やさしい日本語:期間限定無料: クックブックを入手

豆腐:それは何ですか?どこから来たのですか?

JoostNusselder著 | 更新しました:  August 3, 2022

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 詳細はこちら

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

豆腐は豆腐とも呼ばれ、豆乳を凝固させ、得られた豆腐を柔らかい白いブロックに押した食品です. 東アジアおよび東南アジア料理の構成要素です。

生豆腐や加工豆腐など、さまざまな種類の豆腐があります。

豆腐は、柔らかく、固く、または非常に固くするように購入または作られています。 豆腐はほのかな風味があり、風味豊かな料理や甘い料理に使用できます。 料理に合わせて味付けしたり、マリネしたりすることがよくあります。

豆腐は非常に有用な植物ベースの食品であり、東アジア料理と東南アジア料理の伝統的な構成要素です。

豆腐は古代中国で生まれたと考えられており、中国の伝説によると、紀元前179年から122年の間に凝固した豆乳ブロックを発明したのは漢王朝の劉勝王子です。

大豆を水と混合して凝固性豆乳を形成すると、得られたカードはプレスされ、さまざまな柔らかさの固体の白いブロックに形成されます。

豆腐は、後でどの食品レシピに組み込むかに応じて、絹のように柔らかい、柔らかい、固い、または非常に固いものまで、さまざまな食感にすることができます。

豆腐は本来の風味がほとんどないため、料理人が味付けしたりマリネしたりして、風味豊かで甘い料理に溶け込ませることができます。

豆腐はスポンジと同じような性質を持っているので、鍋や鍋に入れて作るレシピの風味を吸収することもできます。

これが多くの人がそれを食べるのが好きな理由です。 また、特定の種類の肉を模倣することもある低カロリーの野菜であるため、美味しく食べることができます。

誰でも作れる簡単レシピ17選

日本料理を始めるために必要なすべてのヒントを、最初のメールとして期間限定で無料でお届けします: The Complete Japanese With Ease Cookbook.

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

鉄板焼きの豆腐

千年以上の間、中国、日本、その他のアジア諸国は豆腐を野菜の添加物として料理に使用してきました。イギリスの商人ジェームズ・フリントの手紙に「豆腐」という言葉が記録されるまで、彼はそうしませんでした。 1770年にベンジャミンフランクリンに手紙を書いた。

興味深いことに、第二次世界大戦後に鉄板焼き鉄板が発明されるまで、日本の鉄板焼きスタイルのレシピには豆腐も含まれていませんでした。

しかし、今日では、鉄板焼きレストランが提供するほぼすべての鉄板焼きレシピに豆腐が見られます!

火鉢グリルで豆腐は作れますか? あなたは使用する必要があります 鉄板焼きコンロプレート

豆腐の健康効果

豆腐の由来 大豆 大豆タンパク質は、LDLまたは低密度リポタンパク質を減らし、心臓を健康に保つのに役立つ酵素です.

女性の場合、植物性エストロゲン(イソフラボンとも呼ばれます)は、乳がんとの闘いに役立つ植物性食品に含まれる化学物質です。そのため、閉経期に入る女性には、豆腐などの大豆ベースの食品を食事に含めることを医師が推奨しています。

鉄板焼きのレシピに含まれている豆腐を食べると、鉄板焼きの食べ物は主に野菜、シーフード、白身の肉であるため、上記以外にも健康上のメリットがあります。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。