かみそりの鋭いナイフのための6つの最高の日本の砥石/砥石

JoostNusselder著 | 更新しました:  13年2022月XNUMX日

誰でも作れる17つの簡単レシピ...

期間限定で、最初のメールとして無料で日本料理を始めるために必要なすべてのヒント:完全な日本語と簡単な料理本。

ニュースレターにはあなたのメールアドレスのみを使用し、あなたのメールアドレスを尊重します プライバシー

読者のためのヒントが満載の無料コンテンツを作成するのが大好きです。 私は有料のスポンサーシップを受け入れません。私の意見は私自身のものですが、私の推奨事項が役に立ち、私のリンクのXNUMXつから好きなものを購入することになった場合、追加費用なしでコミッションを獲得できます。 さらに詳しく

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

ナイフを研ぐための最良の方法をお探しですか?

日本の砥石は世界でも有​​数の砥石とされています。 高品質の素材で作られており、他の種類の砥石よりも長持ちすることがよくあります。

日本の砥石は、その鋭いエッジを得るのに最適な方法です。 これらの石はさまざまな形とサイズで提供されるため、ニーズに最適なものを見つけることができます。

Favorite Asian Recipes
Favorite Asian Recipes

以下の手順に従って、最高の日本の砥石とは何か、そしてどのように入手するかを学び、今では鋭いナイフを使ってすぐに完璧な料理を作り始めることができます!

かみそりの鋭いナイフのための6つの最高の日本の砥石/砥石

しかし、購入するのに最適な日本の砥石は何ですか?

日本の最高の砥石、または砥石は、使用するナイフの種類によって異なります。

シャープペブルプレミアム砥石ナイフ砥石 あらゆる種類の包丁を研ぐために使用できる2つのグリットがあります。 それは耐久性があり、繰り返しの使用に耐えます。 また、角度ガイドが付いているので、刃の形状やサイズに関係なく、常に最も鋭いエッジを得ることができます。 

ナイフ用の砥石を選ぶときに覚えておく必要のある要素について話し合ってから、入手可能な最高の砥石をいくつか紹介します。

また、これらの日本の砥石がとても良い理由を説明し、適切に使用するためのヒントをいくつか紹介します。

上位の砥石を確認してから、以下のレビュー全文をお読みください。

最高の砥石 画像
全体的に最高の日本の砥石: シャープペブルプレミアム シャープペブルプレミアム砥石ナイフ砥石2面グリット1000/6000ウォーターストーン

(他の画像を見る)

最高の予算の日本の砥石: グッドジョブプレミアム グッドジョブプレミアム日本砥石砥石セット

(他の画像を見る)

日本の最高の砥石セット&初心者に最適: KERYEプロフェッショナル

KERYEプロフェッショナル日本砥石砥石セット(他の画像を見る)

専門家やシェフのための最高の日本の砥石: 三本盛 MITSUMOTOSAKARI和包刃砥石

(他の画像を見る)

最高のダイヤモンド砥石: ダイヤモンドマシンテクノロジー(DMT) ダイヤモンドマシンテクノロジー(DMT)3-6インチ。 ダイヤモンド砥石

(他の画像を見る)

最高のセラミック砥石: はのくろまくミディアムグリット#1000 はのくろまくセラミック砥石ミディアムグリット#1000

(他の画像を見る)

この投稿では、以下について説明します。

購入ガイド:自分のニーズに合った日本の砥石を選ぶにはどうすればよいですか?

