ほねすきvsはんこつ あなたに合う包丁は? 違いを解説!

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

食肉処理では、牛肉、豚肉、鶏肉の骨から肉、筋、脂肪を分離するために、鋭い刃と先端を備えた丈夫な和包丁が必要です。 

しかし、この作業に最適なナイフの種類は何ですか?

さて、XNUMX つの優れたオプションがあります。 ほねすき 家禽の骨抜きナイフと ハンコツ 肉切り包丁。 

ほねすきvsはんこつ あなたに合う包丁は? 違いを解説!

ほねすき包丁は家禽の骨を取り除くために使用され、半骨包丁は骨から肉を切るために使用されます。 ほねすき包丁は尖った三角形の包丁で、半骨包丁は平たい長方形の包丁です。 

間の決定を助ける必要がある ほねすきナイフ > ハンコツナイフ? 心配しないで; 私たちはあなたをカバーしました! 

この投稿では、この XNUMX つの違いを分析して、十分な情報に基づいた決定を行えるようにします。 肉を定期的に解体して処理する場合は、おそらく両方が必要です!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

ほねすきvsはんこつナイフ:違いは何ですか?

  • ほねすき用: 家禽の骨抜き、屠体からの肉の除去、鶏肉と七面鳥肉の加工
  • ハンコツ利用: 枝肉の骨抜き、大型肉の解体、牛肉・豚肉の加工

ほねすきもはんこつも 和包丁 肉の加工に使用。 これらは両方とも、鶏肉やその他の肉の解体や準備に使用される日本の包丁です。 

日本のシェフや肉屋は、通常、これらのナイフの両方を使用して、料理の肉を準備します. しかし、一部の家庭料理人は、精度と切れ味のためにこれらの小さなナイフも使用しています。 

ただし、これらのナイフのそれぞれには、設計された特定の種類の肉を処理する能力を高める品質があります。 

それぞれのナイフの違いを比較することで、それぞれのナイフが意図した用途に合わせてどのように作られているかがわかります。

ただし、この XNUMX つにはいくつかの重要な違いがあります。

形状と用途

骨すきは、家禽の死体の骨を取り除いたり準備したりするために使用される直刃の三角形のナイフです。

狭いスペースに入って骨を取り除くのに理想的な鋭く尖った先端と、頑丈な関節を切断するためのてこ作用を提供する頑丈で厚い背骨を備えています。 

狭いスペースに入って骨を取り除くのに理想的な鋭く尖った先端と、頑丈な関節を切断するためのてこ作用を提供する頑丈で厚い背骨を備えています。 

ほねすきは鋭い刃でも知られており、肉をスライスしたりさいの目に切ったりするのに最適で、鋭い先端により、鳥のデリケートな部分 (胸など) を肉を傷つけることなく取り除くことができます。

一方、ハンコツは、骨から肉を取り除くために使用される頑丈なナイフで、鋭い先端を持つまっすぐな刃を持っています.

主に肉の大きな切り身を切り分けるために使用される、より厚くて短いナイフです。

ほねすきよりも背が太く、刃が短いため、骨を切り裂くときのパワーとコントロールが向上します。 

どちらのナイフも特定のタスク向けに設計されており、高品質の素材で作られています。

ほねすきは家禽の骨を取り除くために設計されており、半骨は脂肪、筋、筋を切り、骨から肉を取り除くために設計されています. 

設計

ほねすきは片刃の三角刃、半骨は片刃の直刃です。 

形状的には、穂先が尖った三角形の刃をもつ包丁です。

背は柄の部分が太く、先端にいくにつれて細くなっていきます。 このタイプのブレードは通常の日本のヒールよりも高いです。

通常、かかとから先にかけて曲がりがなく、刃全体が研ぎ澄まされているため、包丁の扱いには注意が必要です。 

それに対してハンコツは、刃先から柄まで太めですが、皮や肉を簡単に突き刺せる鋭利な刃先を持っています。

実際のヒールはありませんが、ブレードの「ヒール」にはあまり高さがありません。 

だから、刃の腹は小さいです。

興味深いのは、かかとから刃の最初の XNUMX 分の XNUMX が通常研がれていないことです。そのため、屠殺中に手のひらが刃の上を滑っても、ユーザーが怪我をすることはありません。 

もう一つ注目すべきは、ハンドルの違いです。

骨すきは、より細い八角形または丸い和柄を持っていますが、半骨は通常、よりかさばって太い柄を持ち、握りやすくなっています。

についてすべてを学ぶ 和包丁の柄と洋包丁の柄の違いはこちら

切断方式

切り方とは、包丁の持ち方です。

注意すべきもう XNUMX つの重要な違いは、ハンコツ ナイフが逆のグリップで保持されているため、ぶら下がっている枝肉の骨から肉を切り刻むときに上下に移動できることです。

ほねすきは通常、そのように保持されません。 

リバースグリップナイフとは、ハンドルを握っている手の反対方向に刃を向けてナイフを持つことを指します。

これは、ブレードがハンドルを握っている手と同じ方向を指す従来のフォワード グリップとは対照的です。

リバース グリップは、従来のフォワード グリップほど一般的ではありませんが、リバース グリップがより多くのコントロール、パワー、または汎用性を提供する特定の状況で使用されます。

たとえば、シェフは正確なカットを行うときや限られたスペースで作業するときにリバース グリップを使用する場合があります。

しかし、半骨ナイフは、チャックやブリスケット、またはぶら下がっている枝肉などの大きな切り身から肉を切り分けるために使用されるため、骨から肉を刺してスライスできるようにするには、ナイフを逆に握る必要があります. 

