料理酒:レシピでの使い方

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

アルコールは日本料理でさまざまな方法で使用されますが、最も一般的なのは酒 (酒、さけ) またはみりん (みりん) の形です。

すき焼き および 照り焼きチキン これらの材料で一般的に作られている料理の XNUMX つにすぎません。

日本酒は日本の国民的飲み物ですが、料理酒は違います。アルコール度数が低く、酸味が強いのです。

これにより、フライパンの釉薬を落としたり、料理に深みを加えるのに最適です。

料理の旨みを引き出すために料理酒をふりかけるレシピも多く、肉や魚のマリネにも使われます。

料理酒:レシピでの使い方

料理酒は、米を発酵させて作るアルコール飲料です。 ライスワインとも呼ばれ、アルコール度数は14度前後で、料理に最適です。 日本酒はさまざまな日本料理の材料として使用され、みりんやワインの代わりに料理の味付けに使用できます。

この記事では、料理酒、その作り方、使い方、料理酒との違いについて学びます。 酒を飲む および みりん.

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

料理酒とは?

日本語で料理酒(かし味料理酒)として知られる料理酒は、娯楽用ではなく、料理専用の酒の一種です。

それは発音されます サーケ アジアと西洋の両方の国で人気があります。

料理酒は、ほんのり甘みがあり、香りが残らない透明な液体です。 米を発酵させたもので、アルコール度数が高い(通常14%まで)。

風味に深みを加えるためにさまざまな日本料理に使用され、特に煮物(シチューやブレゼなど)で一般的です.

この飲み物の興味深い点は、日本酒と呼ばれることが多いですが、実際にはビールと同様の醸造プロセスを使用して製造されていることです。

ぶどう酒を造るのとは違い、日本酒は醸造します。 そのため、米のでんぷんが糖に変化し、酵母がそれを発酵させてアルコールにします。

だから醸造だから酒は真酒じゃなくてコニ

料理酒とは?

酒という言葉は日本の米酒を意味します。 料理酒は料理酒の日本語です。

この用語は、居酒屋で人々が飲むアルコール飲料と料理酒の両方を指すために使用できます.

ただし、料理関係で使用する場合は、酸度の高い飲用酒の下位バージョンを指します。

料理酒はどうやってつくられるの?

料理酒は、米、麹(カビの一種)、水から作られます。

お米は精米して糠を取り除いた後、蒸します。 その後、米に麹を加えて発酵させます。

発酵が終わったら、圧搾して液体を抽出し、瓶詰めして料理酒として販売します。

すべての料理酒が同じように作られているわけではないことに注意することが重要です。 より安価な原材料を使用して大量生産されているブランドもあれば、より高品質の米とより伝統的な醸造プロセスを使用しているブランドもあります.

そのため、料理酒の風味は銘柄によって大きく異なります。

日本酒の味はどうですか?

料理酒は酸味が強く、刺激の強い味わいです。 風味は、非常に塩辛く、非常に甘く、その発酵米の味のヒントが最もよく表されています.

そのまま飲むのではなく、料理に風味を添えるために使われます。 食品に加えると、料理自体の風味を帯びることがよくあります。

料理酒に含まれるアルコール分は加熱するとすぐに蒸発するので、料理がアルコール臭くなることはありません。

料理酒を使った料理は?

料理酒はさまざまな使い方ができます。

これは一般的に、艶消し剤 (フライパンから焦げた部分を取り除くため) として、または料理に深みのある風味を加えるために使用されます。 肉や魚のマリネとしてもよく使われます。

料理酒は以下のものに加えることができます。

  • 肉・魚・海鮮のマリネ(焼き鳥)
  • スープ
  • 煮物・煮物
  • ご飯料理
  • 麺料理
  • 炒め物
  • ソース
  • 蒸し物
  • 焼き菓子
  • 塩水

レシピに酒やみりんが必要な場合は、料理酒で代用できます。

料理酒で料理をするときは、少量でよくなるので注意が必要です。 酒が多すぎると料理の味が過度に塩辛くなったり酸っぱくなったりするため、酒で調理しすぎるのは非常に簡単です。

少量(通常は大さじ XNUMX 杯程度)から始め、必要に応じて味見をして調整します。

日本酒を作るとどうなる?

