黒内包丁仕上:鍛造後、無垢仕上げで素朴な風合い

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

和包丁 さまざまな仕上げがありますが、ブレードが古くなったり未完成に見えるこの素朴で暗い仕上げがありますが、これは実際に多くのシェフが特に探しているものです!

黒内仕上げ、または鍛冶仕上げは、ナイフを仕上げる日本の伝統的な方法です。 木炭を使用して刃を磨き、暗いテクスチャーの表面を作成します。 この質感は、食品からの油を保持するのに役立ち、刃に魅力的なマットな外観を提供しながら、錆の蓄積を防ぎます. 

では、このナイフ仕上げとは何ですか? また、なぜそれが望ましいのでしょうか? この記事では、それが何であるかを説明し、その長所と短所について説明します。

黒内包丁仕上:鍛造後、無垢仕上げで素朴な風合い

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

黒内包丁仕上げとは?

黒内 ナイフ仕上げ 鍛冶のスケールをブレードに残すことを含む伝統的な日本の鍛冶技術であり、ブレードスミスに応じて、より滑らかまたはテクスチャーのある素朴で暗い外観を与えます. 

クロウチ仕上げはマットに見えますが、 スーパーポリッシュミガキ仕上げ

この日本の刃物仕上げ方法は、刃に鍛造スケールを残すことを含みます.

鍛造スケールは、加熱されたときに鋼に形成される酸化層です。 この酸化層により、ブレードは暗く素朴な外観になります。

黒内包丁は耐久性と切れ味の良さ、独特の風合いで知られています。 また、炭素鋼ナイフの反応性を低下させます。

黒打ち仕上げは、刃を高温で加熱し、油で焼き入れて仕上げます。

このプロセスは、ブレードを腐食や摩耗から保護するのに役立つ硬質の保護層をブレードに作成します。

黒内仕上げは、研ぎの最も低い形であり、刀鍛冶の手間はそれほど必要ありません。

しかし、多くの日本人はこの仕上げを好んでいます。なぜなら、熟成が非常に良く、食物の放出が改善されるからです. 

クロウチは、人気のある和包丁の仕上げの中で最も研ぎ澄まされていないことに注意することが重要です。

これは従来の研磨されていない仕上げであり、ナイフにはまだ鍛造プロセスの黒いうろこ状の残留物が残っています。 

クロウチ仕上げの黒鍛造パティナは非常に安価で、精錬されていないため生産コストが大幅に削減されます。

したがって、これらのナイフはほとんど常に安価です。 

ただし、欠点が XNUMX つあります。クロウチ仕上げは他の仕上げよりも早く錆びる可能性がありますが、ナイフが適切に維持されている限り、実際には問題にはなりません。 

クロウチ包丁は耐久性が高く、日常の厳しい使用にも耐えられるため、プロのキッチンでよく使用されます。

また、どんなキッチンにもスタイルのタッチを加えることができるユニークな外観を持っています。

牛刀, 三徳, きりつけ 人気の黒内仕上包丁です。 

ヨシヒロは豪華になります(高価ですが) 黒鍛造牛刀包丁 クロウチ仕上げの万能包丁が欲しい方に。

豪華な(高価ではありますが)黒鍛造牛刀シェフナイフは、黒内仕上げの万能ナイフが必要な場合

(他の画像を見る)

すべての和包丁は黒内仕上げにすることができますが、これらは低研磨の刃と見なされるため、人々にはあまり人気がありません.

ほとんどのシェフや家庭料理人が好む 滑らかな磨かれた外観 (ミガキ) or 名物の槌目(つちめ)

黒内 とはどういう意味ですか?

日本語の黒内という用語は、英語で「最初の黒」と訳されているか、「鍛冶屋の仕上げ」を意味する場合もあります。

これは、黒内包丁の製造に使用される日本の伝統的な鍛冶方法への言及です。

この用語は、鍛冶屋が木炭を使用して刃を磨き、刃に暗い質感のある仕上げを残す方法を説明していました. 

したがって、最初の黒は、この特定のブレード仕上げの未完成の側面への参照です. 

黒内仕上げは関係ありますか?

実際には、異なる仕上げの視覚的な違いは、ナイフの機能に影響を与えません。

一部のシェフは、食品が刃にくっつかないようにするため、特定の仕上げが他の仕上げよりも優れていると主張しています. 

したがって、一部の料理人は、特定の仕上げが他の仕上げよりも優れた性能を発揮したり、食品が刃から簡単に払い落とされたりすると断言する場合があります.

