日本の火鉢 VS 鉄板焼きの説明

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 詳細情報

日本は間違いなく多くのイノベーションで世界を祝福してきました。 食品の世界では、彼らは確かにその地位を獲得しています。 最も有名な日本料理の XNUMX つは次のとおりです。 鉄板焼き 火鉢.

人々はよく鉄板焼きと火鉢を混同しますが、それは理解できます。 結局、ベニハナのような大きな「ひばち」レストラン チェーンに騙されてきたのです。

わかりました、多分「嘘をついた」は少し極端です。 しかし、これらの施設は、実際には鉄板焼きスタイルの料理で有名なのに、火鉢レストランと名乗っています。

鉄板焼きと火鉢焼きの違い

鉄板焼きと火鉢はまったく異なる 2 つの料理で、それぞれに独特の風味と料理の歴史があります。

最初の主な違いのXNUMXつは、鉄板焼きにはしっかりとしたフラットトップのグリドルが必要であるのに対し、火鉢には火格子付きのバーベキュースタイルのグリルが必要なことです。

私は日本料理が大好きなので、現在両方のタイプのグリルを持っています。 それらは、スタイルと生産する食品の種類の点で両方とも非常に異なります。

これら 2 つの調理スタイルの違いをすべて説明しますので、どちらがどちらであるかがわかります。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

鉄板焼きと火鉢の主な違い

鉄板焼きと火鉢の最も重要な違いは次のとおりです。

  • 鉄板焼きは平らな面で焼きますが、火鉢は丸いボウルまたは火格子付きのコンロを使用します。
  • 鉄板焼きは比較的若い (1945 年) のに対し、火鉢は何百年も前から存在しています。
  • 鉄板焼きはエンターテイメントとナイフのスキルに重点を置いていますが、火鉢はより伝統的なスタイルを持っています.

また、 私のトップ 4 火鉢シェフのナイフ あなたは考慮したいかもしれません。

鉄板焼きとは?

鉄板焼きは今や世界中に広がっていますが、正確には何ですか?

鉄板焼きは、鉄板を使って料理をする日本料理の一種です。

「鉄板」とは鉄板を意味しますが、 「やき」 焼き物という意味です。

これがシンプルな料理だと思っているなら、あなたは大間違いです. 鉄板焼きは最も複雑な食品の XNUMX つであり、この調理方法を習得するには高度なスキルが必要です。

鉄板焼きの歴史

鉄板焼きは、1945年に東京の三園というレストランチェーンで生まれました。 これにより、鉄板焼きは比較的最近料理の世界に加わりました。

興味深いことに、最初に導入されたとき、多くの地元の人々は鉄板焼きをまったく好きではありませんでした。 鉄板焼きは、不適切で非衛生的な料理であると批判されました。

しかし、鉄板焼きにはエンターテイメント要素が含まれているため、アメリカの兵士(そして後に観光客)はこの料理を愛していました. これには、ナイフ投げや火遊びなどの古典的なトリックがすべて含まれます。

気をつけてください、これらのタイプのトリックは信じられないほどのスキルを必要とします! 私は全体を持っています 最高の鉄板焼きのトリックに関する記事はこちら ナイフのスキルのすばらしいビデオを含め、これまでに見たことがあります。

ミソノはこれを利用して、主にこれらのエンターテインメント要素に焦点を当てました。 シェフがナイフと食材をジャグリングし、強烈な炎で危険なスタントをやってのけることで、彼らのリブランディングは確かに報われました.

鉄板焼は西に吹く

鉄板焼きは西洋文化で大ヒットしました。 間もなく、鉄板焼き専門のレストラン チェーンが世界中にオープンしました。

これらのタイプのレストランは技術的には鉄板焼き料理を専門としていますが、多くの人がこのタイプの料理を誤って参照しています (シェフが目の前で料理する場所 鉄板焼き)火鉢風料理として。

鉄板焼きは今日でも非常に人気があり、シェフはゲストの娯楽のためにスタントを取り入れています.

家で鉄板焼きが作れるのかと疑問に思われるかもしれませんが、間違いなくできます! 鉄板焼きは非常に洗練されているように見えるかもしれませんが、エンターテインメントの要素を取り除けばそれほど難しいことではないことがわかります。

鉄板焼きは自分で作れますか?