お酒を炊くとアルコールが飛んでしまいます。 なので、アルコール度数が気になる方も安心。

調理による熱は、特に肉を調理する場合に、食品の特定の風味を引き出すのにも役立ちます.

また、料理酒はアルコール度数は低めですが、味は濃いめです!

日本酒を使った料理のメリットとは?

レシピに料理酒を使用すると、風味が向上するだけでなく、多くの利点があります。

  • スープ、ストック、シチュー、ソース、マリネなどの料理にうま味とほのかな甘みを加えます。
  • 肉や魚介類、特に魚の臭みを取り除きます。
  • より多くの水分を加え、調理プロセス中に肉が乾燥しないため、肉を柔らかくします。
  • ぶどう酒、シェリー酒、みりんと同じ種類の風味を加えます (ただし甘さは控えめ)。
  • 食品の風味を強めることができます。
  • 料理酒は健康的で抗酸化物質が豊富です。

人気のペアリング

料理酒を加えると最高においしい料理は次のとおりです。

  • すき焼き
  • 照り焼きチキン
  • 手羽先の照り焼き 酒マリネ添え
  • 酒パウンドケーキ
  • 酒麺(うどん、ラーメン、焼きそば)
  • 肉と野菜の炒め物
  • 鶏の酒粕漬け
  • 魚の酒だれ煮
  • あさりの酒蒸し
  • 酒米牛肉
  • 酒鮭
  • 麻婆茄子 麻婆那須
  • ラーメンチャーシュー豚
  • 親子丼

もう完成させ、ワークスペースに掲示しましたか? 日本酒を主原料とするその他の素晴らしいレシピはこちら

料理酒の産地

約2500年の古い歴史を持ち、中国で生まれました。

しかし、この飲み物は非常に長い間日本人によって消費されており、その後料理に使用されるようになりました.

日本の歴史の中で長い間使用されてきたのは、リラクゼーションと楽しみの源であることに加えて、その味の質と健康上の利点が長い間認められてきたという事実に起因する可能性があります.

料理酒の存在には興味深い理由があります。

実際には、日本政府がアルコールを含む商品に対する課税を禁止したことが、料理酒が日本料理の材料として使われる唯一の理由です。

商品分類の目的で塩や酢などの追加成分を組み込むことで、酒税を回避するために調理酒が作成されました。

そのため、料理酒の歴史はそれほど古くありません。 1870年代まで発明されませんでした。

江戸時代に日本酒が初めて料理に使用されたとき、物事は日本の初期とは大きく異なっていました.

家庭料理人やシェフは、肉を柔らかくし、料理に新しい風味を加える新しい方法を常に探していたので、料理酒が発明されることは当然のことでした。

これが明治時代の日本における料理酒の始まりであり、税制によって変化しました。

節税のつもりでありながら、料理酒は高品質になるように丁寧につくられていました。

目指したのは、美味しくて健康的で、かつ免税できる商品を作ることでした。

当時は質の良い料理酒だったので、料理酒として使われるようになったのでしょう。

さらに、日本酒を飲むよりも安く、一般の人々にアピールできたでしょう.

料理酒の樹齢はわずか147年なので、醤油(2,000年以上の歴史を持つ)などの他の日本の食材と比べても特に古いわけではありません。

料理酒vs飲用酒

料理と飲用の日本酒は、日本酒の XNUMX つの異なるタイプです。

飲用酒はそれ自体で楽しむものですが、料理酒は料理にのみ使用されます。

酒粕を料理に使ってはいけないという決まりはありませんので、厳密にはどちらでも構いません。

ただし、酒粕を料理に使うのは、値段が高く、風味が強すぎる場合があるためお勧めできません。

バーや居酒屋と呼ばれる日本のパブでは、酒を飲むことができます。 精米して糠を取り除き、麹と水で発酵させたお米です。

XNUMXつの主な違いは、料理酒はアルコール度数が低く、より濃縮されており、塩などの追加の成分が加えられることもあります.

飲用酒にはさまざまな種類があり、多くの銘柄から選択できます。

対照的に、料理酒ははるかにシンプルな製品であり、それを生産する銘柄はほんの一握りです.

