薄刃包丁:野菜を細かく切るための包丁

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

野菜を切る・切る・切る・さいの目に切るときは薄刃包丁が一番 ナイフ 仕事で。

日本の薄葉包丁は、キッチンで使用される野菜包丁です。 片面取りとは、刃の片面だけを研いでいることを意味します。 薄刃包丁は包丁に似ており、薄くて鋭い刃と野菜を切るために使用される鈍い端を持っています. 

このガイドでは、ウスバ ナイフとは何か、どのように使用され、何が特別なのかについて説明します。

薄刃包丁 野菜包丁

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

薄刃包丁とは?

薄葉包丁、または鎌形薄葉は、シェフや専門家が使用する日本の野菜包丁です。

ツラと呼ばれる薄くて長い四角形の平らな刃と、まな板の上で野菜を刻むのに最適な平らな刃を備えた背の高い包丁です。

薄刃包丁は、昔ながらの日本の伝統的な包丁シリーズの一部です。 刃の片面だけを研ぐ片面刃です。 

野菜を切るのに使われ、日本のキッチンで最も重要なツールの XNUMX つです。

通常は高炭素鋼でできており、長さは通常 180 ~ 210 mm です。

薄葉は、 シングルベベルブレード片刃のみ片刃研ぎ。

業務用厨房や料理人向けの専用包丁ですので、通常は他の野菜包丁よりも高価です。

高額な値札が期待できますが、このタイプのナイフは一生使えるので心配はいりません。

また、この包丁を正しく研ぐには包丁研ぎの熟練者が必要です。

ダマスカス打刃物 薄刃義弘 包丁 美しく作られ、箱から出してすぐに非常に鋭く、完璧にフィットする木製のさや (ナイフの鞘) が付属しています。

Yoshihiro NSW 46 レイヤー ハンマード ダマスカス ウスバ ベジタブル シェフ ナイフ 6.3 インチ (160mm) シタン ローズウッド ハンドル サヤ カバー付き

(他の画像を見る)

よりお財布に優しい薄刃包丁をお探しの方は、 入手可能な最高の薄刃ナイフの完全なレビューをチェックしてください

薄刃包丁は薄刃の道具であり、野菜をつぶしたり割ったりすることなく、どんな種類の野菜でも簡単に切ることができるのがポイントです。

ただ注意してください、すべての薄刃包丁が完全に同じに見えるわけではありません、そしていくつかの現代のバージョンは少し異なっているように見えるかもしれませんが、それらは同じ目的を果たします。

薄刃包丁は、正確で薄いカット用に設計されています。

野菜の薄切りを作るのに最適で、千切りやマッチ棒のカットなどの複雑なカットにも使用できます。

薄刃は刃が薄いので、野菜を潰さずに切るのに最適です。

対照的に、なきりと呼ばれる同様の野菜包丁 大量の野菜を素早く切るために使用され、両刃であるため、それほど正確ではありません.

薄刃包丁は通常、まな板と一緒に使用します。薄い刃は硬い表面で使用すると簡単に損傷する可能性があります。

それは重要です 研ぎ石を使う 刃を良好な状態に保つために定期的に。

薄刃包丁は通常、プロの料理人が使用しますが、家庭料理人にも人気が高まっています.

野菜を正確に薄く切りたい人に最適なツールです。

また、料理にちょっとしたセンスを加えるのにも最適です。

薄刃包丁を使って切る方法を示すこのビデオをチェックしてください:

薄刃包丁は何に使われますか?

薄刃包丁は主に野菜の切り身に使われます。 これには、スライス、ダイシング、およびミンチが含まれます。

日本食はお箸で食べることが多いので、野菜は小さく一口大に切る必要があります。

これは、どちらも野菜を刻むナイフである特別なウスバまたはナキリナイフで達成されます.

直刃・片刃・平刃なので、切りやすいです。

まな板の上で切ると、正確な押し切りができます。 ただし、ナイフを使用して非常に細かく正確にカットすることもできます。

通常、鎌形薄葉は、スープ、炒め物、サラダ、および基本的にあらゆる種類の日本食用のあらゆる種類の野菜を切るために使用されます.

しかし、シェフは、ユーザーに多くの精度を与えるため、繊細で装飾的なカット作業にも使用します.

薄刃包丁が重要な理由

薄刃包丁はさまざまな理由で非常に重要です。 

まず、非常に鋭く正確であるため、野菜のスライスやカットに最適です。 

具材を潰さずに切れるので、寿司の具材としても最適です。 

第二に、それらは信じられないほど耐久性があり、適切な手入れをすれば何年も長持ちします. これは、高品質のキッチンツールに投資したい人にとって大きな投資になります. 