ただし、これは完全に任意です。 

クロウチ仕上げは美的に満足できる仕上げであると考える人もいれば、未完成で見苦しいと考える人もいます。 

では、クロウチ仕上げは機能的ですか?

全体的に、いいえ。 しかし、何人かのシェフが指摘しているように、それは料理中に彼らを助けることができます.

黒内包丁は耐久性と強度で知られていますが、時間の経過とともに仕上げがすり減ります. 

仕上げにより刃が滑らかになり、スライスや研ぎの際の摩擦が軽減されます。

さらに、鍛冶仕上げにより、ナイフの表面に食べ物が付着したり錆びたりするのを防ぎます。つまり、時間の経過とともに必要なメンテナンスが少なくなります。

最終的に、黒内包丁はどんなキッチンにも最適です。

伝統的な鍛冶の自然な外観と感触を好むシェフや家庭料理人に最適です。 

耐久性のある特性、最小限のメンテナンス要件、魅力的なマット仕上げを備えたクロウチ ナイフは、料理の冒険にスタイルと機能の両方をもたらします。

ただし、包丁の性能は、見た目の仕上げよりもナイフの技術に大きく影響されることに注意することが重要です。 

しかし、ナイフの外観が誰かの感情に影響を与える可能性があると言っても過言ではありません. 

素敵な器で料理をすることで、愛着がわき、仕事が楽しくなる可能性が高くなります。

高品質の道具や調理器具を使用しているため、料理に非常に情熱を傾ける人もいます。 

真剣に包丁研ぎをするなら、 超精密な角度の研ぎ治具の購入を検討(レビュー)

なぜ黒内包丁の仕上げが重要なのか?

黒内仕上げは、ナイフに独特の外観と感触を加えるために重要です。 他の仕上げでは実現できない素朴で伝統的な外観を与えます。

これは、伝統的な和包丁を探している人にとって魅力的です。

黒内仕上げの新しい牛刀は、実際には時間の経過とともに緑青が増したように見え、おばあちゃんから受け継いだ古い本物のナイフのように見えることがあります. 

しかし、クロウチはブレードに保護層を追加し、耐久性と耐腐食性を高めます. 

さらに、ナイフメーカーの職人技を披露する素晴らしい方法です。

また、黒打ち仕上げにより刃に独特の風合いが加わり、握りやすく使い心地が良くなりました。 

最後に、ちょっとしたキャラクターを追加するのに最適な方法です。 ナイフ、製作 それは群衆から際立っています。

全体として、クロウチ仕上げはナイフ製作の重要な部分であり、ナイフに多くの価値を追加します.

黒内仕上げはどのように行われるのですか?

代々受け継がれてきた黒打ち包丁の鍛冶技術。 

クロウチは、熱処理と鍛造による単なる鍛造スケールです。 

暗黒酸化鉄は、酸素が豊富な雰囲気で鍛造または熱処理に必要な温度に加熱されると、鋼の表面に成長します。 

西洋のナイフ製造では、黒内層はブリュット・ド・フォージと呼ばれることがよくあります。

このプロセスは、鍛冶屋が木炭を使用してナイフの刃を加熱して研磨することから始まります。 

このバニシングは、追加の研磨やバフ研磨なしで、暗いテクスチャーのある表面を作成します。

その後、刃を油や水で冷やして冷やせば黒打ちの完成です!

鍛冶のプロセスは、クロウチナイフに独特の外観と感触を与えるものです.

目的の結果を得るには、熱、タイミング、および技術を正確に制御する必要があります。

黒内刃仕上げの歴史は?

黒内包丁仕上げは何世紀にもわたって行われてきました。

日本では江戸時代 (1603 ~ 1868 年) に刀鍛冶が耐久性と防錆性を求めて開発しました。 

このより初歩的な仕上げは、16 世紀後半に熟練した刀鍛冶によって開発されたと言われています。 

この技法では、炭化粘土の層をブレードに適用し、それを加熱して水中で急冷します。

これにより、腐食や摩耗に強い硬質の黒色仕上げが作成されます。

長年にわたり、黒内包丁仕上げは進化し、人気が高まっています。 包丁からハンティングナイフまで、様々な包丁に使用されています。 

近年では、その耐久性と防錆性から、料理人や家庭料理人にも人気の素材となっています。

詳細 錆びた和包丁をもう一度きれいにする方法

黒内仕上包丁のお手入れ方法は?