日本は世界的に有名です そのユニークな料理 調理時の細部への特別な注意。 だからこそ、完璧な料理を作るためには鋭利なナイフを使うことが不可欠です。

日本の砥石を選ぶときは、グリットの大きさ、石の種類、価格、耐久性のXNUMXつの要素を考慮する必要があります。

また考慮する必要があります どんな種類のナイフ 研ぎたい、必要な研ぎのレベル、ナイフの素材、そして予算。

たとえば、炭素鋼のナイフは、ステンレス鋼のナイフとは異なるレベルの研ぎとグリットサイズが必要になります。

幸いなことに、市場にはさまざまな種類の砥石がありますので、ニーズに合った砥石を見つけることができます。

グリットサイズ

砥石を選ぶ際に考慮すべき最も重要な要素はグリットサイズです。 グリットサイズとは、石を構成する粒子の細かさを指します。

グリット数が多いほど、粒子が細かくなり、ナイフが鋭くなります。

刃が薄い場合は砥石が柔らかい方が良いですが、刃が厚い場合は砥石が硬い方が良いです。

あなたはすでに鋭いナイフを維持しようとしていますか? 次に、おそらくより低いグリットサイズが必要になります。

ただし、鈍いナイフを研ぐ必要がある場合は、中程度のグリットストーン以上が必要になる場合があります。

ほとんどの場合、中程度のグリットサイズ(1000〜3000)で問題なく動作します。

ただし、ナイフのエッジを非常に鋭くしたい場合、またはブレードが大きい場合は、グリットサイズを大きくするのが最適な場合があります。

砥石の種類

選択する砥石の種類も重要な考慮事項です。

一般的に、日本の砥石には主にXNUMXつのタイプがあります。

  • 天然石
  • セラミックストーン
  • ダイヤモンドストーン
  • コンビネーションストーン
  • ウォーターストーン
  • オイルストーン

砥石の種類ごとに、価格、使用に必要なスキルレベル、耐久性など、それぞれ長所と短所があります。

簡単に説明します。

天然砥石

天然砥石は、ノバキュライト、アーカンソー石、鷲田石など、さまざまな素材で作られています。

これらの石は最も手頃なオプションですが、最もメンテナンスが必要です。使用する前に、少なくとも20分間水に浸す必要があります。

また、砥粒の乾燥を防ぐため、研ぎの際はオイルで潤滑する必要があります。

セラミック砥石

セラミック砥石は、炭化ケイ素、酸化アルミニウム、ジルコニアなどのさまざまな材料から人工的に作られています。

天然石よりも高価ですが、メンテナンスはそれほど必要ありません。 さらに良いですか? 天然のものを浸すのに必要な時間のほんの一部、つまり使用の約5分前にそれらを浸す必要があります。

ダイヤモンド砥石

名前が示すように、これらの石はダイヤモンドダストから作られています。 最も高価なタイプの砥石ですが、最も丈夫な刃でも研ぐことができる最も効果的な砥石です。

さらに、それらは浸漬や潤滑を必要とせず、単に乾いた状態で使用してください。 ただし、ダイヤモンドのほこりが毛穴を詰まらせるのを防ぐために、頻繁に掃除する必要があります。

ダイヤモンド砥石は長持ちする砥石なので、頻繁に交換する必要はありません。

コンビネーション砥石

名前が示すように、コンビネーションストーンはXNUMXつの異なるタイプのストーンの混合物です。 たとえば、一般的な組み合わせはセラミックとダイヤモンドストーンです。