調理酒は、一部のレシピでは飲酒の代用として使用できますが、調理酒は非常に強く、そのように消費することを意図していないため、単独で飲むことはお勧めしません.

料理酒とみりんの違いは?

料理酒とみりんの両方が多くの日本のレシピで使用されています. ただし、両者にはいくつかの重要な違いがあります。

酒はみりんに比べてアルコール度数が高く、糖度が低い。

味醂は甘く、少し甘みが必要な料理によく使われますが、酒は風味がよく、アルコールを飛ばしたい料理に適しています.

酒もより強力であるため、みりんほど多く使用する必要はありません.

日本酒はお酒と同じですか?

技術的には、いいえ。 ライスワインは、米から作られたさまざまな種類のアルコール飲料を含む広いカテゴリです。

しかし、西洋では、「ライス ワイン」という用語はしばしば「酒」と同じ意味で使用されます。 日本酒という用語は、ライス ワインの別の言葉でもあります。

しかし、全体として、日本酒は発酵して醸造されているにもかかわらず、日本酒の一種と見なされていますが、ワインは発酵しているだけです.

日本酒と米酢の違いは?

日本酒は米を発酵させて作られるアルコール飲料ですが、米酢は米を発酵させて酢酸に変えて作られます。

米酢は調味料やドレッシングとして、酒は飲み物や料理に使われます。

日本酒は米酢よりもアルコール度数が高いです。

酒は紹興酒と同じですか?

いいえ、紹興酒は中国のライスワインの一種です。 米を発酵させた酒で、酒に似た琥珀色をしています。

紹興酒は中華料理によく使われますが、日本酒は和食によく使われます。 紹興酒も日本酒より少し甘めです。

料理酒の代用は?

酒を料理に使用しても害はありません。実際、周りにある未完成のボトルを取り除くのに最適な方法です.

ただし、代用したい場合は、 試してみるべきいくつかの優れたものがあります.

料理酒の最も一般的な代替品は、みりんと呼ばれます。 似たような日本酒ですが、日本酒よりも甘みが強く、アルコール度数も低め。

別のオプションは、ドライシェリー、白ワイン、または赤ワインを使用することです. これらはすべて料理に異なる風味を加えるため、他の食材を補完するものを選択してください.

みりんや日本酒ほど広くはありませんが、中国のライス ワインや紹興酒も代用に適しています。

ノンアルコールのオプションを探している場合は、米酢または白酢を使用できます.

これらは料理に同様の酸味を加えますが、日本酒と同じ風味プロファイルはありません.

購入する最高の料理酒

市場には多くの銘柄の料理酒がありますが、すべてが同じように作られているわけではありません。

料理酒は、料理酒または料理酒とラベル付けされることもあります。 これは、この成分を購入するときに覚えておくべき用語です.

購入するのに最適なブランドのいくつかを次に示します。

料理酒はヘルシー?

「健康」の個人的な定義に依存するため、この質問に対する決定的な答えはありません。

料理酒にはアルコールが含まれているため、健康上の理由からアルコールを避けたい場合は、料理酒は適切な選択ではありません。

しかし、アルコールを使った料理は、食品から特定の風味や栄養素を抽出するのに役立つと信じている人もいます.

料理酒は発酵飲料なので消化器系に良い。 また、酸化防止剤と微量のセレン、リン、銅も含まれています。

したがって、ヘルシーな料理用ワインのオプションを探しているなら、日本酒が最適です。 適度に使用するようにしてください。

取り除く

料理酒は、日本料理で一般的に使用される日本酒の一種です。 風味が強く、料理のマリネやデグレーズによく使われます。

この成分は、食品から特定の風味や栄養素を抽出するのに役立つと考えられているため、日本料理の人気のある成分です.

酒を使った料理の多くは、アルコールを飛ばすことを意図して調理されています。 スープ、シチュー、ソース、マリネなど、考えられるあらゆるものに加えることができます。

市場にはたくさんの選択肢があるので、料理酒を試してみるのに最適な時期です!

これをお試しください 牛ステーキの定番鉄板焼 酒・醤油 レシピ・作り方

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。