筋引包丁:それが何であり、なぜそれが必要なのかを知る

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 詳細情報

肉や魚を切るのは、切れ味の良い包丁がないと難しいです。

間違った種類の包丁を使用すると、食品を傷つけ、正確できれいなカットを行うのが難しくなる可能性があります。

そこで活躍するのが筋引包丁です!

筋引包丁とは

筋引きは、肉、魚、その他のデリケートなアイテムをスライスするために通常使用される長い日本のスライス ナイフです。 これは、従来のシェフのナイフに代わる小型で軽量の代替品であり、より正確なカットを可能にする薄いブレードを備えています。 

筋引き包丁は、寿司や刺身の準備だけでなく、ステーキやローストから脂肪を取り除くための優れた万能ツールです.

強度と柔軟性の微妙なバランスにより、このタイプのナイフはあらゆるキッチン作業をこれまで以上に簡単にします。

このガイドでは、筋引き包丁の特徴、使い方、なぜ日本人シェフに愛されているのかを説明します!

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

筋引き包丁とは?

スジヒキナイフ(スジヒキと発音)は、日本のスライスナイフの一種です.

通常はダブルベベルで、高炭素鋼で作られた長くて薄いブレードを持っています。 

刃の細長い形状により、肉や魚を長いスライスで切ることができます。 

見る 私のお気に入りの筋引ナイフと完全な購入ガイドはこちら

筋引包丁の面白いところは、 伝統的な和風片刃包丁.

西洋の彫刻刀の影響を受けた西洋風の刃ですが、刃幅が狭く、刃先が鋭くなっています。 

この日本のスライスナイフは、寿司や刺身の生魚をスライスするだけでなく、肉や野菜をスライスするなどの他の作業にもよく使用されます.

の代替品としてよく使われます。 有名な柳葉魚と寿司包丁.

薄い刃は正確で繊細なカットを可能にし、長い長さは大きな肉も簡単にカットできます。 

筋引き包丁の刃は、通常、伝統的な洋包丁よりも長くて薄く、正確な切断を可能にする二重の面取りを備えています。

ほとんどのブレードの長さは 210 ~ 360 mm (8.2 ~ 14 インチ) です。

筋引包丁は切れ味の良さでも知られ、上質な鋼と 日本伝統の研ぎ技術.

刃の長さは通常 8 ~ 10 インチです。 ハンドルは通常、木、プラスチック、または金属でできています。 

筋引き包丁は、肉、魚、野菜などの薄切りをスライスしたり、そぎ落としたりするのに使用されます。 また、刺身の薄切りにも最適です。

筋引き包丁は、寿司職人やプロの料理人にとって欠かせない道具です。 また、レストラン品質の料理を作りたい家庭料理人にも人気があります。 

筋引き包丁の主な特徴は?

筋引包丁の主な特徴は次のとおりです。

  • 長くて薄い刃: 筋引包丁の刃の長さは、通常、210 ~ 270 mm で、先端が尖っています。 360mmものロングモデルもあります。 
  • ダブルベベルエッジ: 筋引包丁の刃先は通常、両刃で、わずかにカーブしており、両側が研がれています。
  • 洋式ハンドル: 多くの筋引き包丁には、通常、木材、プラスチック、または複合材料で作られており、握りやすい西洋式の柄が付いています。
  • 軽量: 筋引き包丁は一般的に軽量で、取り扱いや操作が簡単です。
  • 汎用性: 筋引き包丁は、肉や魚のスライス、切り分け、切り身など、さまざまな用途に使用できます。

筋引き包丁とは?

直訳すると「フレッシュ スライサー」(次のデッドプールの悪役のように聞こえます)となる筋引きナイフは、主にスライスに使用されます。

これは、スライスナイフやカービングナイフの機能を取り入れた筋引きのユニークなデザインと、非常に鋭く、非常に軽く、非常にコントロールしやすい独特の日本的なタッチに起因する可能性があります.

上記の特徴により、すじ引きは肉を非常にスムーズにカットし、魚などのさまざまなタンパク質カットの切り身、スライス、皮をむくのに理想的なオプションと考えられています.

筋引きは、ロースト チキンを切り分けて胸肉を取り除くのに最適な包丁です。 

このナイフは、感謝祭の七面鳥を傷つけずに肉をスライスするのにも最適です。 

また、魚の切り身にして骨を取り除いたり、肉の切り身から脂肪や筋を取り除いたりするためにも使用できます. スジヒキは、寿司や刺身の包丁として魚の下ごしらえによく使われます。 

ナイフの細い刃とやや鋭い刃先角度により、食材を切るのに必要な労力が大幅に軽減されます。 

筋引きが料理人に好まれる理由の一つは、刃の角度が鋭く、切れ味が非常に鋭く、正しい切り方をすれば、肉の細胞の損傷がほとんどないからです。 

魚や寿司の場合、これは料理の盛り付けにとって重要です。

筋引を使用すると、魚を生で食べたときに、魚の自然な風味と食感をレシピで維持できます。

長くて薄い刃は、食品を薄く均一にスライスするのに最適です。 果物や野菜の装飾的なスライスを作成するのにも最適です。 

野菜を切るのにも人気がありますが、実際にはそうではありません 飾りむきものカット.

