やさしい日本語:期間限定無料: クックブックを入手

誘導オーブンとキッチンレンジを購入するための完全なガイド

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 詳細はこちら

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

誘導オーブンは、誘導コンロと同じように人気が高まっています。

現在、市場では、多くのブランドが自社バージョンの誘導キッチンレンジを提供していることがわかります。

最良の選択のXNUMXつは FrigidaireFGIH3047VF自立型レンジ 広々としたオーブンと多くの革新的な温度制御を備えています。 非常に手頃な価格であるだけでなく、このブランドは誘導市場でトップクラスのブランドのXNUMXつであり、インストールと使用が非常に簡単です。

電磁調理器を試したことがない場合は、電気ストーブやガスストーブでの調理時間が長くなり、時間を無駄にしてしまいます。

この記事では、あなたがあなたの家のために最良の決定をすることができるように、あなたが購入する器具とあなたの誘導オーブンで何を探すべきかを見ていきます。

最高の誘導オーブン範囲へのガイド

最初にすべてのオプションを簡単に見てみましょう。

 

誘導オーブンキッチンレンジ 画像
最高の全体的な自立型&最高の予算の誘導オーブンフリジデア FGIH3047VF  フリッジデール誘導オーブン

(他の画像を見る)

最高のプレミアム電磁調理器: VeronaDesignerシリーズVDFSIE365SS36インチ プレミアムヴェローナ電磁調理器

(他の画像を見る)

セルフクリーンで最高の電磁調理器エアフライ付きFrigidaire30インチ電磁調理器 エアフライ付きFrigidaire電磁調理器

(他の画像を見る)

最高のレンジと電子レンジセット: Frigidaire2ピースステンレススチールキッチンパッケージ Frigidaireオーブンと電子レンジセット

(他の画像を見る)

最適なスライドイン電磁調理器: LG LSE4617ST 電磁調理器のLGスライド

(他の画像を見る)

しかし、どれを購入するかを決める前に、この現代の調理技術についてもっと知りましょう。

誰でも作れる簡単レシピ17選

日本料理を始めるために必要なすべてのヒント、 期間限定、無料 私たちの最初のメールとして: The Complete Japanese With Ease Cookbook.

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

キッチンレンジとは何ですか?

キッチンレンジとは、オーブンとストーブの両方を統合したキッチン家電のユニットを指します。

ユニットの下部はオーブンです。 ストーブは上部にあり、ユニットの表面をカバーしています。 組み合わせたデバイスは、機能を低下させることなくスペースを節約できるため、現代のキッチンでの使用に人気があります。

美的には、キッチンレンジもあなたの調理スペースにとってより魅力的で派手に見えます。

「レンジ」という用語自体は、オーブンとストーブの統合されたユニットのようなものがなかった1950年代の初めに始まりました。

当時、人々は通常、XNUMXつまたはXNUMXつのオーブンと複数のストーブを持っていました。 これらのXNUMXつの器具は料理活動に不可欠であるため、人々はそれらを同じ場所に、ほとんど並べて配置します。

自立型オーブンレンジとキッチンキャビネットの間にあるスライドイン電磁調理器があります。

時には、スペースを節約するためにオーブンの上にストーブを積み上げました。 ペアリングにより、調理の領域(または範囲)が作成されます。

技術が進歩するにつれて、メーカーはXNUMXつの統合されたユニットでオーブンとストーブの生産を開始しました。

時々人々が互いに一致するオーブンとストーブを見つけるのに苦労するので、革新は組み合わせをより美的に心地よく見せます。

ユニットはオーブンとストーブを手動で組み合わせるよりも強力で安定した構造であるため、人々はこのコンセプトを気に入っています。

電磁調理器の時代のずっと前に、ガスと電気の両方のキッチンレンジの選択肢がたくさんありました。

これらの価格をここのクックトップと比較することができます 最高価格の誘導クックトップのリスト 以前に書きました。

誘導技術

従来の調理では、ガスや電気を使って熱を発生させ、調理器具とその中の食品を加熱します。

一方、誘導技術は炎をまったく特徴としません。 従来のオーブンとは異なり、誘導オーブンは電源を入れても熱くなりません。

同じことがストーブにも当てはまります。

誘導技術は電磁気学を利用して機能します。 鋳鉄などの磁性材料で作られた特別な調理器具が必要です。

通常の鍋や中華鍋を使用すると、熱が発生しないため、何も調理できなくなります。

誘導オーブンの中には、銅線コイルのセットがあります。 オーブンの電源を入れると、コイルが電磁放射を生成し、それが調理器具に誘導されます。

この誘導プロセスにより、調理器具はそれ自体を加熱し、その結果、その中の食品を加熱することができます。

誘導クックトップを使用すると、長い調理プロセスを削減できます。

電磁調理器を使用する利点

非炎調理器具のアイデアは面白そうに聞こえるかもしれません。 しかし、それでも疑問に思うかもしれませんが、使用する価値はありますか?

