日本の包丁コレクションに最適な牛刀シェフのナイフ

JoostNusselder著 | 更新しました:  13年2022月XNUMX日

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

良い日本の包丁がXNUMXつ含まれていない場合、カトラリーコレクションは不完全です。 このナイフは、西洋のシェフのナイフに相当します。

最も重要なことは、gyutoは中国とフランスのシェフのナイフに似ている多目的な日本のナイフです。 肉を簡単にさまざまなサイズにカットできます。

頑丈なスチール構造で厚くて重いため、ほとんどのナイフスタイルよりもエッジを保持できます。 しかし、ギュウトは精密な切断のために設計されたより薄い刃を持っています。

Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

日本食を作るときは、ギュウトナイフは必需品です!

日本の包丁コレクションに最適な牛刀

あなたがしている場合 日本人シェフが焼肉のために牛肉の薄いストリップを切るのを見ました、または麺炒めのためにピーマンと玉ねぎをどれだけ速く切り刻むかを見たなら、あなたはギュウトが動いているのを見た可能性があります。

世界 ヨシヒロVG10レイヤーハンマーダマスカスギュト それをすべて行う最も用途の広いgyutoナイフです。 キッチンでのチョッピング、スライス、ダイシングのすべてのニーズに対して、Yoshihiroはクリーンで正確なカットを保証します。 肉、野菜、果物、チーズなどをカットします! さらに、Yoshihiroは日本の最高のナイフメーカーのXNUMXつです。

このガイドでは、市場で最高のgyutoナイフをレビューしているので、コレクションに最高の製品を追加できます。

ここに最高のナイフがあり、あなたは以下の完全なレビューを読むことができます:

最高のギュウトナイフ 画像
全体的に最高のgyutoナイフ: ヨシヒロVG10レイヤーハンマーダマスカスギュト 全体的に最高のgyutoナイフ-YoshihiroVG10 Layer Hammered Damascus Gyuto

(他の画像を見る)

最高のプレミアムギュトナイフ: VG-MAXカッティングコアを備えたShunClassic8” Chef's Knife 最高のプレミアム牛刀-VG-MAXカッティングコアを備えたShunClassic8” Chef's Knife

(他の画像を見る)

最高の予算のgyutoナイフ: Findking-DynastyGyutoによる8インチのシェフナイフ 最高の予算の牛刀-Findkingによる8インチのシェフナイフ-王朝の牛刀

(他の画像を見る)

滑らかな仕上がりで初心者に最適な最高のギュウトナイフ: imarku日本人シェフナイフ 滑らかな仕上がりで初心者に最適な最高の牛刀-imarku日本人シェフナイフ

(他の画像を見る)

鞘付きの最高のgyutoナイフ&シェフに最適: ヨシヒロVG-10レイヤーハンマーダマスカス 鞘付きの最高のgyutoナイフ&シェフに最適-Yoshihiro VG-10 46 Layers Hammered Damascus

(他の画像を見る)

左利きのユーザーに最適なgyutoナイフ: 円相牛刀 左利きのユーザーに最適な牛刀-円相牛刀

(他の画像を見る)

日本のギュウトナイフとは何ですか?

ギュトナイフの刃の幅は6mm〜10mmですが、カスタマイズされた刃の中には最大12mm以上のものもあります。 ギュウトは、野菜、肉、切り身の魚をスライスするために使用される多目的で万能の刃です。

ギュウトとの主な違い 他の伝統的な日本の包丁 幅の広いブレードです。

「ギュト」という言葉を見てみましょう。 これは、XNUMXつの日本語の単語の組み合わせです。「giru」はカットを意味し、「tō」はブレードを意味します。

しかし、人気のある翻訳を探しているなら、gyutoはそれが大きな肉の塊を切ることができるという事実を参照する「牛の剣」を指します。

1800年代以降、牛刀はフランス人シェフのナイフに似たデザインであるため、洋風のナイフと見なされてきました。

刃の幅が広いため、ユーザーは大きな肉や魚を切ることができるため、このタイプのナイフはプロのシェフに好まれます。

ギュウトナイフは通常、野菜の切り刻み、スライス、肉のさいの目に切ること、さらにはニンニクのミンチなどの作業を含む、あらゆる目的の切断に使用されます。

ギュウトの刃も先細りにならないので、 柳または寿司ナイフ.

