レビューされた最高の研ぎ治具 | 和包丁を研ぎ澄ます

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

和包丁のコレクション 鈍い刃は、研がなくてもXNUMX日を過ごすことはできないため、頻繁に研ぐ必要があります。

研ぎ治具を使用すると、正確な角度で刃を研ぐことができ、 このRUIXIN PRO RX-009シャープナーシステム ブレードの角度を簡単に制御できる快適で人間工学に基づいたグリップを備えた最高の製品の XNUMX つです。 さらに、安全性を高めるために滑り止めのゴム製ベースが付いています。

このガイドでは、最高のものを比較します ナイフ-Ruixin、TSPROF、Sytools などの研ぎ治具システムと、購入時に何を探すべきかについて話します。

和包丁を研ぐためにレビューされた最高の研ぎ治具

デザイン、使いやすさ、性能、価格に見合った価値の観点から、各治具を評価します。

ベスト総合研ぎ治具

最高の安い研ぎ治具

瑞心PRO RX-008 包丁研ぎシステム 砥石10個付

RUIXIN PRO 008 は、高価なジグの優れた代替品であり、安価な研ぎ器を探している場合の最善の策です。

製品イメージ

プロ向けの最高の研ぎ治具

TSPROFК03 エキスパート ナイフ研ぎシステム

TSPROF К03 エキスパートは、幅広い研ぎ角度とエッジ プロファイル オプションを備えたプロフェッショナル向けの優れた研ぎジグです。

製品イメージ

長刃包丁に最適な研ぎ治具

シツールズK6 固定角ナイフ研ぎ器

Sytools K6 システムは、長い刃を研ぐときに一貫した角度の結果が得られるため、優れた選択肢です。

製品イメージ

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

購入ガイド

家庭料理人からよく聞かれるのが、和包丁を研ぐための治具を選ぶとき、何か特別な考慮事項はありますか?

はい、あります。 研ぎ 石や角度は治具システムによって異なるため、和包丁を研ぐのに適したシステムを選択することが重要です。

和包丁(または実際にはどんな包丁でも)用の研ぎ治具を購入する際に探すべき特定の機能があります。

材料

ほとんどの治具は金属製です。 たとえば、プレミアム TSPROF 研ぎ治具は、高品質の航空機用アルミニウムで作られています。

このタイプの材料は長持ちし、研ぐためのしっかりしたベースを提供します。

より安価なRUIXINジグは、ステンレス鋼と多くのプラスチック部品でできています. これはアルミジグよりも品質が劣りますが、それでも非常に良い仕事をします。

プラスチック部品が多すぎる研磨システムは、頑丈ではなく、壊れる可能性が高くなります。

砥石

タイプ 砥石 研ぐ包丁の種類によって使い分けます。

粗い石はより多くの金属を取り除く必要がある鈍い刃に使用され、より細かい石は研磨されたエッジを研ぐために使用されます.

これらの研ぎシステムには、さまざまな砥石が付属しています。最大 10 個の異なる砥石を使用するものもありますが、砥石は通常、安価でかなり低品質です。

だからこそ、エッジプロのような、より良い石に合うジグを探すことが重要です。 互換性により、あらゆるタイプのナイフを研ぐのに十分な汎用性のジグが保証されます。

研ぎ角度と刃先形状

刃を研ぐ角度は、鋭く均一な刃先を確保するために重要です。

研ぎ治具は角度調節ができるので、毎回同じ角度で刃を研ぐことができます。

エッジ プロファイルは、もう XNUMX つの重要な要素です。 研ぎジグにはさまざまなエッジ プロファイルが付属しているため、ナイフに合わせてプロファイルをカスタマイズできます。

これは、通常、適切な性能を得るために特定のエッジ プロファイルを必要とする日本製ナイフにとって特に重要です。

ブレードサイズの収容

「ジグはテーパー タングに対応できるか」を考慮する必要があります。

スパインの XNUMX つの幅をロックダウンしてから、同じブレードの別のセクションがより狭く、XNUMX ~ XNUMX インチ離れている場合、ロックダウンすることは可能ですか?

