火鉢 vs. すき焼き:炭火焼きと鍋料理の比較

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

火鉢 > すき焼き 世界中の人々に愛されている人気の日本料理です。

どちらもテーブルサイドで調理され、さまざまな食材が特徴ですが、準備方法と提供される味はまったく異なります.

この投稿では、火鉢とすき焼きの歴史、調理法、材料、文化的意義などの違いを探ります。

火鉢 vs. すき焼き: 伝統的なグリルと鍋の比較

一言で言えば、火鉢は伝統的な火鉢グリルで肉、魚介類、野菜をグリルする日本料理のスタイルであり、すき焼きは典型的には薄くスライスした牛肉、豆腐、野菜、麺を鍋で調理した鍋料理です.テーブルでとろとろのスープ。

これらの料理のどちらかまたは両方のファンであるかどうかにかかわらず、日本料理と食事の芸術への魅力的な洞察を発見するでしょう.

それでは、ひばちとすき焼きが、これまでで最も愛されている XNUMX つの日本料理である理由を探ってみましょう。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

火鉢とは?

火鉢は日本発祥の料理です。 通常は鋳鉄製のオープントップ チャコール グリルを使用して食品を調理する調理スタイルです。

テーブルの上に火鉢が置かれ、熱々の炭火で食材を焼き上げます。 火鉢の調理スタイルは、強烈な熱とスモーキーな風味で知られています。

肉、野菜、魚介類など、さまざまな料理を火鉢で調理できます。

火鉢はグリルにも最適で、炭火焼きの強烈な熱が食材を素早く焼き上げ、風味を閉じ込めます。

火鉢グリルは使いやすく、多くの機器やセットアップを必要としません。

必要なのは、火鉢、木炭、焚き火だけです。 すべての設定が完了したら、すぐに調理を開始できます。

火鉢グリルもお手入れが簡単です。 あなたがする必要があるのは、石炭を冷まして処分することだけです。

ひばちは、グループで食事を作るのに最適な方法です。 大人数でも短時間で十分な量の料理を作ることができます。

さらに、料理のプロセスにみんなが参加できる楽しい方法です。 ひばち料理をまだ食べたことがない方は、ぜひ試してみることをお勧めします。 

伝統的な火鉢と鉄板焼きを混同しないでください

あなたが今、火鉢について混乱しているのなら、それは実際に鉄板焼きスタイルの料理と呼ばれるものを考えているからかもしれません. シェフが目の前で調理するレストラン!).

しかし、鉄板焼きと伝統的な火鉢は別のものであることを知っておいてください。 よく火鉢と呼ばれるものはアメリカですが、実は鉄板焼きです.

伝統的な火鉢と鉄板焼きはどちらも平らな鉄の表面で食べ物を焼く日本の調理スタイルですが、両者にはいくつかの重要な違いがあります.

火鉢は、小型の携帯用炭火焼きグリルを使用する日本の伝統的な調理方法です。

歴史的に、火鉢は家の暖房や料理に使用されていました。

現在では、小さな鉄のグリルで肉、魚介類、野菜を個別に調理するためにレストランで一般的に使用されています.

具材は醤油、酒、その他の香ばしい風味で味付けされていることが多く、ご飯や麺と一緒に出されることもあります。

一方、鉄板焼きは、第二次世界大戦後の日本で登場した、よりモダンなスタイルの日本料理です。

ダイナーの前で大きな鉄板の上で料理をすることが含まれ、多くの場合、シェフによる演劇的なプレゼンテーションが行われます。

鉄板焼きは、ステーキなどの大きな肉のカットを特徴とすることが多く、魚介類や野菜が含まれることもあります.

具材は、醤油、にんにく、その他の香ばしい風味の組み合わせで味付けされることが多く、チャーハンや麺と一緒に出されることがよくあります.

要約すると、火鉢は小型の携帯グリルを使用する伝統的な日本のグリル技術です。

一方、鉄板焼きは、より大きなグリルを特徴とするよりモダンなスタイルの料理で、料理のプレゼンテーションに演劇的な要素を組み込むことがよくあります.

すき焼きとは?

すき焼きは、何世紀にもわたる伝統的な日本料理です。

薄切りの牛肉や野菜などを甘辛い出汁で煮込んだ料理です。 

すき焼きに使われる最も一般的な具材は、牛肉、しらたき、豆腐、きのこ、ねぎです。

この料理は通常熱々で提供され、生卵やディップソースと一緒に食べられることが多い.

すき焼きは日本で人気のある料理で、誕生日や祝日などの特別な機会によく出されます。

比較的簡単に作れて、自分好みにアレンジできるので、家庭で作る料理としても人気です。

すき焼きは、XNUMXつの料理でさまざまな味と食感を味わうのに最適な方法です.