ユニットを購入するためにいくらかのお金を費やしてから、誘導対応の調理器具にもう少し費やす必要があります。 あなたがそれから利益を得る場合にのみ意味があります。

ストーブと組み合わせて使用​​するのに適した調理器具は何か疑問に思っている場合は、 これが誘導調理器具に関するガイドです.

電磁調理器で調理することで得られる利点は次のとおりです。

安全性

アプライアンスに炎や熱がないため、火災による損傷のリスクを効果的に減らすことができます。 子供たちに料理の仕方を教えたいのなら、このようなオーブンとクックトップの方が安全でしょう。

また、安全機能のXNUMXつは、使用しているバーナー/発熱体のみが高温になり、残りは低温のままになることです。 たとえば、使用していない要素に誤って触れても、火傷することはありません。

ただし、範囲をオフにすると、すぐに冷却されます。 ですから、鍋の下の部分だけを加熱し、鍋を外すと冷たくなります。 この機能は応答性の高い温度制御であり、ほとんどの誘導オーブンにはそれがあります。

ガスレンジではこれが得られません。 一度オフにすると、数分間はまだ熱くなります。

衛生

精巧な要素を持つガスレンジとは異なり、誘導キッチンレンジは平らな表面を持っています。 クリーニングははるかに簡単で迅速に終了します。 言うまでもなく、最高の誘導オーブンのいくつかはセルフクリーニングモードを備えています。

正確な制御

インダクションクッキングでは、各セッションの正確な温度と期間を設定できます。 一部のユニットには、物事をさらに簡単にするための特定の調理モードがあります。 このようにして、温度を台無しにすることを避けることができます。

講義形式

インダクションキッチンレンジは、よりシックでモダンに見えます。 なめらかな表面はあなたの台所できれいできちんとした外観を作成します。 さらに、電磁調理器のほとんどのユニットは、ユニークでスタイリッシュなデザインになっています。

誘導キッチンレンジの種類

設計に基づいて、XNUMX種類の電磁調理器があります。

機能的には、まったく同じように機能します。 キッチンの設定やインテリアデザインに合ったものを選ぶだけです。

スライドイン範囲:未完成の側面

スライドイン範囲は、キッチンカウンターの間に挿入できる範囲であり、カウンターに組み込まれている機能のように見えます。 このタイプの範囲は、すっきりとした効率的な外観を提供します。

あなたがクリーンフリークなら、このタイプの範囲はあなたが安心するのを助けることができます。 レンジとカウンターの間に隙間ができないので、食べ物が落ちる心配がありません。

スライドインレンジを購入するときは、必ずカウンターの真ん中に置いてください。 ユニットには未完成の側面があります。 それを最後に置くか、それを独立させると、魅力がないように見えます。

自立型範囲:完成した側面

自立型のレンジは、落ち着くのにカウンターを必要としません。キッチンのどこにでも置くことができ、ユニットはそれでも見栄えがします。 両面がきれいに磨かれ、スタンドアローンユニットのように滑らかに見えます。

調理のしぶきから壁を保護するために、自立型レンジにはバックガードが付いています。 インダクションオーブンとクックトップの両方のコントロールパネルもバックガードにあります。

バイヤーズガイド:電磁調理器の選び方は?

