柳葉包丁とは?日本人は何に使う?

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 さらに詳しく

魚の薄い刺身を食べたいと思ったことはありますが、日本のシェフがどのようにそれを行うのかわかりませんか? あなたの最善の策は、専用のナイフを入手することです。

柳刃包丁(柳刃包丁)は、魚を切るのに最適な長くて薄い刃である柳刃包丁を意味します。 のタイプです 刺身防長 (刺身 = 生の魚、棒長 = ナイフ) 刺身や寿司用に生の魚をスライスします。 刺身の切り身は、通常の包丁では出せない滑らかでつやがあり、鋭い切れ味でなければなりません。

このガイドでは、この専門包丁について知っておくべきことと、寿司職人がこれなしではいられない理由をすべて説明します.

柳葉とは

柳葉は、これらの鋭い切れ味に対応できるように特別に設計されています。

この設計は、次の結果を達成するのに役立ちます。

  • 長さ: 刃の長さが 9 ~ 12 インチの鋭利な長い刃を備えており、引き戻すことで魚を一方向にのみ切断します。 前後にカットすると、完璧な光沢のあるシャープなカットにはなりません。
  • 厚さ: 刃が非常に薄いため、力を入れずにスライスできます。 カットに力を加えると、魚をスムーズにカットするよりも引き裂いたり、つぶしたりします。
  • すくったデザイン: よくデザインされた柳葉は、切った後に刃から魚のスライスを簡単に取り出せるように、後ろがすくい出しています。
  • 硬度と靭性: 日本刀と同じように耐久性と切れ味の一貫性を実現。 ブレードは XNUMX 枚のスチール シートの組み合わせで形成されており、より硬いスチールの内側のコアに柔らかいアウター ジャケットが巻き付けられています。
  • シングルアングル: 柳刃の刃は片面のみに角度があり、刃の反対側は平らです。 これにより、刃の角度を制御して繊細なカットを行うことができます。 研ぎやすさ。

ほとんどの洋包丁は押して切るのに使われますが、ほとんどの包丁は 和包丁 代わりに引っ張って切るために使用されます。 洋包丁とは異なり、柳刃はみじん切りやさいの目に切るためのものではありません。 スライスナイフなので、長く滑らかなストロークを作るために使用してください。

柳刃包丁を使った切り身 刺身と寿司の生魚.

しかし、ナイフを使って、巻き寿司、海苔、きゅうり、アボカドなどのロールパンの詰め物を切ることもできます。

さらに、この長くて薄い刃は、鮭などの魚の皮を剥ぐのに最適です。

柳刃包丁は、繊細な作業ができるナイフを必要とする寿司職人やその他の料理の専門家に最適です。

しかし、あなたがプロのシェフでなくても、柳刃はあなたの台所の武器に便利な追加になることができます。

ただ注意してください、シングルベベル日本の寿司ナイフは右利きの人に最適です. 左利きの場合は、ダブルベベルまたは特別に細工されたものを入手するのが最も安全です 左利きの寿司ナイフ.

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

寿司や刺身ナイフとは何ですか?

寿司または刺身ナイフは、寿司または刺身を準備するために特別に設計された包丁の一種です。

ご存知のように、 寿司と刺身は日本料理です 伝統的に生のシーフード(魚、イカ、タコなど)とご飯で構成されています。

これらの料理の性質を考えると、生の魚を簡単にスライスできる鋭いナイフを持っていることが重要です。

また、魚、野菜、米に非常に薄いスライスと正確な装飾的なカットを作成する必要があります。

柳刃は寿司ナイフと同じですか?

寿司ナイフという用語 柳刃包丁、広刃包丁、魚刀、その他の骨抜き包丁など、あらゆる種類の包丁を指します。

柳刃は長くて細くて鋭い寿司ナイフの一種です。 刺身のスライスに使用され、魚の切り身にも使用できます。

ですから、基本的な答えは、柳刃がすべての種類の寿司や刺身ナイフを指すわけではないということです。

柳葉と筋引の違いは?

どちらもスライサーナイフですが、 柳葉は魚をさばくために特別に作られており、刺身や寿司に特に適しています。 少し高めの針状の刃でより用途が広く、骨のない肉の切り身から脂肪と結合組織を切り取るのに最適です。

まとめ

柳刃は魚をさばく専用の包丁で、魚をさばくのに最適な道具です。 ただし、最も用途の広いナイフではないため、寿司職人に最適です.

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。