ナイフベベルの説明: シングル vs ダブル & 研ぎ方のヒント

当社は、当社のリンクのいずれかを介して行われた適格な購入に対して手数料を獲得する場合があります。 詳細

包丁をよく見たことがありますか? 持っている場合は、ブレードの片側または両側にわずかな角度または傾斜があることに気付いたかもしれません. それが私たちが呼ぶものです ナイフ ベベル! 

ナイフ ベベルとは、ナイフの刃の傾斜面または傾斜面を指します。 このベベルは、刃先と接する刃の部分であり、ナイフを研ぎ、より効果的にします. ナイフは片面を研いでいます(シングルベベル) または両側 (ダブルベベル). 

それが正確に何を意味するか、さまざまなタイプ、およびベベルがどのように達成されるかについて話しましょう.

ナイフベベルの説明: シングル vs ダブル & 研ぎ方のヒント

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

ナイフベベルとは?

ナイフ ベベルとは、ナイフの刃の傾斜面または傾斜面を指します。

このベベルは、刃先と接する刃の部分であり、ナイフを研ぎ、より効果的にします.

ベベルの角度はナイフの種類によって大きく異なり、角度が大きいほど強くて厚い刃先になり、角度が小さいほど鋭く薄い刃になります。 

基本的に、ナイフのベベルは、ナイフのエッジを形成するために研磨された表面です。

さまざまな角度に研ぐことができ、角度が小さいほど鋭利になります。

ベベルの角度も、刃が刃先を保持する程度に影響を与える可能性があります。特定の角度は、時間の経過とともに切れ味を維持するのに役立つからです。

ナイフ ベベルとは、エッジからスパインまでのナイフの刃の角度です。

ベベル角度は、ナイフの種類と使用目的によって異なりますが、通常、包丁の場合は 14 ~ 22 度です。

片刃と両刃の包丁があります。

片面取りは刃の片面だけを研ぐのに対し、両面取りは刃の両面を研ぎます。

すべての刃が同じように作られているわけではないため、各作業に最適なナイフの種類を理解することが重要です。

一般に、大きい刃はより広いベベルを持ち、小さい刃はより鋭い刃を持つことができます。

ベベルは、鋭くきれいなエッジを作成するため、食品やその他の材料を切断するのに役立ちます。

ナイフで切るときは、安全と効率のために正しい刃先角度を維持することが重要です。

研ぎまたはホーニングツールは、ナイフを最適なベベル角度に保ち、最良の結果を得るのに役立ちます.

ナイフベベルの種類

片刃と両刃のナイフは XNUMX つの異なる種類のナイフであり、どちらにも長所と短所があります。 

シングル ベベル ナイフは XNUMX つの面が研がれているように設計されていますが、ダブル ベベル ナイフは XNUMX つの面が研がれています。 

シングル ベベル ナイフは精密なカットには優れていますが、より高度なスキルが必要なため、使いにくい場合があります。 

一方、両刃包丁はXNUMX面が研がれているので使いやすいので、初心者にもおすすめです。 

ただし、ダブル ベベル ナイフは、シングル ベベル ナイフほどの精度は得られません。 

このセクションでは、両方について説明し、違いについて説明します。

シングルベベル

チゼル研磨ナイフとも呼ばれるシングル ベベル ナイフは、刃の片側だけを研ぎます。

このタイプの刃は日本の包丁に一般的で、精密なカットに使用されます。

シングルエッジ 牛刀 or やなぎ(魚のスライサー) 片刃のナイフの良い例です。

これらの XNUMX つのナイフは非常に鋭く、非常に正確です。 

レビューしました 私のお気に入りの牛刀シェフのナイフはここにあります コレクションに追加したい場合

シングルベベルナイフはどこから来たのですか?

それは少し謎ですが、ほとんどの人はそれが日本で生まれたと信じています.

何世紀にもわたって、世界で最も有名なシェフや料理の専門家によって使用されてきました。

シングル ベベル ナイフは、エッジに XNUMX つの鋭い角度があるナイフのタイプです。

ほとんどのナイフのような XNUMX つのグラインドの代わりに、XNUMX つの連続した傾斜/角度があります。

木工用のノミと形状が同じであることから、ノミ研ぎとも呼ばれます。

シングル ベベル ナイフは、左利きまたは右利きのいずれかで、ベベル角度は通常 8 ~ 15 度です。

したがって、右利きのシェフであれば右利きのベベル ナイフを使用し、左利きであればその逆を使用します。

通常、右利きのユーザーは、左利き用に特別に設計されていない限り、単一のベベル ナイフを使用する方が簡単です (この特別な左利きの和包丁のように). 