これは、ダイヤモンド石の高速砥石能力とセラミック石の低価格という両方の長所を兼ね備えています。

水砥石

最も一般的なタイプは、炭化ケイ素や酸化アルミニウムなどの研磨材でできているウォーターストーンです。

ウォーターストーンは通常、オイルストーンよりも柔らかく、初心者に適しています。 ただし、すぐに摩耗する可能性があり、頻繁に平坦化する必要があります。

オイル砥石

オイルストーンは、ノバキュライトやアーカンソーストーンなどの硬い素材で作られています。 それらは水石よりも耐久性があり、それほど平らにする必要はありません。

ただし、オイルを使用する必要があるため、使用がより困難になる可能性があります。 このため、通常、経験豊富なシャープナー用に予約されています。

どんな種類の砥石を選んでも、何年も続く高品質の砥石がきっと手に入ります。

価格

価格は、購入する際に常に重要な考慮事項です。 日本の砥石の価格は約10ドルから100ドルです。

もちろん、ダイヤモンドのような高価な砥石は高品質で他の素材よりもはるかに長持ちするので、あなたはあなたが支払うものを手に入れるでしょう。

ただし、前述のように予算が多い場合は、手頃な価格の優れたオプションがいくつかあります(天然およびセラミックの砥石を考えてください)。

耐久性

最後に、石の耐久性を検討する必要があります。

日本の砥石は一般的に非常に耐久性がありますが、他の砥石よりも耐久性が高いものもあります。 この最良の例は、天然砥石とセラミックまたはダイヤモンド砥石です。

予算やニーズに関係なく、あなたにぴったりの日本の砥石があります。 購入する前に必ず調査を行ってください。

日本の砥石のベース

土台は砥石の最も重要な部分です。 石がぐらつくことなくしっかりとその上に座ることができるように、それは平らで水平である必要があります。

ベースの平坦度をテストする良い方法は、その上に一枚の紙を置き、それがスライドするかどうかを確認することです。 もしそうなら、ベースは十分に平らではありません。

ベースはまた、石から水を吸収しないように非多孔質の材料で作られている必要があります。 これに適した素材は、シリコンまたは竹材です。

竹は環境に優しく、持続可能で、吸収率が非常に低いため、非常に人気があります。

ベースのサイズも重要です。 砥石がぴったり収まる大きさである必要がありますが、動きにくい大きすぎないようにしてください。

最後に、ベースが滑りにくいことを確認してください。ナイフを研ぐときに砥石が動き回ると、指を切る危険があります。

包丁がまた鋭くなったら ナイフブロックまたはスタンドにも適切に保管してください

レビューされた最高の日本の砥石

日本の砥石についてもう少し知ったところで、今度はあなたのニーズに最適な砥石を選びましょう。

ユーザーのスキル、使用法、石材を考慮して、市場で最良のオプションの詳細なリストを作成しました。

決定を下すときは、使用しているナイフの種類、必要な鋭さのレベル、および予算を考慮することをお勧めします。

利用できる素晴らしいオプションはたくさんありますが、包丁を鋭くしてすぐに使える状態に保つのに実際に最適なのはどれですか?

確認してみましょう…

日本の砥石全体で最高:シャープペブルプレミアム

シャープペブルプレミアム砥石ナイフ砥石2面グリット1000/6000ウォーターストーン

(他の画像を見る)

  • 水砥石
  • グリット:1000/6000
  • ベース:竹
  • 重量:2.1ポンド

あらゆる種類のナイフを研ぐために使用できる本物の日本の砥石を探しているなら、このシャープペブルのものは最も価値のあるものです。

シャープペブルはナイフシャープナーの有名なメーカーであり、この特定のものにはXNUMXつの側面があります。

これは両面オイルストーンです。1000つは鈍くて損傷したブレードを処理するための6000グリット側で、もうXNUMXつは研磨と仕上げ用のXNUMXグリット側です。

この砥石は砥石に最適です 本物の包丁 なぜなら、それは良い鋭い刃に不可欠な1000グリットを持っており、それからあなたのナイフを新品のように見せるための仕上げと研磨のための6000グリットを持っているからです。

この石は水のみで使用することを目的としており、使用しないときは安全に保管できます。

オイルストーンは耐久性のある酸化アルミニウムでできており、滑り止めの竹ベースが付属しているため、ナイフを研ぎながら安定した手を保つことができます。

全体的な評価は4.6*で、耐久性、安定性、コストパフォーマンスで高い評価を得ています。

シャープペブルプレミアムは使いやすさでも高い評価を得ており、多くの初心者がこの砥石ナイフ研ぎ器を初めて使用することに成功しました。

この砥石が他の砥石と一線を画しているのは、わかりやすいアングルガイドです。 のようなさまざまな種類のナイフでどの角度で研ぐかを示します 柳葉、デバ、 牛刀などです。

このような模造砥石はたくさんありますが、長持ちせず柔らかすぎて石鹸のように感じます!

覚えておくべきことの100つは、この石はXNUMXドル以上の砥石よりも少し早く摩耗するということです。

ただし、使いやすく、刃を傷つけないので、バリの作り方を学べば、ナイフは非常に鋭くなります。

ここで最新の価格を確認してください

また、お読みください。 日本のナイフのスキルとテクニック| プロのように動きを学ぶ

最高の予算の日本の砥石:Goodjob Premium

グッドジョブプレミアム日本砥石砥石セット

(他の画像を見る)

  • 水砥石
  • グリット:400/1000
  • ベース:ラバー
  • 重量:1.87ポンド

良質の砥石をお探しで、多額の費用をかけたくない場合は、このグッドジョブセットが最適です。

400つの石(1000/XNUMXグリット)とラバーベースが非常にリーズナブルな価格で付属しています。

400グリット側は損傷した刃の修理に最適で、1000グリットはナイフの研ぎに使用できます。

高級砥石とは異なり、高級砥石の仕上げにはお勧めできませんので、定期的に砥石を研ぐ場合におすすめです。

この砥石はプレミアムホワイトコランダムでできており、研ぎ始める前に水によく浸す必要があります。

Goodjobには、初心者の場合にこの砥石を使用する方法に関する優れたビデオチュートリアルもあります。

覚えておくべきことのXNUMXつは、石は非常に柔らかいので、すぐに摩耗するということです。

しかし、それらは非常に手頃な価格であるため、頻繁に交換することは大したことではありません。

この製品の欠点のXNUMXつは、収納ケースが付属していないことです。 また、鋸歯状の刃やセラミック包丁を研ぐために使用することはできません。通常の日本の包丁に固執するだけです。

