三徳:日本の万能包丁

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 もっと読む

三徳包丁は日本の万能包丁 ナイフ 湾曲した刃と尖った先端。 スライス、ダイシング、ミンチに最適です。

三徳包丁とは

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

三徳包丁とは?

三徳包丁、 日本語で「XNUMXつの美徳」と訳されているのは、で最も人気のあるナイフのXNUMXつです。 日本料理店 だけでなく、家庭の台所。

ナイフは、あらゆる種類の食品を切り刻んだり、さいの目に切ったり、細かく刻んだりするために使用されます。

背骨はやや湾曲した形状で、先端のない幅広の羊足の薄い刃です。 これは、スムーズな動きで何でもカット、スライス、ミンチできることを意味します。

ナイフは非常に薄い刃と小さな角度、そして急な斜角を持っているので、それは非常に鋭くなります。 また、小型軽量であるため、多くの人に愛されています。

シームレスなデザインで、グリップを調整し、ハンドルに沿って手を動かすのは簡単です。

ブレードはどうですか?

ほとんどのように 和包丁、三徳は西洋の牛刀よりも刃が薄いので、正確で正確なカットに適しています。

デザインの多くは、ブレードに小さなホタテ貝が付いていることを意味するグラントンエッジを備えており、食べ物がそれに付着するのを防ぐのに役立ちます。

また、三徳包丁は斜角がXNUMX枚でもXNUMX枚でもよく、バランスが良く軽量なので使い勝手が抜群です。

伝統的な三徳包丁は、 シングルベベル それらを使用するには特別な切断技術が必要ですが、現代のものは操作が少し簡単です.

ただし、三徳包丁のテクニックをよく理解しておくことをお勧めします。

三徳包丁よくある質問

これらの便利なナイフに関するいくつかの回答と追加情報があります。

三徳包丁は何に最適ですか?

三徳包丁は、肉、野菜、果物、シーフードを簡単に切るために使用されるため、用途の広いツールです。 しかし、このタイプのナイフの主な利点は、それが非常に鋭いことです。

したがって、細かいカット、スライス、およびチョッピングに最適です。 もし、あんたが 日本料理について何か知っている、あなたは食べ物が通常細かく刻まれていることを知っているでしょう。

三徳包丁は、寿司や魚などの新鮮な食材のカットやスライスによく使われます。 正確に切ることができるので、すべての日本食の紙のように薄い切断に最適です。

食べ物が刃にくっつかないので、切るときに食べ物を動かすのを止める必要はありません。

要約すると、次のように使用します。

  • 肉を細かく切る
  • ミンチ肉
  • 野菜を切り、スライスし、さいの目に切る
  • カットナッツ
  • 魚をスライスする
  • シーフードをスライスする

この試験は それを使用するために:

  • 野菜や果物の皮むき
  • 骨を切る
  • 鶏全体を骨抜きにする

骨抜きナイフについては、チェックしてください 最高のホネスキ日本の骨抜きナイフに関する私のレビュー

三徳包丁技法

では、三徳包丁は通常の洋風牛刀と同じですか?

まあ、そうではありません。 三徳包丁の技法は同じではありません。 刃が湾曲している牛刀とは形状が異なります。

ほとんどの西洋のナイフでは、刃はまな板の上に置くことができ、それからあなたが切るときにそれを揺り動かします。 三徳包丁は平らで、カーブがないのでまな板の上で揺れるように前後に動かすことができません。

三徳包丁で起こることは次のとおりです。

三徳包丁は、カット中にまな板に当たらず、カットの最後に触れるだけです。 したがって、通常のナイフよりも多くの手首のアクションを使用する必要があります。

動きはかなり単純です。押し下げてから前方に移動し、カットが終了すると、ナイフがボードに触れます。 持ち上げてカットを繰り返します。

最初は手首の動きがより激しく見えるかもしれませんが、カットを練習するにつれて簡単になります。 しかし、カットがより正確に、より細かく、より効率的になるので、利点は非常に明白です。

三徳包丁はどのサイズが一番いいですか?