前述のように、通常、シングル ベベル ナイフの角度は 8 ~ 15 度 (ダブル ベベルの 14 ~ 22 度と比較して) であり、ダブル ベベル ナイフよりも繊細に扱うことができます。

寿司や野菜のスライス、切り分けや切り身などの複雑な作業によく使用されます。

シングル ベベル ナイフは、ダブル ベベル ナイフよりもスキルとテクニックが必要なため、カットする食品の種類に合わせてベベルの角度が正確であることを確認することが重要です。

シングル ベベル ナイフは、ベベルの最適な角度を維持するために特別な砥石とホーニング ツールが必要になる場合もあります。

日本人は何世紀にもわたってシングル ベベル ナイフを使用してきました。

これらのナイフには XNUMX つの主要部分があります。

  • しのぎ - 刃に沿って走るナイフの平らな面
  • ウラスキ – ブレードの裏側にある凹面
  • うらおし – うらすきを囲む薄い縁

ダブルベベル

ダブルベベルナイフは、刃の両側に鋭いエッジがあり、両側にV字型のベベルを形成するタイプのナイフです.

これは、ブレードの片側に平らな面があり、反対側に面取りがあるシングル ベベル ナイフとは対照的です。

両刃包丁は洋食でよく使われ、「シェフナイフ」「コックナイフ」などと呼ばれることが多い包丁です。

みじん切り、薄切り、さいの目に切るなど、さまざまな用途に使える万能包丁です。

そのため、洋包丁ではこのような両刃の刃が一般的で、一般的な切断に使用されます。

ダブルベベルデザインにより抵抗が少なくスムーズに食材を切ることができ、使いやすく疲れにくい包丁です。 

また、ユーザーはカットの角度に基づいてブレードのどちら側を使用するかを選択できるため、カット時により正確な制御が可能になります。

ダブル ベベル ナイフには、小さなペアリング ナイフから大きなシェフ用ナイフまで、さまざまなサイズがあり、通常、強度と耐久性を兼ね備えた高品質の鋼で作られています。

通常、ダブル ベベル ナイフは、各サイドに 14 ~ 22 度の角度があり、シングル ベベル ナイフよりも扱いやすくなります。

肉、果物、野菜を刻んだりスライスしたりするためによく使用されます。 

さらに、ダブル ベベル ナイフは研ぎやすいですが、ベベルの角度が正確であることを確認するためにホーニング ツールとテクニックが必要になる場合があります。

右利き、左利きどちらのユーザーも簡単に両刃ナイフを使用できます。 

日本の片刃または両刃の包丁

ナイフの両側にベベルがある場合は、ダブル ベベル ナイフです。

片面のみに面取りが見られる場合は、片面取りナイフです。 簡単!

和包丁には片刃と両刃があり、キッチンでの用途が異なります。

両刃とも呼ばれるダブル ベベルのナイフは、両側にベベルがあります。

特にフランスやドイツなどの洋包丁では、これらの包丁が最も普及しています。 

牛刀包丁、筋引き包丁、本すき包丁は、日本人が持っている数多くの両刃包丁のほんの一例です。 

伝統的な日本のナイフは通常片刃ですが、最近では西洋の消費者にも対応するために多くの最新の両刃バージョンがあります. 

両刃ナイフについて議論するとき、各側の刃の角度は互いに等しいと想定されることがよくあります (つまり、一方の側が 11 度に研磨されている場合、もう一方の側も同様に 11 度に研磨されているため、合計が角度 22 度)。 

和包丁は通常、両側で約 8 度に研がれており、他の標準的な西洋の刃よりもやや狭い角度になっています。

片刃とは、片面だけ研いだ包丁を指す用語です。 

しかし、実際には、米国で提供されているものの中で、両側に面取りのある伝統的なアジアの刃が片面取りのナイフよりもはるかに一般的であることを発見しました. 