刃が細いので、肉本来の食感や旨味を損なわずに突き抜けます。

これは、寿司や刺身など生の食材を使用する料理では非常に重要です。

とはいえ、筋引は彫りも上手いので、単純に「切り専用」に分類するのは少し怠惰です。

ご存知のように、カービング ナイフは非常に鋭い先端と、超技術的な場所を通り抜け、枝肉から最も計算された肉のスラブを切り分けるように特別に設計された刃を備えています。

スジヒキの長くて薄い刃は、ブリスケットや豚肩などの硬い肉を簡単に切ることができます.

ローストビーフや七面鳥肉などの調理済み肉をスライスするのにも最適です。 また、チーズやその他の柔らかい食品を薄く均一にスライスするのにも最適です。

美女と野獣がひとつのパッケージに!

筋引包丁の歴史は?

筋引きナイフは、西洋の彫刻刀と柳刃と呼ばれる他の日本のスライス魚ナイフの適応として日本で発明されました. 

次に、XNUMX 番目の面取りが追加され、刃先に貼り付けられました。

これにより、大きなキッチンやシェフのナイフと同様に機能する万能スライサーが作成されました.

日本のバリアントは、シングルプルの薄いスライスの表面積を最小限に抑えるために、長くて薄いブレードとヒールの高さを備えています。

このナイフは、抵抗や摩擦をなくすように完全に設計されており、食べ物を簡単にスライスできます。 

もともと、ナイフの刃には、ダマスカスのクラッディングと組み合わせた華やかな溝が含まれていました。 研ぎ澄まされていないざらざらした黒内の表情、または槌目仕上げ。

混乱している? ここで日本のナイフの仕上げとその外観と目的について学びましょう

筋引包丁は長年にわたって進化し、より用途の広いツールになりました。 現在では、肉、果物、野菜のスライスなど、さまざまな作業に使用されています。 

ブレードは、食品に装飾的なカットを作成するためにもよく使用されます。 筋引き包丁は、寿司の準備にもよく使用されます。

筋引包丁は、その汎用性と使いやすさから、近年ますます人気が高まっています。

現在、さまざまなサイズとスタイルで利用できるため、あらゆる作業に最適なナイフを簡単に見つけることができます. 

ブレードは、欧米の消費者のニーズに合わせて、ステンレス鋼、炭素鋼、セラミックなど、さまざまな素材で作られています。

自宅で寿司を作る予定はありますか? 筋引包丁以外にも、 簡単な準備のために寿司作りキットを入手することもできます

筋引包丁の使い方は?

筋引包丁の使い方は他の包丁と同じ 和包丁. 必要なものは良質のまな板とデリケートな肉片だけで、とても簡単です。

肉を配置し、ナイフを持っていない手で調整して保持し、ナイフを肉の上で穏やかに前方に動かします.

筋引を使用する場合、理想的な切断方法は、肉をかかとから先端に向かって引っ張る動作です。 

のこぎりで動かすのが好きな人もいますが、肉に一種の波打ったギザギザの質感を与える可能性があるため、あまりお勧めしません.

肉を引き裂きたくないので、このナイフで典型的なソーイングモーションを使用する必要はありません.

炭素鋼の筋引きなど、包丁が非常に鋭い場合は、包丁を下向きに押し込んで肉を貫通させることもできます。 

いずれにしても、木目に逆らって切ることで、滑らかで繊細なカットができます。

これは、あなたがチェックしたい短いビデオデモンストレーションです!

筋引vs柳葉

筋引きと柳葉の比較は、和包丁の世界ではよくあることです。

筋引きは、刃が二重に面取りされた長くて薄いスライス ナイフです。 柳刃包丁 長くて薄い刃を持つ片刃のナイフです。 

筋引き包丁と柳葉包丁の主な違いは、刃の長さと形状です。 

通常、筋引は刃が長く(270~360mm)、カーブが均一ですが、柳葉は刃が短め(210~300mm)です。 

これにより、さまざまな切断技術とより高い精度が可能になります。

また、柳葉は刃先が尖っているため、筋引きよりも刺身を切るのに適している。 

筋引きはタンパク質をスライスするように設計されており、柳葉は魚や他のシーフードをスライスするように設計されています. 

筋引は刃が均一で、タンパク質を切るのに適していますが、柳葉は刃が鋭く、魚や他の魚介類を切るのに適しています.

全体として、柳葉は真の寿司と刺身の包丁ですが、筋引きは魚や肉をスライスするのに適していますが、寿司職人にとっては最高の選択肢ではありません. 