古典的なナイフと刃のサイズに固執するのが最善です。 日本人は、これらのナイフが非常に効率的で、キッチンでの使用に最適であることを証明しました。

したがって、理想的なブレードサイズは14cmまたは5.5インチです。

5.5インチは小さくて鋭いので、日本の標準的な三徳包丁の刃のサイズです。 メーカーはより大きなサイズの三徳を販売することがよくありますが、これらは使用するのにあまり理想的ではありません。

ブレードの幅とコンパクトな形状とサイズにより、5.5インチのブレードは日常の使用に最適です。 したがって、このサイズはナイフを特別なものにします!

ただし、5〜8インチのサイズの三徳包丁を購入することができます。

三徳包丁はどこから来たのですか?

三徳は、一般的な信念に反して、古代の日本の包丁ではありません。

これは、1940世紀半ば、XNUMX年代のいつか、頑丈な多目的ナイフを探している家庭料理人のために最初に設計および開発されました。

前にも言ったように、この名前は「XNUMXつの美徳」を意味し、スライス、ダイシング、チョッピングのXNUMXつのナイフの使い方を指します。

または、肉、魚、野菜など、カットできるXNUMX種類の食品を指します。 いずれにせよ、ナイフは用途が広く、ほとんどすべての食品を切るのに適しています。

このナイフのすごいところは、刀の刀にも使われている日本の伝統的な鍛造技術を使って作られたことです。

Since 平均的な人はナイフコレクション全体に投資することを本当に望んでいませんでした、三徳はナイキリ野菜ナイフ、肉用の和牛刀を含む他の日本のナイフに取って代わりました、そしてデバフィッシュナイフ。

三徳包丁をどのように手入れして研ぎますか?

三徳包丁は手洗いのみでよいので、食器洗い乾燥機に近づけないでください。

三徳包丁は酸、湿気、塩分に敏感です。 また、刃が欠ける可能性があるため、このナイフを使用して冷凍食品を切断しないでください。

ナイフを使用した後は、すぐに温水またはお湯で食べ物を洗い流すことが重要です。 次に、完全に乾くまでキッチンタオルまたはペーパータオルできれいに拭きます。

それを乾燥させた後、時々、あなたはいくつかの植物油をナイフにスプレーすることができます。 オイルは、ナイフが錆びないようにバリアを作成するのに役立ちます。

三徳包丁をナイフスタンドに長時間入れたままにしないと、錆びてハンドルが損傷する可能性があります。

研ぎ

ナイフのメンテナンスには、時々研ぐ必要があります。 三徳包丁を日常の料理に使うと、刃がくすんで切れ味が悪くなります。

ただし、心配しないでください。数か月にXNUMX回程度シャープにすることができ、購入時と同じようにシャープになります。

のような砥石が必要です KERYEプロフェッショナル日本砥石砥石セット。 あらゆる種類の日本の包丁を研ぐのに適しています。

しかし、繰り返しになりますが、それは他の西洋スタイルのナイフと同様に、シェフのナイフにも機能します。

シェフは三徳包丁を使っていますか?

三徳包丁と牛刀については少し混乱があります。 私はそれらが似ていることを認めますが、シェフは実際には両方のタイプのナイフを使用しています。

三徳包丁は多目的ナイフなので、忙しいレストランの厨房で働くシェフにとってとても便利で便利です。

ですから、そうです、特にアジア料理を作るとき、シェフはこのナイフをたくさん使います。

シェフが他のナイフを使用していることに気付くでしょう、 火鉢シェフのナイフのように、肉の大きな切り身を切るが、魚や野菜の三徳包丁に切り替えるため。

ナイフの急な面取りにより、通常のヨーロピアンや アメリカンナイフ.

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。