食品の賞味期限: 温度管理と包装が食料品に与える影響

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

食品の賞味期限とは何を意味するのでしょうか? これは多くの人が尋ねる質問ですが、思っているほど単純ではありません。

保存期間とは、製品が販売または使用のために良好な状態を維持すると予想される期間です。 期限内に使い切らないと病気になる可能性があるため、購入した食品の賞味期限を知っておくことが重要です。

この記事では、食品の賞味期限が何を意味するのか、それを決定する方法、そして知ることが重要な理由を説明します.

食品の賞味期限とは何ですか

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

食べ物の日付の語彙問題

日付が何を意味するのかを理解しようとして、食品ラベルをじっと見つめていることに気づいたことがありますか? あなたは一人じゃない。 大多数の人は、食品に記載されているさまざまな日付やラベルに混乱しています。 以下に、よく目にする可能性のある用語をいくつか示します。

  • 「販売期限」日付: ストアが製品を販売する期限です。 その日以降、製品が使用できなくなるわけではありません。
  • 「賞味期限」または「使用期限」の日付: これは、製品が最高の品質になる日付です。 その日以降、製品が安全に食べられないということを必ずしも意味するわけではありません。
  • 「有効期限」日付: これを過ぎると製品を消費してはいけない日付です。 期限切れの食品を摂取すると害を及ぼす可能性があるため、この日付に注意することが重要です。

食品の日付表示の問題

現在の食品表示システムは標準化されていないため、消費者に混乱を引き起こす可能性があります。 さらに、多くの企業は独自の日付ラベル システムを使用していますが、これは製品によって異なる場合があります。 ラベルを理解できないというだけの理由で、完全に美味しい食品を捨ててしまう可能性があるため、これは多くの無駄につながる可能性があります。

食品の賞味期限を正確に判断する方法

食品の賞味期限の決定には、製品が特定の期間にわたって安全で許容可能な品質を維持するために不可欠な一連の重要な手順が含まれます。 賞味期限の決定には、製品の品質が劣化し始め、消費に適さなくなる時点を正確に特定するために製品をテストすることが含まれます。 この検査には、腐敗のメカニズムと関係する重要な領域を特定するのに役立つ微生物学的検査、官能検査、および物理的検査が含まれます。

温度管理: 賞味期限を延ばす鍵

温度管理は、食品の賞味期限を延ばすための主な要素の XNUMX つです。 食品を保管する温度は、製品の品質、安全性、使いやすさに大きな影響を与える可能性があります。 温度管理が不適切だと、化学反応、細菌の増殖、化合物の分解が引き起こされ、腐敗、損傷、潜在的な健康被害を引き起こす可能性があります。

必要な温度はどれくらいですか?

食品が異なれば、最適な保管のために必要な温度範囲も異なります。 一般的に、生鮮食品は 40°F (4°C) 以下、冷凍食品は 0°F (-18°C) 以下に保つのが経験則です。 たとえば、鶏肉や牛肉は、品質と安全性を維持するために、32°C から 40°C (0°F から 4°F) の範囲の温度が必要です。 一方、穀物やシリアルなどの乾燥食品は室温で保存できますが、直射日光を避け、涼しく乾燥した場所に保管する必要があります.

温度管理を維持するにはどうすればよいですか?

温度制御を維持するために、次のような伝統的かつ特別な方法がいくつかあります。

  • 冷蔵: 食品を冷却し、細菌の増殖を防ぐ迅速かつ正確な方法。
  • 冷凍: 化学反応や細菌の増殖を遅らせ、製品の保存期間を延ばす方法。
  • ディハイドレーター: 食品から水分を除去するように設計された特別な装置で、限られた水分を必要とする製品の保存期間を延ばすことができます。
  • コールドチェーン: 食品を生産から消費まで一定の温度に保つプロセス。 この方法は、肉、乳製品、農産物などの生鮮食品に一般的に使用されます。

温度管理が適切に維持されていない場合はどうなりますか?

温度管理が適切に維持されていない場合、次のような結果になる可能性があります。

  • 細菌の増殖: 細菌は暖かい温度で急速に増殖し、食中毒を引き起こす可能性があります。
  • 化学的分解: 高温は食品中の化合物を分解する化学反応を引き起こし、腐敗や品質の低下を引き起こす可能性があります。
  • 脱水:乾燥食品は適切に保管しないと古くなり、風味や食感が失われる可能性があります。
  • 冷凍焼け: 冷凍食品は、適切に包装して保管しないと損傷する可能性があります。

温度管理を確実にする最善の方法は何ですか?

温度を確実に制御する最善の方法は、次の手順に従うことです。

  • 冷蔵庫と冷凍庫の温度を定期的にチェックして、適切な温度であることを確認してください。
  • 生鮮食品は購入後または調理後 XNUMX 時間以内に冷蔵庫または冷凍庫に保管してください。
  • 温度計を使用して肉や鶏肉の内部温度をチェックし、安全な温度で調理されていることを確認します。
  • 冷凍焼けを防ぐために、冷凍食品は適切にラップして保管してください。
  • 乾燥機を使用するか、乾燥食品は直射日光を避け、涼しく乾燥した場所に保管してください。

食品の賞味期限における包装の役割

包装は食品の賞味期限を決定する上で重要な役割を果たします。 水分、酸素、汚染などの外的要因から製品を守り、品質と鮮度を維持します。 梱包に関して考慮すべき重要なポイントは次のとおりです。

  • パッケージングの主な機能は、製品の劣化を引き起こす可能性のある有害な要因に対するバリアを提供することです。
  • 包装には、酸素、湿気、および製品の品質に影響を与える可能性のあるその他の不適切な要因を制御して遮断できるメカニズムが採用されています。
  • 使用されるパッケージの種類は、特定の製品とその要件によって異なります。 たとえば、缶詰食品には生鮮食品とは異なる種類の包装が必要です。
  • FDA は、科学的調査と研究に基づいて、さまざまな製品の許容可能な包装材料と要件を定義しています。
  • 梱包材は安全であり、健康上の問題や製品の汚染を引き起こさないものでなければなりません。
  • パッケージには、内容物と有効期限が正確に記載されている必要があります。

ルールの例外

適切な包装は食品の賞味期限を延ばすのに役立ちますが、このルールには例外がいくつかあります。 考慮すべき要素は次のとおりです。

  • 製品が不適切に保管または扱われると、たとえ適切に梱包されていたとしても、その保存期間が大幅に短くなる可能性があります。
  • 生鮮食品などの一部の食品は、自然な状態であるため、包装に関係なく賞味期限が短くなります。
  • FDA は、酢のような低リスク製品や、蜂蜜のように安全に使用されてきた長い歴史を持つ製品など、使用期限ルールにいくつかの例外を認めています。
  • 場合によっては、製品の活性の変動や時間の経過による劣化により、有効期限が正確でない場合があります。

まとめ

したがって、賞味期限とは、食品が腐敗することなく保存できる期間を意味します。 

食品の日付ラベルに注意を払い、食品の賞味期限を適切に判断することが重要です。 したがって、期限が過ぎたからといって食べ物を捨てないでください。 このガイドはそれを助けるために使用できます。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。