日本の包丁は伝統的に片方の斜角(片刃)です。 しかし、ギュトは両刃です。

最近の多くのシェフナイフのデザインは、プロのシェフだけでなく、すべてのスキルレベルの人々が使いやすいように二重斜角になっています。

また、読み 包丁をきちんと保管して切れ味を保つ方法についての私のガイド

ぎょうつナイフバイヤーズガイド

ナイフを購入するには、何を探すべきかを知る必要があります。 食べ物を切るのに悪い仕事をする非常に多くの悪い日本人シェフのナイフのノックオフがあります。

それで、あなたはおそらく「どうやってギュトナイフを選ぶのですか?」と尋ねているでしょう。 と「どうすれば良いナイフと悪いナイフを区別できますか?」

本物の日本の包丁は高価です、しかしそれらは何年も続き、それらの品質は間違いなく他のものから際立っています。

この購入ガイドは、何を探すべきかをお知らせするためにここにあります。

刃の長さ

ナイフの刃の長さは重要です。刃が長いと使いにくくなる可能性があるためです。

あなたが普通の家庭料理人で、日本のナイフに精通しているなら、あなたはgyutoを扱うのに問題がないはずです。

ほとんどの牛刀の刃の長さは、シェフのナイフの刃の伝統的な長さである約8〜9インチです。 それは個人的な好みとあなたがあなたの台所で快適に使用できると感じる刃の長さに帰着します。

いくつかのgyutoナイフは、10〜12インチの刃の長さを持ち、いくつかはより短く、用途が狭いです。

使いやすく、万能なので、平均的な8インチのシェフのナイフを入手することをお勧めします。

ただし、8.2インチのナイフと9インチのナイフの間に挟まれていることに気付いた場合は、大きな違いがないことを知っておいてください。 さらに重要なのは、面取りとシャープネスです。

日本の包丁は、長くても使いやすいように設計されています。 一般的に、日本製のカトラリーは使いやすく、優れた精度と優れた切断能力を備えています。

ブレード素材

ほとんどのギュウトナイフは鋼でできており、通常は丈夫なVG-10またはカーボンステンレス鋼です。

炭素鋼の刃は、錆びないように手洗いして完全に乾燥させる必要があります。

ナイフのロックウェルスケール硬度を考慮してください。 数値が大きいほど、ブレードは硬くなります。

硬い刃はもろくなり、ひび割れや欠けが発生しやすくなりますが、全体的にはギュウトナイフに最適な刃です。

高品質のスチールブレードは、何年も続くはずです。

について学ぶ 日本の包丁の鍛造に使用されるさまざまな種類の鋼(青神と白神)

ベベル

いくつかの伝統的なgyutosは単一の斜角の刃を持っています、それはそれが単一の端で切ることを意味します。

このタイプのナイフは、エッジの保持力が高く、鋭利です。 したがって、正確で長く、途切れることのないカットを行う必要がある日本人シェフのトップチョイスです。

ダブルベベルブレードは、両側が鋭いことを意味します。 このタイプのブレードは、特に西洋人にとって使いやすいです。

この刃を使用すると、非常に複雑なナイフ作業を必要としないあらゆる種類のカットをスライス、剥離、および作成できます。

ほとんどの日本の包丁は単一の斜角刃を持っているので、 左利きのシェフには特別な左利きのナイフが必要です

ナイフの刃は完全なタングまたは部分的なタングにすることができ、それはあなたがそれを使用する方法とそれがどれくらい続くかで違いを生むことができます。

フルタングブレードは、一般的に長期的にはより耐久性があります。 ハーフタングというよりは頑丈なナイフです。 それは、より多くのプレッシャーとレバレッジを発揮でき、壊れないからです。

部分的/半分のタングと比較して、フルタングブレードはハンドルを通って伸び、内側で終わりません。

ハンドル

伝統的な日本の包丁は八角形の木製の柄を持っています。 最近では、高級な高品質のナイフにもこれらの特徴があります。

シュンのような人気のある有名な日本のメーカーは、心地よい魅力を加える本物の木の複合ハンドルを作りました。 これらは快適で人間工学的ですが、合成材料ほど実用的ではありません。

