日本のパンはなぜこんなに美味しいのですか? これがとても柔らかくて乳白色の理由です

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

日本のパンがどうしてあんなに柔らかくてミルキーなのか不思議に思ったことはありませんか?

隠し味は中国語で「水ルー」を意味する「湯中」。 この混合物はパン生地に水分を与え、軽くて風通しの良い食感を与えます。 湯種式は、ゼラチン化デンプンを沸騰させることでパンの中に水分が閉じ込められるため、パンが滑らかでふわふわに仕上がります。

日本のパンはお餅のような食感で、まろやかな食感が特徴です。

日本のパンはなぜふわふわで美味しいのか

ミルクパンは作ったその日の温かいうちが一番おいしいです。 バターとお好みのジャムを塗り、バターを塗ります。

トーストも美しく、朝食にぴったりのパンが出来上がります。 サンドイッチ用のパンも美味しいです。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

湯種とは何ですか?

TangZhong は、プリンを思わせる 165oF/74oC まで加熱された半調理済みの水と小麦粉の混合物に与えられる用語です。

糊化されたデンプンは水分を保持する傾向があるため、パンがさらに柔らかくなり、ふわふわになります。 パンが重要な食料である米国西部に住む人々にとって、そのような農法はあまり馴染みがありません。

考古学と古代史によると、パンは約30,000万年前から食べられていたようです。 はるか昔に古代エジプトや中東でパンが作られていたという広範な証拠があります。

現在に遡ると、パン作りの技術全体が、あらゆる大陸のさまざまな場所でさまざまな方法で即興で作られています。

なんでふわふわのパンなの?

湯種製法はパンをふっくらと柔らかくし、パンをパサつきにくくします。 生地中で加熱された糊化デンプンは、パン内の小麦粉の水分を保ちます。

日本のパンはお餅のような食感で、もっちりとした食感と滑らかな食感が特徴です。 通常、このような研究は Yud と呼ばれます。

なぜアジアのパンはヨーロッパのパンよりも柔らかいのですか?

脂肪と砂糖と 日本の小麦粉「唐中」 パンの食感に大きな違いがあります。 レシピは日本で開発されたレシピをベースにしています。

和風生地はパイ生地を日本風にアレンジしたもの。

食パンは日本で買えるサクサクでおいしい食パンです。 ふわふわでしっとり、信じられないほど長いです。 湯種製法により普通のパンとは異なります。 とても柔らかそうに見えます。

湯種法とは?

ゆだね パン粉を熱湯でかき混ぜることによって得られます。 ゲル化デンプンは、デンプンがより効率的に水分を吸収し、吸収するほどに甘味を増すのに役立ちます。

熱湯を使うとイースト菌がゼラチン状になり、柔らかくしっとりとした甘いパンが長持ちします。

日本のおやつパン

この独特のスタイルのパンは、1874 年に東京の銀座地区にある有名なパン屋「木村屋」から始まりました。1869 年に元武士の麹山安部が息子とともに現在の新橋の近くに店を開きました。

彼はロールパンにあんこを加えて、今ではどこにでもある日本のあんぱんを作りました。 あんぱん登場後、 スナック パンは日本を急速に多様化させました。

彼が最初のパンの販売を開始したのは 1917 年で、すぐに最初から作られたソフト ビスケットやクッキーに置き換えられました。 彼らがインドの食事や文化に影響を与えたと信じている人もいます。

日本のミルクパン

日本のミルクパンは、おそらくこれまで出会った中で最も軽く、ふわふわで柔らかいパンでしょう。 サンドイッチからトーストまで毎日のパンとして最適なので、ぜひ試してみる価値があります。

日本にいるとそれしか手に入らないが、これほど柔らかくて軽いパンがあれば、それほど重要ではない。

これらの方法は少し珍しいように思えるかもしれませんが、それほど珍しいことではないアプローチと材料の組み合わせにより、このパンは完璧に軽くて柔らかいものになります。

このパンは、毎日の使用だけでなく、完璧にパン粉をまぶしたトーストにも最適です。 このブログには、販売に基づいて収入を得ることができるスポンサー リンクが含まれている場合があります。

食パン–日本の牛乳パン

食パンは、日本でよく見かけるふわふわの白いパンです。 湯種システムにより、非常に柔らかく、通常のパンよりも水分を長く保ちます。

ヤイダン製法で製造しているため、通常のパンよりも水分を長く保ちます。

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。