治具は、さまざまなサイズと形状のナイフの刃に対応できる必要があります。 日本のブレードは非常に長いものもありますので、すべてのサイズに対応できるジグを探してください。

フリップローテーションデザイン

フリップ回転設計とは、砥石の方向を変えることができる正確なスライダー ヒンジがあることを意味します。

最適なパフォーマンスを得るには特定の角度が必要なため、この機能は和包丁にとって不可欠です。

また、ナイフを取り出さずにクランプを回転させて刃先を切り替えることができます。

価格

最後に、研ぎ治具を購入する際に考慮すべき重要な要素は価格です。

研ぎ治具は、手頃な価格のものから非常に高価なものまでさまざまです。予算を決めて、価格帯内で最適な治具を探してください。

プロのシェフが使用するジグは通常 500 ドル以上しますが、一生ものです。

ただし、家庭料理人は、RUIXIN または同様のブランドの 50 ~ 70 ドルのシステムで、さまざまなナイフを研ぐことができます。

和包丁の切れ味を長持ちさせます 正しい方法で保管する (スタンドと保管ソリューション)

レビューされた最高の研ぎ治具

ここでは、市場でトップの研ぎ治具のレビューです。

ベスト全体

瑞心 PRO RX-009 包丁研ぎシステム

製品イメージ
8.3
Bun score
完成に向けてあなたの背中を押してくれる、執筆のための持続可能で本物のモーメンタムを作り出す。
3.7
使いやすさ
4
多才
4.8
ベスト
  • フリップローテーションデザイン
  • 幅広のブレードに対応
  • 頑丈なメタルベアリング
足りない
  • 角度表記なし
  • 質の悪い砥石

Ruixin Pro RX-009 は RX-008 システムのアップグレード バージョンであり、特に品質に関していくつかの改良が加えられています。 

この研ぎ器は、金属ベアリングとゴム引き G クランプを備えているため、薄っぺらで壊れやすいものではなくなりました。

また、ロッドは材質の良いステンレスを使用しており、ネジの抜き差しで研ぎ角度の調整も簡単に行えます。

このシステムには、フリップ回転設計と調整可能な角度も装備されています。

また、荒・中・細の6段砥石が付属しているので、自分好みの切れ味にカスタマイズできます。

砥石は120番から10000番までのXNUMXつの砥石を使用。和包丁にも洋包丁にも対応。

このタイプのグリットレンジを使用すると、欠けたエッジを修正し、鈍い刃を研ぐことができます.

システムのフリップ フィクスチャ メカニズムを使用すると、まったく同じ角度を維持しながら、ナイフの反対側を研ぐことができます。

垂直ロッドのネジを緩めるだけで、お好みの角度にすばやく変更できます。 これにより、ナイフの刃を素早く安全に研ぐことができます。

使いやすさが気に入っています。初心者でも数分で始められます。

Ruixin 008 と比較して、いくつかの重要なアップグレードがあります。

  • 360° フリップ回転の固定角度設計には、008 バージョンほど薄くない、より正確なスライダー ヒンジが付属しています。
  • G-Clamp はより安全で、固定と保持が容易です。
  • この研ぎ器には、幅の広い刃に対応できる調節可能なナイフ クリップが付属しています。 また、ブレードを傷から保護するためのゴム製プラスチックスリーブも付いています。
  • 008系はプラスチック部品が多かったのに対し、今回のアップグレードモデルはオールメタルベアリングで強度アップ。

安価な RX-008 に関する主な不満の XNUMX つは、研いでいるときにロッド ホルダーが上下に動き、速度が低下することです。

Ruixinはこの問題を修正したようで、必要な研ぎ角度を調整するには、垂直ロッドのロッドをねじったり緩めたりするだけです.

この研ぎジグに関する私の懸念は、ロッドに角度のマーキングがないため、使用する必要があることです。 角度ファインダー.

オンラインで購入して、刃を研ぐときに最適な角度を見つけるために使用できます。

考慮すべきもうXNUMXつのポイントは、この研ぎ器は、より小さな角度を必要とする骨抜き包丁やペティナイフを研ぐには大きすぎることです.

しかし全体として、RUIXIN 009は正しい角度を設定できるため、和包丁を研ぐのに最適な選択であり、スムーズなプッシュとプルストロークを簡単に作成できます.