合成または樹脂製のハンドルはより衛生的で、水による損傷から保護できます。

フルシンセティックハンドルの欠点は、見た目が安く、頑丈さが劣ることです。 ただし、洋風のハンドルは、八角形の木製のハンドルに比べて持ちやすく、操作も簡単です。

考慮すべきもう一つのことは 木の柄は「わ柄」と呼ばれています。 非常に軽量ですが、刃が重いためバランスが取れにくく、切断が難しくなります。

ナイフに「ヨーハンドル」がある場合、それはそれが西洋スタイルで設計されており、一般的に重く、したがってバランスが取れていることを意味します。

終了

ブレードの仕上げを考慮することを忘れないでください。 槌で打たれ、 ダマスカスが終わる 最も一般的です。

ぎゅうとがなめらかな仕上がりの場合、通常は安価なナイフであり、日本の伝統的な方法では作られていません。 しかし、滑らかな仕上がりは簡単です 伝統的な砥石を使って自宅で研ぐ.

槌で打たれた仕上げはとても素敵に見えます、そしてそれはただ鋼がそれに小さな隆起またはポケットを持っていることを意味します。

これらは、食品の小片が刃の端に付着するのを防ぎ、付着した食品を取り除くために切断を停止する必要はありません。

ダマスカス仕上げも美的に心地よいです。

刃は鋼を何度も折り重ねて波模様を作ることで作られているため、この仕上げは非常に耐久性があります。 また、食品が刃に付着するのを防ぎます。

最高の牛刀シェフのナイフレビュー

あなたが良い製品を買うとき、ここに最良の選択があります。

全体的に最高のgyutoナイフ:Yoshihiro VG10 16 Layer Hammered Damascus Gyuto

全体的に最高のgyutoナイフ-YoshihiroVG10 Layer Hammered Damascus Gyuto on table

(他の画像を見る)

  • 刃の長さ:8インチ
  • 刃材:合金鋼
  • 斜角:ダブル
  • タン:フルタン
  • 柄材:マホガニー材
  • 仕上げ:槌で打たれたダマスカス

野菜のナイフはタフな牛肉の切り身を切ることができないので、ナイフを切り替えるだけでお気に入りの日本のレシピを調理し始めたことがありますか?

鋭いgyutoナイフはこの問題の解決策です。 この包丁は、丈夫な刃と美しい木製の柄で、市場で最高の包丁のXNUMXつです。

品質、汎用性、そしてかみそりのような鋭いエッジが必要な人に最適です。 正確なカットだけでなく、大きくて厚いカットにも最適です。 したがって、あなたはすることができます 焼肉の準備 or カツカツを作る このXNUMX本のナイフで。

美しいダマスカスの槌で打たれた仕上げの刃は、食べ物のかけらが刃の端にくっつくことを許しません。 したがって、各カットはクリーンで高速であり、チョッピングの途中で停止する必要はありません。

このナイフの最も優れた点は、鋭利なハンマー仕上げの刃です。刃先をしっかりと保持し、何度も調理した後でも鋭利な状態を保ちます。 さらに、ブレードは耐摩耗性があり、簡単に欠けません。

8インチのブレードは、経験の浅い家庭料理人でも操作や使用が簡単なため、完璧な長さです。

一から食事を作る場合は、バランスが取れているので、ナイフを使ってほとんどすべての材料を安全に切ることができます。

フルタングデザインを採用することで、ナイフのバランスがとれ、耐久性が向上しますが、一部のユーザーは、ハンドルの端や小さな食べ物が詰まる可能性のある小さな多孔質の領域に気づきました。

これは、高価な製品であると考えることのXNUMXつの欠点です。

柄はマホガニー材でできていますが、八角形ではなく、クラシックな洋風柄です。 だからこそ、誰もが使えるので全体的に最高のリストになりました。

手洗いで簡単に掃除でき、木はナイフが指をすり抜けないようにします。

全体的に、このYoshihiro Gyuto VG10ナイフは、その優れた品質で知られているため、間違いありません。

ここで最新の価格を確認してください

最高のプレミアム牛刀:VG-MAXカッティングコアを備えたShun Classic 8” Chef's Knife

最高のプレミアム牛刀-テーブルにVG-MAXカッティングコアを備えたShunClassic8” Chef's Knife

(他の画像を見る)

  • 刃の長さ:8インチ
  • 刃の材質:炭素鋼
  • 斜角:ダブル
  • タン:フルタン
  • 柄材:パッカウッド
  • 仕上げ:槌で打たれたダマスカス