少し練習すれば、ご家庭で鉄板焼きの崇高な味わいをお楽しみいただけます。

特定のものを購入する必要があります 鉄板焼きグリル、しかし、それはそれほど高価ではありません。 私はちょうど買った プレストスリムライン 使いやすいAmazonから。

おいしい鉄板焼きのレシピがたくさんあり、さまざまな食材から選ぶことができます。 野菜の盛り合わせと一緒に、牛肉、エビ、ロブスター、鶏肉、ホタテなどの肉を試してみてください。 私はたくさん持ってる 私のブログの鉄板焼きレシピ あなたが始めるためにあなたがチェックアウトすることができること。

日本料理をすぐに始めましょう ここに私たちのトップ推奨ツールがあります

あなたが新人シェフの場合は、通常のビーフまたはチキンから始めてください. おかずを選ぶときは、主な食材と個人的な好みによって大きく異なります。 何を選べばよいかわからない場合は、野菜の盛り合わせが常に安全な選択肢です。

また、万一の事故に備え、防炎手袋の着用や消火器の常備をお勧めします。

見つけることができます 家庭での鉄板焼きについて詳しくはこちら.

火鉢(実は鉄板焼き)レストラン体験

火鉢は魚や肉を焼くだけではありません。 実際、誰もが試してみなければならない楽しくてエキサイティングな食事体験です。 教育的で楽しいだけでなく、もちろんおいしいものになることをお約束します!

米国では、火鉢はしばしばダイニングテーブルに統合されるドロップイン鉄板焼きグリドルに関連付けられています.

レストランのテーブル「火鉢」は、友人、家族、見知らぬ人がテーブルを囲んで一緒に食事をする共同テーブルのようなものです。 すべてのダイナーがテーブルの周りに集まり、マスターシェフがこれらの鉄板で調理するのを見るのは、まるでパフォーマンスのようです. 彼らはあなたのために料理をしているときにシェフと対話できるので、インタラクティブでユニークな食事体験を提供します.

日本では、仲間のダイナーが食事を共有し、飲み物を乾杯し、マスターシェフのパフォーマンスを応援することを期待できます. このタイプの雰囲気は、レストランでの社交や新しい人との出会いに最適です。 また、新しい食べ物を試すのにも最適です。

火鉢レストランの食事は、通常、同様の方法で始まります。 シェフは、最初にスクイーズ ボトルを使用してグリドルを油で覆い、次に全体を XNUMX つの壮観な地獄に点火します。

炎が見えると、食事が始まったことがわかります。 人々は通常、驚嘆し、興奮を声に出して表現します。 

シェフは料理をしながらこの劇的な才能を維持し、食事に興味を持ってもらいます。

シェフ

マスターシェフは熟練したシェフだけではありません。 また、火鉢レストランの鉄板焼きも経営しています。 これらのシェフは、センスの良い料理に熟練しており、XNUMX 日分のエンターテイメントに十分なカリスマ性を備えています。 

シェフは、素晴らしい料理を提供することは仕事の半分に過ぎないことを知っています。 ひばちレストランは、食べ物やお酒を口に含んだり、他の人が試飲するのを見たりするのが好きなあなたにぴったりの場所です。 グリドルの周りに食べ物が飛んでいるのを見るかもしれません!

飲み物

火鉢はほとんどの場合日本酒を伴います。

、日本の酒または清酒としても知られる、日本の国民的飲み物です。 作り方はワインというよりビールに近い。 通常、白い陶器で作られた東洋風の酒瓶とカップで提供されます。

日本酒は、冷やしたり、加熱したり、室温で保管したりできます。 それはすべて、あなたが飲んでいる日本酒の種類とその価格によって異なります。

装飾

ひばちレストランは、多くの場合、強い日本の伝統を持っています。 伝統的な装飾と色は、あまり目立たないミニマリストの建築と組み合わされています。

非常にシンプルな家具と薄暗い照明設定が期待できます。 繊細な照明により、常連客は食事、仲間のダイナー、そして体験に集中できます。 実際、装飾は食べ物ほど重要ではありません。

これらの施設の多くは、タオルスチーマーで温められたホットタオルを提供しています。 一部のレストランでは、テーブルにさまざまなソースを添えた中華スープ スプーンやソース皿を提供しています。

食品

醤油味、ダック味、ピリ辛ソース味など、好みに合わせて選べます。 焼肉のたれ は非常に一般的であり、他の人と共有する場合は XNUMX 回だけダンクする必要があります。 

ひばちの食事は通常、白米またはチャーハンで調理されます。 業務用の炊飯器でご飯を炊く様子を見る代わりに、シェフが鉄板焼きでご飯を炊く様子を見ることができます。

麺とタンパク質が豊富な料理は、次の食事体験です。 一般的な選択肢には、鶏肉、牛肉、豚肉、魚が含まれます。 野菜のサービングは、食事に栄養を加えることができます.