Goodjobホイットストーンには安定性のためのゴムベースがあります。 ベースも滑りにくいので、ナイフを研ぐときに動き回る心配がありません。

石の使い方の詳しいガイドが付いているので、ナイフ研ぎが初めての方に最適です。

角度ガイドも付いているので、ナイフを正しい角度で研ぐことができます。

これは、小さな欠陥の修正や刃の鋭さの維持などの基本的な作業に最適な、簡単で基本的な日本の砥石です。

ここで最新の価格を確認してください

全体的に最高のシャープペブル対最高の予算グッドジョブ

シャープペブルはプレミアムナイフで使用する石を探している人に適していますが、グッドジョブは通常のナイフを研ぐために基本的な石を使用したい人に適しています。

あなたがあなたの支出に見合う最高の価値を探しているなら、Goodjobセットを使ってください。 それは非常にリーズナブルな価格でXNUMXつの石とゴムベースが付属している素晴らしい品質の製品です。

シャープペブルも素晴らしい製品ですが、より高価で、XNUMXつの石しか付属していません。

ただし、最初からこれらXNUMXつの品質の違いに気付くかもしれません。 シャープの小石には竹のベースがあり、グッドジョブにはゴムのベースがあります。

シャープの小石も両面ですが、グッドジョブは片面のみです。

したがって、もう少しお金をかけたい場合は、SharpPebbleの方が適しています。

どちらの石も白いコランダムでできており、使用する前に水によく浸す必要があります。

それでは、グリッツを比較してみましょう。 シャープペブルは6000グリットで少し細かく、グッドジョブは1000グリットで粗くなります。

シャープペブルはナイフを本当にきれいに仕上げたい人に適していますが、グッドジョブはナイフを研ぎたいだけで少しの不完全さを気にしない人に適しています。

要約すると、シャープペブルは、もう少しお金をかけたいと思っていて、ナイフを本当にきれいに仕上げたい場合に適した石です。

通常のナイフを研ぐために使用する基本的な石を探しているなら、Goodjobはより良い石です。

日本の最高の砥石セット&初心者に最適:KERYE Professional

KERYEプロフェッショナル日本砥石砥石セット

(他の画像を見る)

  • 水砥石
  • グリット:400/1000 + 3000/8000
  • ベース:竹
  • 重量:5ポンド

必要なアクセサリーがすべて揃ったプレミアム砥石をお探しの場合は、ケリーセットがすべて揃っています。

グリッツの異なる400つの砥石が付属しています。 最初の石は1000/XNUMXのグリットを持っており、修理や研ぎに最適です。

3000番目の石は仕上げと研磨のために8000/XNUMXグリットを持っています。

シェフは、和牛刀や 三徳 8000グリットは、次のような野菜ナイフの最先端を磨くのに最適です。 薄刃包丁 または小さいペアリングナイフ。

このセットには、竹のベース、レベリング用の平らな石、研ぎ角ガイド、革砥、アンチカットグローブ、キャリングケースも付属しています。

革砥は、刃を磨き、バリを取り除くのに役立ちます。 砥石が不均一になり始めたら、砥石の表面を平らにすることができます。

竹の土台は滑りにくく、石を濡らしておくための貯水池もあります。 角度ガイドにより、ナイフを正しい角度で研ぐことができます。

キャリングケースは、すべてをまとめて保管したり、石が欠けたりしないようにするのに最適です。

さらに、研ぎながら手を安全に保つアンチカットグローブを手に入れることができます。

Keryeセットは、Sharp Pebbleよりも少し高価ですが、8000つの石を取得し、XNUMXグリットの表面を備えているため、より細かい研磨を行うことができるため、価値があります。

したがって、ナイフを研ぐために必要なすべてを備えた完全なセットを探している場合は、Keryeセットが最適です。

ケリーセットは、石の使い方の詳細なガイドが付いているので、ナイフ研ぎに不慣れな方にも最適です。

このセットで人々が本当に気に入っているのは、追加されたアングルガードです。 これはナイフの背中に付いている小さなクリップで、ブレードを所定の位置に保持するため、接触するたびに18度の角度を得ることができます。