よしひろから一歩踏み出したいなら、俊は優れた職人技の長い歴史を持つ日本のトップナイフブランドのXNUMXつです。

Shun 8″ gyutoナイフは、ナイフに必要なすべての機能を備えているため、打ち負かすのは困難です。

このナイフは最高の刃のXNUMXつを持っています。 VG-MAX炭素鋼で鍛造されており、エッジの保持力を高めるためにタングステンが添加されています。

また、腐食や錆を防ぐためにコバルトとクロムが多く含まれています。 さらに、ブレードにはダマスカススタイルのクラッディングがあり、チョップするときに食べ物の切れ端がブレードに付着するのを防ぎます。

耐久性と強度に関しては、これは価格に見合った優れた価値を提供するナイフです。

ヨシヒロナイフと比べると、これまでのところ多くの類似点がありますが、ハンドルが最大の違いです。 このシュンナイフは、樹脂が注入された頑丈なPakkaWodハンドルを備えています。

そのため、ハンドルは滑らかで光沢がありますが、バクテリアが表面に付着しないため、耐水性、強度、衛生性にも優れています。 和風の「D」ハンドルなので少し慣れが必要です。

ほとんどの左利きはこのナイフを使用しても問題はありませんが、残念ながら、Shunはこのナイフの左利きバージョンをもう作成していません。

この炭素鋼の刃の欠点のXNUMXつは、すぐに乾かさないと錆びて欠ける傾向があることです。 人々はナイフを完全に乾かすのを忘れて、それから腐食の兆候に終わります。

ナイフを手付かずの状態に保つには、毎週磨くのが最善です。 これにより、シャープネスが確保され、調理中にどんな種類のカットをするのにも苦労することはありません。

最高でスムーズな切断体験が必要な場合は、このシュンナイフがバターなどの食品を切断するので安心できます。 ラフなカットや中断されたカットで終わることはなく、どの予算のナイフよりもはるかに優れています。

全体的に、それは耐久性があり、用途の広いシェフのナイフであり、またあなたの要件に応じてさまざまなサイズの選択で購入することができます。

価格と在庫状況はこちらで確認してください

ヨシヒロvsシュン

これらXNUMXつのブランドは常に競合していますが、どちらも評判の良い日本の包丁製造ブランドです。

これらのナイフはかなり似ていますが、ハンドルはそれらが異なるところです。 ヨシヒロは伝統的な木製の柄と人間工学に基づいたデザインを持っています。 それは非常にバランスが取れており、最も正確なカットとスライスを行います。

シュンナイフは、より衛生的で軽量であるため、多くの人が好むパッカウッドナイフを持っています。

全体的に、ヨシヒロナイフは非常に強力な刃を持っており、何を切り抜いても優れたカッターとして機能します。 シュンはより敏感で、欠けがちです。

だからこそ、プロのシェフや特別な日本の料理人を探している人には、Shunをお勧めします。 ヨシヒロのギュウトは、キッチンのあらゆるスキルレベルの人々が使用するのに適しています。

最高の予算の牛刀:Findking-DynastyGyutoによる8インチのシェフナイフ

最高の予算の牛刀-Findkingによる8インチのシェフナイフ-テーブルの上の王朝の牛刀

(他の画像を見る)

  • 刃の長さ:8インチ
  • 刃の材質:鋼
  • 斜角:シングル
  • タング:フルタング
  • ハンドル素材:ローズウッド
  • 仕上げ:槌で打たれた

あなたはたまに家庭料理人が銀行を壊さない効果的なナイフを探していますか?

Findking8インチgyutoと同じくらい多くの肯定的なレビューがある手頃な価格のナイフを見つけるのは難しいです。 それは美しい槌で打たれた仕上げと八角形の木製の柄を備えた伝統的な日本のギュウトのように見えます。

これは、初心者だけでなく、料理が好きで、日本のシェフナイフを試したい人にとっても素晴らしいナイフです。

この低価格帯の中には、避けなければならない悪い模造品がたくさんあります。 ファインドキングは、ロックウェルスケールで硬度が60の強力な合金鋼の刃を備えているため、驚くほど優れています。

これは、エッジの保持力が高く、非常にシャープな状態を維持できることを意味します。 ユーザーは、このギュウトがどれほどうまく構築されているかに驚いています。 それは実際に多くの鋼層で作られているので、100ドル以上のナイフと比較されます。

グラントン(ディンプル)の表面により、あらゆる種類の食品を簡単にカットできます。 野菜の切れ端や小片がナイフにくっついたままになることはありません。

この刃は精密な切断にも最適です。野菜をスライスしてみると、機械で切断されたように見えることがわかります。

日本の包丁のバランスをとるのに苦労しているなら、これは軽量でバランスが取れているので使いやすいです。 あなたが心配する必要がある唯一のことはそれがするということです 鈍くなり、あなたはあなた自身の砥石を手に入れる必要があります それを研ぐために。

また、数ヶ月使用すると錆が発生する場合がありますが、必ず乾かしてナイフブロックまたは 磁気ナイフストリップ.