第三に、それらは信じられないほど用途が広く、さまざまなタスクに使用できます。

たとえば、肉、魚、野菜を切るだけでなく、刻んだり、スライスしたり、さいの目に切ったりするのにも使用できます。 

最後に、それらは非常に使いやすく維持しやすいため、プロやアマチュアのシェフに最適です。

要するに、ウスバナイフは、正確かつ正確に料理を準備したい人にとって非常に重要です.

シャープで耐久性があり、用途が広く、使いやすいので、どんなキッチンにも最適です。

薄刃包丁の歴史は?

薄刃包丁には長い歴史があります。 日本で最初に発明されたのは江戸時代です。 

人々は主に野菜を食べており、優れた切断ナイフが必要だったため、この野菜ナイフの XNUMX つのバリエーションがほぼ同時に開発されました。 

関西薄刃と関東薄刃のXNUMX種類の庖丁です。 

鎌形薄葉と呼ばれることもある関西薄葉は、とがった先端に向かって下降する背骨を持ち、かつて宮廷があった関西(大阪)地方の原産です。

このうすばは、正確で繊細な野菜のチョップを行うことで有名です。 ナイフは装飾的なカットを作るときに使用されました。

江戸薄葉とも呼ばれる関東薄葉は、東京の関東地方から来ており、小さな肉切り包丁のように見える鈍い四角い先端を持っています.

どちらのバリエーションも、信じられないほど鋭利な彫刻が施されたエッジにより、野菜、特に根の太い野菜をきれいにスライスするのに最適です。

長年にわたり、薄刃包丁のデザインは進化し​​てきました。 より薄く、より軽くなり、より正確なカットが可能になりました。 

ブレードも、ステンレス鋼や炭素鋼など、さまざまな素材で作られています。

これにより、魚をスライスしたり、野菜を切ったり、木を彫ったりするなど、より幅広い用途が可能になりました。

なきりとうすばの違いは何ですか?

うすば包丁と菜切り包丁はよく似た野菜切り包丁です。

しかし、 XNUMXつの主な違いは何ですか?

まず、薄刃包丁は刃が片面だけ研がれている片刃ですが、波切包丁は両刃が研がれています。

次に、これらの包丁にはさまざまな用途があります。菜切包丁は主に家庭で使用されますが、ウスバは主にレストランで使用されます.

その理由は、ナキリはすべてのスキル レベルの人々、および左利きと右利きの両方のユーザーにとって使いやすいからです。 

チェックアウト この美味しくて健康的な日本の火鉢野菜レシピ 例えば

薄刃包丁は、片面のみ研ぎ、和包丁の知識が必要なため、右利きの方に最適です。 

当然のことながら、ウスバは業務用日本のキッチンでトップ XNUMX のナイフの XNUMX つです。 美味しい野菜を使った日本料理がたくさんあります.

通常、薄刃包丁は菜切包丁よりも長く、薄刃包丁は180mmから270mm、菜切包丁は165mmから210mmです。 

薄刃包丁は通常野菜を切るのに使われますが、菜切り包丁は野菜と果物の両方に使用されます。

薄刃包丁は、千切りやブルーノワーズなどのより複雑なカットに使用されるため、より専門的です。

薄葉vs三徳

薄刃包丁は三徳包丁と混同されることがありますが、両者には多くの違いがあります。

通常、薄刃包丁は三徳包丁よりも長く、薄刃包丁は180mmから270mm、三徳包丁は165mmから210mmです。 

薄刃包丁は片面のみが研がれている片面刃ですが、現代の三徳包丁の多くは両刃が研がれています。 

もう XNUMX つの設計上の特徴として、三徳は薄刃包丁のような長方形の包丁のような形状をしていません。

それは伝統的な湾曲した形状と平らな刃先を持っています。

薄刃包丁は通常、野菜を切るために使用されますが、三徳包丁は野菜と肉の両方に使用されます。

薄刃包丁は、千切りやブルーノワーズなどのより複雑なカットに使用されるため、より専門的です。

対照的に、三徳は牛刀に似た汎用的な包丁です。 野菜を切るだけではありません。

薄刃包丁vs包丁

  伝統的な包丁 と薄刃包丁は、間違える人もいますが、同じものではありません。

包丁とは、骨や肉などの硬いものを切るのに使われるナイフの一種です。 刃先が平らで先端が尖った片刃の刃です。

ブレードは通常、ステンレス鋼または炭素鋼でできており、通常、長さは 8 ~ 10 インチです。

刃は両面が研がれているため、より正確なカットが可能です。 包丁は固い素材を切るのに最適です。

対照的に、ウスバナイフは従来の包丁の形状が少なく、小型です。 主に野菜のみじん切りやカットに使用します。

正確に学ぶ 砥石を使った和包丁の研ぎ方はこちら

日本の薄刃包丁はどうやって使うの?