ほねすきナイフを使用して家禽の骨を取り除く場合、ナイフは通常通常の位置に保持されますが、特別な 日本のナイフスキル 使用されています。 

ほねすき包丁とは?

ほねすき包丁は非常にユニークな外観をしています。

直訳すると、骨スキという名前は単に「骨のナイフ」を意味し、通常は 4 ~ 6 インチの短いナイフです。

ナイフの三角形の刃には、非常に鋭いドロップ ポイント チップがあり、クリップ ポイントまたは逆タント チップとも呼ばれます。

ほねすき包丁は、ハンコツ包丁と同じように骨抜き包丁ですが、ニワトリ、ウズラ、シチメンチョウ、その他の鳥に使用することを意図しています。 

これらの限られた場所で正確なカットを作成するために関節に押し込むと、先端の設計は強度を提供します。

また、この先端により、家禽の皮を簡単に突き刺すことができます。これは、他の先端デザインのナイフでは非常に困難な場合があります。

ほねすきは軽くて薄い包丁でありながら、刃の中に十分な厚みがあるため、切れ味が持続し、切れ味が長持ちします。 

ブレードの柔軟性はブランドによって異なりますが、非常に硬いブレードや、肉を骨から切り離しやすくする少し柔軟性のあるブレードを見つけることができます. 

ただし、このナイフの刃は骨を切り裂くほど強力ではありません。

ナイフは軽量ですが、ほとんどの西洋スタイルの骨抜きナイフとは異なり、刃はまだかなり硬いです.

したがって、鶏の枝肉をXNUMXつに切るのではなく、骨スキを使用して、胸骨と手羽、脚、太ももから胸を分離する必要があります. ナイフを使用して鶏の枝肉を分割する代わりに、包丁を使用します。

伝統的な骨すき包丁は、刃の片面だけが研がれている片面取りの刃を持っています。

また、それらは高品質の鋼でできており、先端が鋭い三角形です。

全体として、骨スキは家禽の関節を分離するための優れたツールであり、軟骨や骨を切断するためにも使用できます. 

骨すきは、野菜を切ったり、魚を切ったりと、さまざまな用途に使える万能包丁です。

鋭利な先端で正確に切断できるため、軟骨や骨を切断するのにも最適です。

ブレードは通常非常に薄いため、スライスやダイシングに最適です。 また、かなり軽いので取り回しも楽です。

ハンコツナイフとは?

はんこつナイフは、大きな肉の切り身や解体に使用される日本の伝統的な包丁です。

ぶら下がっている動物の死体の骨から肉を取り除いたり、チャックやリブのような大きな肉のカットを処理したりするために使用されます. 

通常は炭素鋼で作られた片刃のブレードで、ストレート エッジと逆タント チップを備えています。

ハンコツは比較的短いナイフで、通常は長さ 4 ~ 7 インチです。

ハンコツ包丁は、切る、スライスする、骨を抜くなど、さまざまな作業に使える万能な道具です。

独特の形状とデザインを持つユニークなナイフです。

刃は厚くて重く、先端は鋭く、かかとはありません。実際、かかとのない唯一の和包丁の XNUMX つです。 

ハンドルは通常、木製またはプラスチック製で、しっかりと握れるように設計されています。

ハンコツナイフは耐久性でも知られています。 多くの摩耗や損傷に耐えることができるため、プロのシェフや肉屋に最適です。

ハンコツ包丁は、大きな肉を細かく切るのに最適な道具です。

硬い関節や骨を切るのに最適で、厚い脂肪の層を簡単にスライスできます.

トリミングや骨抜きにも最適で、肉屋やシェフに欠かせないツールです。

また、耐久性があり、多くの磨耗に耐えることができるため、プロのシェフや肉屋にとっても優れた選択肢です。 

そのため、大きな肉を切るための信頼できる包丁を探しているなら、ハンコツ包丁が最適です。

要約

結論として、骨すきと半骨は、どちらも用途の異なる優れた包丁です。 ほねすきは家禽に最適ですが、はんこつは固い肉に最適です。 

家禽の骨を取り除くときは骨すきナイフが最適ですが、牛肉や豚肉を処理しようとするときは、より強く頑丈なナイフであるため、ハンコツの方が適しています. 

どちらのナイフも家庭のキッチンに欠かせないものなので、追加したい場合は両方を検討する価値があります あなたの日本のナイフコレクション.

忘れないで 大切な和包丁を大切に、そして彼らはあなたの世話をします!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。