しかし、日本では片刃の方が切れ味や精度に優れていることから人気が高く好まれています。

ほとんどのシェフは、シングル ベベル ブレードを使用するために、新しいナイフのスキルと手順を習得する必要があります。

左利きの場合は、ナイフを適切に使用できるように、専用のブレードを購入することも含まれます。 

片刃の刃は、適切に使用する方法を知っていれば、特に野菜のスライスを小さくすることができます。これは、寿司職人にとって素晴らしいことです.

シングルベベルナイフとダブルベベルナイフの違いは何ですか?

シングルベベルブレードの内訳は次のとおりです。

  • ワントリック ポニーのナイフをお探しなら、シングル ベベル ナイフが最適です。 一輪車のようなものです。車輪が XNUMX つしかありませんが、それでも仕事は完了します。 
  • XNUMX本のベベルナイフの角度は片側のみに形成されているため、ノミの刃のようなものです。 などの和包丁の人気の選択肢です。 三徳源天

ダブルベベルブレードの内訳は次のとおりです。

  • ダブル ベベル ナイフは二輪車のようなものです。角度が XNUMX つあるため、複数のことができます。 
  • ほとんどのヨーロッパのナイフは、刃の両側に角度があることを意味するダブル ベベルです。 V 字型、複合 (XNUMX 層 V エッジ)、および凸型など、さまざまなエッジ スタイルを取得できます。 
  • ダブル ベベル ナイフは、スイス アーミー ナイフのようなものです。

詳細 洋包丁と和包丁の違いと選び方

ナイフベベルと角度

ナイフのベベルと角度は、刃の性能に大きな違いをもたらすナイフの XNUMX つの重要な側面です。 

ベベルとは、刃先を作るために削られた刃の部分です。 ベベルの角度によって刃の鋭さが決まります。

ナイフに関して言えば、ベベルと角度がすべての違いを生む可能性があります。 刃の角度が浅いナイフは切れ味は鋭くなりますが、耐久性は劣ります。 

一方、刃先の角度が急なナイフは、刃の耐久性が高くなりますが、切れ味は劣ります。

したがって、長持ちする鋭いナイフが必要な場合は、XNUMX つのバランスを見つける必要があります。 

一言で言えば、包丁の面取りと角度はバランスをとる行為のようなものです。

すぐに鈍くなることのないシャープなエッジが必要であり、それがベベルと角度の出番です。 

浅いベベル角度は鋭いエッジを与えますが、長持ちしません.

角度を急にすると、エッジが長持ちしますが、それほど鋭くはありません。 どちらがあなたに適しているかを決めるのはあなた次第です。

ベベルとエッジは同じものですか?

いいえ、ベベルとエッジは同じものではありません。 

「ベベル」と「エッジ」という用語は関連していますが、同じ意味ではありません。

ナイフのエッジとは、刃の長さに沿って走る鋭い切断面を指します。 切断する材料と実際に接触するのは刃の部分です。

一方、ベベルはエッジを形成する傾斜面です。 刃先を作るために研磨または研いだ刃の部分です。 

ベベルはフラットまたは複雑な形状にすることができ、ブレードの片面または両面を研磨することができます。

言い換えれば、ベベルはエッジにつながる傾斜面であり、エッジは実際に切断を行うブレードの部分です。

ベベルはナイフの性能の重要な側面であり、切れ味、耐久性、使いやすさに影響を与える可能性があります。

エッジは、材料をスライスするナイフの最も鋭い部分です。 ナイフの底、かかとから先端まであります。 

ベベルは、エッジにつながる角度です。 刃を形成するために研磨されるナイフの部分です。 したがって、それらは関連していますが、同じではありません。 

簡単に言えば、エッジはナイフの鋭利な部分であり、ベベルはエッジにつながる角度です。 それはあなたを端に連れて行くランプのようなものです。 

したがって、ナイフを最大限に活用するには、エッジとベベルの両方に注意を払う必要があります。

ベベルはどのように作成されますか?