薄刃の使用は肉切り包丁の使用に似ていますが、より繊細で複雑な切断作業に使用されます。

このように、肉包丁を握ることができれば、薄刃包丁に簡単に切り替えることができます。

安全に使用できるように、左利き用または右利き用のナイフを持っていることを確認する必要があります。

ナイフの刃は中型ですが、非常に幅が広​​く、背が高いです。

これにより、ナックルのクリアランスが良好になり、自分を切る可能性が少なくなるため、他のナイフよりも安全に使用できます.

刃の形状と薄さは、食品のより広い表面に取り組むのに役立ちます。 ただし、ほとんどすべてのエッジが切断面に接触していることを確認してください。

薄刃包丁の切り方

シェフズナイフでプッシュカットと同じようにカットします。

プッシュカットとは、ブレードを前方に押し出すことを意味しますが、楕円形の動きを避けます。そうしないと、鋭い先端がボードに引っかかる可能性があります。

したがって、エッジは少し前方に移動する必要がありますが、エッジはボードと平行のままである必要があります。

よくあるご質問

薄刃包丁で肉を切ることはできますか?

はい、かまがた薄刃は肉を切ることができます 小さな肉切り包丁に似ています.

ただし、野菜や果物以外の食品にナイフを使用することはあまりお勧めできません。

鶏肉の場合は問題ないかもしれませんが、大きな肉の切り身や骨には薄刃包丁を使用しないでください。

刃が薄くて折れやすいので、野菜だけに取っておきます。

肉や骨を切るために、 最高のホネスキ日本の骨抜きナイフをお試しください

かまがた薄刃包丁はどのように研ぎますか?

薄刃包丁は研ぎにくいです。 研ぎ石を持った経験豊富な方が行うのが一番です。

ただし、必要に応じて、最新の削り器を使用できます。

ナイフを適切に研ぎ、使いやすくするためには、ナイフを各側で 15 ~ 18 度の角度で研ぐ必要があるため、熟練した研ぎが必要です。

角度を正しくする 砥石で研ぎ治具を使って

鈍いナイフは使用するのが危険であり、たとえば硬いサツマイモを切るのに苦労するときに怪我をする可能性があります。

薄刃包丁の人気ブランドは?

  • 義弘
  • マーサー料理
  • ダルストロング
  • マサモト
  • グローバル
  • 月心浦楽
  • 敏郎

薄刃包丁の柄は何がいい?

伝統的な日本式のハンドルは、ハンドルを正確かつ人間工学的に握ることができるため、ウスバ ナイフに最適です。

最適なハンドルは、D 字型、八角形、丸形の XNUMX つです。 また、本物のウスバには木製のハンドルがあり、通常はモクレンの木で作られています.

しかし、G-10 やコンポジット ハンドルも優れた選択肢です。滑りにくく、長持ちするからです。

日本のハンドルの感触が気に入らない場合は、Dalstrong などの一部のブランドには、持ちやすく操作しやすい西洋式のハンドルがあります。

薄刃包丁の材質は何鋼?

薄刃包丁を購入する際、炭素鋼とステンレス鋼のどちらかを選択することがよくあります。

炭素鋼は、最近の和包丁に使用される最も一般的な種類の鋼です。 鉄鉱石から作られた鋼に炭素を混ぜて作られています。

炭素鋼の刃は、ステンレス鋼の刃に比べて研ぎやすく、刃先を長期間維持できます。

ただし、炭素鋼の刃はサビや汚れがつきやすいため、定期的なメンテナンスと注油が必要です。

炭素鋼のナイフは最終的に暗い緑青を発生させ、使用後に刃が適切に乾燥、洗浄、および油を塗られていないと、錆びたり腐食したりする可能性があります.

蒼き鋼(青神)と白き鋼(しろがみ) が一般的な選択肢です。

炭素鋼の製造に使用されるのと同じプロセスがステンレス鋼の製造にも使用され、腐食を防ぐためにクロムが追加されます。

炭素鋼と比較して、ステンレス鋼の刃は多くの場合、耐久性が高く、欠けにくく、手頃な価格で、耐腐食性があります。

ただし、ステンレス鋼の刃は、多くの場合、炭素鋼の刃よりも鋭い刃先を維持するのが難しく、研ぐのがより困難です。

VG-10とAUS-10は、薄刃包丁の製造に使用されることがあります。

まとめ

結論として、薄刃は野菜を切るために使用される日本の伝統的な包丁です。 それは片刃の刃を持ち、通常は他のナイフよりも硬い鋼でできています.

薄刃包丁は正確で繊細なカットに優れており、本格的なシェフの必需品です。

キッチンにユニークな伝統的なナイフを追加したい場合は、ウスバを検討する価値があります。

ウスバナイフの最大の利点は、複雑な装飾的なカットや野菜の彫刻に使用できるため、特にベジタリアンやビーガン、またはプロのシェフにとって非常に便利です.

次を読む: 天ぷらに最適な野菜はこれだ(レシピ・使い方・食べ方の提案)

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。