したがって、さまざまな角度でシャープになることはありません。 この機能は、一貫した研ぎを保証するため、初心者には必須の機能です。

ケリー石は柔らかくて使いやすいと感じる人もいます。

注意すべき点のXNUMXつは、Keryeセットは非常に大きくて重いため、ポータブルオプションを探している人には適していない可能性があることです。

ここで最新の価格を確認してください

セットをさらに完成させる あなたの鋭いナイフを保護するための伝統的な日本の包丁鞘

プロフェッショナル&シェフのための最高の日本の砥石:MITSUMOTO SAKARI

MITSUMOTOSAKARI和包刃砥石

(他の画像を見る)

  • 水砥石
  • グリット:1000/3000
  • ベース:竹
  • 重量:1.7ポンド

シェフやプロのために作られた本格的な日本の砥石です。

ミツモトサカリ石は、新潟県で採石された天然水石です。

グリット定格は1000/3000で、市場で最も硬い石のXNUMXつです。 補修・仕上げに使用できる定番の両面砥石です。

1000グリット側は修理用、3000グリット側は仕上げ用です。

このタイプの日本の石は、刃先を失うことなく長持ちします。 それはあなたが10-20度の角度の間でナイフを研ぐことを可能にします。

この石は、ナイフに本当に鋭い刃を付けたい人に最適です。

他の石ほど早く磨耗しないので、ナイフを頻繁に研ぐ人にも最適です。

そのため、忙しいレストランで仕事をしているときに、包丁のコレクションを絶えず研ぎ澄まさなければならないシェフに適しています。

ミツモトとグッドジョブのようなバジェットストーンの大きな違いにはっきりと気付くでしょう。

また、この砥石の竹ベースには、使用中に滑らないようにゴム製のガスケットが付いています。

安価な製品の中には、良いゴム製ガスケットがないものもあるので、研ぎながら石が小さな動きをする可能性があり、それは非常に危険です。

ベースもかなり大きいので、ナイフを研ぐときに石が動き回る心配がありません。

この砥石は、極細の研磨に必要な6000グリットが不足していますが、絶えず調理している場合は、ブレードを何度も研ぎ続ける必要があるため、3000よりも細かいグリットは必要ありません。

この石の唯一の欠点は、それがかなり高価であるということです。 しかし、長持ちする高品質のオプションをお探しの場合は、ミツモトサカリが最適です。

ここで最新の価格を確認してください

ケリーは初心者向け、ミツモトはシェフ向け

Keryeセットは、詳細なガイドとアングルガードが付属しているため、初心者に最適です。 ミツモトストーンは、より硬く、より研ぎ澄まされやすい石なので、シェフに向いています。

ケリーセットを使用すると、ミツモトが4つしかないのに対し、2つのグリットから選択できます。

ケリーは柔らかくて使いやすく、ミツモトは硬くて鋭いエッジが欲しい人には適しています。

ケリーセットは大きくて重いのに対し、ミツモトは小さくて持ち運びに便利です。

どちらの砥石も丈夫な滑り止めの竹ベースですが、光本の方がゴムガスケットが優れています。

あなたがレストランで働いているなら、あなたはそれほど多くのナイフ研磨をするつもりはないので、あなたはおそらくそのような細かい8000グリットを必要としないでしょう。

摩耗が早くない、より良い、より強い石が必要です。 だからミツモトをお勧めします。 日本製で長持ちします。

始めたばかりの場合は、役立つガイドと4種類のグリッツから選択できるKeryeセットを使用してください。

最後に、Keryeセットはより手頃な価格ですが、Mitsumotoはより高価です。

最高のダイヤモンド砥石:ダイヤモンドマシンテクノロジー(DMT)

ダイヤモンドマシンテクノロジー(DMT)3-6インチ。 ダイヤモンド砥石

(他の画像を見る)

  • ダイヤモンド砥石
  • グリット:45ミクロン/ 325メッシュ、25ミクロン/ 600メッシュ、9ミクロン/1200メッシュ
  • ベース:木
  • 重量:1.8ポンド

