韓国人はどのくらいの頻度でラーメンを食べますか? 確認してみましょう

JoostNusselder著 | 更新しました:  December 15, 2020

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

見積もり – 日本料理の代名詞であることが多い料理は、世界のあらゆる場所で可能性を見出しています.

高級料理から日常の家庭料理まで、この料理はいくつかの文化に根ざしています。

しかし、日本人に人気があり、中国人に紹介されたにもかかわらず、世界で最もラーメンを消費している国は韓国です。

韓国人はどのくらいの頻度でラーメンを食べますか
Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

これは何かを明確にするのに適切な時期かもしれません。韓国人はラーメンをインスタントラーメンの韓国版であるramyunと呼んでいます。 その定義のおかげで、彼らは確かに彼らに触発されたとしても、料理を日本人であるとは見なしていません。

しかし、問題は、平均的な韓国人がラーメンやラーメンを食べる頻度はどれくらいかということです。

(この記事では、ラーメンが最も頻繁に参照されますが、ラーメンとラーメンをXNUMXつとして参照します 日本の新鮮なラーメンとして).

人口統計

調査によると、韓国ではインスタントラーメンの年間売上高は25億です。 平均的な韓国人は毎年約76パケットのインスタントラーメンを消費しています。

この料理は全国で広く人気がありますが、最もよく知っている人口統計は、XNUMX代半ばからXNUMX代後半までの学生です。

これにはいくつかの理由があります。

  • インスタントラーメンは、すばやく簡単に準備できる食事と見なされています
  • 茹でラーメンは準備に8分かかります(最大)
  • インスタントカップラーメンは時間がかかりません
  • インスタントラーメンはいくつかのフレーバーで提供されます
  • メーカーは、発泡スチロールのカップ、フォーク、トッピングを使って「オールインワン」の食事を作ります

また、お読みください。 韓国のキムパプと日本のおにぎり、XNUMXつの異なるご飯料理

これは問題ですか?

簡単な答えは次のようになります:はい、それは問題です。 ただし、この回答が適切な回答と解釈できない理由はいくつかあります。

食べ過ぎていたものはすべて問題と見なされる可能性があります。 したがって、より良い質問は次のようになります:ラーメンを食べるのは悪いですか?

繰り返しますが、答えはイエスです。 どうして? インスタントラーメンは、麺を一から作り、スープを何時間も煮込む伝統的なラーメンとは異なります。

インスタントラーメンは、ナトリウム、脂肪、炭水化物がかなり多いです。 インスタントラーメンまたはラーメンの典型的なパケットには、次のものが含まれます。

  • カロリー:240
  • 総脂肪:7g
  • ナトリウム:1040mg
  • 総炭水化物:38g
  • たんぱく質:5g

また、お読みください。 これは寿司vs韓国のキムパプです

結論

結論として、韓国人は世界のどこでも最も多くのラーメンを消費することが知られています。 ラーメンへのこだわりは、すぐに作れるからです。

しかし、インスタントラーメンはナトリウムとカロリーが高く、安全でない食事の選択になります。

また、お読みください。 これが日本と韓国のラーメンの違いです

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。