  • 材質:ステンレス鋼
  • 360度フリップデザイン
  • 製品寸法: 長さ20インチ x 幅10インチ x 高さ10インチ。
  • 調節可能なナイフクリップデザイン

ここで最新の価格を確認してください

最高の安い

瑞心 PRO RX-008 包丁研ぎシステム

製品イメージ
8
Bun score
完成に向けてあなたの背中を押してくれる、執筆のための持続可能で本物のモーメンタムを作り出す。
3.5
使いやすさ
4
多才
4.5
ベスト
  • ソリッドベース
  • ほとんどのナイフに適合
  • Edgeproストーンと互換性があります
  • 設定が簡単
足りない
  • 安価なプラスチック部品を持っています
  • 砥石の質が悪い
  • 部品が不足している可能性があります

さまざまな砥石を備えた手頃な価格の研ぎ治具をお探しなら、RUIXIN 008 が最適です。

ベースユニットは頑丈で、頑丈で、優れた品質を感じます。システム全体のセットアップは簡単で、数分しかかかりません。

RUIXIN 009と比べると砥石受けがしっかりしていて、砥石を固定するので刃を研いでいる時に砥石が動かない。 

クランプは適切にボルトで固定されている限り効果的ですが、他のRUIXINモデルほど簡単に固定することはできません. XNUMX/XNUMX インチの背骨にフィットするように大きく開くので、多目的に使用できます。

スパンに関して言えば、14インチまで、あるいはそれ以上の刃を研ぐことができるので、長い刃を持っていても非常に便利な研ぎ器です.

角度を見つけるには、ブレードまたはクランプの角度計をゼロにしてから、研ぎアームの角度を測定するだけです。 

一部の部品は金属製ですが、一部はプラスチック製で、プラスチックと金属が接触する場所では、特にプラスチック製のハンドルが時間の経過とともに緩む可能性があり、安価で壊れやすい可能性があります.

幸いなことに、交換部品は安価で簡単に見つけることができます。

欠点は、砥石の質がかなり悪いことです。 たとえば、3000 グリットのものは、主張して​​いるほど気分が良くありません。

また、使用すると大量のスラリーが生成されます。これは、一定の新鮮なグリットとより多くのグリットを提供し、研ぎプロセスをスピードアップする可能性があるため、良い場合があります.

しっかりとねじ込まないとロッドホルダーが上下に動くことがありますが、これはこの研ぎ治具の価格が安いことを反映していますが、簡単に作業でき、大きな違いはありません。

上下にXNUMXつのリミッターがあり、ロッドホルダーを固定します。

このジグはテーパー タングにも対応できるので便利です。

このクランプは、テーパータ​​ングに対応するのに十分な大きさであるため、他の多くのクランプよりも汎用性があります. 

また、このジグでは、付属の砥石の代わりにダイヤモンド砥石を使用できることも気に入っています。より鋭いエッジが得られるため、ダイヤモンド砥石を好む人もいます.

この研ぎ器を使用する利点は、製品に付属している安価な砥石よりも優れた Edge Pro 砥石に適合することです。 

ただし、私の最大の懸念は、ビルドの品質が低く、ネジが緩んでロッドホルダーが上下に動く可能性があるという事実です.

これは潜在的に少し危険な場合があるため、そのままにしておくことを確認し続けることをお勧めします.

全体として、RUIXIN PRO 008 は高価なジグの優れた代替品ですが、その品質で靴下を吹き飛ばすことはありません。

安価な研ぎ器を探しているなら、これが最善の策です。

  • 材料: プラスチックおよびステンレス鋼
  • 製品寸法: 長さ10.94インチ x 幅5.43インチ x 高さ3.74インチ。
  • ネジ付きGクランプ
  • フリップローテーションデザイン

ここで最新の価格を確認してください

RUIXIN PRO 009 vs RUIXIN PRO 008 砥石

RUIXIN PRO 009 と RUIXIN PRO 008 砥石には長所と短所があります。

PRO 009 はより優れた構造で、クランプ容量が大きく、セットアップが簡単です。 また、より良い石を使用しているため、完璧なエッジ プロファイルを得ることができます。

一方、PRO 008 は安価で、Edge Pro 砥石に対応できます。 また、スパンが大きいため、最大 14 インチの刃を研ぐことができます。

さまざまな砥石を備えた手頃な価格の砥石を探しているなら、RUIXIN PRO 008 砥石が最適です。 それはうまく構築されていないかもしれませんが、それは仕事を成し遂げます.