このダイヤモンド砥石は、日本の伝統的な砥石が苦手な方や使いにくい方に最適です。

DMTは使いやすいスリーストーンシステムを採用しており、ナイフを研いでいるときに滑らない耐久性のあるベースが付属しています。

また、水を必要としないので、頻繁に旅行する人に最適です。

XNUMXつのグリットを使用すると、ブレードを研ぎ、修理し、仕上げることができます。

45ミクロン/325メッシュは修理用、25ミクロン/ 600メッシュは研ぎ用、9ミクロン/1200メッシュは仕上げ用です。

このダイヤモンド砥石は、ナイフに本当に鋭い刃を付けたい人に最適です。 他の石ほど早く磨耗しないので、ナイフを頻繁に研ぐ人にも最適です。

従来のウォーターストーンは、時間の経過とともに斜角になり、削られます。これは、ダイヤモンドストーンでは起こりません。 そのため、多くの人がこの素材を使って包丁を研ぐことを好みます。

このタイプの砥石のもう一つの利点は、それを使用するのに時間がかからないことです。

通常のアルミ砥石に比べて、平均して約1/3のストロークと鋭利な動きでナイフがかみそりのように鋭くなります。

欠点のXNUMXつは、ダイヤモンドストーンが従来の砥石よりも狭いため、慣れるのに少し時間がかかることです。 しかし、一度コツをつかめば、問題はありません。

また、これらと一緒に多くの水を使用する必要がないので、水のわずかな霧だけが必要であることに言及したいと思います。 これは、混乱が少なく、きれいにするための汚い汚れた水がなくなることを意味します。

このタイプの砥石はリアルタイムセーバーです。 この種の砥石は他の砥石よりもはるかに高価であることに注意してください。

ここで最新の価格を確認してください

最高の陶磁器砥石:はのくろまくミディアムグリット#1000

はのくろまくセラミック砥石ミディアムグリット#1000

(他の画像を見る)

  • セラミック砥石
  • グリット:1000
  • ベース:プラスチック
  • 重量:1.5オンス

この砥石を使用すると、使用前に浸す必要はありません。 水をかけるだけで、XNUMX分ほどで研ぎ始めることができます。

はのくろまくは、始めたばかりの方にぴったりの陶磁器砥石です。 中程度のグリットが1000で、ナイフの研ぎと修理に最適です。

通常の家庭での使用では、これはあなたが必要とする種類の砂利であり、この石はあなたの刃を手付かずの状態に保ちます。

一貫した結果が得られ、使用後に使用しても失望しない一種の砥石です。

すぐに気付くのは、通常のウォーターストーンに比べて非常に硬いことです。

ウォーターストーンとは異なり、これは脱落せず、はるかに密度が高くなっています。 したがって、使用後は優れた結果が期待できます。

ただし、このタイプの砥石は欠けやすいので、使用時には特に注意が必要です。 また、最初は指が少しざらざらしているように感じるかもしれませんが、数回使用すると慣れます。

また、とても小さくて軽いので、頻繁に旅行する人やカウンタースペースがあまりない人に最適です。

この砥石の唯一の欠点は、木製のベースが付属しておらず、多くの人が古典的な竹のベースを好むことです。 ただし、プラスチックは頑丈で、キャリングケースとしても使用できます。

ここで最新の価格を確認してください

ダイヤモンドvsセラミック砥石

ダイヤモンドとセラミックのXNUMX種類の砥石です。 どちらにも長所と短所があるため、ニーズに合ったものを選択することが重要です。

ダイヤモンド砥石はセラミックよりも高価ですが、耐久性も長持ちします。 また、使用前に浸す必要がないため、使いやすくなっています。

セラミック砥石の方がお求めやすいですが、仕事に取り掛かる前に約XNUMX分間砥石を濡らす必要があります。

研ぎに関しては、どちらのタイプの砥石でも効果がありますが、ダイヤモンド砥石の方が速いです。

DMT砥石には3グリットが使用できますが、羽の黒幕には中程度の1000グリットがXNUMXつしかありません。

また、羽の黒幕にはプラスチック製の台座があり、古典的な竹製の台座ほど気に入らない人もいるかもしれません。

ですから、どのタイプの砥石を購入するかを決めるとき、それは本当にあなたの個人的な好みとニーズに帰着します。

速くて丈夫で使いやすい砥石をお探しなら、ダイヤモンド砥石をお選びください。 それでも仕事をこなす手頃な価格のオプションを探しているなら、セラミック砥石を選びましょう。

本当に日本の砥石を使う必要がありますか?