筋引 vs 西洋彫刻刀

筋引と西洋の彫刻刀の最も大きな違いは刃の形です。 

筋引は柄から刃先まで均一なカーブを描くのに対し、西洋の彫刻刀は刃先が急に下がった真っ直ぐな刃です。

このデザインにより、肉や魚をスライスする際により正確なカットが可能になります。

カービング ナイフの刃の長さは通常 8 ~ 12 インチです。

カービング ナイフは通常、スライス中に肉を所定の位置に保持するのに役立つカービング フォークと組み合わせて使用​​されます。

一般的に、カービング ナイフはより柔軟な刃を備えており、牛肉のような固い肉をスライスするのに適しています。

一方、筋引きは、肉や魚の薄切りを正確かつ簡単に切るように設計されています。

スジヒキ vs キリツケ

筋引きは、刃が二重に面取りされた長くて薄いスライス ナイフです。 切付は万能包丁です エグゼクティブシェフが主に使用する片面取りエッジと角度のついた先端を備えています。

筋引きはタンパク質をスライスするように設計されていますが、切りつけは、刻む、スライスする、さいの目に切るなど、さまざまな作業用に設計されています. 

きりつけ包丁は押して引く切り方を採用しているので、精密にスライスしたり、肉や果物、野菜を薄く切ったりするのに最適です。 

筋引は刃が均一でタンパク質を切り裂くのに適していますが、切りつけは刃が鋭く、さまざまな作業に適しています。

筋引 vs 牛刀

包丁や牛刀は万能な包丁です さまざまなタスクに使用されます。

通常はステンレス鋼でできており、長さ 8 ~ 12 インチの湾曲した刃が付いています。

刃は固い肉や野菜も切れるほどの切れ味に設計されています。 シェフのナイフは、みじん切り、スライス、さいの目に切るためによく使用されます。

筋引きとは異なり、牛刀はより万能な包丁ですが、筋引は肉や魚を切る専門の包丁です。

一般的に、牛刀は丈夫で頑丈な包丁で、刃が厚く幅が広く、家庭の台所では筋引よりもはるかに人気があります。 

よくあるご質問

筋引き包丁とは?

筋引き包丁は、肉の脂を取り除いたり、骨のない肉をスライスしたり、魚の皮や切り身を切ったりするのに使用されます。

包丁が長いので、一度の引き動作で肉を突き抜けることが多いです。

筋引きの切れ味は、野菜のスライスにも役立ちます。

すじ引きは寿司に使えますか?

家庭料理をする方なら、すじ引きを使って寿司を作ることもできます。 仕事をやり遂げるのに十分なほど鋭いです。

ただし、ここで専門的に話している場合は、 柳刃物. 筋引きは、主に骨のない肉の塊をスライスして切り分けるために設計されています。

筋引は二重ですか?

はい、すじ引き包丁は両刃専用です。 筋引と同じ形をしていても、両刃でない包丁は筋引とは呼べません。

筋引のサイズは?

筋引き包丁は通常、長さが 210mm から 360mm の範囲です。 彼らの刃は、他の多くの日本の包丁よりも長いです。

良い筋引包丁とは?

優れた筋引包丁とは、切れ味の良い薄い刃、快適なハンドル、バランスのとれた重量を備えている必要があります。 

刃は高品質の鋼で作られている必要があり、時間が経っても切れ味を維持でき、錆びたり欠けたりしません。

筋引き包丁の研ぎ方は?

筋引き包丁の研ぎには和砥石を使用します。 まず、砥石を10分以上水に浸します。

これにより、研ぐときに刃を滑らかにするのに役立つスラリーが作成されます。

石が浸されたら、平らな面に置き、円を描くようにナイフの刃を動かします。

刃を研ぐときは、刃に均等に力を加えてください。

研ぎ終わったら包丁を洗い流し、研ぎで溜まった水やゴミを拭き取ります。

乾いたら、布またはブラシを使用してブレードに軽く油をさし、さびや腐食から保護します。

筋引き包丁のデメリットは?

用途によっては、筋引では不十分な場合があります。

Since 和包丁 多くの場合、西洋の同等品よりも薄くて丈夫ですが、正しい引っ張り技術なしで使用すると、特定の条件下で欠けたり、鈍くなったりする可能性があります.

これらには主に、力を加えて骨やその他の高密度のコンポーネントを切断したり切断したりすることが含まれます。

そのため、筋引きはデリケートでない作業には最適なナイフではありません。

たとえば、ハンマーとフィレナイフを使って魚の頭を切り落とすことができます。

しかし、筋引は背骨から端まで同じように圧力に耐えることができないかもしれません.

従来の西洋ヒレ包丁は筋引とは違い、しなやかで刃先を気にせずバタリが取れます。

要約

結論として、筋引き包丁は、さまざまな作業に使用できる非常に用途の広いナイフです。 

スライスやカービングに最適で、長くて薄い刃は肉の薄切りをスライスするのに最適です。

万能包丁をお探しなら、筋引包丁がおすすめです。 

筋引き包丁はプロの料理人や家庭料理人にも人気の包丁です。

さまざまな作業に使用できる汎用性の高いツールで、長くて薄い刃はスライスやカットに最適です。 

使いやすく、耐久性があり、キッチンでの作業をより簡単かつ迅速に行うのに役立ちます。

というわけで、万能包丁をお探しなら、筋引包丁は一考の価値ありです。

プロのような筋引包丁の扱い方を知ったあなたは、 シェフからのこのシーフード鉄板焼きレシピを作る準備ができて

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。