火鉢とは?

鉄板焼きとは異なり、火鉢は料理界の新参者ではありません。 それどころか、火鉢は何百年も前から存在していたと考えられており、その起源は古代日本にまでさかのぼります。

主に、火鉢グリルは操作にほとんどまたはまったくスキルを必要としないため、火鉢は簡単に作ることができます。

火鉢を発明したのは誰ですか?

火鉢は、日本人が金属調理器具を使い始めたときに最初に登場しました。

また、平安時代の西暦 79 ~ 1,185 年頃に発明され、最初のグリルは粘土で裏打ちされたヒノキ材でできていたという兆候もあります。

そのシンプルさから、火鉢は日本で最初の料理界への貢献のXNUMXつになりました。 時が経つにつれ、火鉢は豊かな日本の文化と混ざり合い、今日でも人気のある料理になりました。

火鉢の作り方

火鉢は、燃える炭で満たされたセラミックまたは木製のボウルの上にある熱い調理面で、肉、魚介類、野菜料理を焼きます.

どんな種類の木炭でも十分ですが、 びんちょうタン 独特の風味とスモーキーさが特徴のタイプが人気です。

火鉢の最大の魅力のXNUMXつは、親密なダイニング環境です。 あなたが友人であろうと見知らぬ人であろうと、すべてのゲストはホットグリルの周りに座って同じ食事体験に参加します。

座って火鉢ディナーをすれば、きっと楽しい時間を過ごせるでしょう。

また ビルトイン鉄板焼き火鉢グリルの記事を読む

歴史を通して火鉢

古代の火鉢グリルは今日でも入手可能であり、その優れた職人技とデザインは今でも人々を困惑させています。

歴史的に、火鉢は主に家の暖房に使用されていました。 時が経つにつれ、火鉢の用途は大きくなり、非常に多様になりました. 

第二次世界大戦中、火鉢は軍隊が戦場で食べ物を調理するために使用されました.

実際、第二次世界大戦前、火鉢は日本人が使用する最も一般的な調理器具でした. 鉄道駅、バス停、病院の待合室などの公共の場所で火鉢グリルを見つけるのは一般的でした.

自宅での火鉢グリルスキル

鉄板焼きと同じように、火鉢も家庭で簡単に作ることができます。 これの主な理由は、火鉢には鉄板焼きに必要な派手な操作がすべて含まれていないためです。

主に火鉢と炭が必要です。 ぜひ試してみたい このより伝統的なもの 近い将来、日本料理の全体的な感覚を得るためだけに。

これも使えます 卓上バージョン 家庭料理用にもっと持ち運びに便利なものが必要な場合。

初めての方には、シンプルな野菜やステーキがお勧めです。

通常、火鉢で料理を作るときは、「火鉢ソース」と呼ばれる特別なソースを使用します。 このタレを上手に使えば、料理は間違いなく美味しくなります!

鉄板焼きと火鉢どっちがいい?

ここで問題が発生します。どちらが優れていますか?

鉄板焼きと火鉢はそれぞれ独自の方法で優れていますが、最終的には、地理的な場所、好みの調理方法、および個人的な味の好みに依存します.

鉄板焼きは西洋文化で人気がありますが、火鉢は日本のスターであることでこれを補っています! 火鉢が日本で最も古い創作物の 2 つであることを考えると、火鉢は XNUMX つの料理の伝統的な勝者になるのに適しています。

一方、鉄板焼きは西洋文化に咲き、多くの西洋諸国で日本食の縮図となっています。 それはまた、熟練した日本人シェフの素晴らしいエンターテインメントスキルを表しています。

鉄板焼きも火鉢もそれぞれに素晴らしいと言えるでしょう。 どちらも素晴らしいフレーバーをテーブルにもたらすため、どちらが本当に最高であるかを議論するのは困難です.

また、お読みください。 これらの日本のテーブルマナーをご存知ですか?

火鉢と鉄板焼きの違いを知る

火鉢と鉄板焼きは、素晴らしい日本のグリル方法の 2 つの例です。 しかし、それらはまったく同じではありません。

鉄板焼きはフラットグリルを使用しますが、火鉢は「火鉢」を使用します。 これは、火鉢レストランが実際に鉄板焼きレストランであることを意味します!

とにかく、どちらもおいしいタイプの料理です。 どちらも独自の方法で素晴らしいので、まだ試していない場合は、両方を試してみてください. ご家庭で気軽にいろいろな料理を作ってみてください!

必ず訪問してください 購入ガイド より多くのグリルや調理器具については、この分野の調理を始める必要があります!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。