ブレードを長期間良好な状態に保ちたい場合は、そうです!

日本の砥石は他のブランドより少し高価です。 しかし、他のほとんどのオプションよりも品質が高いため、投資する価値は間違いありません。

さらに、それらは本当に使いやすく、ブレードを長期間良好な状態に保つことができます。 それらは、ウェット、ドライ、またはオイルと一緒に使用できるさまざまな素材から作られています。

さらに、セラミックブレードナイフ、炭素鋼ナイフ、およびステンレス鋼ナイフに最適なグリットサイズがあります。

日本の砥石を使うメリットは何ですか?

日本の砥石を使用することには多くの利点があり、キッチンでの調理がはるかに簡単で効率的になります。

これらの利点のいくつかは次のとおりです。

彼らはあなたがかみそりの鋭いエッジを素早く達成するのを助けます

前に述べたように、鋭いエッジを得ることが完璧な料理の鍵です。

日本の砥石はこれを素早く簡単に達成するのに役立ち、すぐに料理に戻ることができます。

彼らは便利で使いやすいです

日本の砥石は非常に使いやすく、水や油(使用している石材によって異なります)に推奨時間浸してから、石の上でナイフを研ぐだけです。

さらに、使用するのに特別な機器やスキルは必要ありません。 だからほとんど誰でもそれを行うことができます。

それらは耐久性があり、長持ちします

日本の砥石のもう一つの大きな利点は、それらが長持ちするように作られていることです。 適切な注意を払えば、砥石は何年も持続します。つまり、それらを交換するために費やす時間とお金が少なくて済みます。

それらは使いやすく、メンテナンスもほとんど必要ありません

前述のように、日本の砥石は非常に使いやすく、メンテナンスもほとんど必要ありません。 あらかじめ浸すか油を塗り、終わったら水で洗います。

これは、通常時間が不足していて、ナイフの研ぎに費やす余裕がない人にとって、それらを素晴らしいオプションにします。

あらゆるニーズに対応する砥石の一種があります

予算や料理のスタイルに関係なく、あなたにぴったりの日本の砥石があります。

日本の砥石はどうやって使うの?

日本の砥石を使用するには、推奨される時間水に浸すだけで​​す。 次に、石の上でナイフを研ぎます.

使用している石の種類に関係なく、使用中は石を濡らしておくことが重要です。 そのため、定期的に水位を確認し、必要に応じて補充してください。

使用している砥石の種類によっては、他にも注意が必要な点があります。

さまざまな種類の日本の砥石を使用するためのヒントを次に示します。

天然砥石の使い方

アーカンソーやノバキュライトなどの天然石は、人工石よりももろいので、使用するときは特に注意することが重要です。

石の損傷を防ぐため、刃を研ぐときは軽いタッチのみを使用してください。 強く押しすぎると、石にひびが入ったり壊れたりする可能性があります。

人工砥石の使い方

ウォーターストーンやオイルストーンなどの人工石は、天然石よりも耐久性が高いため、使用する際に少し攻撃的になる可能性があります。

ただし、損傷を防ぐために石に過度の圧力をかけないようにすることは依然として重要です。

セラミック砥石の使い方

セラミック石は硬い素材でできているため、他の種類の石よりも圧力がかかります。

これにより、よりアグレッシブな砥石体験をお探しの方に最適です。 石を傷つけないように、必ず均等な圧力をかけてください。

ダイヤモンド砥石の使い方

ダイヤモンド石は最も硬いタイプの砥石であるため、大きな圧力がかかる可能性があります。

これにより、可能な限り最も効率的な方法で非常に鋭いナイフエッジを実現したい人に最適です。

ただし、硬いので、砥石が欠けないように均等に圧力をかけることが重要です。

コンビネーション砥石の使い方

コンビネーションストーンまたはマルチグリットストーンは、さまざまな素材を組み合わせた砥石です。 このため、彼らはあなたに天然石と人工石の両方の利点を提供することができます。

また、これらの石は日本の天然砥石よりも耐久性が高いので、それほど繊細である必要はありません。

繰り返しになりますが、石に損傷を与えないように、常に均等な圧力を使用していることを確認してください。

電気砥石と手動砥石

多くの人がナイフ研ぎ器を使うのは簡単だと思いますが、実際にそれを購入する前に考慮すべきことがいくつかあります。 これらの考慮事項のXNUMXつは、手動砥石と電動砥石のどちらを購入するかです。