電磁調理器とコンロは良いアイデアのように聞こえるので、キッチンの電磁調理器を入手することをお勧めします。

あなたのお金が十分に使われていることを確認するために、ユニットを選ぶときに考慮する必要があるいくつかの事柄があります:

デザイン

上記のように、キッチンの設定に合わせてXNUMX種類の電磁調理器があります。

タイプと全体的な外観に加えて、測定値が適合することを確認する必要もあります。 範囲がかさばったり、小さすぎたりしないようにします。

最高の電磁調理器のほとんどすべてに、非常に便利な加温引き出しが付いています。 料理のXNUMXつが調理または焼かれたら、それを温かい引き出しに入れ、残りの料理を作る間、それは暖かいままです。

これは、バッチベーキングや調理にも便利です。

クックトップ

ほとんどの山脈には、クックトップにXNUMXつまたはXNUMXつのバーナーがあります。 それらが同じサイズである場合もあれば、異なる場合もあります。

コントロールパネルを参照して、期待どおりに設定を調整できることを確認してください。

バーナーブリッジを備えたSamsungのように、クックトップに独自の機能を備えたバージョンもいくつかあります。 これは、考慮すべき追加の要因になる可能性があります。

使いやすさ

簡単な家庭料理にレンジを使用する場合は、高級な商用レンジを購入する必要はありません。 設定は混乱し、複雑すぎます。

モダンなキッチンレンジは、音声制御、WiFiベースの制御、セルフクリーニングなど、より便利な操作を提供するさまざまな革新的な機能も提供します。

レビュー

いくつかのオンラインレビューをチェックすることは非常に重要です。 仕様リストに記載されていない内容を確認するのに役立ちます。

多くの実際のユーザーは、自分の経験や購入した製品についての気持ちを共有することを好みます。 このようなレビューは、どの製品を試す価値があるかを判断するのに役立ちます。

ブランド

ブランド自体は、誘導キッチンレンジを含む家電製品を購入するときに絶対にスキップしてはならない要素です。

ブランドの評判は、製品の品質を予測するのに役立ちます。 さらに、評判の良いブランドは通常、魅力的なサービスを提供しています。

誘導キッチンの範囲に評判の良いブランドを選択することがいかに重要かについて説明しました。

また、電磁調理器を購入するブランドを検討するときは、このタイプのアプライアンスで本当に評判の良いブランドを選択してください。

ブランドはXNUMXつのタイプのアプライアンスで注目に値する可能性がありますが、他のタイプのアプライアンスでは同じレベルの輝きを提供できないことに注意してください。

調査によると、Jenn-AirとKitchenAidのブランドは、それぞれ電磁調理器でXNUMX番目とXNUMX番目に信頼できるブランドです。

どちらも、製品とサービスの両方で最高の品質を備えたハイエンドブランドです。 それらの範囲のすべては、スタイリッシュで洗練されたデザインを持っています。

他の最高のブランドは、GE Profile、Cafe by GE、Miele、Bosch、Samsungです。

これらのブランドは、さまざまな価格と仕様でさまざまなバージョンの電磁調理器を備えたミドルからハイエンドのクラスをカバーしています。

より手頃なカテゴリーでは、他のブランドはフリッジデールほど満足のいく品質を提供できません。

バーナーのサイズとパワー

範囲には、少なくともXNUMXつのサイズの強力なバーナーが必要です。

大きなバーナーの電力は3000〜4000ワットです。 誘導バーナーは電気やガスよりも速く加熱されますが、3,500W以上でも許容されます。 

バーナーが強力な場合、それはより速い加熱と調理時間を意味し、これは特に水を沸騰させるときに役立ちます。 

オーブンの寸法とサイズ

どのくらいの頻度で食べ物を焼いたり焼いたりしますか? 一部の範囲では、XNUMXつのユニットに大きなオーブンまたは複数のオーブンがあります。

あなたがベーキング愛好家であるならば、あなたは正確な調理能力を備えた最高の誘導オーブンを探したいかもしれません。

5立方フィートのオーブンが平均的なサイズです。 それよりも大きいものでも問題なく機能し、さらに広い調理スペースが得られます。 

オーブンは、18 x13インチのハーフシートパンに適合できる必要があります。 その場合、オーブンはハーフシートパンに収まり、両側にスペースがほとんどありません。

探しているブランドに関係なく、オーブンの寸法を確認してください。 小さなオーブンがいくつあるかは驚くべきことです。 あなたが焼くのが好きなら、オーブンのサイズは一番の考慮事項です。 

特別なオーブン機能

対流加熱、セルフクリーニング、隠しベイク要素、スムーズグライドラックなどは、オーブンで最も人気のある機能の一部です。

プログラム可能なメモリオプションを除いて、これらのオプションはすべてFrigidaire Induction Range Ovensで利用できます。そのため、Frigidaireがトップの座を占めています。 