優れた刃、人間工学に基づいた木製のハンドル、およびエッジの保持により、この安価なナイフはコレクションになくてはならないものになっています。

ここで最新の価格を確認してください

滑らかな仕上がりで初心者に最適な最高の牛刀:imarku日本人シェフナイフ

滑らかな仕上がりで初心者に最適な最高の牛刀-imarku日本人シェフナイフ

(他の画像を見る)

  • 刃の長さ:8インチ
  • 刃の材質:高炭素ステンレス鋼
  • 斜角:ダブル
  • タング:フルタング
  • 柄材:パッカウッド
  • 仕上げ:滑らか

日本のギュウトナイフは、特に慣れていない人にとっては恐ろしいものになる可能性があります。

しかし、この西洋のイマルクナイフは日本のギュウトを模倣していますが、それでも二重斜角、より重い重量、滑らかな仕上がりなどのドイツのデザイン要素を持っています。

結局のところ、ナイフはドイツで作られ、日本のギュウトを模倣したものです。

このimarkuナイフの使用は、通常のステンレス鋼のフレンチシェフナイフの使用と非常によく似ています。 しかし、それを際立たせるのはブレードの素材です。 このナイフは、高炭素ステンレス鋼で作られた強くて鋭い刃を持っています。

日本人シェフはこのナイフに感心しないかもしれませんが、平均的な家庭料理人はそれを多目的の切断とスライスのキッチンタスクに使用できます。 このナイフは、パースニップの切断、鶏の胸肉の切断、さらにはきゅうりの皮むきにも対応できます。

imarkuナイフは通常、Zeliteと比較されますが、imarkuは安価でパフォーマンスも優れているため、これ以上費やす必要はありません。

驚くべきことに、このナイフはその価格で、衛生的で滑らかなパッカウッドのハンドルと完全なタング構造を備えています。 要素は、それらよりも高価に感じます。

ナイフはかなりバランスが取れていますが、たとえば、シュンのような本物の日本のギュウトよりも重いです。

エッジの保持に関しては、かなり良いですが、数回使用すると鈍くなるので、多くの研ぎが必要です。

また、錆びやすいので、お手入れ方法に特に注意し、食器洗い乾燥機は避けてください。

このナイフの全体的な外観と感触を一言で表すとしたら、それは予算の多いナイフであるにもかかわらず、プロフェッショナルに見えると思います。

私はすべてのスキルレベルにそれをお勧めしますが、初心者はそれが非常に便利で使いやすいと感じるでしょう。

ここで最新の価格を確認してください

FindKing Dynasty vs imarku

これらの手頃な価格のナイフはどちらも、初心者や日本の包丁のスキルを習得したばかりの人に最適なオプションです。

これらのナイフは互いに非常に異なります。 まず、Findkingには本物のローズウッドのハンドルがありますが、imarkuにはパッカウッドのハンドルがあります。

好みにもよりますが、ローズウッドの柄は八角形なので、慣れないと持ちづらくなりにくいかもしれません。

imarkuナイフは、西洋のシェフのナイフによく似ています。 ハンドルも少し重くて人間工学に基づいているので、長時間持ちやすいです。

さて、王朝の包丁の槌で打たれた仕上がりについてもお話したいと思います。 一時停止する必要がないので、食べ物をすばやく切るときにとても便利な機能です。

しかし、お手入れが簡単なため、滑らかな仕上がりを気にしない人も少なくありません。

どちらのナイフも良い選択肢です。Findkingは本物の日本のギュウトのより良いコピーであることに注意してください。

鞘付きの最高のgyutoナイフとシェフに最適:Yoshihiro VG-10 46 Layers Hammered Damascus

鞘付きの最高のギュウトナイフとシェフに最適-YoshihiroVG-10レイヤーハンマーダマスカスをテーブルに

(他の画像を見る)

  • 刃の長さ:8.25インチ
  • 刃の材質:カーボンステンレス
  • 斜角:ダブル
  • タン:ハーフタン
  • ハンドル素材:アンブロシアウッド
  • 仕上げ:ダマスカス槌で打たれた

最初のヨシヒロナイフがあなたにぴったりではなかった場合は、46層のハンマーで打たれた鋼の刃がきっと喜ばれます。 付属しています サヤと呼ばれる伝統的な木製のナイフの鞘.