しかし、さまざまなナイフを研ぐことに真剣に取り組んでいる場合は、009 モデルに投資することをお勧めします。これは、金属製で、時間の経過とともに緩む可能性のある薄っぺらなプラスチック コンポーネントがすべて含まれていないためです。

専門家に最適

TSPROF К03 エキスパート ナイフ研ぎシステム

製品イメージ
9.2
Bun score
完成に向けてあなたの背中を押してくれる、執筆のための持続可能で本物のモーメンタムを作り出す。
4.5
使いやすさ
4.5
多才
4.8
ベスト
  • 加重ベース 調整可能
  • 棒と角
  • 回転機構
足りない
  • 石は含まれていません
  • ショートナイフ用のクリップは含まれていません

この研ぎ治具キットは、すべてのコンポーネントが安全に保管されている大きな木箱に入っています。 

一見難しそうに見えるTSProf研ぎシステムですが、パーツ数は多いもののプロでなくても簡単に組み立てられる研ぎ治具です。 

約10分で治具をセットし、箱から出して研ぎ始めることができます。

Ruixin Pro は約 5 分しかかかりませんが、品質と使いやすさを比較するのは困難です。

しかし、最初に使用した後は、簡単に習得できるため、おそらく数分で再度組み立てることができます。

本体をベースから取り外して、別のテーブルに固定できます。これにより、ベースが気に入らなかったり、ぴったりとフィットしない場合に非常に用途が広くなります。

短すぎるかもしれませんが、ポータブルなので別の面にユニットを取り付けることができます。 

そのように使用することを選択した場合、ベースは重みがあり安定しています。 多くの人は、クランプを使用してユニットをベースなしでテーブルに取り付けることも好みます。

この研ぎ治具の最大の特徴は、片面​​7°から35°までの幅広い研ぎ角度を備えていることです。

石研ぎ砥石が包丁ホルダーを挟み始める前に、約9度の角度で研ぐことができます。これは、十分なクリアランスがあることを意味します。

背骨のサイズは 0.275 インチで、最大 10 インチの長さの砥石を収納できます。

これにより、刃を研ぐときに幅広い研ぎ角度とエッジ プロファイルのオプションが得られます。

回転機構により刃の前後反転が簡単にできます。 高さは調整可能で、ツマミがXNUMXつあり、ねじって研ぐ角度を調整できます。

砥石を支える棒は両側に止めがあり、両側にバネを付けることもできます。

スプリングにより、金属が刃先にぶつかって損傷することはありません。このタイプの設計の詳細により、このシャープナーは安価な RUIXIN 製品とは一線を画しています。

組み立ても簡単で、専用のドライバーが付属しているにも関わらず、クランプも手でねじ込むだけ。

また、クランプのサイズ調整範囲が広いため、研ぐナイフがしっかりと固定されます。

不利な点は、この高価な研磨システムに研磨剤と砥石が含まれていないことです。

それは残念ですが、ジグ自体はさまざまな砥石、さらには Edge Pro と互換性があります。

ご自身で簡単に石を取り付けることができるので、石のサイズや形を間違えて購入してしまう心配もありません。

含まれていないもうXNUMXつのことは、短いナイフ用のクリップです. 短い刃を研ぎたい場合は、これらのクリップを個別に購入する必要があります。価格については、骨抜き、ペティ、ユーティリティ ナイフも研ぐ必要があるため、おそらくそこにあるはずです。

全体として、TSPROF К03 エキスパート研磨システムは、プロ向けの素晴らしい研磨ジグです。

研ぎ角度とエッジ プロファイル オプションの拡張範囲、回転機構、クランプ、およびスプリングのすべてが、この和包丁用の研ぎジグを最適な選択肢にしています。

  • 材質: 航空アルミニウム
  • 製品寸法: 長さ10.94インチ x 幅5.43インチ x 高さ3.74インチ。
  • 全粉砕クランプ
  • メタルハイトアジャスター
  • 回転機構