牛肉は柔らかく風味豊か、野菜はシャキシャキ、スープは甘くて香ばしい。

また、XNUMX回の食事でタンパク質と野菜を摂取するのに最適な方法です. 

を探す すき焼きステーキの完全なレシピはこちら(すき焼きの調理方法と提供方法のヒント付き)

火鉢とすき焼きの違い

両方の日本の定番について少し知ったので、それらをポイントごとに比較しましょう。

準備

火鉢料理は、地元で七輪と呼ばれる日本独自のグリルを使用して調理されます。

グリルは加熱されます 備長炭、 最小限のスパイスでその上に料理を焼き、主に素材の自然な風味を引き出すことに集中しています. 

食べ物は、注文内容に応じて、グリル、フライ、またはスモークです。

火鉢のお店は料理だけでなく、シェフによる面白い仕掛けも有名なので、注文を待っている間も素敵なショーを期待できます。 

アメリカやヨーロッパの国に住んでいると、火鉢のシェフが鉄板を使っているのをよく見かけます。

これは技術的には鉄板焼きスタイルの料理です。 火鉢料理の比較的手の込んだ調理法ですが、火鉢ではありません。 

ただし、食べ物や娯楽に関しては、体験はほとんど同じです。 唯一の違いは味です。

鉄板焼きの食べ物には、火鉢で得られる特徴的なスモーキーさはありません。 それにもかかわらず、それは独自の方法で素晴らしい味です。 

一方、すき焼きは準備が簡単です。 関東風と関西風のXNUMX種類の焼き方をしています。

関東風に、 日本のすき焼きソース、またはワリシタ (レシピはこちら!)、鍋に注がれます。

肉、野菜、豆腐などの残りの具材を煮込んで調理します。 

関西風は逆です。 肉は最初に鍋に加えられます。

ほぼまたは完全に調理されたら、ソース、野菜、その他の材料が続きます。

また、関西風すき焼きは割り下を使わないのもポイント。 代わりに醤油を使用。 

どちらの調理方法も、すき焼きの全体的な風味に大きな影響を与えます。

関東バージョンは、調理中に牛肉にタレの味がしっかりと染み込んでいて、関西バージョンよりも濃厚な味わい。  

成分

火鉢は通常、さまざまなタンパク質、野菜、きのこで調理されます。

伝統的な火鉢プレートの最も一般的な食材は、通常、牛肉、野菜、米、麺、キノコで構成されています. 

火鉢レストランでは牛肉がより一般的ですが、顧客の好みによってタンパク質が異なる場合があります.

牛肉が欲しくない場合は、エビや鶏肉などの他のタンパク質を選ぶことができます. 家庭料理の場合は、レシピに豚肉を使用することもできます。 

火鉢で使用される野菜は、通常、ピーマン、タマネギ、ズッキーニ、ニンジンで、さまざまな種類のキノコと組み合わせてさらにキックします。

キノコの中で最も一般的に使用されているのは、白いボタン マッシュルームです。 

フレーバーに関しては、火鉢はすべての肉と野菜の生の本来の味を引き出します.

したがって、すべての火鉢料理は醤油のみで味付けされ、通常は生姜とにんにくを組み合わせてハーブのスパイシーさを加えています.

過剰な成分はありません。 

火鉢料理と比較すると、すき焼きは、タンパク質、野菜、麺、および他のさまざまな調味料から作られた特別なすき焼きソースなど、より複雑な食材のセットを持っています. 

すき焼きに使われるタンパク質は主に牛肉です。

しかし、料理の歴史的な説明は、数十年前の日本では牛肉がかなり高価であったため、料理の初期段階では豚肉が主要なタンパク質の選択肢であったことを示唆しています. 

お好みで鶏肉や魚、カニなどを入れてもOK。 でも、すき焼きの本場の味を味わうなら、霜降り肉が一番。

野菜は、キャベツ、ネギ、トンホ(青菜)がベストチョイスとされています。

きのこと豆腐は、追加の風味と食感のために他の人気のある添加物です. 

すき焼きソースまたは割下は、酒、みりん、醤油、砂糖、だし、その他の調味料(オプション)を混ぜ合わせたものです。

ただし、食べる場所やバリエーションによって異なります。 

前述のように、風味付けに醤油のみを使用するバージョンもあり、風味はそれほど強くありません.

それでも、すき焼きは、火鉢に比べて風味に関しては、より複雑で強力な成分を持っています. 

また すき焼きと照り焼きの比較はこちら

提供スタイル

火鉢は通常、各成分が別々に置かれたホット プレートで提供されます。

タンパク質、麺、野菜、米のさまざまな組み合わせを試して、それぞれの味を体験できます.