この吉弘本物のナイフは、レストランで一日中料理をしているプロのシェフに最適です。

家庭料理人はそれを使うことができますが、それは高価であり、それが適切に使われるためにそれが設計された方法はある程度の練習を必要とします。

ブレードは46層の炭素鋼でできているため、非常に頑丈で丈夫です。 ただし、刃が欠けやすいので、刃の損傷を防ぐために、包丁のスキルを知っておく必要があります。

シェフがこのナイフを本当に気に入っている理由は、ブレードのエッジの保持力が最も高く、他のナイフほど頻繁に研ぐ必要がないためです。

デザイン的には、アンブロシアウッドの柄が付いているので、最初にレビューしたものとは異なります。 プレミアム素材で、昔ながらの日本のギュトと同じように八角形になっています。

美的観点からナイフを見ると、刃がダマスカスの下でほぼ鏡面研磨されていることがわかります(土目仕上げ)。

同様に、あなたはエッジがどれほど鋭いかを見ることができます–それは簡単に薄い食品ストリップをスライスします。

ハンドルも非常に滑らかで、細かく研磨されています。 背骨とかかとは滑らかで、優れた職人技を示しています。

小さな問題のXNUMXつは、ハンドルが小さい手用に設計されていることです。 手が非常に大きい場合は、すべての指を包むのが難しくなります。

しかし、全体として、これは優れたギュウトであり、ほとんどの食品の切断を処理できる強力な鋼の刃を備えた忙しいキッチンに最適です。

ここで最新の価格を確認してください

左利きのユーザーに最適な牛刀:円相牛刀

左利きのユーザーに最適な牛刀-円相牛刀

(他の画像を見る)

  • 刃の長さ:8インチ
  • 刃の材質:ステンレス鋼
  • 斜角:ダブル
  • タング:フルタング
  • ハンドル素材:ミカルタ
  • 仕上げ:ダマスカス槌で打たれた

確かに、右利きの料理人には良いナイフがたくさんありますが、左利きの家庭料理人やシェフはどうですか? 円相の日本の包丁は、万能の万能包丁として設計されています。

幸いなことに、ダブルベベルシェフナイフは左利きと右利きの両方で使用できます。 しかし、すべてのナイフが同じように作られているわけではありません。

幸いなことに、操作と使用が非常に簡単であると言う左利きのユーザーに適しています。

このナイフは、高度な訓練を受けた職人で有名な日本の関で作られています。 あなたは価格とこれから何年も続くナイフのために素晴らしい品質を期待することができます。

実際、ナイフはYaxell Zen(同じ会社製)と非常によく似ています。 造りと職人技は、このナイフを、長期的にはそれほど耐久性がないカツやゼライトのような競合他社とは一線を画しています。

ナイフは肉、果物、野菜を切るのに優れているだけでなく、ニンニク、ハーブ、スパイスを細かく刻むのにも最適です。

ひびが入る悪いハンドルのナイフを持ったことはありますか? さて、木製の柄が付いた多くのナイフは、時間の経過とともにひびが入る傾向があります。

この問題を解決するために、Ensoはひび割れに強いミカルタ模造木製ハンドルを設計しました。

注意すべき点の6つは、この刃は研ぎにくいということです。 しかし、一度研ぐと、レストランの設定で約XNUMXか月間そのエッジを保持できます。驚くべき鋭さのために、それはどうですか?