価格と在庫状況はこちらで確認してください

質の良い砥石をお探しの方は、 かみそりの鋭いナイフに最適な6つの日本の砥石の私のレビューをチェックしてください

長刃包丁に最適

シツールズ K6 固定角ナイフ研ぎ器

製品イメージ
7.8
Bun score
完成に向けてあなたの背中を押してくれる、執筆のための持続可能で本物のモーメンタムを作り出す。
3.3
使いやすさ
4
多才
4.5
ベスト
  • 短刃と長刃を研ぐ
  • 頑丈で耐久性のあるデザイン
  • 回転機構
足りない
  • 低品質のネジ
  • パーツが完全に一致しない

一部の人々は、RUIXIN や TSPROF などの他の研ぎシステムに不満を持っています。 クリーバー, 柳葉または 小さなペティナイフ.

Sytools K6 Sharpener はこの問題を解決し、これらのタイプのナイフに最適な固定角度研ぎシステムです。

長さ20インチまでのブレードに対応できるダブルヘッドクランプを備えています。

設定プロセスは、角度を調整して固定するときに非常に細心の注意を払う必要があるため、他の研ぎ治具よりも困難で時間がかかります.

わずか +/- 0.5° の偏差で、この包丁研ぎ器のフリップ固定構造により、刃を裏返して反対側を研ぐことができます。

垂直ロッドのネジを緩めて、必要な角度を変更します。

システムはRUIXIN PRO 008および009に似ており、これらの研ぎ治具は同様の価格帯にあります.

また、調整可能な高さと金属の高さのアジャスターを備えているため、必要な正確な研ぎ角度とエッジプロファイルを決定できます.

この Sytools 研ぎジグは、優れた刃先プロファイルを保証する一貫した角度結果を提供します。

シャープにする必要がある人に最適です。 クリーバー、柳刃、その他の刃の長い和包丁。

この製品の主な欠点は、薄っぺらな部分がたくさんあることです。 ネジとクランプは、長期間使用できない可能性のある低品質の金属でできています。

一部の人々は、部品が完全に適合しないと不平を言っているので、いじくり回す必要があります.

クランプが十分に開かないため、ブレードがわずかにガタつく可能性があります。

低品質の部品にもかかわらず、このシステムは依然として優れています。一貫した角度の結果と長い刃の研ぎを得ることができるからです.

また、非常に用途が広く、和包丁を含むあらゆる種類の包丁を研ぐことができます。

全体として、Sytools K6 Sharpener は仕事を成し遂げるまともな研ぎシステムです。

  • 材質:アルミ合金
  • 製品寸法: 長さ20インチ x 幅9インチ x 高さ8インチ。
  • 両頭クランプ
  • メタルハイトアジャスター
  • 回転フリップデザイン

価格と在庫状況はこちらで確認してください

TSPROF K03 対 Sytools K6 シャープナー

TSPROF K03 研ぎシステムと Sytools K6 研ぎ器は、最も人気のあるナイフ研ぎシステムの XNUMX つですが、XNUMX つはプロ向けで、もう XNUMX つは基本的な安価なシステムです。

TSPROF は、ナイフに正確で鋭いエッジを必要とするプロ向けに構築および設計されています。

10°から30°までの正確な角度でナイフを研ぐことができる調整可能なシステムを備えています。

対照的に、Sytools K6 システムは安価ですが、かなりよくできています。 ただし、組み立てが難しく、TSPROF の頑丈なコンポーネントやパーツが不足しています。

ユーザー エクスペリエンスに関して言えば、比較の余地はありません。TSPROF ははるかに使いやすく、優れたユーザー エクスペリエンスを提供します。

また、一貫した角度の結果が得られ、頑丈なパーツにより、長期的に耐久性が向上します。

包丁研ぎ治具は、刃の切れ味を最高の状態に保つために欠かせないツールです。

よくある質問

ジグの研ぎに関してよくある質問を見てみましょう。

日本の研ぎ治具とは?