電気シャープナーは最も速く、最も使いやすいです。

これは、ブレードをシャープナーに数回通すだけで、残りの作業が自動的に行われるためです。 それらの欠点は、高価になる可能性があることです。

一方、手動シャープナーは少し手間がかかりますが、はるかに予算にやさしいオプションです。

手動砥石を使用するには、刃を正しい角度で保持し、一定の動きで研ぎ器に通します。

あなたにとって最良の選択肢は本当にあなたのニーズに依存します。

包丁を研ぐための素早く簡単な方法を探しているなら、電気砥石が最適です。

ただし、予算が限られている場合や、ナイフを手で研ぐことを好む場合は、手動砥石の方が適している可能性があります。

よくある質問

砥石(砥石)を濡らしますか?

この一般的な砥石の質問に対する答えは、「はい」と「いいえ」です。 それは本当にあなたが持っている砥石の種類に依存します。

例えば、天然砥石をお持ちの場合は、使用前に水に浸さないことをお勧めします。

ただし、合成の人工砥石を含む他のほとんどの種類の砥石については、使用前に少なくとも20分間水に浸すことをお勧めします。

この理由は、石を水に浸すと、石の表面を「潤滑」し、金属が石から簡単に引き離されるのを防ぐのに役立つためです。

石を浸すことは、石を「水分補給」するのにも役立ち、石がすぐに乾くのを防ぎます。

砥石をどれくらい浸す必要がありますか?

砥石は使用前に20分以上浸しておくことをお勧めします。

これは、石が均一に飽和し、一貫した研ぎ体験を提供する準備ができていることを確認するのに役立ちます。

砥石に水を使用できますか?

はい、砥石を研ぐときに使用する最も一般的な潤滑剤は水です。 ただし、一部の石はオイルと一緒に使用することもできます。

砥石にオイルを使用する前に、必ずメーカーの指示を参照してください。

日本の砥石はどのくらいの頻度で使用すればよいですか?

ナイフを最高の状態に保つために、日本の砥石を定期的に使用することが重要です。 ナイフの使用頻度によっては、毎週または毎月研ぐ必要があります。

ナイフの刃先が早く失われていることに気付いた場合は、砥石の使用頻度を増やすことをお勧めします。

一方、ナイフがまだエッジをしっかりと保持していることがわかった場合は、研ぎの頻度を減らすことができます。

重要なのは、あなたとあなたのナイフに役立つ幸せな媒体を見つけることです。

日本の砥石はどのように保管すればいいですか?

砥石を最高の状態に保ち、今後何年も使用できるように、直射日光を避け、涼しく乾燥した場所に保管してください。

ナイフを研ぐために正しいグリットサイズを選択するにはどうすればよいですか?

前述のように、グリットサイズは重要な考慮事項であり、砥石の研磨性を測定します。 ミクロン単位で測定され、ミクロンの定格が大きいほど表面が粗くなります。

ナイフの適切なグリットサイズは、ブレードのタイプとサイズ、および希望する鋭さによって異なります。 たとえば、220のような低いグリットは、修理が必要な非常に鈍いまたは損傷したブレードに最適ですが、3000のような高いグリットは、一般的な研ぎに適しています。

ほとんどの場合、グリットサイズは1000〜2000が理想的です。

最終的な考え

ナイフ砥石を最大限に活用するには、適切な日本の砥石を選択することが不可欠です。

砥石にはさまざまな種類とサイズがあり、それぞれに長所と短所があります。 最良の結果を得るには、ニーズに合ったものを選択することが重要です。

日本の最高の砥石のトップピックになると、賞はシャープペブルプレミアム砥石ナイフ砥石に贈られます。

これは、日本と西洋のナイフを研ぐために使用できる最も使用されているグリットを備えた普遍的な砥石であるため、常に鋭利なカトラリーを手元に置いておくことができます。

また、ポケットナイフ、フィレナイフ、包丁など、あらゆる種類のナイフを研ぐために使用できます。

予算やスキルレベルに関係なく、あなたにぴったりの日本の砥石があります。 市場にはたくさんの素晴らしいオプションがありますので、あなたは間違いなくあなたのニーズに合った研ぎツールを見つけるでしょう。

またチェックアウト これらの驚くべき伝統的な日本の包丁は、プロのように安全にあなたのナイフコレクションを運びます

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。