ナイフのベベルを作成するには、ブレードのエッジを研磨して、目的の角度と形状を作成します。 

ベベルは通常、ブレードから金属を除去する回転研磨ディスクまたはベルトである研削ホイールを使用して作成されます。

ナイフ鍛冶は、刃のプロファイルを形成することから始めて、次にベベルの研磨に移ります。

ベベルの角度は、ナイフの使用目的と、ナイフ職人または顧客の好みによって異なります。

例として 70/30 のベベルを見てみましょう: 

70/30 のベベルを作成するには、ナイフ スミスは通常、ブレードの片側で 70% の角度を研磨することから始めます。 

これは、必要な角度で砥石に対してブレードを保持し、ベベルが均一で対称になるまで慎重に前後に動かすことによって行われます。

70% の面取りが完了したら、ナイフ スミスは刃の反対側に切り替えて、30% の面取りを研ぎます。

これは通常、より鋭角なエッジを作成するために、より急な角度で行われます。

ベベルが作成された後、ナイフ職人は通常、刃のホーニングと研磨に進み、鋭く滑らかな刃先を作成します.

これには、砥石などの一連のより細かい研磨材を使用して、エッジを改良し、バリやざらざらしたスポットを取り除くことが含まれます。

全体として、ナイフのベベルを作成するには、スキル、経験、精度の組み合わせが必要であり、精巧なベベルを備えた高品質のブレードを作成するには、何時間もの作業が必要になる場合があります。

鋭角に加えて、 すべてのナイフには、耐久性と審美性のために特別な仕上げが施されています

よくあるご質問

70/30 ナイフベベルとは何ですか?

70/30 のナイフ ベベルは非対称の研ぎ技術で、刃に他に類を見ないエッジを与えます。 

70/30 ナイフ ベベルは、ブレードの両側に XNUMX つの異なる角度がある特定のタイプのブレード エッジを指します。 

「70/30」という用語は、片側が 70% の角度を持ち、反対側が 30% の角度を持つ、各側の角度の比率を指します。

70% の角度は通常、切断に使用されるブレードの側面にあり、30% の角度はブレードの反対側にあります。 

この設計により、ブレードの片側に鋭い刃先が作成され、スライスやチョッピングがより簡単かつ効率的になるのに役立ちます.

このタイプの面取りは、三徳包丁や波切包丁などの和包丁によく見られます。

西洋スタイルのシェフ ナイフにも使用されることがありますが、これらのタイプのナイフでは 50/50 ベベル (両側が同じ角度) がより一般的です。

ナイフの 50/50 ベベルとは何ですか?

ナイフの 50/50 ベベルとは、研いだ刃先が 50/50 の「V」字型であることです。 

これは、ブレードの両側の角度が等しいことを意味するため、対称です。

お手入れのしやすい切れ味をお求めの方に人気です。 さらに、それはかなりクールに見えます! 

探しているものに応じて、50 度や 50 度など、さまざまな角度で 12/20 のベベルを取得できます。 

したがって、メンテナンスが簡単で見栄えのするシャープなエッジを探している場合は、50/50 のベベルが最適です。

ナイフの面取り方法は?

ナイフに面取りを施すことは、プロフェッショナルで鋭い切れ味を与える優れた方法です。 これは、適切なツールと少しの忍耐があれば誰でもできる簡単なプロセスです。 

始めるには、砥石または砥石と面取り治具が必要です (ここでいくつかの高品質の研ぎ治具をレビューしました).

ナイフを治具に固定することから始め、作成したい刃の角度に合わせてホイールの角度を調整します。 

角度が決まったら、希望の形になるまで、ホイールまたは石に対してブレードをゆっくりと動かします。 

最後に砥石で刃を研いで完成です!

ナイフの面取りは難しくありませんが、正しく仕上げるにはある程度の練習が必要です。 

ですから、最初から完璧にできなくてもがっかりしないでください。 少し練習すれば、すぐにプロになれます。

ナイフの最適な刃先角度は?