さまざまな治具が市場に出回っていますが、最高のものは日本の包丁研ぎ治具です。

研ぎ治具は、日本の伝統的な木工や包丁製作に使用される装置です。

これは、通常、金属または木材で作られたベース プレートで構成され、その上にナイフの刃が取り付けられます。 

ベースプレートには、通常はスチール製の調整可能なアームがあり、研ぐときに刃の角度を調整するために使用されます。

アームはベースプレートに対して調整できるため、さまざまな角度で刃を研ぐことができます。

これらの治具は、骨助、薄刃、柳刃など、あらゆる種類の和包丁に鋭い刃を付けるように設計されています。

ジグという用語は、プロの固定角度のナイフ研ぎ器を指し、研ぐときに角度を一定に保つために使用されます。

和包丁は、研ぐときに正しい角度を維持するために、専用の研ぎ治具が必要です。

これらの治具は、研ぐ特定のナイフに合うようにさまざまなサイズとデザインで提供され、鋭く長持ちする刃先を確保するのに役立ちます。

和包丁研ぎ治具を使うメリットとは?

日本の研ぎ治具は、頻繁に刃を研ぐ必要がある人にとって素晴らしいツールです.

素早く簡単にセットアップでき、さまざまな角度で刃を研ぐように調整できます。 

日本のジグの利点は、元の状態を維持できることです。 斜角 研ぎ工程中。

さまざまな刃のスタイルに合わせてさまざまなジグが用意されているため、ナイフと互換性のあるものを選択することが重要です。

ジグを使用すると、ブレードで鋭く一貫したエッジを得ることができます。

包丁の研ぎに最適なほか、鑿や鉋などの木工道具の研ぎにも役立ちます。 

砥石やその他の伝統的な研ぎ方よりも正確で効率的なため、ノミを研ぐために使用されます。

また、ジグは他の研ぎツールと比較して比較的安価であるため、予算が限られている人には最適なオプションです. 

また、比較的コンパクトなので、外出先で刃を研ぐ必要がある場合に、保管や持ち運びが簡単です。

全体として、日本の研ぎ治具は、定期的に刃を研ぐ必要がある人にとって素晴らしいツールです.

すばやく簡単に使用でき、さまざまな角度で刃を研ぐように調整できます。 

また、比較的手頃な価格でコンパクトなため、信頼性の高い研ぎツールを探している人に最適です.

研ぎ治具の使い方

治具を使って和包丁を研ぐときのコツはあるの?

和包丁研ぎ治具は、包丁、ポケットナイフ、刀剣など、さまざまな包丁を研ぐことができます。

一部の和包丁研ぎ治具は調整可能で、刃の角度をカスタマイズしてより正確に研ぐことができます。

これらのタイプの研ぎ治具の最も難しい課題は、常に角度のマーキングが付いているとは限らないことです。

別の角度計を購入しないと、これを把握するのは難しい場合があります。

あるいは、メーカーはクランプがテーブルから15度に設定されていると言っているので、キャリブレーションなしで研ぎアームの角度を測定し、それを数値15に追加して、適切な研ぎ角度を計算することができます. 

治具は、ベースとクランプの XNUMX つの部分で構成され、通常はアルミニウムまたは木製です。

治具をバイスに差し込み、クランプで刃を固定します。

水石や砥石と組み合わせて刃を研ぎます。

作業を簡単にするために、まず治具を平らな面に固定して、研いでいる間治具を安定させます。

刃を手前に向けてナイフをクランプに置き、ネジで固定します。 刃がしっかりと固定されていることを確認してください。

研ぎ始める前に、砥石を約5分間水に浸す必要があります。

濡れたら、お好みの砥粒の砥石を治具に乗せて研ぎ始めます。

ジグを使ってナイフを研ぐのは簡単です。片手でジグのハンドルを持ち、刃に対して前後に動かします。

和包丁を研ぐのに最適な治具は?

ナイフを研ぐには、頑丈な金属ベースとフリップ クランプを備えた研ぎジグが最適です。

プロの和包丁研ぎに最適な治具とは?