黒内包丁はメンテナンスが比較的簡単で、特別なお手入れも必要ありません。

ただし、他のナイフと同様に、時々刃をきれいにして油を差すことが重要です。

こうすることで、つや消し仕上げを新鮮に保ち、錆や変色を防ぐことができます。

黒内仕上げ包丁のお手入れには、柔らかい布と温かい石鹸水を使用してください。 刃に損傷を与える可能性があるため、研磨剤を使用したり、強くこすったりしないでください。

ナイフがきれいになったら、タオルで乾拭きし、表面を保護するために植物油を薄く塗ります。

クロウチ仕上げの包丁は食器洗い機に入れないように注意してください。仕上げがすぐにすり減ってしまいます。

その上、食器洗い機は貴重な和包丁を台無しにする傾向があります!

最後に、錆を防ぐために、黒内仕上げのナイフを清潔で乾燥した場所に保管してください。

これらのナイフは頻繁なクリーニングや注油を必要としないことを覚えておくことが重要です。必要な場合のみです。

さらに詳しく 和包丁のお手入れとメンテナンスについてはこちら

黒内 vs 梨地

黒打ち(くろうち)とは、鋼を露出させたまま仕上げる和包丁のことです。 これにより、ブレードに素朴な外観と感触が与えられます。 

梨地は和包丁仕上げの一種 磨き上げることで、梨のような模様のある滑らかな光沢のある刃になります。 

黒内仕上げはより耐久性があり、より多くの磨耗に耐えることができますが、梨地仕上げはより審美的です.

黒内vs土目

黒打ち(くろうち)とは、鋼を露出させたまま仕上げる和包丁のことです。 これにより、ブレードに素朴な外観と感触が与えられます。 

土目は和包丁仕上げの一種です それはハンマーで叩かれ、ブレードにテクスチャーのある外観を与えます。

これらの刃には小さなへこみがあり、食品が刃の側面にくっつくのを防ぎます。 

黒内仕上げはより耐久性があり、より多くの磨耗に耐えることができますが、土目仕上げはより視覚的に魅力的です. 

よくあるご質問

クロウチ仕上げは緑青がありますか?

緑青は、時間の経過とともに金属の表面に形成される酸化の薄い層です。 

酸化が刃を腐食から保護するのに役立つため、黒内仕上げのナイフでよく見られます。 

緑青はまた、酸化によってさまざまな色や模様を作り出すことができるため、ブレードに独特の外観を与えることもできます。

しかし、緑青とクロウチ仕上げは別物です。 クロウチはあくまでも包丁仕上げの一種です。

緑青は、時間の経過とともに金属に現れる層です。 それは摩耗の真の兆候です。 

黒内はファーストブラック仕上げと同じ?

はい、これらの XNUMX つの用語は、日本語で黒内としても知られている同じ未精製で野蛮なナイフ仕上げを指します。

初黒は、刃を高温で加熱した後、油で焼入れて仕上げるタイプです。 

この仕上げは伝統的な和包丁に多く見られ、「黒打ち」仕上げとも呼ばれます。

仕上げは、刃を高温で加熱した後、油で急冷することにより、濃くマットな仕上がりになります。

黒内仕上げはすり減りますか?

はい、黒内仕上げは時間の経過とともに剥がれます。 磨きもバフ掛けもしていない素朴な仕上げだからです。 

刃を高温に加熱し、油で焼き入れて作られています。

このプロセスにより、非常に耐久性のある炭化鋼の保護層がブレードに作成されますが、それでも摩耗や損傷を受けやすい. 

黒内仕上げは、刃を頻繁に使用し、適切に手入れをしないと摩耗し始めます.

黒内仕上げは他の和包丁仕上げとどう違うのですか?

黒内仕上げは、研ぎやバフがけをしていないため、他の和包丁とは異なります。 

刃を高温に加熱し、油で焼き入れて作られています。

このプロセスにより、非常に耐久性のある炭化鋼の保護層がブレードに作成されます。 

和包丁特有の素朴な風合いが特徴の黒打ち仕上げ。 

本霞などの他の和包丁仕上げは、より洗練された外観を作成するために研磨およびバフ仕上げが施されています。

クロウチは、ブレードに素朴で未完成の外観を求める人に好まれます。 

まとめ

クロウチ仕上げは、ブレードに独特の外観と感触を与える伝統的な日本のナイフ仕上げであり、ユニークでスタイリッシュなナイフを探している人にとって素晴らしいオプションであることがわかります. 

この仕上げの決定的な特徴は、その暗く素朴な外観であり、かなりよく熟成します. 適切なお手入れにより、黒内仕上げの包丁を末永くお楽しみいただけます。

次を読む: 和包丁の寿命は?

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。