ナイフの最適なベベル角度は、ナイフの種類、ナイフの使用目的、ユーザーの個人的な好みなど、いくつかの要因によって異なります。 

ただし、適切なベベル角度を選択するには、いくつかの一般的なガイドラインが役立ちます。

ほとんどの西洋スタイルのシェフ ナイフでは、約 20 度のベベル角度が一般的です。

この角度は切れ味と耐久性のバランスが良く、さまざまな切断作業に適しています。

和包丁の場合、下刃角度は15度程度以下が多いです。

これにより、野菜のスライスや寿司の準備など、精度と制御が必要な作業に適した、より鋭く鋭いエッジが作成されます。

などのより頑丈なナイフの場合 包丁またはチョッパー、25 度以上のより高いベベル角度を使用できます。

これにより、チョッピングやハッキングのストレスに耐えることができる、より厚く、より耐久性のあるエッジが作成されます。

最終的に、ナイフの最適なベベル角度は、個々のユーザーのニーズと好みによって異なります。

さまざまな角度のさまざまなナイフを試してみて、特定の作業に最も快適で効果的なナイフを確認することをお勧めします。

20 度の角度: 良い中間点

ナイフに最適なベベル角度を見つけるのは難しい場合がありますが、心配する必要はありません。20 度の角度から始めるのが最適です。 

この角度は、作業を完了するのに十分な角度ですが、簡単に損傷するほど鋭くはありません.

さらに、ほとんどのナイフに対応しているため、間違える心配もありません。 

少しシャープなものを探している場合は、いつでも低くすることができます。ただし、角度が低いほど、エッジがより繊細になることに注意してください.

したがって、多くの摩耗や損傷に耐えることができるものを探している場合は、20 度の角度に固執することをお勧めします。

シングルベベルナイフとダブルベベルナイフのどちらが優れていますか?

ナイフに関しては、個人の好みがすべてです。 

シングル ベベル ナイフはより鋭く、より薄く複雑なカットに適していますが、ダブル ベベル ナイフはより用途が広く使いやすいです。 

したがって、すべてを行うことができるナイフを探しているなら、ダブルベベルが最適です. 

しかし、正確で繊細なカットを行うことができるものを探している場合は、シングルベベル ナイフが最適です。 

最終的に、どちらがニーズに最適かを判断するのはあなた次第です。

製作検討中 装飾的な日本の装飾彫刻 (mukimono)? シングルベベルが最適です

一般的なシェフのナイフは片面取りですか?

いいえ、一般的なシェフズ ナイフは片刃ではありません。

ほとんどのキッチン ナイフにはダブル ベベルがあり、これは刃が中央で交わる XNUMX つの角度を持つことを意味します。 

これにより、シャープでコントロールしやすいV字型のエッジが作成されます。

シェフのナイフは伝統的にダブル ベベルです。つまり、ブレードの両側に刃先に向かって傾斜するベベルがあります。 

このデザインがシェフのナイフで人気がある理由はいくつかあります。

  1. 多才: ダブル ベベルにより、ナイフをさまざまな切断作業に使用できます。 みじん切り、スライス、みじん切りに同じように簡単に使用できるため、キッチンでの多目的ツールになります。
  2. : ダブル ベベルは、ナイフのバランスを取り、重量をブレード全体に均等に分散するのに役立ちます。 これにより、ナイフがより快適でバランスの取れた手触りになり、長時間の使用による疲労が軽減されます。
  3. 使いやすさ:ダブルベベルで、刃先が刃の中央にあるため、右利き、左利きどちらのユーザーにも使いやすくなっています。
  4. 研ぎ: 片面取りよりも両面取りの方が研ぎやすいです。

全体として、ダブルベベルは、汎用性、バランス、使いやすさ、研ぎやすさのバランスが取れているため、シェフのナイフに人気のあるデザインの選択肢です.

キッチンでのさまざまな種類の切断作業に、信頼性が高く効果的な選択肢です。

一方、シングル ベベル ナイフは、刃先の角度が XNUMX つだけであるため、より鋭く正確になります。 

したがって、正確なカットとスライスを行うことができるナイフを探している場合は、シングル ベベル ナイフが最適です。

まとめ

ベベル角度は、ナイフの種類や用途によって異なることが多いことがわかったので、新しいものを探している場合は、より適切な決定を下すことができます.

また、刃先の角度を理解し、研ぎやホーニングツールで適切に維持して、簡単に切断を続けることが不可欠です.

和包丁研ぎは芸術 一夜にして学んだことではありません

私たちの新しい料理本をチェックしてください

完全な食事プランナーとレシピ ガイド付き Bitemybun の家族のレシピ。

Kindle Unlimited で無料でお試しください。

無料で読む

Bite MyBunの創設者であるJoostNusselderは、コンテンツマーケティング担当者であり、お父さんであり、情熱の中心にある日本料理で新しい料理を試すのが大好きです。彼のチームと協力して、忠実な読者を支援するために2016年から詳細なブログ記事を作成しています。レシピと料理のコツがあります。