ステンレスは長年にわたって主流の仕上げでした。 ミニマリストなデザインで目立たないので、多くの人に喜ばれています。 

マットブラック(現在非常に人気があります)やブラックステンレスなど、アプライアンスには多くのオプションがあります。

人々はもはや一致する台所用品を探しません。 実際、これは時代遅れと見なされます。

利用できる仕上げの数が増えるのは好きですが、結局のところ、キッチンの外観を合理化する必要があるため、流行のものではなく、好きなものを選択することが重要です。キャビネットとそれらがどのように一致するかを考えてください。 

誘導オプション

電磁調理器は、ガスレンジや電気レンジにはない特別な機能を提供する場合もあります。

パワーブースター

この機能は、超高速加熱のためにバーナーに追加の電力を追加します。 この機能を使用すると、他のバーナーで利用できる電力が減少しますが、それでもわずか数秒でケトルを沸騰させることができます。

誘導調理台は、多くの場合、電力設定が高くなっているため、短時間(通常は10分)で実行できます。忙しい朝、お粥のために水を沸かしたり、子供と自分のために朝食を作ったりする必要がある場合は、このオプションが必要になることがあります。同時に。  

ブリッジ機能

これにより、XNUMXつのバーナーを一度に制御できます。XNUMXつは、グリドルのような大きな鍋または非常に長い鍋用です。 一部のストーブでは、バーナーが同時に加熱され、XNUMXつのユニットとして制御できます。 ブリッジ機能は、レンジよりもコンロで一般的です。

正直なところ、これは実際にはそれほど必要ではありませんが、プレミアム高価な範囲でより一般的です。

ローエンド制御

誘導はその電光石火の速さによって区別されると人々は考えていますが、そうではありません。

誘導は、長期間一定の温度を維持することができます。 これは、電気もガスもうまく征服できないという問題です。 バーナーがオンになっていないと、温度をオーバーシュートする傾向があります。

インダクションは、デリケートなソース、卵料理、煮るスープ、デザートなどを過熱したり、焦がしたり、焦がしたりすることを心配することなく、無期限に温度を保つことができます。

コントロール

コントロールは直接影響を与えるため、買い物をするときはおそらくコントロールが最も重要です 範囲を使用するのがどれほど簡単か難しいか。

ほとんどの範囲にはすべてデジタルコントロールがあるため、設定を変更するにはボタンを正しく押す方法を学ぶ必要があります。

キーパッドコントロールを備えた誘導クックトップには、最後の設定や中程度の設定をオンにするなどのショートカットがある場合があります。 バーナーを希望の温度に設定するには、On / OffキーとUp / Downキーの両方を使用する必要があります。

ただし、ほとんどの電磁調理器とコンロ、BoschやThermadorなどのプレミアムブランドでさえ、ガラスの下にコントロールがあります。 それはなめらかですが、これは欲求不満につながる可能性があります。 ガラスが濡れると、設定がランダムに変化し始める可能性があり、これは非常に面倒です。 

昔ながらのモデルが好きなら、パネルにコントロールが必要です。 これらの範囲には手動制御(クックトップのノブ)が必要ですが、見つけるのがますます困難になっています。

オーブンの設定は、クックトップよりも頻度が低く、すばやく変更する必要が少ないため、それほど問題にはなりません。 これが、一部のレンジにはオーブンを制御するためのキーパッドがありますが、クックトップを制御するための手動ダイヤルがある理由です。

メーカーがデジタル制御の問題に取り組んできた方法はたくさんあります。 たとえば、GEは、ダイヤルの回転を厳密に再現する「指スワイプ」コントロールを考案しましたが、この機能によりオーブンの価格が高くなります。 

オールデジタルパネルのコントロールパネルで問題が発生する可能性があります。 うまくいかない可能性のあるものは他にもたくさんあります. 電子制御盤はより手頃な価格で製造できますが、壊れやすい場合があります。

エレクトロニクスは、新しいアプライアンスのサービスコールの最大の理由です。 電子機器が保証の対象外の場合、修理に非常に費用がかかる可能性があります。 アプライアンス全体の交換と同じくらいの費用がかかる場合もあります。

デジタルコントロールは、モダンに見えるため、多くの人に好まれています。

ストーブが何であれ、すぐにストーブの制御に慣れるでしょう。 それはあなたの電磁調理器を好きか嫌いかの違いかもしれません。

レビューされた最高の誘導オーブン範囲

市場に出回っている非常に多くのブランドと種類の電磁調理器から、いくつかの特定のユニットは他のユニットよりも優れているようです。 あなたはこれらのものを見ることができます。 多分それはあなたが選ぶのを助けることができます:

最高の全体的で最高の予算の自立型誘導オーブンフリジデア FGIH3047VF 

  • サイズ:30インチ
  • 材質:ステンレス鋼
  • オーブン容量:5.4立方フィート
  • バーナー/要素:4

フリッジデール誘導オーブン

(他の画像を見る)

スピーディーな誘導コンロで正確な範囲が必要な場合は、Frigidaireが全体的に最適なモデルです。 最も予算にやさしいオプションであることに加えて、それは信頼できるブランドでもあります。 このモデルには、食品に応じて最適な温度で調理できる10のバーナー設定が付属しています。

ユニットはまた、洗練されたモダンな外観を持ち、自立型の電磁調理器であり、すべての部品がきれいに仕上げられているため、キッチンが精通してシックに見えます。

Frigidaireの自立型電磁調理器は、ステンレスまたはブラックステンレスで利用できます。 スライドインモデルのみ、ステンレスで注文できます。

最高の機能のXNUMXつは、ブロッコリー、ズッキーニ、ニンジンなどの野菜を数分で実際にローストできるため、ユーザーが愛するエアフライです。これは非常に高速です。

Frigidaire電磁調理器は、デジタルディスプレイの「P」で示されるパワーブースト機能を備えています。 XNUMX分後、Power Boostはデフォルト設定に戻ります(ディスプレイに「H」と表示されます)。

電子レンジよりも早く水を沸騰させる必要がある場合は、パワーブーストが重要です。 お茶、コーヒー、お粥を作り、すぐにお湯が必要な忙しい朝に最適な機能です。 

このモデルにはブリッジ機能は含まれていませんが、通常のバーナーでかなり大きな鍋を使用できます。調理速度はそれほど速くありません。

あなたが好きになるもう一つの特徴は、145Fと160Fの間の一定の暖かい温度で食物を維持する電磁調理器の低い設定(「L」)です。

残念ながら、これは焦げずにチョコレートを溶かすのに十分ではありません(105Fになります)が、食べ物を暖かく保つ、煮る、または提供する前にスープを暖かく保つなどの他の低温用途には最適です。 

このモデルにはすべてデジタルのコントロールがあるため、ボタンはありません。 それぞれに複数のキーを押す必要があります。 たとえば、バーナーを使用するには、最初にオン/オフボタンを押してから、上/下矢印キーを押して設定を変更する必要があります。

一部の人々にとって、これは彼らがデジタルボタンに慣れるまで少し面倒です。 誤ってキーをXNUMX回押すのは簡単です。 

Frigidaireの自立型モデルとスライドインモデルはどちらも、範囲の後ろにコントロールがあります。 ただし、両方のモデルのコントロールは同じです。 どちらのスタイルにも長所と短所があります。

特にコンロに鍋がある場合は、後ろのコントロールに手が届きにくくなります。 ただし、誤って変更することはないため、より安全です。

最後に、はるかに高価なGE電磁調理器と比較して、このFrigidaireは実際にはほとんど同じ機能を備えています。 また、セルフクリーニング機能、汎用性のための7つのラック位置、および大型オーブン(5.4立方フィート)を備えています。

価格と在庫状況はこちらで確認してください

最高のプレミアム電磁調理器: VeronaDesignerシリーズVDFSIE365SS36インチ電磁調理器

  • サイズ:36インチ
  • 材質:ステンレス鋼
  • オーブン容量:5.0立方フィート
  • バーナー/要素:5

プレミアムヴェローナ電磁調理器

(他の画像を見る)

大規模な修理に投資することなく1〜15年続く高品質の製品が必要な場合は、高価なイタリアの電磁調理器に投資することをお勧めします。

強力な対流式オーブンを備えた、本当に印象的な電磁調理器です。 多くの人々は、おいしい自家製の商品やペストリーを作るために使用できる真のヨーロッパの対流式オーブンを使用するのが大好きです。

Verona Designerの電磁調理器とオーブンは、薄っぺらなスチールビットや未完成のデザインの詳細がないため、予算のFrigidaireレンジよりもはるかに優れた高価な電磁調理器のXNUMXつです。 それはあなたが汚れた範囲で終わらないように非常に掃除しやすい美しいステンレス鋼仕上げの自立型モデルです。