ヴュストホフやミヤビに比べてバランスが良いので、長時間のチョッピングやカッティングに使い勝手が良いです。

プロのシェフは、このナイフを使って魚の切り身を作り、和牛を複雑な料理や焼肉に調理するのが好きです。

ここで最新の価格を確認してください

よしひろvs円相

これらのXNUMXつのgyutoナイフは、デザインとパフォーマンスの点で同等ですが、通常のダブルベベルナイフで苦労している強い左利きの場合は、円相を選択してください。

左利きのユーザーは、そのナイフがいかに快適でバランスが取れているかに感銘を受け、切断が非常に簡単かつ迅速になります。

次に、ハンドルを比較する必要があります。 よしひろは八角形の東部の木製の柄を持っています。 これは良いハンドルですが、細かく洗浄しないとバクテリアが蓄積する傾向があります。

Ensoナイフには、カビの発生を引き起こさないため、より優れた模造の木製ハンドルが付いています。 ユーザーはまた、持ちやすく、指のけいれんを引き起こさないと言います。

よくある質問

ギュウトナイフとその日本の厨房での使用についてのいくつかの遠い質問に答える時が来ました。

ギュウトは牛刀ですか?

はい、gyutoは西洋のシェフのナイフの日本版です。 それが真のシェフのナイフである理由は、それが用途が広く、万能のナイフだからです。

ほとんどのタスクを実行でき、さまざまな切断技術に使用されます。 強力なナイフなので、あらゆる種類の肉、魚、野菜、果物を切ることができます。

ギュウトナイフは何に使われていますか?

gyutoはあらゆる種類の切断作業に使用されます すべての異なる切断技術を使用して。 切り刻んだり、スライスしたり、さいの目に切ったり、切り身にしたり、大きな牛肉の切り身のような厚い食べ物を切り刻んだりするために使用されます。

また、にんにく、たんぱく質の細かく刻んだり、ハーブを刻んだり、食べ物を細かく切ったりするような繊細な切断作業にも最適です。

ギュウトナイフはいいですか?

包丁の品質の高さから、料理人はキッチンで包丁を使うことに非常に興味を持っています。

ギュトスは洋風のデザインの包丁です。 山木場のような包丁とは異なり、 うすば、および個別に斜角できるデバ、ギュウトは二重斜角です。

そのエッジはより堅牢であり、学習曲線が少なくなります。 それでも、合金鋼のような強力な金属は、より鋭い角度とより良いエッジを与え、フランス製の包丁を圧倒します。

肝心なのは、gyutoは優れたナイフであり、他の多くのナイフに取って代わることができるため、おそらく最も手軽なナイフであるということです。

日本のギュウトをどのように使いますか?

日本のギュウトを使用するには、ナイフを刃で部分的に保持する必要があります。 この位置により、より安全に使用でき、切断時の制御が向上します。

ナイフのバランスポイントがどこにあるかを把握する必要があります。 背骨の下ですが、ハンドルの近くです。

親指と人​​差し指の間に刃を持っているとき、ナイフは前後に歯を食いしばることができません。 安定したら、バランスポイントを見つけます。

背骨を指で押さえないでください。 代わりに、人差し指と親指はナイフの刃のいずれかの側にある必要があります。

鉤爪法で食べ物を指で丸めて持ちます。 これは怪我を防ぎます。

使える包丁の技はたくさんありますが、包丁には簡単な刃物が必要です。

まな板の上でナイフを前方にスライドさせる必要があります。 とても簡単です! この教育ビデオをチェックしてください:

日本の最高のナイフブランドは何ですか?

最高のナイフブランドをXNUMXつだけ選ぶのは難しいです。

ただし、最高品質の製品を製造しているため、注意すべき日本の包丁ブランドがいくつかあります。

  • 義弘
  • みやび
  • 柴田
  • 敏郎

これらのブランドは北米で利用できます。

ギュトナイフはフルタンですか?

伝統的なギュウトナイフはハーフタングですが、最近ではフルタングが使用されています。これは、耐久性が高く、顧客がフルタングナイフを本当に気に入っているように見えるためです。

取り除く

あなたがあなたの西洋のステンレス鋼のシェフナイフの素晴らしい代替品を探しているなら、あなたは日本の牛刀を間違えることはできません。

ヨシヒロとシュンは投資する価値のあるXNUMXつの高品質ブランドです。 ヨシヒロは驚くほどの切れ味を提供し、ほとんどの食品をカットしてチョップできるため、カットと準備の作業を大幅に減らすことができます。

したがって、あなたはあなたが台所の周りに横たわっているそれらのひどく鈍い包丁に別れを告げることができます。 gyutoは正確さと安全性を提供するので、ナイフのスキルを伸ばすことができます。

野菜を切るのにも最適なもう一つの素晴らしいオールラウンダーは ここでレビューした三徳包丁

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。