余裕があれば、プロの研ぎ治具が最適です。

TSPROF K03 のようなものは、航空機のアルミニウムと金属で作られているため、錆びず、ブレードの摩耗を最小限に抑えるように設計されています。

ジグはアジャスタブルアームで刃の研ぎ角度を簡単に調整できるので、刃に合わせた角度で研ぐことができます。

和包丁のスタイルが異なれば研ぐ角度も異なるため、これは重要です。

和包丁研ぎ治具の使用頻度は?

和包丁は、切れ味を良好な状態に保つために、少なくとも年に XNUMX 回研ぐ必要があります。

研ぎすぎると刃が傷むことがありますので、ジグの扱いには注意が必要です。

頻繁に研ぎすぎると、刃先が丸くなり、刃が損傷する可能性があるため、ジグを正しく使用し、必要な頻度でのみ研ぐことが重要です。

治具と砥石を組み合わせて使用​​することで、正しい研ぎ角度と刃先形状を維持することで、和包丁は切れ味の良い状態を長く保つことができます。

和包丁を研ぐ治具にはどんな砥石を使えばいいですか?

和包丁の研ぎに使われる砥石は、砥石とダイヤ砥石が最も一般的です。

砥石には非常に粗いものから非常に細かいものまでさまざまな砥粒があり、さまざまな角度で刃を研ぐことができます。

1000グリット以下は粗い砥石で、チップやクニックのあるブレードに適用され、一般的な研ぎには理想的ではありません. 損傷したブレードに使用するのが最適です。

1000 ~ 3000 グリットは中程度のグリットで、日常的または多目的のナイフ研ぎに使用されます。

3000以上は非常に細かい仕上げ用の石で、一般的にナイフの刃先を磨いたり仕上げたりするために使用されます.

ダイヤモンド砥石は砥石よりも研磨性が高く、素早く刃を研ぐことができます。 また、エッジプロファイルが非常に厚いブレードを研ぐのにも最適です。

和包丁を治具で研ぐのにかかる時間は?

ナイフの刃は、バリが出るまで研ぐ必要があります。 砥石は一刃20回程度前後に動かしてください。

これには、ブレードのサイズとタイプに応じて、5 ~ 10 分かかります。

治具を使って和包丁を研ぐことは、包丁の切れ味を良く保つ効果的な方法です。

ジグで研ぐのは比較的簡単で、数分しかかかりません。

ジグを使用する際に一貫した研ぎ結果を保証するにはどうすればよいですか?

ジグを常に同じ角度で使用することで、一貫した研ぎ結果を得ることができます。

同じ角度で研ぐことで、各ナイフが同じ刃先プロファイルを持つことが保証されます。これは、一貫した切断性能にとって重要です。

研ぎ石が異なれば結果も異なるため、同じ種類とサイズの石を使用することも重要です。

最後に、研ぐときは絶対に圧力をかけないでください。ジグがすべての作業を行う必要があります。

これらの手順に従うことで、一貫した信頼性の高いシャープニング結果を毎回確保できます。

和包丁を治具で研ぐときの安全対策は?

ナイフを研ぐことは危険を伴う場合があるため、必要なすべての安全対策を講じることが重要です。

手を保護するために、常に保護手袋を着用してください。

考慮すべき重要なことは、研ぐときにジグが動かないように、ジグのネジを締める必要があるということです。

刃は常に体から離し、しっかりと握って研いでください。

常に治具を平らな面に置き、湿った布を使用して研ぎの破片を集めます。

最後に、研ぐときは治具から離れないでください。 用心深く、周囲に気を配ることが重要です。

取り除く

治具を使って和包丁を研ぐことは、刃の切れ味を良く保つ効果的な方法です。

一貫した結果を得るには、同じ種類とサイズの石を同じ角度で研ぐことが重要です。

治具で研ぐときは、必要なすべての安全対策を講じることも重要です。

平均的な家庭のシェフとナイフのユーザーにとって最良の選択は RUIXIN PRO 009 システムです。これにより、ユーザーは一貫した結果で正しい角度でナイフをすばやく簡単に研ぐことができるためです。

適切なお手入れをすれば、和包丁は切れ味と良好な状態を何年も保つことができます。

ジグで研ぐのは比較的簡単で、数分しかかかりません。

次を読む: 職人の包丁作り| なぜ彼らはとても特別で高価なのですか

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。