野菜を薄くスライスするなど、他のデリケートなスライス作業にも使用できます。

シェフは、焼肉用の牛肉をスライスしたり、ショウガや他の根やハーブを細かく刻んだりするためにも使用します.

全体として、ARITSUGU 柳白鋼本焼 240 mm 9.44 インチ ローズウッド サヤ ケースは、キッチン ツールの品質と精度を高く評価する人に最適な、優れた日本のシェフのナイフです。

  • シングルベベル
  • ローズウッド八角和ハンドル
  • サイズ: 240 mm (9.44インチ) 
  • 水焼入れ鋼
  • HRC 62
  • ミラー仕上げ

プロのシェフでも家庭料理でも、このナイフは毎回優れた料理を作るために必要なパフォーマンスと信頼性を提供します。

こちらで最新の価格と在庫状況を確認してください

最高の本焼牛刀

義弘 牛頭水焼 本焼 白子

製品イメージ
8.5
Bun score
鋭さ
4.2
快適さ
4.6
耐久性
4.0
ベスト
  • ダブルベベル
  • 快適な滑り止めハンドル
  • 肉をよく切る
足りない
  • ブレードは錆びる可能性があります
  • 頻繁な研ぎが必要

前述のモデルを作ったのと同じ職人の出身であり、ヨシヒロ本焼牛刀が入手可能な最高の本焼牛刀のXNUMXつであることは驚くことではありません.

よしひろ本焼牛刀

(他の画像を見る)

和風八角形柄 最大限のコントロールのために、このナイフは持ちやすいです。

ハンドルには美しさと耐久性に定評のあるシタンローズウッドを使用。

温かみのある赤褐色で、キメが細かく均一な質感で、使い込むほどに豊かな緑青が生まれます。

また、密度が高く重い木材であるため、摩耗や損傷に強く、快適なグリップを提供します。

シタンローズウッドで作られたナイフハンドルは、耐久性と自然の美しさで知られています。

木材は、自然な色と木目のパターンを保護し、強化するために、オイルまたはワックスで仕上げられることがよくあります。

他の吉廣本焼との大きな違いとして特筆したいのは、刃先が二重に面取りされており、先端が非常に鋭利な点です。 典型的な牛刀ナイフ(私がここでレビューしたもののようなもの).

両刃なので初心者にもプロにも使いやすいナイフです。

ナイフの刃はでできています 日本のAUS-10ステンレス鋼 汚れに強いので、ナイフに醜い斑点が見えません。

また、刀身は日本刀の伝統技術を用いて熟練の職人の手で熱処理され、鍛造されており、強度と切れ味を兼ね備えたナイフに仕上がっています。

このナイフは、その切れ味と優れた切れ味の持続性で最もよく知られています。 だからこそ、シェフはヨシヒロの包丁にお金を使うことを好むのです。

野菜のみじん切りやさいの目に切ったり、肉や魚をスライスしたり、精密にカットしたりする際にもたらす比類のない汎用性 (飾り物の飾りのように)

また、ヨシヒロ牛刀ナイフは、伝統的な日本の和ハンドルを特徴とし、ナイフの二重面取りエッジと組み合わせることで、両手利きになります。

そのため、右利きでも左利きでも問題なくナイフを使用できます。

ナイフを購入すると、安全に保管し、刃を傷つけることなく移動できるように、漆塗りの木製の鞘も付いてきます。

これを ここでレビューしたような高品質の日本のロール、問題なく道路にナイフを持っていくことができます。

包丁に使われている鋼種も純白です。つまり、この本焼には、以前の製品と同様にすべての保護が必要です。

砥石以外は使わない、蓋をしておく、酸性食品を切った後はすぐに洗うなどの予防措置は、いくつかの重要な保護技術です.

全体として、世界で最高の購入後サービスのXNUMXつを備えた、価値のあるものに適したナイフです。

  • 二重斜角
  • シタンローズウッド八角和ハンドル
  • 8.25 "
  • HRC:62-63
  • ミラー仕上げ

こちらで最新の価格と在庫状況を確認してください

最高の本焼切刀

義弘 切付 水焼 白子 白鋼

製品イメージ
8.9
Bun score
鋭さ
4.3
快適さ
4.6
耐久性
4.4
ベスト
  • 精密カットに最適
  • 装飾彫刻に使用できます
  • 持ちやすい
足りない
  • ブレードは酸性食品に反応します
  • メンテナンスが必要

知っているかどうかはわかりませんが、切付は牛刀、柳、薄刃の最高の品質を組み合わせたもので、ほとんど何にでも使用できる市場で最高の日本製ナイフです。

切付包丁には片刃と両刃のバリエーションがありますが、ここにあるのは経験豊富なシェフと未経験のシェフにアピールする両刃のバージョンです。

最高の本焼キリツケナイフ-ミズヨシヒロヤキキリツケナイフテーブル

(他の画像を見る)

全体的なビルドと生産技術に関して、これは日本の優れた職人技の良い例です。 鏡面仕上げの刃で、非常にシャープなエッジ、そして純白のスチール構造。

また、非常に人間工学に基づいた両利きのデザインを備えた同じ八角形のエボニー ワ ハンドルが特徴です。 ダブルベベル.

