本焼:単一素材の鍛造包丁

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

本焼包丁は単一の素材、通常は高炭素鋼から鍛造されています。 最高級の本焼(水本焼)は、伝統的な刀と同じ方法で硬化されます。

その切れ味は、日本刀の中で最も長持ちします。 鍛造は非常に難しく、高度な技術と経験が必要です。

また、研ぎとメンテナンスが非常に難しく、適切に使用しないと簡単に損傷します。

本焼包丁とは

また、カスミナイフなどの他のナイフよりも高価です(1000mmの牛刀で240ドル以上かかります).

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

本焼とは?

本焼 高炭素鋼である「はがね」と呼ばれる一枚の金属から包丁を作る、日本の伝統的な刃物工法です。

それは最もの一つです ナイフを作る古代の方法 そして、その起源は、日本刀として知られている古代の日本の刀作り技術にあります。

ハガネ、または単に鋼は、 白鋼、別名白神、または青鋼、別名青神.

さて、白神鋼と青神鋼の違いは色だけだと言えば間違いないでしょう。

事実は、両方のナイフには長所と短所があります。 たとえば、青い鋼で作られた本焼ナイフは、優れたエッジ保持と耐食性を備えています。

しかし同時に、それらは非常に鋭くなく、鋭くするのが非常に困難であり、HRCスケールの脆い側に横たわることがよくあります。

さらに、青い鋼には、鍛造プロセスを容易にするためにクロムやタングステンなどの他の合金も混合されています。これは、日本の伝統的な本焼や日本刀の鍛造方法とはまったく異なります。

これが、青い鋼の本焼ナイフが白い鋼のナイフよりも比較的安価であることがよくある最大の理由のXNUMXつです。

一方、本焼の和包丁は 白鋼、または白紙、日本古来の伝統に忠実であり続けます。

白神本焼ナイフは、合金を一切使用せず、真っ白な高炭素鋼で作られています。

さらに、青い鋼の本焼ナイフと比較して、白い鋼の変種は信じられないほど鋭いです。

ただし、欠点としては、白い鋼もより頻繁に研ぐ必要があります。

非常に脆いことは言うまでもなく、65以上のHRCスコアがあり、腐食に対する感受性が高いため、細心の注意が払われています。

白鋼なので 和包丁 作るのは難しいですが、プロセスは非常に多くの経験豊富な職人によって処理されます。

したがって、世界には限られた数の白い鋼の本焼ナイフしかありません。

なぜ本焼包丁はこんなに高いのですか?

あなたが日本の料理道具に精通しているなら、本焼が入手可能な最も高価な日本の包丁であることをすでに知っていると思います!

しかし、なぜそうなのですか? まあ、いくつかの要因がその原因です。 それらの中には次のものが含まれます。

限られた供給

はい、本焼ナイフは、故障率が50%を超える特殊な製造方法のため、供給が非常に限られています。

ショッキング! 右? さて、詳細に入るときではありません!

ですから、私がすでに述べたように、最初のことは、ナイフが単一の鋼片から作られているということです。

クラッドブレードと比較して、鋼の巨大な硬度と脆性のために、単一の鋼片を完全なモノ鋼ナイフに鍛造することははるかに困難です。

したがって、このプロセスには細心の注意が必要です。

水焼入れ

さらに、本焼または水本焼のナイフは水焼入れされています。 水焼入れは、標準的な油焼入れと比較して困難な作業です。

急激な温度変化により、水焼入れが成功する可能性はわずかです。これにより、ブレードが歪んだり、単にひびが入ったりする可能性があります。 その結果、すべての努力が無駄になります。

言うまでもなく、本焼の日本の包丁は、クラッド包丁で一般的であるように、バッチではなく、個別に焼入れする必要があります。

これは、より多くの所要時間を意味し、それはしばしば希少性を増し、したがって高価格になります!

ああ、そして私はほとんど言及するのを忘れました! 本焼ナイフのもろさはまた、研ぎの過程で失敗する可能性を高めます。

しかし、特定のナイフが故障した場合でも、工場はそれに費やされたすべての労力と材料を支払う必要があり、それはコストになります。

エキゾチックな素材の使用

他の日本の包丁とは異なり、本焼はユーザーの期待に応え、その価格を正当化するために特別な注意と注意を払っています。

ほとんどの本焼包丁には、 鏡面研磨、エキゾチックで珍しい木材で作られたハンドルとサヤの鞘が付いています。

これも、それほどではありませんが、高価格の要因のXNUMXつです。

限られた数のマスター

本焼ナイフを作るには、まずメーカーがマスターでなければなりません。

残念ながら、日本に残っている少数の(70人ほどの)マスターだけが本格的な本焼ナイフを作ることができます-すべて80代またはXNUMX代です。

このように、これは本焼ナイフが希少で特別な地位を保持し、ナイフを希少で高価にする理由のXNUMXつでもあります。

よくある質問

本焼とはどういう意味ですか?

「本焼」の意味がわからないかもしれません。 まあ、それは単に「真の鍛造」を意味します。

先に述べたように、それは日本刀の古代日本の技術に基づいた最高品質の刃の構造を表しています。

本焼の各刃は一枚の炭素鋼でできており、その工程は熟練した日本人マスターの手によって行われます。

本焼の方がいいですか?

本焼ナイフは、同じ素材、性能、耐久性を備えた、現代の日本刀に最も近いものです。

経験豊富な職人だけが作った本焼包丁は、手作業で鍛造・槌で打たれています。

このように、それらは、そよ風のように滑らかに肉や野菜を切り裂く比類のない硬度と鋭さを持っています。

私を信じて; より良いのはほんの小さな言葉です。 本焼は日本のメーカーの技術と技術を叫びます!

それは最高の日本の包丁であるだけでなく、世界のどこでも最高の包丁です。

本焼包丁はどのように使いますか?

本焼包丁には、柳刃包丁、本焼ぎゅうとう、本焼切刀など、さまざまなバージョンがあり、通常の包丁と同じように使用できます。

慣例として、柳刃本焼の使用方法を説明します。

それで、まず第一に、あなたの足を、片方を横に置き、もう片方を少し押し戻します。

その後、親指と人差し指でブレードのホルスターを持ち、残りの指をハンドルに巻き付けます。

次に、ブレードをゆっくりとゆっくりと下に押します。 ナイフを無理に押し込まないでください。 カットした後、ナイフを自分の方に引っ張ってから、もう一度押します。

ナイフが本焼かどうかはどうやってわかりますか?

本焼ナイフは65枚の鋼片でできており、硬度はXNUMXHRCを簡単に超えるか同等です。

さらに、ナイフの刃はほとんどの場合鏡面仕上げで、非常に正確に作られています。

本焼を確実に購入するには、日本のマスターに直接連絡するか、酒井や吉弘などの有名ブランドから購入してください。

水本焼とは?

「水本焼」とは、水焼入れされた包丁のことです。

これらのナイフは、純粋に日本の伝統的な刃の製造方法に従って作られ、完璧に鍛造されています。

そのため、水本焼の包丁は非常に鋭くて硬く、壊れやすいのです。

一方、油焼入れ刃は「あぶら本焼」と呼ばれています。

水本焼ほど硬くはなく、通常は青い鋼にクロムやタングステンを混ぜて作られています。

その上、それらは水本焼ナイフほど鋭くない。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。