しかし、ヴェローナの最大の利点は、はるかに耐久性のある簡単な温度制御のための古典的なコントロールボタンを備えていることです。 ボタンが誤ってランダムにオンになることはありません。これは、最新のコンロとオーブンでクラシックな機能を探している人にとって大きな利点です。

オーブンの容量は500立方フィートで、5つの強力な発熱体があるため、一度にたくさんの食品を調理できます。

大量の食事から平日の素早い食事まで、必要なものすべてをすばやく準備できます。 XNUMXつの密閉された誘導要素は、範囲の表面に便利に配置されているため、より大きな鍋やフライパンを使用することもできます。

電力に関しては、各要素がブースト対応になっているため、料理のニーズに合わせて電力出力を自動的に調整できます。 これらの興味深い機能により、カスタマイズ可能な料理体験が得られるため、この範囲は高価格に見合う価値があります。 

強力なバーナーセットと真の対流調理器のこの組み合わせは、一貫した品質の結果を提供します。

対流式オーブンは、食品を均一に加熱するデュアル内部ファンと円形の発熱体を備えているため、非常に優れています。

オーブンの幅は30インチで、最大内部容積は5立方フィートです。 あらゆるサイズのケーキやロースト肉を入れるのに十分な大きさですが、フリッジデールより少し小さいです。

この職人の範囲はエレガントで、ソフトクローズヒンジ、磁器オーブンの内部、滑らかな回転ノブ、黒いガラスセラミックトップのおかげで何年も続くでしょう。

こちらで最新の価格と在庫状況を確認してください

また、お読みください。 最高の銅のローストパン| レビューしたオーブンのトップ4ロースター

フリッジデールvsヴェローナ

明らかな違いは価格です–ヴェローナプレミアムの範囲は価格のXNUMX倍です。 ただし、これらの予算にやさしいモデルとプレミアムモデルの間にはいくつかの同等の機能があります。

ヴェローナオーブンは頑丈なステンレス鋼の脚を備えており、滑り止めのゴムパッドが付いているため、オーブンを所定の位置に保ち、下の掃除が簡単になります。

Frigidaireモデルに比べて小さな利点ですが、よりコンパクトで狭いスペースに収まるため、キッチンやキャビネットの間に十分なスペースがない場合は、より良いオプションです。

コントロールに関しては、これらXNUMXつは大きく異なります。 Frigidaireには、敏感で壊れやすいタッチコントロールのみがあります。 しかし、それは範囲をより現代的な外観にします。

ただし、Veronaにはクラシックなノブスタイルのコントロールがあり、温度を変更するには手動で上下に回す必要があります。

これは、損傷の可能性が少ないため、多くの人が高く評価している機能です。 それは、個人的な好みと、タッチコントロールとノブコントロールの操作がどれだけ上手かによって決まります。

ヴェローナには5つの発熱体を備えたより広々とした誘導調理台がありますが、フリッジデールには4つしかありませんが、オーブンは0.4立方フィート大きくなっています。

パスタやその他のおいしい食べ物を大量に調理したい場合は、要素の設計により特大の調理器具での調理が可能になるため、ヴェローナをお勧めします。

結論として、Frigidaireは平均的な家庭にとってアクセシブルなブランドですが、Veronaはプレミアムブランドと見なされているため、手頃な価格のものが必要な場合は必要ないかもしれません。

ただし、あなたがシェフであるか、料理が大好きな場合は、ヴェローナへの投資は非常に優れたパフォーマンスを発揮するため、それだけの価値があるかもしれません。

またチェックアウト 最もよく使われる火鉢シェフツールのまとめ

セルフクリーンで最高の電磁調理器エアフライ付きFrigidaire30インチ電磁調理器

  • サイズ:30インチ
  • 材質:ステンレス鋼
  • オーブン容量:5.4立方フィート
  • バーナー/要素:4

エアフライ付きFrigidaire電磁調理器

(他の画像を見る)

エアフライヤーは以前から存在していましたが、人々が家庭料理に多くの時間を費やしているため、健康志向の消費者はオーブンレンジでもこの機能を探しています。

したがって、Frigidaire GCRIシリーズは、この機能を備えた最新の誘導コンロおよびオーブンシリーズです。

この製品の素晴らしいところは、それが最高の全体的なモデルと同じ価格であるが、それはこのエアフライヤーと多くの人々にこれを選ぶようにするセルフクリーン機能を持っているということです。