ナイフの全長は 9 インチ (240 mm) で、特にワ ハンドルの経験がある場合は、取り扱いと制御に最適です。

水焼白子白鋼切付庖丁の刃は、美しい水焼水焼入れで仕上げられており、刃の表面に独特の美しい模様が生まれます。

一枚の鋼で刃を作る本焼製法により、強度と安定性に優れた包丁です。

また、包丁と菜切り包丁のハイブリッドである切付形状の刃は、さまざまなキッチン作業に使用できる多用途で多機能なツールを提供します。

細長い刃は、肉や野菜を正確かつ簡単にスライスするのに最適で、刃の先端は複雑なカットや細部の作業を可能にします。

一部のシェフは、このナイフを食品の彫刻にも使用しています。 むきもの.

ナイフは、さいの目に切る、切り刻む、スライスする、精密に切るなど、ほとんど何にでも使用できます。 その上、ナイフの世話と保護技術は他の本焼ナイフと同じです。

これは、酸性の食品を切った後はすぐに洗い、砥石以外の他の研ぎ道具は使用せず、使用しないときはサヤで覆って乾燥させておくことを意味します。

とはいえ、シェフのキッチンですでにステータスシンボルとなっているナイフのプレミアムバージョンです。

  • 二重斜角
  • 黒檀の八角形のWaハンドル
  • 水焼入れ鋼
  • HRC 65
  • ミラー仕上げ

こちらで最新の価格と在庫状況を確認してください

ここで柳刃本焼が研ぎ澄まされているのを見る 伝統的な砥石を使用:

最高のたこ引き本焼包丁

義弘 水焼本焼 鏡面仕上げ 満月の富士山 たこびき崎丸

製品イメージ
9.1
Bun score
鋭さ
4.8
快適さ
4.3
耐久性
4.5
ベスト
  • 富士山と波紋あり(まるでアート)
  • 刺身用の極薄刃
  • 黒檀の柄
足りない
  • 適切に使用するにはナイフのスキルが必要です
  • 非常に高価

また, たこ引きナイフ 主に魚の切り身やさばきに使われる伝統的な和包丁です。

肉を引き裂いたり傷つけたりすることなく魚を切り裂くように設計された、長くて細くて薄い刃を持っています。

このヨシヒロ本焼きたこびきナイフは、世界最高の刺身や寿司職人が魚やシーフードの最も薄いスライスをフィレに入れ、新鮮な状態で提供できるようにするために使用しています。

最高の本焼たこびきナイフ

(他の画像を見る)

適切な和包丁の技術がなければ、この精密な包丁を使いこなすことはほぼ不可能です。

片面刃なので少し使いにくいですが、切れ味抜群の刃なので、バターのように果肉を切り裂いていきます。

このナイフを特別でユニークなものにしているのは、ハモンです。 包丁刃紋は、和包丁の刃に現れる特徴的な模様です。

日本刀の製造で使用される異なる硬化および焼き戻しプロセスによって作成されます。

この本焼きは、富士山と満月をデザインした特別なデザインで、刃に特徴があります。 このプレミアムナイフを自慢するのに最適な方法です。

包丁の柄は朴の木ではなく、黒檀で作られています。 黒檀のハンドルの利点は、ナイフのハンドルとして耐久性のある素材であることです。

繰り返しの使用、湿気への暴露、およびその他の過酷な条件に耐えることができます。

このたこびきのもう一つの利点は、このたこびきは、背面が平らな縁 (浦押し) で、前面が凹型の研磨 (しのぎ) になっていることです。

浦すきとしのぎが相まって、食材の表面や細胞を傷つけず、食感や風味を損なわずに刃で切ることができます。

浦押しは、浦すきを取り囲み、それ以外の場合は弱いエッジでブレードの強度を強化する、細くて平らなリムです。

そのため、果肉が傷むことがなく、高級レストランでの提供に最適です。

全体的に、この専門のナイフは本格的なシェフ向けに設計されており、その値札はそれを反映しています.

しかし、寿司や刺身を本物の芸術のように見せることができるのは、鋭く正確な包丁です。

  • シングルベベル
  • 黒檀の八角形のWaハンドル
  • 一枚の鋼から鍛造
  • 13 "
  • ミラー仕上げ
  • 満月のハモンと富士山

ここで最新の価格を確認してください

要約

最高のものを探していてポケットがあるなら、本焼包丁が最適です。

これらのナイフは非常に正確で注意深く作られ、世界で最も優れた素材のいくつかを使用しています。

比類のないパフォーマンスと耐久性を提供し、あらゆるキッチンに最適な多くの機能を備えています。

あなたがプロのシェフであろうと、始めたばかりであろうと、これらのナイフはあなたの料理体験をより簡単でより楽しいものにするでしょう。

言い換えれば、本焼包丁に付属するすべての余分な手入れが必要な場合は、これまでにない切断体験の準備ができているということです!

次に、調べます なぜ本物のみりんはここでとても高価になることができます

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。