それぞれの組み合わせは、他のものとは異なる感じがします。 

ホットプラッターは通常、特別なヒバチイエローソースまたはホワイトソースで味を強調し、不足している非常に必要な強度を与えます. 

反対に、すき焼きはすべての材料を XNUMX つの熱々のボウルに混ぜ合わせ、生の溶き卵を添えて提供します。

すき焼き丼は、一口ごとに溶き卵につけて食べます。 

ソースの濃厚な味わいがまろやかになり、健康的で充実した食事になります。 卵なしで肉や野菜も食べられます。 

今、 日本人がご飯にのせた生卵はどうなっているの?

体験

味に関しては、これらの料理は正反対です! 

前述のように、火鉢はほとんどが醤油のみで調理されます。

したがって、肉、米、野菜の自然な味以外に経験する唯一の味は、非常にマイルドで、塩辛いうま味と炭からのわずかなスモーキーです。 

しかし、うま味はまだ全体的に支配的ではなく、素材の自然な風味に影を落としています.

少し濃いめがお好きな方は火鉢ソースでどうぞ。 ただし、黄色であることを確認してください。 白い方がマイルドです。

前述のように、すき焼きは火鉢に比べて比較的味が濃いです。

しかし、それはまだです しゃぶしゃぶなどの他の鍋に比べると微妙

肉と野菜は、調理中にすべてのソースを吸収し、甘酸っぱい塩味が非常に複雑に感じられます.

とはいえ、他のフレーバーの中でも甘みが際立ち、ほのかな酸味が感じられます。 

すき焼きの味は中国の酸辣湯によく似ていますが、少し塩味が強いです。 

詳細 中華料理と日本料理の主な XNUMX つの違いは何ですか

火鉢とすき焼きはどこで食べられる?

伝統的で本格的な火鉢料理は、日本でしか味わえない、特別な火鉢レストランです。

アメリカやヨーロッパでは「火鉢」という名前のレストランがありますが、本格的な火鉢レストランではありません。 

代わりに、私のブログで何度も言及したように、それらは鉄板焼きレストランです.

鉄板焼きという名前は、鉄板を意味する「鉄板」と、 「やき」とは直火で調理すること。 

火鉢の全体的な概念は、火鉢グリルまたは七輪グリルで食品を調理することを中心に展開しているため、鉄板で調理したものは厳密には火鉢と呼ぶことはできません.

したがって、鉄板焼きレストランで本格的な火鉢を体験することはできません。 そのためには日本に行かなければなりません。

すき焼きは、世界中のお気に入りの日本食レストランで食べることができます。

伝統的な日本料理の名店である限り、すき焼きの本当の味を楽しむことができます。 

しかし、私に言わせれば、日本を訪れる機会があればぜひ試してみることを強くお勧めします。

味に関して何を期待するかについての良いアイデアを提供し、後で訪問する他のレストランを比較するための基準を設定します. 

どっちが健康? 火鉢かすき焼きか? 

健康の面では、火鉢とすき焼きはどちらも、調理方法や使用する食材によっては、比較的健康的な選択肢になります。

ひばちの食事は通常、焼き肉、魚介類、野菜で構成されており、タンパク質、ビタミン、ミネラルの優れた供給源となります。

ただし、調理に使用する油やバターの量、およびソースや調味料のナトリウム含有量は、食事の全体的な健康に大きな影響を与える可能性があります.

鶏肉や魚などの赤身の肉を選び、野菜ベースのソースや調味料を選ぶと、火鉢がより健康的な選択肢になります.

一方、すき焼きは、薄くスライスした牛肉、豆腐、野菜、麺を醤油、砂糖、みりん(米酒の一種)で作ったスープで調理した鍋料理です.

すき焼きの具材は栄養価が高い反面、出汁は塩分や糖分が多く、食事制限のある方には向かないかもしれません。

すき焼きをよりヘルシーにするには、砂糖の使用量を減らすか、塩分の少ないスープを選ぶとよいでしょう。

ひばちもすき焼きも、栄養価の高い食材を使って調理し、分量や調味料に気を配れば、健康的な選択肢になります。

最終的には、個々の食事の必要性と好みに依存します.

要約

火鉢とすき焼きはXNUMXつの異なる日本料理です。

火鉢は直火で調理する調理法で、すき焼きは鍋料理です。 

どちらの料理も美味しく、多くの日本食レストランで楽しめます。

新しいことに挑戦したいなら、火鉢とすき焼きの両方を試してみませんか? あなたはそれを後悔しません!

ご家庭で火鉢風に調理したい方は、 卓上火鉢グリルを購入する必要があります(レビューはこちら)

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。