良質のエアフライヤーを個別に購入すると100ドル以上かかる可能性があるため、エアフライヤーは優れた機能ですが、このオーブンを使用すると、すでに内蔵されています。

油を使わずに調理・焼き上げができるので、より健康的な食事を作りたいならエアフライヤーが最適です。

耐久性と造りにかかっていますが、他のFrigidaireユニットほど良くない理由。 ステンレス製ですが、仕上がりが滑らかでなく、薄っぺらな感じがします。

このユニットは、504立方フィートの大型オーブンとクックトップ上のXNUMXつのバーナーを備えています。 すべての基本的な機能は、多くの調理方法に十分対応できます。

しかし、オーブンはこのユニットの最良の部分です。 通常の対流システムで動作しますが、追加の発熱体があります。 これは熱風をより速く循環させるので、オーブンは他のオーブンよりも20〜25%速く食品を焼き、焦げ目をつけます。

発熱体が強力なのが好きです。 実際、このモデルは、通常の非誘導電気コンロよりも最大50%速く水を加熱および沸騰させることができます。

したがって、このモデルを使用すると、エネルギーを節約でき、調理にかかる時間が短縮されます。 結果は、子供やペットを含む家族全員にとってより安全であることを除いて、ガス調理面に似ています。

また、もうXNUMXつの優れた機能は、この調理器具に鍋の検出と自動サイズ設定が備わっていることです。 これは、要素が鍋または鍋のサイズを検出し、エネルギーを無駄にしないようにその領域のみを加熱することを意味します。

安く見えないのでデザインもかなりいいです。 ガラスのタッチコントロールとエレガントな背景デザインにより、料理の設定をより便利に調整できるだけでなく、範囲をモダンでよくできたものに見せることもできます。

ここで最新の価格を確認してください

最高のレンジと電子レンジセット:Frigidaire 2ピースステンレススチールキッチンパッケージ 

  • 範囲のサイズ:30インチ
  • 材質:ステンレス鋼
  • オーブン容量:5.3cu。 フィート
  • バーナー/要素:4

Frigidaireオーブンと電子レンジセット

(他の画像を見る)

キッチンをリフォームしたり、新しい場所に移動したりする場合は、Frigidaireの誘導コンロとオーブンのコンボを備えたお揃いの調理器具セットと、ステンレス製のおそろいの電子レンジをご利用ください。

これらのXNUMXつのアイテムを使用すると、考えられるほとんどすべてのものを調理して焼くことができます。

これは、必要なXNUMXつのアプライアンスを一度に入手するための予算にやさしい方法です。 オーブンとコンロは自立型で、完全に防汚ステンレス鋼で仕上げられています。 モダンでスタイリッシュに見えますが、LED照明とデジタルコントロールボタンもあります。

範囲外のマイクロ波は高品質で、1.6Cuです。 フォートキャパシティ。 それはあなたのクックトップを完全に照らすために内部とまた底のLED照明を持っています。

オーブンとレンジに関しては、機能は私が今レビューした他のすべてのフリッジデール製品と非常に似ています。

4つの発熱体は非常に強力で、均一な加熱を提供するため、ガスコンロのように調理しすぎたり調理不足になったりすることを心配する必要はありません。

コントロールは非常に簡単に操作できますが、強く押しすぎると、誤って設定を台無しにする可能性があります。

あなたを助けるために、このクックトップはまた、それが食べ物を暖かく保つことができて、繊細な材料を調理してソースを作るために非常に正確な低熱を提供できることを意味する真の温度溶融技術を持っています。

安全機能の観点から、この誘導コンロは調理器具の真下でのみ加熱されるため、他の要素に触れても涼しく保たれます。

このユニットは、さまざまな毎日の食事を快適に調理するのに十分です。 オーブンの下には、調理器具やベーキング器具を収納できる収納引き出しがあります。 範囲には、すべての汚れを取り除くのにちょうど十分な、20分間のクイックセルフクリーニング機能もあります。

全体として、これは非常に高品質のFrigidaire製品であり、必要なすべての最新機能を備えています。

ここで最新の価格を確認してください

ここにあるのです 電子レンジでラーメンを作る方法| ステップバイステップガイド+それをさらにおいしいものにする方法

FrigidaireエアフライvsFrigidaireコンボセット

これらXNUMXつの人気のあるFrigidaire誘導ユニットを比較するとき、最初に、パフォーマンス、バーナー、および機能の点で類似しているという事実について話したいと思います。

Frigidaireエアフライモデルを際立たせるXNUMXつの点は、このモダンで新しいエアフライオーブンの設定です。 対流式オーブンではないコンボセットの自立型モデルとは異なり、健康的で油分を含まない食品を調理して焼く場合は、エアフライモデルの方がはるかに実用的です。

しかし、あなたが本当に空気揚げ物の味に興味がないならば、あなたはこの機能を必要とせず、電子レンジコンボを選ぶかもしれません。

このセットは、アプライアンスの変更を計画していて、両方のアプライアンスが美しいステンレス鋼仕上げであるため、合理化された外観が必要な場合に非常に実用的です。

両方のユニットは同じサイズで、最初にレビューしたモデルのように前面ではなく、背面にデジタルコントロールボタンがあります。 これにより、敏感なボタンに誤って触れる可能性が低くなるため、実用的です。

エアフライモデルのコントロールは小さく、互いに接近しているため、FrigidaireFFMVシリーズの間隔を空けたデザインをお勧めします。

結論としては、どちらも良い選択肢ですが、セットが必要かどうか、実際にエアフライヤーを使用するかどうかによって異なります。

WIFIによる最高のスライドイン電磁調理器: LG LSE4617ST

  • 範囲のサイズ:30インチ
  • 材質:ステンレス鋼
  • オーブン容量:6.3cu。 フィート
  • バーナー/要素:4 +1温暖化ゾーン

電磁調理器のLGスライド

(他の画像を見る)

スライドイン誘導オーブンとレンジがなければ、レビューは完了しません。 ますます多くの消費者がキッチンキャビネットと統合できる範囲を探しているので、LGはLSE4617STモデルをリリースしました。

それは、WIFI接続のようなスマートな機能を備えたステンレス鋼のスライドインレンジとオーブンです。

このLGシリーズには、4つの発熱体と丸い加温ゾーンが付属しており、他のすべての調理が完了するまで、スープなどの食品を暖かく保つことができます。

この機能は、忙しい家庭や3コースの食事を調理する場合に非常に便利です。

一見したところ、このステンレス製の電化製品はよくできていて頑丈に見えます。 インダクションクックトップは耐久性があり、見た目も壊れにくいです。

このガラスは割れにくいので、レンジを使うときに気をつけすぎる心配はありません。

私も好きなのは頑丈なノブです。 タッチセンシティブなデジタルコントロールが気に入らない場合は、すべてを適切な温度に設定できるこれらの昔ながらのノブをお勧めします。

また、各バーナーの下にはLEDインジケーターがあり、電力レベルを示します。これにより、エネルギーを浪費したり、特定の料理ごとに必要以上の熱を使用したりすることがなくなります。

結局のところ、水をすばやく沸騰させたい場合は、他のバーナーも最大出力で必要ありません。XNUMXつだけです。

クックトップの出力は4.0kWであるため、バーナーは強力です。このLGの範囲は、水を非常に速く沸騰させるのに非常に優れています。

オーブンも広々としていて、レビューのフリッジデールのものよりも大きいです。 だから、あなたがベーキングとローストが好きなら、あなたはあなたがより大きな鍋を使うことができることを理解するでしょう。 内蔵の対流ファンが熱を均等に分散するので、焼き菓子が完璧になります。

また、XNUMXつのオーブンラックと引き出しのように出てくるボーナスグライディングラックが​​あり、熱い調理器具の操作がはるかに簡単になり、安全性も高まります。

この製品に関する主な不満は価格です。ケンモアのようなブランドの同様の製品と比較して非常に高価です。

ただし、WIFI制御を利用できるため、家にいなくても離れた場所からオーブンを制御できます。 これは、ミートローフやアップルパイが焦げないようにすることができることを意味します。

価格と在庫状況はこちらで確認してください

取り除く

最高の誘導オーブンとコンロは必需品のキッチン家電であり、XNUMXつの誘導キッチンレンジとして表示されるとはるかに優れています。

それはより実用的できれいであるだけでなく、より効率的でもあります。 購入するのに適切なものを選択する限り、この新しい料理技術を試したことを後悔することはできません。

調理が速くなるだけでなく、正確な温度設定で調理とベーキングを同時に行うことでマルチタスクが可能になります!

むしろ、カウンター用の小さな誘導コンロがありますか? チェックアウト NuWave Precision InductionCooktopの私のレビュー

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。